中小企業の働き方改革をサポート>>

お世話になります。
コンベアに使用している3相誘導電動機について。
動作は、センサ感知でMC切り停止、物品が排除されてセンサ非感知でMC入り再起動を繰り返します。
出力0.2KWのギアモータです。

急に逆転を始める事例が発生しました。
電気を当たったところ、サーマルの1ラインの導通に異常あり。
交換しました。

ここで疑問です。
運転中に単相(1本ケーブル切れ)になっても、そのままの回転方向で
運転を続けることはあるが、一度停止して再起動は負荷がかかりサーマルトリップする。
という経験は何度もあるのですが、逆転は発生するものでしょうか。

よろしくご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シングルになったとき偶然に停止した


コンベアー上の品物の重みでベルトが逆転を始める
ある程度回転速度が上昇するとシングル運転に入る
試しに単相コンデンサーモーターの起動コンデンサーを外してモーターを手で回転させてみてください
どちらの方向にも回転できます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、センサ感知停止時には進行方向逆の力がかかった状態で強制的にとめています(ローラコンベアをゴム平ベルトの摩擦力で駆動)。
荷が無くなったときにはゴムベルトテンションが逆回転を生む可能性があります。
大変勉強になります。
ありがとうございました。

お礼欄に書くのも何かと思いますが、これは比較的出力の低いモータに考えられる事例でしょうか。
大型のモータでこれが発生するとかなりのダメージが出そうです。
たとえば上り進行方向のコンベア等。
大元のブレーカを欠相検出にするなどの対応が必要なのかと考えてしまいます。

お礼日時:2009/07/04 14:31

定格回転に達するのに時間がかかると電流熱で焼損する恐れはあります


その前に保護装置が作動すると思います
テンショナーの力によるのでモーターの大きさにはそれほど関係しないと思います
よほど大きいモーターだったらテンショナーではなくブレーキを使うので問題はないと思います
    • good
    • 1

3相モータの電源が単相になったしまった場合、逆回転することはありえます。


単相モータは始動トルクが無いため停止状態からは回転することができませんが、ひとたび回転してしまえばその回転方向にトルクが発生し、負荷とトルクがつりあう回転速度まで上昇します。
何かの弾みで始動トルクがかかってしまったか、モータの中の磁界にひずみが発生するような状態になるとそれが原因で回転をするようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。
別工場の担当からそのような連絡が入り、単相になっても逆転はありえないだろうと考えて、通電及びモータ導通、ベアリングチェックを行い、不良サーマル交換で終わらせてしまいました(シーケンサがあるので盤含みのメグは未実施)。
原因がわからず悶々としておりました。
翌日は動作に異常は発生しなかったとの事です。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/04 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAc100vモーターを正転、逆転させる配線方法を教えて下さい。

AC100Vコンデンサーモーターを使ってある模型を作りたいのですが逆回転させる
配線方法がわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンデンサモーターは、中に2組のコイルが内臓されて
います。
どちらのコイルに、コンデンサーを直列に入れるかによって、回転方向が決まります。
まず、配線がどうなっているかをテスターで調べます。
両方のコイルの片方の先どうしがつながれ、共通線に
なっている場合があります<黒線とする>。
残りのそろぞれのコイルの先を<赤線>と<白線>とします。以上で3本線が出ていることになります。
配線はまず、黒線に電源の片方をつなぎます。
赤線と白線間にコンデンサーをつなぎます。
コンデンサーに極性はありませんので、どちらにつないでもいいです。
次に、もう片方の電源を赤線につなぐか、白線につなぐか
によって、回転方向が決まります。
4本線が出ている場合は、それぞれのコイルの片方を
つなぎ、共通線にします。
後は上記のとうりです。
yu-mizu123さんの書かれている事と一緒です。
後、電源間からみて、コンデンサーと直列につながって
いるコイルの端と端を入れ替えても逆転するようです。
以上が,正逆転の基本回路です。

Q三相モーターを逆転させる方法は?

UVWとRSTの結線の、2線を入れ替えれば逆転する、ということは理解しているのですが、それでもトラブルが発生する事があります。
以前、逆転結線後にブレーカーを入れて、ショートした事もあります。(サーマルリレーつぶれました)そんなことあり得るでしょうか?

