『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

ここ2年くらい職場においているパキラの葉が急に(ここ1週間以内)黄色くなり、落ち始めました。
特に場所の移動や、水を切らしたということはありません。

また、新芽も出ています。
全体の大きさは高さが30センチくらいです。
黄色くなっているのは割りと下のほうの葉です。

考えられる病気はありますか?
また、何かやってはいけないことなどありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

葉が黄色くなったり落ちたりする原因としては、光線不足、肥料不足、


根詰まり、根腐れ、ハダニなどが考えられますね。

職場に置かれているようですが、何処に置かれているのでしょうか。
その場所の日当たりは、どの程度でしょうか。

肥料は時期内に与えられていますか。パキラも生きていますから、生き
ている限りは養分も必要です。生長期(活動を活発にして生育する時期
を言う)の5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下
さい。量は袋の裏側に書いてある量を施します。

鉢土は永久的に使用が出来ないので、植物の種類によっては1~3年に
1回は植替えが必要です。パキラの場合は2年毎の植替えが必要です。
時期的にはギリギリですから、根の状態を調べる意味でも植替えをされ
た方がいいかと思います。根を調べれば根腐れか根詰まりが分かります
から、職場の同僚の方と一緒に植替えをされて下さい。上司の方に事情
を説明されれば、必要な土や材料を購入するための資金を調達して貰え
るはずです。職場なら必要経費で落とせるはずです。

ハダニの場合は、葉裏を虫眼鏡で良く観察して下さい。もしハダニでな
ければ先ほどに書いた事が原因です。

水は切らした事が無いと言われますが、水は与えれば元気に生育すると
言う事はありません。基本的には9~10月と3~6月は、鉢土(鉢に
入っている土の事)が白っぽく乾いたら与えます。11~2月は鉢土が
乾いたら与えます。7~8月は水切れを防ぐため毎日与える事が基本で
すが、置き場所や環境や気候の変化で鉢土の乾き具合も変化するので、
この時期は天候に注意して水遣りを行います。
年間を通して同じ方法で水遣りをすると、決まって根腐れを起こし枯れ
てしまいます。

置き場所はエアコンを使用していませんか。エアコンの風が直接当たる
事は絶対に避けるべきで、どうしても避けれない時にはエアコンが効い
ていない部屋に移動させます。冷風に当たるだけで葉が黄色くなります
し、落葉だって起こします。
水遣りの他に霧吹きで葉水をしていますか。湿度が低めで乾燥している
部屋では、どうしても湿度不足になり葉が乾燥してしまいます。そのよ
うな時には、定期的に葉水をして湿度を高める工夫が必要です。これは
夏場と冬場に行います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

同じ症状でも原因は様々なことが考えられるのですね!
肥料はやったことがないので、家にある粒状の肥料を持ってきてあげてみます。

また、季節ごとに対応を変える必要があるのですね。
オフィス内なので、あまり季節は関係ないかと思っていましたが、確かに冷暖房の切れる時間もありますしね。

そろそろ植え返したほうがよさそうですね。

お礼日時:2009/09/19 17:22

上に新芽が出て、一番下の葉から落ちているなら新陳代謝です。


若い者を育てるために老葉は消えると言う、ちょっと切ない自然現象です。
古い葉も同時に存続させたい時は
肥料を切らさないようにすれば、最年長の葉の寿命が少し長くなります。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

新陳代謝であることを祈っています。
肥料やってみますね!

