お願いします
フランス語で東京タワーという時、
La tour de Tokyo でいいんですか?

またフランス語で金閣寺っていう時は
temple de Kinkakuですか?それともKinkakujiですか?

A 回答 (2件)

>temple de Kinkakuですか?それともKinkakujiですか?


Kinkakujiよりはtemple de Kinkakuji
temple de Kinkakujiよりはtemple Kinkakuji
    • good
    • 0

金閣寺は観光者であればKinkakujiで通じますが


あえてフランス語にするのであれば

Temple du Pavillon d'or
もしくはシンプルに
Le Pavillon d'or

東京タワーはおっしゃっているように普通に
La tour de Tokyo

以上です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語で さよなら は?

フランス語で さよなら また会う日まで は どう言うのでしょうか? 
英文と発音をわかるかたいれば教えてください!

Aベストアンサー

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名前はなんですか。
「Enchanté(e)」 (アンシャンテ)= はじめまして。
「Je m'appelle ~」(ジュ・マペル ~) = ~といいます。
「Je suis japonais」(ジュ・スュイ・ジャポネ)= 日本人です。(男)
「Je suis japonaise」(ジュ・スュイ・ジャポネーズ)= 日本人です。(女)
「Je suis étudiant(e)」= 私は学生です。
「Je suis français(e)」= 私はフランス人です。
-

「Parlez-vous français?」= フランス語できますか。
「Parlez-vous japonais?」= 日本語できますか。
「Etes-vous déjà allé au Japon?」= 日本に行ったことありますか。
「Aimez-vous les chats?」= 猫が好きですか。

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名...続きを読む

QAmi de merのフランス語の読みを教えてくだい

Ami de mer「海仲間」という意味の
フランス語の読みを教えてくだい。

Aベストアンサー

アミ・ドゥ・メール
と読みます
こういうことでいいのでしょうか

Q七色 虹色 天使 のフランス語を教えてください

タイトルどおりですが、フランス語は全くわかりませんので「七色」「虹色」「天使」をフランス語では何と言うでしょうか?

また、「七色天使」「虹色天使」だとどうなるでしょうか?

変な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく必要ないかと思い、冠詞の類い(un, une, le, la, lesなど )
は省きましたのであしからず。

◆「七色」ー sept couleurs

◆「虹色」・・・様々な表現が可能です。
ー iris = 虹色
ー coloration irisée = 虹色の彩り
ー couleur arc-en-ciel = 虹色の色調
ー sept couleurs de l'arc-en-ciel = 虹の七色

◆「天使」ー ange

◆「七色天使」ー ange en sept couleurs

◆「虹色天使」・・・より自然な表現を2つほど。
ー ange arc-en-ciel
ー ange en iris

Qフランス語:LaとLa-basの違い

「あそこ」という意に相当するフランス語は「La」と「La-bas」があります。
違いはどこにあるのでしょうか?
辞書に「La-bas」で「遠くを指して」とありますが、遠くを指さない場合は「La」なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。9/6のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<違いはどこにあるのでしょうか?>

la「そこ」の正確な位置付けがあるかないかの違いです。

1.laは場所以外にも、時や範囲、条件や事情をさすことがあります。

2.ご質問にある「場所」に限定して言えば、laは文字通り、「そこ」「そこに」「そこで」という、日本の「こそあど言葉」の「そ」の距離感と同じ感覚です。

3.laはiciの対義語で、少なくとも話し手の手の届かない場所にある対象物を指して使われます。

4.一方la-basは、laにbas「下へ」という副詞がついた複合語で、「そこ」より遠い位置の「あそこ」「あちら」という意味に使われます。

5.basの意味を込めて、「あの低い所へ」「地下に」という意味で使われることもあります。

6.このようなlaとの複合語は他にも以下のような副詞があります。
例:
la-contre「その側に」「それに対して」
la-dedans「その中に」
la-dessous「その下に」
la-dessus「その上に」「そこで」
la-haut「あそこに」「あの高い所に」*la-basの反対の位置になります。


ご質問2:
<辞書に「La-bas」で「遠くを指して」とありますが、遠くを指さない場合は「La」なのでしょうか?>

話し手の主観により使い分けます。

1、例えば2階の部屋の中で、2m先の机の上をlaで表せば、 1階はla-basになるわけです。

これが、1階から2階を指す場合はla-hautとなります。

2.一方、戸外で20m先をlaと表し、100m先をla-basということもできるのです。

3.さらに、会話の中では、遠い外国や、宇宙を指してla-bas「あそこ」ということもできます。

4.つまり、実際の距離ではなく、話し手が主観的に感じる「距離感」によって、laとla-basを使い分ければいいのです。

5.使い分けの例:

