ファネル型トラップ(乾式)に使用する誘引剤で
ヒトリガ(アメリカシロヒトリ)に有効な
商品名・メーカー名などを教えて下さい。
また乾式トラップは東海物産以外からも発売されているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは、再びnijurokuです



>ヒトリガ専用品でなく、他の害虫用を流用することはできないのでしょうか?

ですが、フェロモン剤はその生物特有の成分を発することにより、虫を集めるようになっています。
例えば、ヨトウムシ(蛾)の場合(私の地域では、この虫のフェロモン剤しか必要ないのですが)フェロモン剤の成分は、メスでしかも処女の蛾の匂いらしいです。
そのため、トラップに寄ってくるヨトウムシはオスばかりだそうです。悲しいオスの習性です。(笑)
おそらく他の害虫用のフェロモントラップをしかけても、捕まえることはできないと思います。

アメリカシロヒトリの生態を調べると、
・サナギ状態で越冬して
・春に羽化して、交尾・産卵して
・幼虫が5月~6月にかけて葉っぱを食べる、これを9月まで繰り返し
・10月に休眠する  と書いてあります。

防除方法は、
小面積の場合・・幼虫は密集しているので、その枝を切り落とし焼き払う
大面積の場合・・カルホス乳剤・DDVP乳剤、などの農薬散布する  と書いてあります。

葉っぱを食害する虫は、なるべく小さいうちに、防除するのが基本ですから、sa to
さんのおしゃるとうり、アメリカシロヒトリの親をトラップで見つけて早期の防除をして被害を少なくするという、考え方は当を得ています。

>また周囲に住宅が多く定期的な農薬散布ができないので

ということですが、農薬を使わない方法もありますので、紹介しておきます。これは、私の近所の人たちがしている方法で、ひげ虫などの防除に使っています。
・石鹸水を噴霧器で散布する。石鹸水が虫を窒息死させます。濃さは、洗濯に使う程度の濃さです。ただし、虫が大きくなるほど効果はうすいようです。
・ピカコーという液を散布します。(URL参考)
この液は、ドロドロした海藻です。このドロドロで、害虫を窒息させます。無農薬で作物を作りたい農家が使用しています。私も販売しています。私はこのメーカーのまわし者ではありません。(笑)
でも、どちらも散布して使用するので、近所の人が見たら農薬と勘違いされそうですね?しかし、農薬独特のいやな臭いはありませんよ。参考まで

参考URL:http://www.ruralnet.or.jp/sizai/gn_ad/kassei.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

求めていたもの見つけました。
http://www.la.mbr.co.jp/nitolure.htm
「農薬を使わない方法」もとても興味があるので参考にさせていただきます。
いろいろとどうもありがとうござました。

お礼日時:2001/04/02 18:40

こんにちは



回答にならない回答かもしれませんが、誰も回答されていませんしsa toさんも2回も質問されいいるようなので、少し書いてみます。

ヒトリガのフェロモン剤は、日本では流通していなのではないのでしょうか?(はっきりとはわかりませんが、わたしの調べた範囲での話です)
調べてみると、ヒトリガは主にサクラ・ポプラ・ヤナギ・プラタナスなど落葉広葉樹に寄生すると書いてあります。ヒトリガは確かにフェロモンの誘引ができそうなのですが・・・
現在、日本に流通しているフェロモン剤はだいたい、作物として市場にだすような市場性の高い作物の害虫を対象にに作られていると思います。
よってヒトリガのフェロモン剤を作っても、売れないから日本では販売されていなのかもしてません。

私は農業関係の仕事をしています。
東海物産のトラップも販売しています。東海物産以外のトラップも見たことはありますが、メーカーまでは詳しく知りません。東海物産のフェロモンはベルギー産だったと記憶しています。
国内のフェロモン剤を開発・販売しているのは、信越化学・大塚化学・サンケイ化学・武田薬品などがあります。これらの会社(=国内のフェロモンメーカー)にはヒトリガのフェロモンの登録はありません。これらの会社は独自のトラップを持っているようですが、東海物産以外のトラップを販売したことがないので、はっきりとしたことがいえません(今度、きちんと見ておきます)。ホームページ検索をしてみても、個人の手作りのトラップはありましたが、メーカー品は詳しくでていないようです。

以上あまり参考にならない話を書かせてもらいました。

参考URL:http://www.nouyaku.net/RINKU.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にどうもありがとうございました。

敷地周囲のサクラの木が昨年ヒトリガの甚大な被害に遭い
また周囲に住宅が多く定期的な農薬散布ができないので
トラップで発生状況を確認した上で散布することを検討しています。
「ヒトリガのフェロモン剤は、日本では流通していなのでは…」とのお話ですが
ヒトリガ専用品でなく、他の害虫用を流用することはできないのでしょうか?