お礼日時:2009/09/19 17:24

代謝による自然現象です。

パキラの1枚の葉の寿命は2年ぐらいです。
寿命が来たら黄色くなって枯れます、1枚の葉ですね。葉にも寿命があります。
新芽が出ているようであれば問題ありません。今まで通り育てて結構です。
>また、何かやってはいけないことなどありますか?
人(複数)は、うっかりミスをする事があります。いきなり直射日光に当てたなど、「葉焼け」など起こす場合が多いです。直射日光には当てないようにします。
あるいは5℃以下の低温に合わせて葉が凍傷を起こした、などですね。
大事に思っているうちは心配ありませんが、慣れてくるとうっかりヘマをやらかす場合があります。
また2年経過するとそろそろ植え替え時ではありますが、来年の5月あたりで新しい土、必要があればひと回り大きな鉢で植え替えてやりましょう。
11月~3月までは休眠していますから、水遣りもかなり控えめにします。肥料や栄養剤もこの時期は与えません。
またシーズンを通して暖かい時分に、時々は霧吹きで葉に水スプレーして潤いを与えるのも良い事です。
    • good
    • 10

パキラはあまり水を好まない植物です。


お風呂などにおいてあれば湿気だけ一年中水やりしなくても生きています。

葉が黄ばんだとのことですが、新芽のために自ら葉を落としているだけかもしれませんし、根腐れ、乾き過ぎも考えられます。

草丈が30センチくらいですと小さいほうですから心配はないともいますが、水やりの注意点として大鉢の場合上からやるだけですと鉢の中の用土に「水の通り道ができてしまう」ということがおこります。
そうなるといつも同じところだけ水が通り、水が通らないところはいつも乾燥しているという状態になります。同じ鉢のなかで水のやり過ぎと乾燥させ過ぎの状態ができてしまうのです。これは小鉢では起こりづらい現象ですが、そうなると根の一部は根腐れしているのに表土や他は乾燥しているように見えたり、とかなり複雑な状況になります。

No1氏が仰るように底穴から流れ出るくらいたくさんやるというのは基本で通り道を防ぐ目的もあるのですが、一度通り道ができてしまうとそう易々と水をよそへは流さなくなります。
一番いいのは鉢全体が入るくらいの大きさの桶のようなものに水をはって漬けることです。これは小鉢にしても良い方法です。
大鉢の場合10分前後水に漬けていると用土全体が水を吸い全体に水が行き渡り水の通り道もできにくくなります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

「水の通り道」は初耳でした!
今のところ根腐れはしていないようですので、水やりに気をつけていきます。

お礼日時:2009/09/19 17:16

 こんにちは。

パキラ2鉢育ててますので良かったら参考にして下さい。
 単なる生理現象じゃないでしょうか?特に下の方なら古くなったら落ちますので新芽も出ているようならあまり気にしない方が良いです。ドンドン落葉しているならおそらく水のやりすぎです。水を切らした事がありませんと書かれてありますが、パキラを枯らしてしまった方は大抵水のやりすぎて枯らして(正確に言うと根腐れで腐る)います。
 御存知かもしれませんが、鉢植えの植物の水やりの基本は「鉢土が乾いたら下から水が流れるぐらいタップリ、受け皿の水は捨てる」です。乾燥に強い植物は乾いてから水をやる間隔を長くし、水切れに弱い植物はその都度与えるようにします。どちらも常に湿っている状態にはしません。パキラは大変乾燥に強く、この間隔を相当開けても絶対枯れません。相当大雑把で忘れっぽい私ですが(^_^;)、夏そういえばここ最近水やりしてないな~と気がついてそこから更に3日ぐらいたってもOKでガンガン新芽が出てます。ですので10日に1回ぐらいの水やりの間隔です。冬は休眠期に入りますので、2週間に1回ぐらいのペースのような気がします。幹の状態はいかがですか?ブヨブヨしていたら手遅れですが、シッカリ堅かったらOKですので、これからは水やりの間隔を開けて必ず見て触って確認した後にタップリ与えるようにして下さい。
 またここ2年植え替えをしていないようなら根詰りの可能性も考えられます。作業の適期とは違いますが、そろそろ涼しくなってきましたので真夏にやるよりはダメージが少ないです。ほっとくと冬になってしまい完全に植え替え出来なくなりますので今の内にやってしまいましょう。↓に写真付で載っていますので参考にして下さい。パキラの育て方も貼っておきます。
http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm
http://dictionary.bloom-s.co.jp/etc/kiso7.htm

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

水やりはそんなにしなくていいんですね。
これから冬に向かいますし、もっと水やりの間隔をあけてみようと思います。

植え替えもやったほうがいいのですね。
参考にします。

お礼日時:2009/09/19 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパキラの枯れた葉はどの辺からカット?それとも放置?