(1)近い距離感:
A「私の財布どこ?」
B「そこ(la)、そのテーブルの上」
A「定期は?」
B「あそこ(la-bas)、向こうの部屋の箪笥の上」

(2)やや遠い距離感:
A「交番はどこですか?」
B「そこ(la)の角を曲がって、向こう(la-bas)の信号までまっすぐ歩いて」

(3)遠い距離感:
A「OO山はどれ?」
B「そこ(la)、その正面に見える山」
A「XX山は?」
B「あそこ(la-bas)、その向こうの山」

といったそれぞれの違いがあります。
以上ご参考までに。

こんにちは。9/6のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<違いはどこにあるのでしょうか?>

la「そこ」の正確な位置付けがあるかないかの違いです。

1.laは場所以外にも、時や範囲、条件や事情をさすことがあります。

2.ご質問にある「場所」に限定して言えば、laは文字通り、「そこ」「そこに」「そこで」という、日本の「こそあど言葉」の「そ」の距離感と同じ感覚です。

3.laはiciの対義語で、少なくとも話し手の手の届かない場所にある対象物を指して使われま...続きを読む

Q初めてフランス語を学ぶのに、良い辞書は?

 この春から、ラジオでフランス語を学ぼうと思っている高校生です。
 「フランス語の辞書が必要だな」と思ったのですが、、、なにしろ、初めてで、どの辞書を選んだら良いのかわからなくて困っています。
 ・初心者用
 ・わかりやすい
 ・なるべく持ち歩ける
そんな辞書を捜しています。おすすめの辞書を教えていただきたいです。
ついでに、効果的なフランス語の学び方などがあったら教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

Le Dicoというのが良かったと思います。
白水社から出ています。
かなり分かり易いと思いますよ。
普通の辞書のサイズなので持ち歩きには不便かもしれないですけど・・・

フランス語は発音が難しいので、TVのフランス語講座とかも合わせて講師の口元に注意してみるのもいいかもしれません。
フランス人の友達とかできたらいいですね。

Qde の後の冠詞について フランス語の質問です。 例えばpeine d'amourならばdeの後に直

de の後の冠詞について
フランス語の質問です。
例えばpeine d'amourならばdeの後に直接名詞がきていますが、intérêts des Françaisの場合はde+lesで定冠詞が含まれていると解釈をしています。
木々の葉をフランス語で言う場合は普通feuilles d'arbres表現すると思うのですが、feuilles des arbresでは間違いなのでしょうか?
冠詞の有無がどのように決まっているのかよくわかりません。
説明いただけますか。

Aベストアンサー

de の後に名詞が直接続く場合には、次の三通りがあります。
1.de + 部分冠詞の du/de la + 名詞 → de + 名詞
2.de + 不定冠詞複数の des + 名詞 → de + 名詞
3.de + 無冠詞名詞 → de + 名詞


du/de la/des はもともと de + le/la/les ですから、de+de+le/la/les という同語反復を避け、de 一語にまとめてしまった、と考えればいいでしょう。
(歴史的には冠詞が登場した方が後なので、通時的には間違った説明になるかもしれませんが)

具体的に見ていきましょう。

1.de + 部分冠詞の du/de la + 名詞
Le confit de vin ou gelée de vin peut être fait avec du vin rouge, du vin blanc, du vin rosé ou du vin doux.
(fr.Wikipedia:Confit de vin)
「ワインコンフィまたはワインジュレは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、甘口ワインで作れます。」
le confit + de + du + vin → le confit de vin


2.de + 不定冠詞複数の des + 名詞
feuilles d'arbres ← feuilles de + des + arbres
これは「不特定の複数の木々の葉」です。

feuilles des arbres ← feuilles de + les + arbres
これは「特定の複数の木々の葉」です。

どちらも間違いではありませんが、意味が違います。


3.de + 無冠詞名詞 → de + 名詞
de+名詞が形容詞的に働くもの
une affaired'importance 「重大な事件」
un homme d'honneru 「名誉を重んじる人」
un homme de talent 「才能のある人」
une mer de lumière 「輝く海」
ce regard de haine 「憎しみのまなざし」
le silence de mort 「死の(ような)沈黙」

peine d'amour はこのタイプです。



>intérêts des Françaisの場合はde+lesで定冠詞が含まれている

その通りです。

de の後に名詞が直接続く場合には、次の三通りがあります。
1.de + 部分冠詞の du/de la + 名詞 → de + 名詞
2.de + 不定冠詞複数の des + 名詞 → de + 名詞
3.de + 無冠詞名詞 → de + 名詞


du/de la/des はもともと de + le/la/les ですから、de+de+le/la/les という同語反復を避け、de 一語にまとめてしまった、と考えればいいでしょう。
(歴史的には冠詞が登場した方が後なので、通時的には間違った説明になるかもしれませんが)

