人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

クロマトグラフィーで溶出方法にイソクラティックとグラジエントがありますがそれぞれの利点と欠点ってありますか?
どのようなものを溶出したい時にグラジエント法で溶出するのでしょうか?

A 回答 (2件)

イソクラの利点:簡単,安定,失敗少なし,連続分析に最適


イソクラの欠点:分離の自由度が低い
グラジエントの利点:分離の自由度が高い
グラジエントの欠点:めんどい,装置が高い,ベースライン変動,再現性が低め,連続分析時のコンディショニング時間が必要

イソクラで分けられないときにグラジエント
    • good
    • 0

>どのようなものを溶出したい時にグラジエント法で溶出するのでしょうか?


イソクラティックで分析可能ならそれに越したことはァありません。
例えば逆相HPLCで担体をC18、移動相を水/メタノール系などでは「全ての成分が」溶離されて出て来ます。
グラディエントしなければ、担体の環境も変わりませんし、グラディエントの失敗で溶離の順序や間隔が変わることもありません。
グラディエントする必要がある典型的な例は担体が極性が高く単一の溶媒ではほぼ無限の時間を経なければ全ての成分を回収出来ない事態が挙げられます。
グラディエントすれば移動相の溶離能をコントロールできますから決まった時間内にクロマトグラフを修了することが出来ます。
しかしイソクラティックの場合と違いカラムを再利用するにはカラムの「再生」が必要になります。
グラディエントと再生が毎回全く同じ様態で行われれば、信頼度は高く保てますが、それを実現するのはそんなに容易なことではありません。
ただ、コンベンショナルなオープンカラムやフラッシュクロマトで、担体を反復使用しないならばグラディエントはごく当たり前の方法です。但し、いつどの成分が流出するかを常に追い続けなくてはなりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTLCスポットのUV発色について

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに、長波だけ反応する物質、短波だけ反応する物質があり,なぜこのような結果になるのか不思議です。
自分なりに考えてみたところ、「短波で消光するのは、シリカゲルに蛍光物質がぬってあって、その上に展開した物質が覆うように存在するからであり、別に共役二重結合を持たなくてもプレート上に展開された物質はすべて確認できるのかな。長波で反応する場合は、共役二重結合によって紫外線を吸収した後、別の波長として放出し、蛍光物質として検出できるのかな。」と思いましたが、よくわかりません。
どなたか、ご存知の方、教えてはいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに...続きを読む

Aベストアンサー

共役二重結合のような電子が励起されやすい状態にある化合物は強いエネルギーを持った短波長の紫外線によって励起され発光ではなく熱となって基底状態へともどります。つまり紫外線を吸収するので見た目はその部分だけ消光します。当然全ての物質が吸収するわけではなく、展開後に溶媒を減圧したりして完全に乾かさなくてもUVで検出されないことからも分かります。長波長の紫外線で光る物質は長波長の波長で励起されて可視光を放つものです、エネルギーが弱いためにどんな物質でもというわけではありません。光る物質の多くは長い共役系を持っているなど弱いエネルギーでも励起できそうな物ばかりですよね。
ちなみにシリカゲルのUV-Visスペクトルを測定すると260nm以下あたりから吸収域を持っていることが分かります。

Q抗体価って何ですか?

抗体価って何ですか?高一にも分かるぐらい簡単な説明お願いします。

Aベストアンサー

例をヒトとします。ヒトの体の中には沢山の種類の抗体があります。
その中で、あるウイルスに反応する抗体はその中の一部です。
では、沢山ある抗体のうちのどの位、そのウイルスに反応する抗体が存在しているのか?
それを示す目安の値(あくまで目安)が抗体価です。
この抗体価が高いと、そのウイルスに対する抗体が沢山あることになります。抗体価が低いとその逆です。

ヒトなどの体内にある抗体に限らず、ある抗体の集団のなかで、
あるモノにくっつくことができる抗体の量を示す目安の値です。


人気Q&Aランキング