4本網で胸丈ぐらいのパキラを北関東 室内で育てていますが葉の9割が枯れ始め、枯葉からは枯葉独特の臭いも発生しています。
枯葉はカットした方が良いのでしょうかそれとも放置でしょうか?
またカットする際の方法やどの辺りからカットするかも教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 私は東北の寒冷地です。(今夜も外は氷点下です)

さて パキラは手のひらの様に広げた葉の付け根、手のひらの付け根までの腕部分の付け根に コブ状の 節が有ります。

しっかりと枯れて、樹そのものが不要と判断した段階ですと 手で触れたりする程度でポロっと外れてくれます。
 
幹や根が健康でしたら、どんどんカットしてもかまいません。 極端な場合は 幹の半分から切り倒しても 再生します。

しかし 寒さと乾燥とまだ日照時間が少ないこの時期ですので、健康な葉が残っている程度までの刈り込みまでが無難だと思います。
 
実際のカットは幹から少し先の部分で良いと思います。 その後数日~1週間程度で残った枝部が変色して乾きますので、指でチョンと触れると最適な部分でポロっと取れてくれますよ。

Qパキラを太くしたい

教えてください
小さなパキラの植木を買ってきました
大きめな鉢に植え替え、幹を太くしたいと思ってます
葉っぱをむしって幹に栄養が行くようにしたほうが良いのでしょうか?
また、肥料をいっぱい上げたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

パキラを切らずに、根元を太くなるのは実生苗(種から発芽してそのまま育ったもの)ですね。 挿し木だと寸胴に育ちます。

どちらにしても、パキラの幹を早く太くするには、上の方を切ってしまえば良いんです。 棒だけになってしまうように上の葉っぱごとスパッっと、思い気って切れば新しい葉っぱが出てきて幹も太くなります。 これを繰り返す毎にどんどん幹が太くなりますよ。

上の方の切り離した枝葉は、枝にある程度のサイズがあれば、葉っぱを半分ぐらいに切って、赤玉土などに挿し木しておくと、根が出てきますよ。

ホームセンター等では結構太く短いパキラが200円以下ぐらいで販売されているでしょう。 あれの上の断面は明らかに鋸で切った後がありますよね。 挿し木で簡単に増えるのであんなに安いんですね。

大きくて手に負えなくなったパキラは、スパッと切って短くしてしまえば、簡単に運べるようになりますし、最近流行りのセラミス(培養土)に植えると、恐ろしいほど軽くできますよ。

ただこれからは寒くなるので、今度の春まではそのまま育てて、春になってからやった方が良いと思います。

暖かくなれば、切っても切っても新しい枝葉が出てきます。

パキラを切らずに、根元を太くなるのは実生苗(種から発芽してそのまま育ったもの)ですね。 挿し木だと寸胴に育ちます。

どちらにしても、パキラの幹を早く太くするには、上の方を切ってしまえば良いんです。 棒だけになってしまうように上の葉っぱごとスパッっと、思い気って切れば新しい葉っぱが出てきて幹も太くなります。 これを繰り返す毎にどんどん幹が太くなりますよ。

上の方の切り離した枝葉は、枝にある程度のサイズがあれば、葉っぱを半分ぐらいに切って、赤玉土などに挿し木しておくと、根...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qパキラの葉が茶色になってしまいました。

パキラの葉が徐々にうす茶色になってきてるんです。
で、しばらく前もそうなったのですが、その後も新しい葉もでてきて
その葉も少し大きくなったので気にしてなかったのですが
だんだんと葉っぱが落ちるようになってしまって。
一時はよくなったんですけど、またうす茶色の葉っぱになってきてるのが
あるのです。最初の頃お水をあげすぎてた頃に茶色になってしまいました。
だから根ぐされしちゃうと水をあげるのを控えたら落ち着いたんですが。
このパキラはもう一つのより成長が悪いのは明らかです。
何か対処法あったら教えてください。このまま枯れてしまうのでしょうか?
あと根ぐされしつつある植物の復活方法ってあるんでしょうか?

