「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

タイトルの通りなのですが、汗と体重と体脂肪率の関係性が知りたいです。
私は人よりもわりと汗をかく方で、ちょっと恥ずかしいので汗をあまりかかないようにする方法を調べていたのですが、色々調べてみて汗をかきやすい体質と体重と体脂肪率が関係するのかどうかが気になりました。
ちなみに私は身長は148cmで体重は45kg、体脂肪率は約25%ほどです。
身長と体重の割には体脂肪率が高いかなと思うのですが…

単純に体脂肪率を落として筋肉をつければ汗ってかきにくくなるものなんでしょうか?
また、運動不足などで発汗機能が鈍っていると逆に汗をいっぱいかいてしまう、という話も聞いたのですが、実際運動不足を解消すれば変わるものなのでしょうか?
話が解りにくくて申し訳ないのですが、詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えていただきたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

出来ましたら、健康診断でわかる程度のデーターを下さい。


BMIとか血圧、血液の異常(コレステロールの数値は教えて)
汗をかくのは、体脂肪率が高いのが原因かも知れません。
体温が高めで、基礎代謝率が高いので、汗で体温を冷やしていると
考えも出来ますけど。

運動不足が有るなら、ウオーキングなどの全身を動かす事から
始めてはどうでしょうか? この時期に、私は運動する時は水分を
多めに取り、尿で体の体温維持している為か、あまり汗をかきません。
35℃の外気で歩けば、さすがに顔からは汗をかきますが、身体からは
大量に汗は出ません。 ウオーキングはこの時期は早朝や夕方の
外温が低い時を中心にしてます。 夏休みで家でごろごろしてると
身体が鈍りますので、夏バテ防止に少しでも歩いてます。
食事も3食ちゃんと食べるようにもしてます。
水分も2L飲んでます。ただサプリメントはビタミン系とか梅肉など
人より多く飲んでます。
でも、運動不足だと思います。 歩くと疲れやすくなってますから、
姿勢も悪いせいも有りますけど。 体脂肪率は20%超えないようには
注意してます。甘いジュースは飲まない。
お茶だけだと飽きるので、無糖炭酸やノンカロリー炭酸で、
パンで食事の時の飲み物にしてます。 冷たい飲み物を飲みすぎてるのは反省です。 運動時は氷入りの炭酸にしてます。
メタボ検診もOKでした。コレステロールが高いけど、判定上は、
0点にカウントされます。HDLが高いので。

参考までに。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなってしまい申し訳ありません;
病院に行っての健康診断などをしたことがないので、コレステロール値や血圧はちょっとわからないです。すいません。
BMI値は計算したところ21程度でした。
とりあえずしばらくご意見いただいたとおりに、糖分摂取などは控えて、水分を多めに摂って、あとは運動をするようにしてみます。

補足日時:2009/08/18 23:06
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q異常なほど汗っかきになってしまいました

いつもお世話になっております。
28歳女です。

6月からジムに通い始め、165cm(60キロ→)53キロ、体脂肪(30%→)21%になりました。
筋肉も付き始め、基礎代謝も体組成計によるとどうやら標準よりも結構多くなったみたいです。

と、わりと順調に楽しくボディメイクが出来てきているのですが、困ったことが一つあります。
タイトルの通り、異常なほどの汗っかきになってしまいました。
エアロのクラスに出ればウオーミングアップが始まって5分もすれば汗が滴り落ちてきます。
60分クラスなどに出れば、もうTシャツは絞れるほどになってしまいます。
日常生活でも、滑稽なほどに汗をかいています。

日ごろから水分摂取もかなり多く、水分として摂る量だけでも軽く2リットルはいっています。
意識して摂っているとかではなく、体が欲するから摂っているのです。

自分としては、汗を多くかくのは基礎代謝が多いせいで喜ばしいこと(?)だと頭では考えていますが、
やはりだんだん恥ずかしい思いも出てきています。
また、多く汗をかく分、体が冷えるのも早く、運動の最後に行っているクールダウンのストレッチの最中から寒さを感じています。

こんなに汗をかくのは、やはり何かおかしいのでしょうか?