具体的に見ていきましょう。

1.de + 部分冠詞の du/de la + ...続きを読む

Qバンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

バンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

先ほどオリンピックのビデオを見ましたら場内アナウンス(議事進行)がフランス語のようでした。

カナダ総督の開会宣言はフランス語というのは報道されましたが、場内アナウンスまでフランス語とは驚きました。

このオリンピックは、全てフランス語で行われたのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

 オリンピックではフランス語と英語が使われるのは、#1さんの
ご説明どおりです。さらにカナダの事情で言うと、同国ではやはり
フランス語と英語の両方を公用語としているので、公共の場では必ず
両方を併記する必要があります。よって、オリンピックの進行でも
両方を使っていたはずです。

 ちなみにエアカナダの機内誌では必ず、フランス語と英語が併記
されています。エアカナダに吸収合併されたカナディアンエアでは、
フランス語が Canadien Air、英語が Canadian Air とスペルが1文字
異なっていました。そのためロゴでは
「 Canadi>n Air 」
と「>」記号を使うことで、両方のスペルを兼ねていたんです。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Canadian_Airlines_logo.svg

Q東京タワーをフランス語で言うと

エッフェル塔って
La Tour Eiffelですよね?
東京タワーって
La Tour Tokyoですか?
それともLa Tour de Tokyo?
フランス語初心者なんでよくわかりません。。;;

Aベストアンサー

#3の方の回答にあるようにla Tour de Tokyoですね。
名詞の後に地名がくると、間にdeを入れてつなぎます。

たとえば大学でも(アクセント記号は省略します)、
早稲田大学はUniversite Wasedaですが、
東大はUniversite de Tokyoになります。

エッフェル塔は設計者の名前を取っているので、deがつかないんです。

Qフランス語翻訳サイト

日本語からフランス語への翻訳

友達とドッグタグを作るのですが、そのときに英語じゃありきたりだからフランス語を使おうという話になりました。

日本語からフランス語に翻訳してくれるサイトを探したのですが、英語から翻訳というのしか見つけられませんでしたOTL

どこかいいサイトはありませんか?

Aベストアンサー

私が知っているサイトでは、以下のようなサイトがあります。

・Infoseek翻訳
日本語から翻訳できます。
http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=fr

・Livedoor翻訳
英語から翻訳ができます。
もちろんInfoseekよりも翻訳精度は高いです。
日本語→英語→フランス語としたほうが精度は高いと思います。
http://translate.livedoor.com/

Qla chapelle de la Vierge à Notre-Dame

フランス語の質問です。

la chapelle de la Vierge à Notre-Dameという表記があるのですが、なんと言う日本語に相当しますか?

de la Viergeという表記がある以上、「パリのノートルダム教会」という表記だけではニュアンスが足りないような気がしまして。。。

Aベストアンサー

補足を拝読しました。

司教・大司教の任命は、ローマ教会で取り計らわれており、archevêqueが存在するパリの教会、ということであれば、ノートルダム大聖堂、ということで間違いないと思います。

英語で恐縮ですが、添付しましたのは、フランスの教区の地図です。細い線で囲まれているのが、一般の教区、太い黒線で囲まれているのが、大司教区で、その地方のどこの教会に一番の権威が与えられているか、一目でわかるようになっています。この教区は、先の教皇ジョン・ポール二世のときに現状を踏まえて決めなおされた、ということです。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_the_Roman_Catholic_dioceses_of_France

補足のなかで質問者さんがおっしゃっているように、ローマの聖パウロ大聖堂の巨大なドームのお隣の、教皇の居住区に、システィン・チャペルが、彼専用の礼拝堂として存在しているように、ノートルダム大聖堂の中に、小さなla chapelle de la Vierge à Notre-Dameと呼ばれる祭壇が存在するのかもしれませんね。

ノートルダム大聖堂の内部の様子を探してみました。 添付しましたのは平面図です。

http://www.notredamedeparis.fr/Praying-reflecting

11.に、Chapel of Our Lady of Guadalupeというのがありまして、これは、メキシコに出現した聖母マリアを顕彰した礼拝のための祭壇なのですが、たくさんある祭壇の中のひとつが、la Vierge à Notre-Dameにささげられているのかもしれません。

補足を拝読しました。

司教・大司教の任命は、ローマ教会で取り計らわれており、archevêqueが存在するパリの教会、ということであれば、ノートルダム大聖堂、ということで間違いないと思います。

英語で恐縮ですが、添付しましたのは、フランスの教区の地図です。細い線で囲まれているのが、一般の教区、太い黒線で囲まれているのが、大司教区で、その地方のどこの教会に一番の権威が与えられているか、一目でわかるようになっています。この教区は、先の教皇ジョン・ポール二世のときに現状を踏まえて決めなおさ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報