Aベストアンサー

新芽が出てくる分にはそれほど、心配しなくてもいいです。夏が一番好きな植物のようなので、植え替えるとしたら5月とか9.10月などが最適だと思いますが、今の状態が心配のようなら、一度鉢から出して、根っこの成長具合をチェックです。腐っているような枯れているような根っこは切ってしまい、多いようなら糸状の根もすっきりさせてから、あまり大きすぎないぴったりサイズのはちに植え替えてあげてね(^。^)お水のやり過ぎだけはきを付けて、思うにあのこぶみたいな箇所で貯めてるのではと感じるくらいお水あげなくても平気ですよ。わたしのパキラくんは冬は丸坊主になりますが今は超成長中です。

Qパキラの挿し木から根が出ない

どうぞよろしくお願いいたします。
パキラの挿し木を始めて2ヵ月半ほど経ちました。芽が一つ成長して葉が出ました。もう一つ成長しそうな小さな芽がある状態です。
しかし、根が一向に出る気配がありません。切り方が悪いのかと思って一度切り直してみましたが(ハサミで切りましたが切り口がちょっとデコボコです)、まだ根が出る気配がありません。今が観葉植物の成長期なのに、とても心配です。どうしたらいいでしょうか?
挿し木の方法ですが、水に挿していてベランダに置いています。水は毎日替えています。
元の木は思い入れのある木なので、挿し木は是非とも元気に成長してほしいと思っています。どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

挿し木と言うよりは、水根栽培の形でしょうかねぇ。

実は、光が当たっていると発根しにくいのが一般的で、パキラも例外ではありません。

また、切り口の細胞が出来るだけダメージを受けないように、ハサミのように両側から押しつぶしてしまう切り方ではなく、カミソリのような切れ味が良いもので切断面の細胞以外に力が加わりにくい方が理想的です。

また、「発根促進剤」と呼ばれるものもありますので、そのようなものを併用するのも良かったかもしれません。

まずは、下部の遮光が先決でしょう、切り口は腐ってきているなら、再度切り返しますが、問題なさそうなら触れない方が無難です。

水挿の場合は発根促進剤が使えないので、現状で考える必要はないと思います。

もし、水挿では無く、単純用土の挿し木とするなら別ですが、既にかなりの期間が経過しているようですので、今から変更するのは得策では無いように思えます。

Qパキラの葉が変色してしまいました

こんにちは。

昨年冬から大切に育てていたパキラの水耕栽培(プランツプランツで購入したハイドロカルチャーのいただきものです)を、二週間ほど前、誤って家族が倒してしまいました。いただいた時の倍の大きさに青々と成長していたのですが、窓辺から落とした後、パキラを一度引っこ抜いてまた植え直したようです。4日程前、帰宅したらパキラの根もとの方がハイドロカルチャーの石の面より上に出てきて、さらに傾いていて、変だなぁと思ったので、また植え直したのですが、その時、水の中から少し悪臭がしました。
そして、二日後の夜(一昨日前の夜です)大変暑い日だったのですが、帰宅したら、一部の葉の色が薄くなり、落ちていました。そのまま一晩こしたら、更に他の葉の色も薄くなり、昨日の朝、思いきって、鉢からだしてみました。鉢の中の悪臭はひどくなっていて、中を出してみると、おそらく最初に引っこ抜いた時に切れたと思われる細かい根っこが、腐りかけていました。
今は、写真のように、水につけてあります。(横にある鉢に入っていました)

