人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

金属イオンの検出作業では,主に試料溶液に適当な試薬を加え,
沈殿を作らせて確認するというやり方が説明されていますが,
マグネシウムイオンについてはあまり説明してもらえませんでした。
(ナトリウムイオンやカリウムイオンあたりは,
炎色反応で説明されていますが…)

他の金属イオンが除かれた段階で,
水酸化ナトリウム水溶液NaOH aq.辺りを加え,
水酸化マグネシウムMg(OH)2として沈殿させるのかなと思いますが,
何かの本では,特殊な試薬で沈殿するという記述を読み,
「特殊って…どんな?」と思ったような記憶もあります。
実際としては,どのような方法が妥当なのでしょうか?
必ずしも金属イオンの系統分析という観点でなくてもいいので,
下のいずれかのレベルで,具体的に何を加えるといいか
具体的な方法をご教授お願いします。
(もちろん機器は使わず,あくまで沈殿を作るという方向で。)

(1)高校化学・大学受験レベル
(2)大学化学・研究室レベル
(3)専門的な現場で使用されているレベル
  (機器分析になってしまいますか?)
(4)その他

よろしくお願いします。閲覧ありがとうございました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お書きの特殊な試薬かどうかは解りませんが,手元にある大学教養課程での化学実験の教科書に若干書かれていました。



 まず,Mgイオンは「第VI族カチオン」ですので,第I族カチオンから第V族カチオンまでを分離した溶液が分析対象になります。また,上記の教科書には第VI族カチオンとしては「NH4+, Mg2+, Na+, K+」が挙っています。

 で,Mg2+の検出は,「3M NH4Cl, 0.3M (NH4)2HPO4, 6N NH3aq を加えて,白色沈殿が生成すれば Mg2+ の存在の確認となる」とあります。

 なお,Mg2+ イオンを除去するには,Ba(OH)2 の飽和溶液を加えて沈殿させるとあります。

ご参考まで。

この回答への補足

閲覧・回答ありがとうございます。
検出と除去で方法が異なるのですね。

検出時の白色沈殿生成の化学反応式と,
除去時の沈殿生成の化学反応式を教えて頂けませんか。
(反応式全体が有難いですが,不可能なら生成物の化学式だけでも)
また,参考のため,お手元の教科書の書名・出版社名を
教えて頂けませんか。

重ねてのお願いでお手数かけますが,宜しくお願いします。

補足日時:2009/06/29 11:21
    • good
    • 3
この回答へのお礼

補足への回答も併せて,ありがとうございました。
具体的な内容で助かりました。
お礼が遅くなって申し訳ありません。

お礼日時:2009/07/02 09:45

> 検出時の白色沈殿生成の化学反応式と,



 Mg(2+) + HPO4(2-) + NH4(+) + OH(-) → MgNH4PO4↓ + H2O

> 除去時の沈殿生成の化学反応式を教えて頂けませんか。

 Mg(2+) + Ba(OH)2 → Mg(OH)2↓ + Ba(2+)

> 参考のため,お手元の教科書の書名・出版社名を教えて頂けませんか。

 「無機定性分析を題材とした 化学実験 1978年版」
  京都大学教養部化学教室編
  共立出版株式会社

以上,ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧な補足説明ありがとうございました。
同じ本は無理かもしれませんが,無機化学の定性分析についての
本を探してみます。

お礼日時:2009/07/02 09:47

マグネは、Ca-SO4だったか、Ca-CO3だったかちょっと記憶があやしいのですが、Mg-Ca-なんとか、の多核錯体を作って、沈殿しずらいです。



だから、Caといっしょに炭酸で共沈させるのが「特殊な方法」でしょう。多分。

機器分析ならば、有機物が分析対象に含まれていないのであれば、蒸発・かんこ、適当にかいかして、固体にして、X線蛍光分析。あるいは、X線かいせき分析。

ジチゾンあたりで、マグネ錯体を作って、エーテルちゅうしつ、自然分解かかいかして、金属酸化物などに。

覚えているのは以上の分析方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「記憶があやしい」とのことですが,
回答の内容を参考にして,錯体・共沈を視野に入れて,
もう少し自分でも勉強してきます!
機器分析の概要説明もありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMgイオンと水酸化物の沈殿反応

試験管に0.1M Mg(2+)溶液 1ml に、
  
   0.5M NH3 6ml と  H2O 1ml を加え、白濁(おそらく沈殿)した後、

   3M NH3 4.5ml加えると、全体透明になりました。

このとき、Kb = [NH4+][OH-]/[NH3] = 1.8 * 10^(-5) より、[OH-] = 6.09 * 10^(-5) / 0.0125

従って、[Mg2+][OH-] = (0.1*1ml / 12.5ml)*(6.09*10^(-5) / 0.0125L)^2 = 1.9^(-7) > Ksp(=1.8*10^(-11))

より、沈殿が生じるはずなのですが・・・・、Mgの錯イオンなんて聞いたことないし、どういう事なんでしょう?解説お願いします。

Aベストアンサー

アンモニア水は一部が電離して、次のような反応でOH^-イオンが生成します。

NH3 + H2O ⇔ NH4^+ + OH^-

しかし同時に次の反応によってアンモニウム塩から水素イオンが生成します。

NH4^+ ⇔   H^+ + NH3

このため一旦はMg(OH)2として沈殿したものが次のような反応によって再溶解するといった現象が発生します。

Mg(OH)2 + 2NH4^+  ⇔  Mg^2+ + 2NH3 + H2O

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Qマグネシウムは水酸化ナトリウム水溶液に溶けるか??