いつもお世話になっております。
28歳女です。

6月からジムに通い始め、165cm(60キロ→)53キロ、体脂肪(30%→)21%になりました。
筋肉も付き始め、基礎代謝も体組成計によるとどうやら標準よりも結構多くなったみたいです。

と、わりと順調に楽しくボディメイクが出来てきているのですが、困ったことが一つあります。
タイトルの通り、異常なほどの汗っかきになってしまいました。
エアロのクラスに出ればウオーミングアップが始まって5分もすれば汗が滴り落ちてきます。
60分クラスなどに出れば、もう...続きを読む

Aベストアンサー

no.4です、回答に対するお礼、読みましたありがとうございました(^^)
クールダウンからの冷えはしかたないのか、ということですね。
汗で濡れたTシャツのままいるのが原因の一つではないでしょうか。もしなにか上に着ていたいのなら濡れたのはすぐ脱いで乾いたTシャツにサッと着替えるとよろしいと思います。クールダウン前の水分補給タイムに着替えられませんか?人がいるとちょっと恥ずかしいかな?スポーツ選手が試合前に上着を脱ぐのと同じだし「当たり前のこと」ととらえたら恥ずかしくはないですが。。。
またナイキのドライフィットなど運動に適した素材のものを着られるとよいでしょうね。
私もクールダウンの途中からすぐ冷えてくる時もあり、いつまでも燃えてる時もあります。
レッスンで筋肉をじっくりしっかり動かせたと思うときは燃え続けてますね、振りにふりまわされてついてくのがやっとだったような時には、なんか体も心も燃え切れず冷えが早く始まるような感じがします。うわべだけ動いてコアの部分がシャンとしてない、筋肉の使い方も適当になってしまってる、のが原因と自分では思うのですが。
まぁ自分の感覚でそう思い根拠のない話ですので、体験談としてこれは聞いて下さいね(^_-)

大汗をかいて恥ずかしさもある、ということですが、普通に街を歩いてる時に一人汗っかきになってると恥ずかしいですけど、運動中は前にも書きましたように恥ずかしいどころか誇らしげに思って下さい(^_^)v
すごい汗ねーって声をかけられたとしたらそれはイイ意味&羨ましがられてるのです。

no.4です、回答に対するお礼、読みましたありがとうございました(^^)
クールダウンからの冷えはしかたないのか、ということですね。
汗で濡れたTシャツのままいるのが原因の一つではないでしょうか。もしなにか上に着ていたいのなら濡れたのはすぐ脱いで乾いたTシャツにサッと着替えるとよろしいと思います。クールダウン前の水分補給タイムに着替えられませんか?人がいるとちょっと恥ずかしいかな?スポーツ選手が試合前に上着を脱ぐのと同じだし「当たり前のこと」ととらえたら恥ずかしくはないですが。。...続きを読む

Q痩せて汗っかきを治したい!

どうも初めまして。
当方24歳の男性です。体重が120キロ、身長179センチです。
自分はよく汗をかきます。運動とかしたらもちろんのこと、普通に移動するだけや、ひどいときは座っているときなどにも汗をかいたりします。
アルバイトで接客業をしており、レジでお客様の対応をしているときとかももちろん汗をかいております。
滲んでいるとかいうレベルではなくだらだらと流れ出る滝のような汗です。
そこで質問なのですが、汗っかきの原因は太っているからだけなのでしょうか?もしかしたら要因は他にもあったりするのでしょうか?
太っていても汗をかいていない人は多々みかけたりしますし
痩せている人でも同じように汗をかいている人をみかけます(激しい運動をした後の人だったのかもしれませんが)
こんな僕ですが、結構自分に危機を抱いていまして、最近痩せたいと思い始めました。
しかし今までダイエットなどを試してきましたが、意志の弱さから3日坊主に終わっています。
みなさんはどのような方法でダイエット成功されましたか?
そしてこの汗っかきも治るのでしょうか?
是非とも皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