大変大切にしていたものなので、何かうてる手があれば、行いたいのですが…教えて下さい。できれば土に植えて育てたいのですが……

こんにちは。

昨年冬から大切に育てていたパキラの水耕栽培(プランツプランツで購入したハイドロカルチャーのいただきものです)を、二週間ほど前、誤って家族が倒してしまいました。いただいた時の倍の大きさに青々と成長していたのですが、窓辺から落とした後、パキラを一度引っこ抜いてまた植え直したようです。4日程前、帰宅したらパキラの根もとの方がハイドロカルチャーの石の面より上に出てきて、さらに傾いていて、変だなぁと思ったので、また植え直したのですが、その時、水の中から少し悪臭がしまし...続きを読む

Aベストアンサー

土に植替えを希望されているので、ハイドロカルチャーから土に
移行して栽培する方法を書かせて頂きます。
ハイドロカルチャーと土での栽培は方法が異なる点が多いので、
以前に習得した知識は忘れて土に関する事を覚えて下さい。

パキラはパンヤ科の観葉植物で、熱帯アメリカに3種類程度分布
する常緑低木です。本来は水辺に生える植物ですが、水辺と言っ
ても水際に生えている訳ではありません。
年間を通して強光線を好み、栽培工夫で多少の寒さにも耐えられ
るようになります。乾燥や暑さに強い性質があり、低温期は水を
控える事で寒さに耐えられるようになります。
葉が黄色くなったり落葉する時は、光線不足、肥料不足、水の与
え過ぎ等で根が痛んでしまった事も考えられます。

まず土を用意する前に鉢を選びます。鉢は植物にとって家で、土
は生活をする場所になります。
現在は底穴が開いていない容器ですが、これでは栽培は出来ませ
ん、プラ鉢や駄温鉢(淵が茶色になっている焼物の鉢)等の深め
の鉢を用意します。1鉢に1株と考えて数を決めて下さい。
土は市販の観葉植物の土を使用します。この土は購入した状態で
使用し、間違っても他の土を混ぜてはいけません。また庭土を混
ぜたり使用済みの土を混ぜる事もいけません。
使用する時は必ず未使用の観葉植物の土を使用します。
現在の大きさでしたら4~5号鉢で十分だと思います。

まず鉢底穴の上に防虫ネットを敷きます。これはホームセンター
でも100円ショップでも売られています。
敷いたら鉢底を2~3cm程度入れ、一握りの土を入れます。
株を鉢に入れて見て、深さ調整をします。深過ぎる時は適度に土
を入れて下さい。
土を入れながら割箸で突っつきながら土を締め固めます。
鉢の天辺より2cm程度まで土を入れたら、指で軽く押して植替え
は完了です。

このままレースのカーテン越しに置き、1週間後に最初の水遣り
をします。鉢底から十分に水が流れ出るまで与え、濁った水が出
無くなったら水遣りを終えます。水が滴り落ちなくなったら鉢皿
に乗せます。
これで植替えは完了です。植替えは1年毎に行い、5月から9月
の梅雨時期と猛暑時を避けて作業を行います。ただし今回は緊急
ですから、今は梅雨時期ですが植替えを行って下さい。

次に年間の管理を書きます。
まず置き場所ですが、年間を通して室内では強い株に生長しませ
ん。春から秋までは屋外で十分に光線に当てます。光線に当てる
事で冬場の寒さにも耐えれる強さを持つようになります。
ただし夏場は光線が強烈ですから、夏場は直射日光が当たらない
明るい日陰に置いて管理をします。
越冬するために必要な温度は最低で5℃ですから、5℃近くにな
ったら早めに室内にいれて寒さから守ってやります。

水遣りは簡単そうで、実は一番難しく失敗が許されない作業にな
ります。水遣り一つで生きるも枯れるも決まってしまいます。
春から秋までは鉢土の表面が乾けば与えます。見た目では湿りは
判断が出来ませんから、必ず自分の乾いた指先で土を触って確か
めて水遣りをするようにします。冬場は水遣りを控えて乾かし気
味で水遣りをします。