こんばんわ。早速質問に移らさせていただきます。

亜鉛、鉄などが塩酸などに溶けることは有名であり、また、同じような金属が水酸化ナトリウムに溶けることも知っております。
となると、マグネシウムも水酸化ナトリウム水溶液に溶けると思うのですが、身の回りの参考書のどこを調べても、マグネシウムに関する記述のみ掲載されておりません。
そこで、みなさんにご質問させていただきました。
どうなんでしょうか?
溶けますよね??

Aベストアンサー

マグネシウムは水酸化物には溶けにくいです。ですから、水酸化ナトリウムにはほとんど溶けません。
2族元素の水酸化物への溶解性は上から、溶けにくい>溶けやすい、となっています。カルシウムはわずかに溶けます。

Qスルホサリチル酸

鉄三イオンと、弱酸性液で、スルホサリチル酸を反応させると、どのような、錯イオンが生成しますか?できれば、構造式付で、回答お願いします。

Aベストアンサー

呈色反応の一つに鉄(III)とフェノール類の組み合わせで
紫系統の色になるという反応があります。

この色(光の吸収)は一般にLMCTといわれており、
分子(錯体)内での酸化還元反応のようなものです。
酸素から鉄へ電子が移動する際のエネルギーに対応する
光が吸収されるのです。(すごく乱暴な説明でごめんなさい。)

このような種の吸収は酸素の環境によりその吸収波長(=色)
が変化します。今回の系で考えると、フェニル環上の置換基の種類に
よりその色が変化します。

式の中のnは大きな意味はありません。スルホサリチル酸イオンと
水とが足して6個、たとえば
[Fe(sulfosalicylato)2(H2O)4]
[Fe(sulfosalicylato)1(H2O)5].etc...
といった種が存在しているが、明確に配位子の数が特定できない
という意味です。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QCaとMgの析出pH

Ca20mg/L、Mg5mg/L含有させた蒸留水に水酸化ナトリウムを用いてpHを14以上に上げました。
これを数日放置したところ、析出物ができたんですが、しらべたところMgで、Caは析出していませんでした。

pHをいくつまであげたら、Caは析出するのでしょうか?

Aベストアンサー

pH≧14となるほど水酸化ナトリウム水溶液を用いたのであれば、この水酸化ナトリウム濃度はけっこう濃いですよね。数日間のうちに炭酸ナトリウム結晶が析出してはいませんか?ただ、炭酸ナトリウムよりも炭酸カルシウムなどのほうが析出しやすいはしやすいのですが。
Ca(OH)2やMg(OH)2等であれば、混ぜた瞬間くらいに沈殿が生じててもおかしくないので……。

#1 razorlight77さんの「pHは14まで」は典型的な誤解ですのでご参考までに。

Qスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体構造

実験でスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体を作ったのですが、どの原子が鉄(III)に配位するのかわかりません。
鉄(III)はフェノールで呈色するので「OH」の「O」かと思ったのですが、http://f61.aaa.livedoor.jp/~chemical/experiments/SalicylicAcid/では、「COOH」でも配位しています。そうすると、「-SO3H」でも配位出来そうな気がします。
一体、どの原子で配位しているのか、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

硫酸イオンやスルホン酸イオンは、鉄とは安定な錯体をつくらない
(ヘキサアコ錯体のカウンターアニオンにはなりますが)ことから
推測すると、miso_loverさんご自身が参考に引かれているURLに
あるサリチル酸の場合と同様に配位しているものと思います。

*同じ酸素原子で配位する場合で比較した場合、
 アニオン化による安定化の寄与が大きいもの(スルホン酸など)ほど
 配位結合をつくるよりもアニオン化した方が安定なので、
 配位子にはなりにくいはずです。
 (例えば水では、10^-7程度が電離、残り99.99・・・%は電離せずに
  水分子のまま ⇒OH-になるよりH2Oとして配位することで安定化)
 (塩素等、原子が異なる場合は、別に考える必要があります)

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q銅イオンにアンモニア水を加えた場合

先日、高校のテキストを読み返していたら銅イオンの反応ところの補足事項に目が留まりました。
銅イオンを含む水溶液に塩基を加えると
Cu^2 + 2OH^→ Cu(OH)2
となることは理解しているのですが、この塩基がアンモニア水である場合では反応が違うと補足されているのです。
何がどう違うのかどうしてもわかりません。
どなたか教えていただきませんか?? 

Aベストアンサー

 その違いというのは、小量のアンモニア水と過剰量のアンモニア水
を加えた際の違いだと思います。

銅イオンは水中で[Cu(H_2O)4]~2+ の水和イオンで青色をしており、
そこに少量のアンモニアや水酸化ナトリウムを加えると水酸化銅(II)
を生成します。 Cu^2+ + 2OH^- → Cu(OH)_2
ちなみにアンモニアは水溶液中で
      NH_3 + H_2O⇔NH^4+ + OH^-
の平衡状態で存在しています。だから上のように反応します。
 
しかし、過剰量では 
Cu(OH)_2+4NH_3→[Cu(NH_3)_4]_2++2OH^-
のように反応してしまい、水酸化銅(II)の沈殿がとけてしまい、テトラアンミン銅(II)イオンの深青色溶液になってしまうことから、その教科書には反応が違うとして記されているのだと思います。
わかりにくい説明で申し訳ありません。 
    

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044


人気Q&Aランキング