どうも初めまして。
当方24歳の男性です。体重が120キロ、身長179センチです。
自分はよく汗をかきます。運動とかしたらもちろんのこと、普通に移動するだけや、ひどいときは座っているときなどにも汗をかいたりします。
アルバイトで接客業をしており、レジでお客様の対応をしているときとかももちろん汗をかいております。
滲んでいるとかいうレベルではなくだらだらと流れ出る滝のような汗です。
そこで質問なのですが、汗っかきの原因は太っているからだけなのでしょうか?もしかしたら要因は他...続きを読む

Aベストアンサー

太っているのだけが汗かきの原因ではありませんが、太っている人は汗をかきやすいです。

汗をかきやすい人と、汗をかきにくい人がいるのは、汗腺(汗の出る線)の多さの違いと、代謝量の違いによるものです。

太っている人が汗をかきやすい理由として、
例えば5キロの物を持ち上げるのと、10キロの物をどちらが力が必要になるでしょうか。
当然10キロを持ち上げる方が力が必要になります。

同じように、体重が重い人が動く方が、軽い人が動くよりも力が必要です。
力を使うということは、それだけ多くの代謝(脂肪を燃焼させてエネルギーに変えること)が必要となります。

車に例えると、ガソリンを爆発させてエネルギーに変えて車を動かしますよね。人間の場合これを『代謝』と言います。
車の場合、代謝されて出てくるものは排気ガスですが、人間の場合、これが『汗』になって出てくるのです。

ですので、太っている人の方が汗をかきやすいのです。

痩せるためには、沢山代謝をすることが必要となります。
汗をかかない肥満より、汗をかく肥満の方が、痩せやすいのですよ。


痩せるためには代謝量をあげることです。
燃費の悪い車になってください。
燃費の悪い車になるためには、筋肉をつけることが重要です。
ウォーキング等、軽い運動から始めてみてください。

ですが、運動をしても、食べたいものを食べたいだけ食していては痩せることはできません。ご飯の量を茶碗半分に減らす、ファーストフード、スナック菓子は食べない、コーラなど加糖してあるものを飲まないなど、できることを心がけてみてください。

太っているのだけが汗かきの原因ではありませんが、太っている人は汗をかきやすいです。

汗をかきやすい人と、汗をかきにくい人がいるのは、汗腺(汗の出る線)の多さの違いと、代謝量の違いによるものです。

太っている人が汗をかきやすい理由として、
例えば5キロの物を持ち上げるのと、10キロの物をどちらが力が必要になるでしょうか。
当然10キロを持ち上げる方が力が必要になります。

同じように、体重が重い人が動く方が、軽い人が動くよりも力が必要です。
力を使うということは、それだけ多く...続きを読む

Q体脂肪2%減。何グラムくらいの脂肪が減ったのでしょう?

まだ2週間しか経っていませんが、毎朝ジョギング30分、腹筋、背筋、腕立て、スクワットそれぞれ20回、
食事面は間食なし、朝、昼は普通に食べて(特に朝はしっかり食べます)
夕食はご飯は食べずにおかずのみ、腹八分目に抑えるようにして現在も続行中です。

2週間経過した時点で体重は0.6kg減、体脂肪2%減、と非常に少ない数字ではありますがお腹周りの贅肉が明らかに減り、
若干くびれも出てきたほどです。
とてもビックリしたのですが、体脂肪2%減てどのくらいの重さの脂肪が減ったのでしょうか?
体重で減っている0.6kg分なのか、それとも腹筋で引き締まっただけなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体脂肪率=体脂肪の重さ/体重×100ですから

減った体脂肪の重さは
(元の体脂肪率×元の体重)-(今の体脂肪率×今の体重)
です

50kg25%から49.4kg23%へと変化したなら減った体脂肪は{(50×0.25)-(49.4×0.23)}≒1.4kgですし
100kg35%から99.4kg33%の場合は{(100×0.35)-(99.4×0.23)}≒2.2kgとなります

減った体脂肪-0.6kgが増えた筋肉(+水分)と言う事になります。

Q水を一杯飲むと体脂肪率が下がりますか?

水を一杯飲むと体脂肪率が下がりますか?