もう1点、逆転結線後に、止まってるのかと思う程めちゃくちゃスロー回転してるんですが、結線に問題あるのでしょうか?(R-W・S-V・T-Uと、結んでます)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通は考えられないと思います。
1、考えられることはブレーカの二次側以降モータの端子部までの間に
  導電性異物が接触していた。
2、単相運転かと思われます。電磁開閉器の接点溶着等
  の疑いがあります。 各相の対地電圧の測定また、
相回転計での三相で正相の確認、モータ結線部の三相電圧確認を
してください。対地電圧確認ではS相は電圧がゼロボルトであることが
絶対条件です。ここに電圧が確認されたら接地が完全では
ありませんので接地工事を行なってください。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Qモーターを逆回転させるには??

ミニ四駆などに使われるモーター(FA-130など)を逆回転させたいとき、乾電池ならプラス・マイナスを逆にすればできますが、ACアダプターを使って回している場合に逆回転させるにはどうすれば良いのでしょうか。
ボタンを2つで正・逆回転できるようにしたいです。

調べていると、スイッチング回路?など出てきましたが、イマイチわかりません…。スミマセン、教えてください。

Aベストアンサー

ACアダプターでも出力側はプラス・マイナスが有りますから、その配線を逆につなげば良い。
モーターの前で2回路スイッチを一個付け、配線が逆になるように考えてみてください。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qモータコイルの焼損の原因は?

三相誘導電動機のコイルが焼損してしまいました。

原因を突き止めようとしているのですが、
考えられる原因をお教え下さい。

また、機械の運転の仕方で、1秒運転→89秒停止の繰り返しで1年半ほど動かしておりました。
この様な運転方法がコイル焼損と関係があるのでしょうか?(モータに過負荷を掛けてしまったとか?)

Aベストアンサー

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。
(起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。)

容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。
ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。1年半もよく持ちこたえたと思います。

電動機を新品にしても、また同じ事になります。
電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。
これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電...続きを読む

Qインバーターについて

ギヤードモーターをインバーターにて制御しています。
今まで時計回転に回っていたのですが、なぜか突然逆回転に
なったそうです。
その後インバーターを交換したら時計回転に回りだしたそうです(電線は同じようにつなぎ変えた)
インバーターが壊れて逆回転することってあるのでしょうか。
誰か詳しい方教えてください
(あまり電気には詳しくないので分りやすく説明していただけると助かります)

Aベストアンサー

インバータで、正常に動作していたモータが逆転する事はまずありません。
古くなったインバータや旧型でも起こる可能性は皆無でしょう。
私も盤屋で設計を十年以上していますが、
そういう経験は一度もありませんね。
しかし摩訶不思議な現象です。

まぁ、考えられる原因としては、
電磁ノイズでインバータの制御が暴走したぐらいでしょうか。
今の制御盤内はノイズ源のオンパレードです。
シーケンサ、タッチパネル、電子計器などなど。
リレー、マグネットでさえノイズを発生します。
下手な配線をするとインバータがおかしくなっても不思議ではありません。

随分昔に製鉄関連の設備を更新した事がありますが、
インバータを動作させると、他の計装盤が暴走するという問題がありました。
これはインバータのノイズが原因だったのですが、
ノイズ対策をしてあっても起こりました。

別設備のインバータでは、
外部ノイズで動作が不安定になった事があります。
さすがに逆転はしませんでしたが、
速度が変わったりしましたね。
対策は動力部の配線をシールド線に変更したら正常になりました。

今回のトラブルでは、インバータの故障か、
外部ノイズのトラブルではないかと推測します。

インバータで、正常に動作していたモータが逆転する事はまずありません。
古くなったインバータや旧型でも起こる可能性は皆無でしょう。
私も盤屋で設計を十年以上していますが、
そういう経験は一度もありませんね。
しかし摩訶不思議な現象です。

まぁ、考えられる原因としては、
電磁ノイズでインバータの制御が暴走したぐらいでしょうか。
今の制御盤内はノイズ源のオンパレードです。
シーケンサ、タッチパネル、電子計器などなど。
リレー、マグネットでさえノイズを発生します。
下手な配線を...続きを読む

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q単相コンデンサモータの逆転

単相コンデンサモータの回転方向を逆転するには、コンデンサを直列に入れるコイルを入れ替えれば電流が進むコイルが逆になり回転方向が逆になると思うのですが、いまいち理解ができないので、フェーザ図をもちいて教えていただけないでしょうか??よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

コンデンサによる位相進みが判れば、判ります

コイルに直列にコンデンサが接続されたコイルの位相は90度弱進みます

そのコンデンサを他のコイルに接続代えすれば、位相が進むコイルが入れ替わります

コンデンサの無いコイルを基準にして、位相進みのコイルがどちら側にあるかで回転方向が決まります
ベクトル図を描いてみることです

単相誘導電動機では、回転を始める瞬間にだけ影響します、回転が始まってしまえばその回転方向を維持します


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報