肥料は生きるために必要ですから、5~9月の間は2ヶ月に1回
で緩効性化成肥料(マグァンプK等)を施します。
液肥は1週間置きに与える必要があるので、与え忘れになりがち
ですから、与え忘れが少ない緩効性化成肥料を与えた方が確実に
なります。

冬場は室内に入れますが、暖房器具の使用で空気が乾燥しやすく
なり、カイガラムシなどの害虫が発生しやすくなります。
冬場に空気が乾燥しやすくなる時は、霧吹きに水を入れてパキラ
の葉の裏表に噴霧して湿度を高める工夫をして下さい。
この作業を葉水と言います。

今は小さいので増殖は出来ません。ある程度に大きくなってから
増殖は出来るようになります。

パキラは株元が膨らむ事で観賞価値が高くなります。ある程度に
大きくなって株元が膨らまない時は、あなたのパキラは挿し木に
よって増殖された物と言えます。株元が膨らめば実生から栽培さ
れたと判断が出来ます。挿し木では膨らまない。実生なら膨らみ
が出来ると覚えて居て下さい。

色々と書きましたが、多少は専門用語も含まれていて、分かりに
くい点もあるかも知れません。
どこか疑問点があれば質問して下さい。

土に植替えを希望されているので、ハイドロカルチャーから土に
移行して栽培する方法を書かせて頂きます。
ハイドロカルチャーと土での栽培は方法が異なる点が多いので、
以前に習得した知識は忘れて土に関する事を覚えて下さい。

パキラはパンヤ科の観葉植物で、熱帯アメリカに3種類程度分布
する常緑低木です。本来は水辺に生える植物ですが、水辺と言っ
ても水際に生えている訳ではありません。
年間を通して強光線を好み、栽培工夫で多少の寒さにも耐えられ
るようになります。乾燥や暑さに強い性質があり、...続きを読む

Qパキラがどんどん枯れていきます・・・。

インテリアにと数ヶ月前に2m以上に育ったパキラを購入しましたが、最近になってどんどんと葉が薄い茶色になって落ちていきます。
幹や枝自体は枯れている感じはしないのですが、
それでも毎日5枚くらい枯れて落ちてきます。

妻は「落葉の季節やしかな??」と楽観的ですが

このペースだとあと2週間ももたないような気がします。

はたしてパキラはこの季節、葉を落とすのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして!
花屋です♪
環境によりますが・・・
日光不足、気温差、暖房による乾燥、根づまり等が考えられます。病気は大丈夫ですか?
水やりも乾燥したらあげる程度にして控えめにしてくださいね。
また、置く場所を急に変えられたりはしてませんか?
観葉植物の中でもパキラは強い方です!
葉がなくなっても幹、枝が元気なら復活すると思いますよ!暖かくなるまで様子を見てくださいね★
ちなみに私は数年前、葉が落ちて売り物にならなくなったパキラを買取、一冬屋外に出しっぱなしにして復活させました!今でも友達の家で元気にしてますよ!
↑実行はしないでくださいね~(苦笑)
寒い地方では凍りますから!
大切に育ててあげてくださいね!
参考URL貼っておきます。

参考URL:http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm

Q観葉植物ポトスの葉が黄色くなる

お世話になります。
最近ポトスの葉が黄色くなります。

葉全体が黄色くなるもの、葉の先端3分の1が黄色くなるものがあります。
葉全体が黄色くなっているものは、茎まで黄色く引っ張ると
すぐ茎の根元ごと取れてしまいます。

まだ全体的に黄色くなっていませんが、段々と多くなってきています。
これはどのような症状でしょうか?また対処法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