いろいろ調べているのですが、なかなか有効な情報が集まらず困っているところでした。
また何か情報がありましたら、ここに書きこみ下さいますようよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/20 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q果樹のフェロモントラップについて

果樹のフェロモントラップってなんですか?しくみを教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2種類あります。
1)害虫の発生予察に使うもの。
2)害虫防除に使うもの。

昆虫は、それぞれ特有のフェロモン(におい物質)を発しています。このフェロモンは、人間が感知できない極めて低い濃度で作用し、昆虫同士の交信に使われています。

このうち、1)の発生予察に利用するタイプは、異性を呼び寄せる性フェロモンや、仲間同士で集団をつくる集合フェロモンにより害虫を集め、粘着テープや水トラップに捕殺するというものであります。
その畑に発生している害虫の数量を確かめ、農薬散布の参考にするという利用方法となっています。

また、2)は主に性フェロモンを利用したもので、高濃度のフェロモンをプラスチックチューブ等に封入し、圃場に設置するものです。
高濃度のフェロモンが圃場内に放出されることで、昆虫同士の交信が撹乱され、交尾ができなくなることで卵・幼虫の発生を抑制しようとするものです。(果樹の害虫被害は、産卵及び幼虫の食害によるものが多いので)

Q除草剤の効果

 土壌処理剤を使用する場合、土が乾燥していると効果が落ちる場合があります。
この原因は何なのでしょうか。

Aベストアンサー

除草剤の袋に書いてあるのですが,「なるべく雨の振った次の日もしくは除草剤をまいたあとに水をまくこと。」これにより草が除草剤のたっぷり溶け込んだ水を吸収します。それでかれてしまいます。土が乾燥していると除草剤の成分がそのままで草に吸収されません。しかし,除草剤をまいた後に雨が降ってしまうとせっかくまいた除草剤が流れ出して効き目が弱くなってしまいますので天気予報をよく見ておきましょう。

Qモンシロチョウの駆除、有効利用

家庭菜園でダイコンを植えているのですが、モンシロチョウが群がっています。産卵されるとアオムシに葉を食べられてしまいますので、成虫から捕虫網でその場にいただけ全部、15,6匹採取しましたが、そのあとどうするかに困っています。
遠くに逃がすと近隣の農家さんに迷惑がかかると思います。
また殺してしまうだけと言うのも少し気がひけます。
(勝手ではありますが。)
何か「チョウを食べるようなペット」でも飼っていればいいのですが、ウチや周囲にはいません。
なにか有効に活用する方法を思いつかれた方がいらっしゃいましたらご教授ください。
またこのように成虫をコンスタントに採集する方法が、アオムシの駆除に役立つかについてもご意見頂けると幸いです。モンシロチョウの性質、活動範囲なども含めてご説明頂けるとありがたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

モンシロチョウは今が活動する最後の時期です、今産卵された卵はふ化してから食害してサナギで越冬します。4月頃羽化して成虫になります。羽化した成虫は産卵し5月頃に産卵が多くなり食害のピークを迎えます。青虫の幼虫は集団ではなく1匹で生息しています。モンシロチョウは卵を1つずつ生み付ける性質があります。コナガ、ハスモンヨトウは卵を1カ所に生む性質があります。モンシロチョウの成虫は使い道はありません。処分してください。
害虫の被害を少なくするには薬剤散布かネットを掛けて産卵させないかあるいはフェロモントラップで成虫を捕まえる。などがありますが家庭菜園では防虫ネットをかぶせてしまうのが簡単で効果があります。青虫がつくのはアブラナ科の野菜ですから農薬登録がある薬剤を散布してください。フェロモントラップは雌が出す性フェロモンに雄が集まり雌と交尾出来なくして害虫を少なくする方法です効果が長く続きます。
行動範囲については私は分かりません。

Q梅の木の消毒剤について

今日梅の木の消毒をしている人がいてたまたま横を通ったら、消毒剤を顔の頬と洋服にかけられました。細い噴射しているような感じでした。
色は黄色で匂いは硫黄の匂いがしました。
相手は手袋はしていましたけど、危険なものでないかと心配で
す。
何なのかお解かりの方教えてください。相手の人はすごく謝ってましたが、危険ではないと言い、素手にもついていました。顔は即洗いましたが、ダウンジャケットにかなり掛かっており、クリーニングでも落ちないかもと心配してます。

Aベストアンサー

その薬剤は石灰硫黄合剤といいます。硫黄と石灰が混ざった農薬で冬の間に散布すると病害や害虫が少なくなります。毒性は極めて低い薬剤ですが硫黄と石灰が入っているため衣服は汚れやすくなります。クリーニングに出すときに石灰と硫黄が混合された農薬の汚れだといえば対処してくれるとおもいます。散布した噴霧器にも付着しやすい性質があるために落ちにくいかも知れません。

Qネズミにもラジオは有効でしょうか

昨日の朝日新聞の読者投稿欄に夜間畑でラジオを鳴らし続けたらハクビシンが恐れて作物の被害が全くなかったという記事がありました。ハクビシンは人の話し声がすると畑に近付かないということからこの人はラジオを使ったということですが、家の中に潜んでいて夜間出没するネズミを追い出すのにこの方法は使えるでしょうか。出口を一つ用意しておいて夜中ラジオをかけると、人が近くにいると錯覚してネズミは食糧をあさる機会を失い外へ出ていくということを期待しています。

Aベストアンサー

実際不在時にラジオを試したことがあります。
最初は多少の効果があるでしょうが、
慣れてしまうのでラジオの音ではネズミを撃退することは不可能です。

簡単に食料が喰われないようにしっかとした容器に入れておく。
かご形のねずみ取りを仕掛ける。ねずみ取りで2匹捕まえました。
入る形のねずみ取りと入らない形のねずみ取りがあります。

ネズミの進入口を塞ぐ。

ハッキリ言って、ラジオは有効では無いです。

あと粘着シートは、ネズミがパニックにならない限り捕まることは無いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報