運動と食事に気をつけてダイエットをし始めて3ヶ月がたちます。
毎日、体重と体脂肪を計ってますが、体脂肪も少しづつ落ちてました。

それがある日突然、体脂肪が25%だったのが急に19%ぐらいまで
落ちました。
もちろん朝一番、毎日同じ時間帯に計ってます。

ちょうど水を一日2lぐらいを目安に七回から八回に分けて飲み始めた頃だったので
もしかしたらこれが原因なのでしょうか?

それとも、ただ体重計が壊れたのでしょうか?

水分量が増える事で体重系が筋肉が増えたとものとして
計算してしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ちょうど水を一日2lぐらいを目安に七回から八回に分けて飲み始めた頃だったので、もしかしたらこれが原因なのでしょうか?

この問題は身体の水分変動の問題で、ちょっとわかりにくいのですが、原因がわかれば話は簡単なので、数字で説明します。

人の喉の渇きの感覚は鈍感で、体水分の5%が失われるまで気がつきません。
あなたの体重が仮に50Kgとすると、身体から水分が2.5Kgも失われないと気がつかないのです。
したがって、水分摂取を抑え気味にしていた頃の体脂肪率が25%だったとすると、
その時の体脂肪は、
体脂肪量 = (50 - 2.5) * 0.25 = 11.875Kg だったことになります。

その後、水分を1日に2リットル飲むようになると、体脂肪率は、
脂肪率 = 11.875Kg / 50 = 23.75% になり、1.25%下がる計算になります。

今、コップ1杯の水を飲むと、体脂肪率は、
脂肪率 = 11.875Kg / 50.2 = 23.65% になり、コップ一杯の水で0.1%下がることになります。

> 水分量が増える事で体重系が筋肉が増えたとものとして計算してしまったのでしょうか?

そのとおりですが、筋肉が増えなくても、水分が増えるだけでも、分母が大きくなるので体脂肪率が下がります。

ただし、水分でも体脂肪率は下がりますが、もっと影響を与えるのは浮腫みと汗です。
たとえば、朝と夜とでは体脂肪率が3%ほども夜の方が低くなります。
これは、下肢に水分が溜まってくると、電気が通りやすくなるので、体脂肪計が筋肉が増えたと勘違いするためです。
このように浮腫の影響は、水分よりも2倍も大きな影響を与えます。また、汗と入浴も同じように大きく影響します。
ですから、タニタのHPにも入浴直後の測定は避けるようにと書かれています。

> それがある日突然、体脂肪が25%だったのが急に19%ぐらいまで落ちました。

私は真夏の炎天下に庭の手入れをしていて大汗をかいて、体脂肪率が5%も下がった経験がありますが、
朝の体脂肪率が6%も下がるというのは、ちょっと考えにくいと思います。
考えられるとしたら、その前日はたまたま水分摂取が少なかった、睡眠中の発汗量が大きかった、その日はなぜが下肢に浮腫があったなど、これらのすべての条件が重なったら、6%になるかもしれないと思います。
体重計が壊れたのではないと思います。

> ちょうど水を一日2lぐらいを目安に七回から八回に分けて飲み始めた頃だったので、もしかしたらこれが原因なのでしょうか?

この問題は身体の水分変動の問題で、ちょっとわかりにくいのですが、原因がわかれば話は簡単なので、数字で説明します。

人の喉の渇きの感覚は鈍感で、体水分の5%が失われるまで気がつきません。
あなたの体重が仮に50Kgとすると、身体から水分が2.5Kgも失われないと気がつかないのです。
したがって、水分摂取を抑え気味にしていた頃の体脂肪率が25%だったとすると、
その時の体脂肪は...続きを読む

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Qよく汗をかく人と、あまりかかない人の違い

よく汗をかく人がいます。
太っている人に多いので、太った人は体温が上がりやすいので、体温調節のために汗をよくかくと理解していました。

ところが最近、痩せた人で、ものすごい汗かきの人に出会いました。
その人は常にハンカチが放せないそうです。
痩せているので体温があがるとは思えないのですが。
汗をかく、汗をかかないという体質は、どんなところからきているのでしょうか?
両者の本質的な違いは何でしょうか?
汗をあまりかかない人の方が健康なんでしょうか?

Aベストアンサー

私も痩せてる?(普通かな?)ですけど汗かきです。汗をかくのは新陳代謝(基礎代謝?)がよく、体温を下げたり、汗から老廃物を出すためです。基礎代謝が高いと、食事をしただけでも、普通の人より体温が高くなりカロリーを消費します。そういう人は太りにくいと思います。
太っている人は、体内の熱が脂肪によって逃げにくいので、ただ体温を下げるために汗が出ていると思います。(基礎代謝が低い)

と私は分析しています。

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Q体脂肪率12%、でもお腹がプニプニ・・

こんにちは。168cm/ 55kg/ 28歳の男です。

先日、病院の体重計で測ったらば、体脂肪率が12%だったのですが、お腹周り、特にヘソ周辺には取って付けたような柔らかい肉がプニプニとかなり余っています。考えてみると、どんなに痩せた時(53kg)でも、今よりも全然引き締まっていた時期でも、この肉だけは、しっかりとくっついていたように思います。こんなに分厚い皮ははありえないので、確実に脂肪だと思うのですが、これは落とすことができるのでしょうか?ちなみに腹筋がはっきりと割れたことはありません。隆々とした筋肉の上にプニプニの脂肪がこびり付いている感じでした。

どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなります。

また、お腹というのは普段あまり動かしませんし、内臓保護のためにも脂肪がついていたほうが望ましい部位です。

ゆえにそのため体脂肪率が1桁になったあたりからは、週5~6回・1回平均で2時間程度の運動(有酸素運動+ウエイトトレーニング)とある程度の食事制限がほぼ必須になりますから、当然体には相当な負担がかかります。

しかも体脂肪が1桁というのは医学的には伝染病などの罹患率の急上昇や精神の不安定、ショック死などのリスクが急激に高まるため、非常に危険な状態とされます。
5~6%になれば完全なレッドゾーンで健康にいいとは言いがたいです。
ですから、ボディビルダーやアスリートの人でも普段はこんな体脂肪を維持しません。

健康のためには、お腹にある程度脂肪がついて、うっすら腹筋が割れているくらいのがわかるくらいの状態が一番だと言うことです。

適度な有酸素運動や筋トレを習慣化して、適切な食事と睡眠をとる生活を長く続けていけば、自然と綺麗な体つきになります。
お腹にはある程度脂肪がついているのが普通、くらいの感覚でのんびり落としていくようにして、ほどほどのところで維持するようにしたほうがいいでしょう。

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなりま...続きを読む

Q筋肉と脂肪 どちらの体型が暑がりですか?

太ってる人が汗かきで暑がりなのはよく聞きますが
筋肉質の人は暑がりなのでしょうか?
筋肉質だと冬などの寒さに強いなどとは聞いたのですが
暑い夏はどうなんでしょうか?

変な質問で申し訳ありませんが分かる方がいらっしゃいましたら
教えて下さい。
宜しくお願致します。

Aベストアンサー

 体温は内臓(おもに肝臓)と筋肉で発生するわけですが、筋肉には心筋・平滑筋・骨格筋の3つがあって自分の意思で動かせるのは骨格筋です。筋肉質という筋肉は鍛えることができる骨格筋を指していて、筋肉質の人は心筋・平滑筋(どちらも内臓を動かす筋肉)も多いというわけではありません。ですから脂肪太りしている人も筋肉質の人も、体をあまり動かさずにじっとしているとき(骨格筋をあまり使わないとき)に発生する熱の量はそう変わりません。

 筋肉質の人は脂肪太りしている人よりも基礎代謝量(体をじっとしているときに消費するエネルギー)は多くなります。基礎代謝量が多いということは、それだけエネルギーを消費しているわけで、発熱量も多いことになります。ですが、筋肉質の人の基礎代謝量と脂肪太りしている人の基礎代謝量の差はごく僅かです(基礎代謝量に寄与する程度は脂肪1kgは5kcal、筋肉1kgは13kcalです)。ですから発熱量はそう変わらないわけです。

 そういうことで、体をじっとしているときでも暑く思うのは脂肪太りしている人です。それは表皮のすぐ下にある厚い皮下脂肪が熱伝導を邪魔して、体内で発生する熱を表皮で十分に冷やせないからです。

 でも運動すると筋肉質の人は筋肉が多いだけ発熱が多くなり、体温が上がりやすくなります。でも体温を下げる効果も脂肪太りの人よりもよいことになります。

→ 脂肪太りの人は、夏はじっとしていても暑い。筋肉質の人はそれほどではなく、運動すると熱を多く産み出すが、脂肪太りの人よりも体温を下げやすい。

 体温は内臓(おもに肝臓)と筋肉で発生するわけですが、筋肉には心筋・平滑筋・骨格筋の3つがあって自分の意思で動かせるのは骨格筋です。筋肉質という筋肉は鍛えることができる骨格筋を指していて、筋肉質の人は心筋・平滑筋(どちらも内臓を動かす筋肉)も多いというわけではありません。ですから脂肪太りしている人も筋肉質の人も、体をあまり動かさずにじっとしているとき(骨格筋をあまり使わないとき)に発生する熱の量はそう変わりません。

 筋肉質の人は脂肪太りしている人よりも基礎代謝量(体をじっ...続きを読む

Qある運動に慣れると段々汗をかかなくなる理由

それまでにあまりしなかった運動を強めに行うと最初は非常にきついですし、呼吸が荒くなって大汗をかいたりしますね。

ところが慣れてくるとそれが平然と行えるようになります。

楽に行えるようになったりとか呼吸が乱れなくなる、というのは運動に合わせて筋力がアップした結果だと理解できるのですが、不思議なのは汗もかかなくてすむようになる点です。

同じ運動をしているのですから必要なエネルギーは筋力云々にかかわらず等しいわけで、それならばその運動に伴う発熱量も同一であり体温も同じように上昇する、と考える方が自然ではないでしょうか。

それにもかかわらず実際には汗をかかずにすむようになります。
これは一体どういう理由によるものですか?

それともひょっとすると同じ人が同じ運動をする場合でも、慣れる前と後では消費するカロリーが違ったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

 いろいろ、理由があります。体重が同じとして、同じ運動をして同じ発熱ということは崩れないと考えてよいかと思います。マラソンのようなものですと、体重が軽くなれば、同じ速度で同じ距離は、明らかに楽になります。筋トレですと、体重はあまり影響しません。

 まず、技術の向上です。たとえ、ジョギングのような、あまり技術が関係さそうなものでも、やはり足音をドタバタさせてぎくしゃく走っていたはじめごろと比べて、慣れてきてフォームも決まり、足音も軽くなると、同じ速度で同じ距離であっても、上手く走る方が消費エネルギーは少なくなります。

 たいていは、そういうことだと思いますが、たとえば、さらに毎日長時間のジョギングを続けて、乳酸閾値が上がってきて、さらにパフォーマンスを上げて、と繰り返していると、身体の順応が起こってきます。安静時の脈拍数や体温が下がってきます。基礎代謝の低下です。

 こうなると、同じ運動でも消費エネルギーが下がります。全体として代謝が下がっているわけですので。

 力仕事でも、慣れにより楽になることが顕著にあります。要領一つで必要な力がずいぶん違うことが珍しくありません。運動でも同じでしょうね。

 また、運動用具でも、競技性を上げるようなものを使うか否かで、変わって来るでしょう。逆の例では、重いウエイトを身体に装備して、運動強度を上げることがあります。

 いろいろ、理由があります。体重が同じとして、同じ運動をして同じ発熱ということは崩れないと考えてよいかと思います。マラソンのようなものですと、体重が軽くなれば、同じ速度で同じ距離は、明らかに楽になります。筋トレですと、体重はあまり影響しません。

 まず、技術の向上です。たとえ、ジョギングのような、あまり技術が関係さそうなものでも、やはり足音をドタバタさせてぎくしゃく走っていたはじめごろと比べて、慣れてきてフォームも決まり、足音も軽くなると、同じ速度で同じ距離であっても、上...続きを読む


人気Q&Aランキング