こちらが参考になるでしょうか
http://www.bloom-s.net/blog/data/235/235_10.html

Qモンステラが横に広がって成長し続ける・・・

添付する写真を見ていただければわかりやすいのですが
モンステラが横に広がるように成長し続けています・・・

鉢の右手のように(写真では見えにくいかもしれませんが)
土のない空中にまで根っこが伸びてきてしまいました。
こうなってしまったら、どうすればよいのでしょう。

1年半前にモンステラを買ってきたときはまだ小さく、
写真のように背の高い鉢だったため、土は鉢の上半分にしか入れず、
下半分には軽石のような肥料みたいなものを入れました。

かわいそうだけど、いったん鉢の外に出して、
鉢のもっと奥深くに植えるべきなのか、
それとも今よりもっと大きな鉢を買って植え替えるべきなのか、
・・・初心者すぎてわかりません。

どうかお知恵をお貸しください!!!

Aベストアンサー

モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/monstera.htm
切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。
http://www.rakuten.co.jp/kasamaf/625104/652798/#674490
こういった仕立て方ですね。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6509/index.html
これがヘゴ棒です。ホームセンターあたりで売っていると思います。

株が心なしか元気がないようです。多分もう根詰まりしているのではないかと思われます。ひと周りかふた周り新しい鉢や新しい土で植え替えてあげた方が良いでしょう。
ヘゴ棒仕立てにされるならば、立てた棒の安定性を考えて深めの鉢にします。長鉢や懸崖鉢ですね。
http://item.rakuten.co.jp/yusaido/c/0000000501/
株の大きさから言えば、8号長鉢あたりが適切でしょうか?。
軽石等の鉢底石も必ず高さ4cmぐらいは入れるようにします。

今の鉢から抜きにくいようでしたら、鉢底を何か柔らかい物に何度か打ちつけて株元を引っぱってみてましょう。側の土を幾らかほじくり出しておくのも抜き易くなります。それでもダメなら、今の鉢はハンマーなどで壊すしかありません。
古い土は半分ぐらいを目安に落とすようにします。根を傷つけないようにするには、水を張ったバケツに根を浸けて土を落とすやり方もあります。

土は市販の「観葉植物の土」で構いません。なるべく水はけの良さそうな土を使います。
上記した長鉢はプラ製ですが、似たような陶器鉢でも構いません。
鉢穴の大きさは陶器の8号鉢でしたら、10円玉ぐらいの大きさは欲しいところです。

植え方は深く植えないようにします。株の表面が新しい土でも、そこが表面となるようにします。なお5mmぐらい土が被さるのは構いません。
鉢底石を入れた鉢にヘゴ棒を立て、土を入れてゆきます。
株を据え付けたら根に土がよくゆき届くようにします。途中で土を入れつつ、鉢底を地面に軽くトントンと打ちつけましょう。これを何度か繰り返し、土を隙間なく詰めてゆきます。最後にトントンとやって、土を慣らして終了です。水を鉢底から流れ出るまでタップリと与えます。
あとは株をヘゴ棒にヒモなどで結わえてやります。

なお通常の水遣りもこのように行いましょう。コップ1杯ではダメです。水遣りというのは空気の入れ替え作業や老廃物の洗い流しの目的もあります。

置き場所はレースのカーテン越しなどの柔らかい日照のある所。
空中湿度を好みますから時々は、オールシーズン、霧吹きなどで葉、茎、ヘゴ、株元に水スプレー(葉水)してやりましょう。
肥料は置き肥と液肥をメインにします。(5月~9月まで施肥。)
置き肥は緩効性のものならなんでも構いませんが、室内でしたら無臭のものが良いでしょう。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
こういったものがお勧めです。
液肥はハイポネックス原液などの1000倍希釈で構いません。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/03/index.html
下の「微粉ハイポネックス」もカリ成分が多くお勧めです。
1~2週に1回施します。なお植え替え後、2週間経ってから施肥を行います。
通常の水遣りや液肥は、鉢土の表面1cmぐらいが乾いたら行うようにします。

冬期は耐寒温度5℃以上と寒さには強い方ですが、水遣りは生育期(5~9月)よりは控えめにし、鉢土はやや乾かし気味に保ちます。ここらあたりは室内温度と関係がありますが、一度越冬させておられるから大丈夫とは思います。
葉水は時々温かい時分に行いましょう。

モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/monstera.htm
切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。
http://www.rakuten.co.jp/kasamaf/625104/652798/#674490
こういった仕立て方ですね。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6509/index.html
これがヘゴ棒です。ホームセンターあたりで売っていると思います。

株が心なしか元気がないようです。...続きを読む

Qテーブルヤシの枯れた葉のカットについて

こんにちは。

テーブルヤシを1つ持っているのですが、
葉先が枯れたり、日焼けした葉が多く見られるので、
手入れしようと思い、インターネットで調べたところ、
「枯れた葉はもとには戻らないのでカットしてください」
と書いてあったので、枯れた葉をカットしました。

カットしていったら、先端の葉が全部なくなってしまって、
葉が付いていた枝?の部分だけになってしまいましたが、
この枝は切ってしまってもいいのでしょうか?

また、ついてる葉が全体的に枯れている場合は、根元から
カットしてもいいのでしょうか?

ご回答よろしくおねがいいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

まず枯れた部分を切る事だけを考えずに、葉先が枯れる原因は何かを考え
ましょう。枯れた部分を切り続けても、枯れが治まる事はありませんから
どうして枯れるのかを先に考える事が必要です。

まず葉先が枯れても本体が枯れる事はありません。ただ単に見た目が悪い
だけですから、出来るだけ切らないようにしましょう。緑色が少しでも残
っていれば光合成も作れますので、葉だけでなく枝まで切っていたら最後
には丸坊主になり状態を悪くさせますよ。

葉先が枯れる主な原因は根詰まりです。根詰まりを起こしているかを調べ
るには、葉先を見れば分かります。水遣りの際に与えて直ぐに鉢底から水
が流れ出れば問題ありませんが、なかなか水が浸透しない時は根詰まりを
起こしていると判断しても間違いではありません。

テーブルヤシの植替えが出来るのは5~10月の間だけです。根詰まりを
防ぐためには年毎に植替えをする必要があります。
鉢から抜いたら土を落とし、痛んだ根や古い根を切って整理をします。
微塵を取り除いた赤玉土(小粒)7;完熟腐葉土2:バーミキューライト
1で良く混ぜ合わせ、全体量の1割のミリオン(根腐れ防止剤)を混ぜて
使用します。葉先が枯れた程度では枯れる事はありませんので、来年5月
まで植替えをせず、5月に入ったら直に植替えをして下さい。

ヤシと言えば太陽光線が大好きなように思えるでしょうが、テーブルヤシ
は直射日光が苦手です。元気にさせようと屋外に出して太陽光線に当てて
しまうと、一発で葉焼けを起こしてしまいます。
真夏は直射日光が強烈ですから、真夏時に屋外に置く時は樹木の陰や軒下
等に置きます。室内であれば年間を通してレースのカーテン越しで光線に
当てるようにします。耐陰性はありますが、年中日陰では上手く生育しま
せん。

とにかく見た目よりも生育を重視して、気分次第で切られないようにして
下さい。枯れる原因を作ったのは人間ですから、切ってもテーブルヤシに
は得にはならないと覚えて下さい。

まず枯れた部分を切る事だけを考えずに、葉先が枯れる原因は何かを考え
ましょう。枯れた部分を切り続けても、枯れが治まる事はありませんから
どうして枯れるのかを先に考える事が必要です。

まず葉先が枯れても本体が枯れる事はありません。ただ単に見た目が悪い
だけですから、出来るだけ切らないようにしましょう。緑色が少しでも残
っていれば光合成も作れますので、葉だけでなく枝まで切っていたら最後
には丸坊主になり状態を悪くさせますよ。

葉先が枯れる主な原因は根詰まりです。根詰まりを起こしてい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング