MS-Wordの文章校正では「頑張る」は「がんばる」にチェックされます.「頑張る」は当て字だから公用文では使わないのが正しいのでしょうか?
Goo和英辞書には"be tenacious"と英訳されていますが、ピンときません.ニュアンスが一致する英語は何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



英語に直すと、難しい単語ですね。 なぜかと言うと、zephyr-breezeさんが、きれいに説明していますが、日本語の持つ意味と英語の持つ意味とはぴったり重ならないんですね。

日本語でも、色の赤でも、いろいろな赤があり、ある人が赤が好きだといっても、同じ赤という色をイメージを他の人がするかというと殆んど違うだろうと言う事と同じようなものですね。

私のHNでも、
I want you to know I'm doing my best.
I'm not ready to die yet!
Please don't get discouraged because I am not.
I'm working very hard every day as I told you before.
Don't worry about me, I'm fine and will keep pushing myself!
などなどなど、いろいろな意味を持ちますね。

頑張る、ということが、今以上の事をやる、ということであれば、do/work/study harderという言い方ができますね。

現状保持/努力する、という意味のときもありますね。 do my best, make every effort等が使えますね。

成功する事を祈っている、というような意味では、Good luck, Wish you win/pass!

間接的に、あなたの事を思っています、というようなときは、 I will be praying for you, 頑張ってね

と言う事で、いろいろな状況でも、同じ「頑張る・がんばる」を日本語では使っていますね。

上に当てはまらない日本語の言い方がありましたら、例文を書いてください。 こちらでの言い方を書いてみますので。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0

#1の方がおっしゃるように、新聞などで「頑張る」と漢字が使われているのは、少しでも文字数を減らしたいからだと思います。



もともと「頑張る」の「頑」とは、1つの所に考えが止まって、物事が進展しない状態をさすのだそうです。
だから1つのことにこだわって、絶対譲ろうとしない人のことを「頑固」と言いますよね。
ですから公用文で「頑張る」という言葉を使わないのは、元々ネガティブな意味合いがあるからではないでしょうか。
    • good
    • 0

英語のほうを。



○「頑張って勉強する」と言った場合は、もっとも単純に「work hard」「hard-working」。

○「彼の頑張りで新規契約に漕ぎ着けた」といった事例では「effort」。

○「(議論をしていて自説を譲らない人に対して)あんなに頑張らなければいい奴なんだが…」のケースでは「tenacious」

こんな感じでしょうか。

英語と日本語(というより異なる言語間では皆)一定の概念を表わす言葉が両言語間で100%一致することはなく、TPOに応じて最適な共通集合を「訳」としているに過ぎないと思っています。

「頑張る」についてもいろいろ考えてみましたが、tenaciousが適切な場合とそうでない場合があるようです(英英辞典をベースに調べればまだあるかもしれませんが、とりあえず気づいたものを示させていただきました)。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0

漢字は当て字なので品位のある文章には使わない方がいいでしょう。

一般の文章なら気にするほどではないと思います。

日本語のがんばるは耐え偲ぶ意味合いが強く、欧米語には適訳がないと思います。受験生にがんばれはgood luckが
、がんばれにあたるようにケースごとに適訳を探す必要があります。 がんばれはあまり前向きな改善意欲、そのために必要な出費や戦いを考えず、今あるもので、その位置で全力を尽くせ、言い訳を探すなというニュアンスがあり、スポーツには使えても事務所などにはそぐわない表現になってきていると思います(日本でも)

中南米から出稼ぎに来ている日系人も、いつでも何でも
がんばろうという日本語が珍しかったのか、スペイン語で
そのままGanbattとかGanbatteyandoなどと使っています。
    • good
    • 0

「頑張る」という表記を禁止するというのは少々行き過ぎのようにおもいます。


新聞などは「頑張る」という表記です。
【参考】
 共同通信『記者ハンドブック』
 『毎日新聞用語集』
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q■この場合、「持つ」でしょうか?それとも「もつ」でしょうか?

■この場合、「持つ」でしょうか?それとも「もつ」でしょうか?

(A)勇気を持つ
(B)勇気をもつ

私は(B)なのですが、その理由としては、実際に手に持つというような意味合い以外はひらがなで書くようにしているのです。つまり、かばんを持つというような意味合いですね。

勇気の場合は、実際に手に持っているわけではありませんよね。だから、ひらがなで書いてきたのですが、一般的にはどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 あなたの仰るとおりです。抽象的な意味の場合は,「もつ」を使います。
 下記をご覧ください。

参考URL:http://www.yamanouchi-yri.com/yrihp/techwrt-2-4s/t-2-4s05fa.htm

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q漢字で書くと「こどもたち」は、「子ども達」でいいでしょうか?

それとも、「子どもたち」になりますか?
また、「子供」という言葉は使わないと聞いたことがあります。
「ども」は平仮名でOKですよね?

「たち」はどっちでもいいのでしょうか・・

Aベストアンサー

 教育実習のときの日誌に「子ども達」と書いて、指導教官に直された記憶があるので。
 説明が足らずすみません。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q学問や知識などを「みにつける」という漢字

表題の通りですが、「身に着ける」と書いて正解なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「身に付ける」が正解です。

辞書によると
【身に付く】
〔自分の血肉となる意〕
1 自分の物になる。
用例・作例
悪銭身に付かず

となっています。

Q「一人ひとり」という表記

本や雑誌などで良く「一人ひとり」という表記を見かけませんか。私は良く目にするんですが…。
普通に考えれば「一人一人」か「ひとりひとり」と書くと思うのですが、「一人ひとり」とするのはどのような理由やこだわりがあってそう書くのでしょうか。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 平成元年ごろ、「個を生かす」教育が重視されるようになり、当時の文部省が「一人ひとり」と表現したことから始まったことを記憶しています。

 なぜ「一人ひとり」なのかと言うと、

1 「一人」を「いちにん」と区別させる。

2 「ひとりひとり」では、長くなってしまりがない。

3 「一人ひとり」と表現した方が、「個を生かす」という視点からするとマッチしている。

などの理由からだったと思います。何れにせよ、「一人ひとり」という表現は、教育の世界から始まったことは確実だと思います。

Q漢字と平仮名の使い分け

漢字の「事」「時」、平仮名の「こと」「とき」の使い分けを教えてください。
gooの辞書を使って調べてみたのですが、いまいちよく分かりませんでした。

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文化庁・国語施策情報システムのサイトに、『公用文における漢字使用について』という、文部省内の通達文書が掲載されています。
国や地方自治体の文書、教科書などは基本的にこれに則っています。一般の実用文書を書くときもこれを参考にするとよいでしょう。もちろんこれは個人の文章や文芸作品にまで強制されるものではありません。

http://www.bunka.go.jp/kokugo/
[国語表記の基準]→[参考資料]→[公用文に関する諸通知]
 →(1)公用文における漢字使用について
--------------------------------------------
1 漢字使用について
 :
キ 次のような語句を,( )の中に示した例のように用いるときは,原則として,仮名で書く。
<例>
 こと(許可しないことがある。)
 とき(事故のときは連絡する。)
 ところ(現在のところ差し支えない。)
 もの(正しいものと認める。)
 とも(説明するとともに意見を聞く。)
 ほか(特別の場合を除くほか)
 ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)
 わけ(賛成するわけにはいかない。)
 とおり(次のとおりである。)
 ある(その点に問題がある。)
 いる(ここに関係者がいる。)
 なる(合計すると1万円になる。)
 できる(だれでも利用ができる。)
 ・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
 ・・・ていく(負担が増えていく。)
 ・・・ていただく(報告していただく。)
 ・・・ておく(通知しておく。)
 ・・・てください(問題点を話してください。)
 ・・・てくる(寒くなってくる。)
 ・・・てしまう(書いてしまう。)
 ・・・てみる(見てみる。)
 ない(欠点がない。)
 ・・・てよい(連絡してよい。)
 ・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
 ・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
 ・・・について(これについて考慮する。)
--------------------------------------------

上記の通達は具体性に欠ける向きもありますので、もうひとつの参考情報。
新聞や放送で使用する用字用語は、各社が加盟する日本新聞協会の用語懇談会で統一基準が作られています。基本的には内閣告示や関係省庁の通達等に準拠したものです。新聞協会やマスコミ各社の用字用語集が市販されていますので、それらを参考にすると良いでしょう。

以下、共同通信社『記者ハンドブック』(10版)より。
(内容は概ねマスコミ各社共通です)

---------------------
事 〔主に具体的な事柄を表す場合、実質名詞〕
 遊び事、荒事、争い事、あらぬ事、考え事、(A氏から)聞いた事だ、芸事、研究している事、事新しい、事有るとき、事欠く、事が面倒、事柄、事細かに、事足りる、事と次第によっては、事なかれ主義、事に当たる、事の起こり、事のついでに、事ほどさように、事もあろうに、事もなげに、事を起こす、事を好む、作り事、出来事、悩み事、習い事、見事、物事、約束事
 〔注〕「大ごと」「人ごと・ひとごと」は平仮名書き
   引用注:大事→大ごと、人事→人ごと、他人事→ひとごと

こと 〔主に抽象的な内容を表す場合、形式名詞〕
 あの人のことは聞いたことがない、あんあことになって、うまいことを言う、勝手なことをするな、ことによると、このことは、準備しておくこと、…することにしている、そんなこととは知らずに、人のことみたいに、見たこともない、見ることができる、読むこと
---------------------

時 〔名詞など。主に時期・時間・時刻そのものを示すとき〕
 売り時、書き入れ時、実行の時が来た、梅雨時、時が移る、時が解決する、時々、時として、時と場合、時ならぬ、時には〔たまには〕、時の氏神、時の権力、時の流れ、時の人、時の問題、時は金なり、時を待つ、何時=なんどき、花見時、引け時

とき 〔主に「…の場合」、大切なとき〕
 行くときは、行けないときは連絡する、いざというとき、(もしも)帰ってきたときは、危急存亡のとき、事有るとき、困ったときの神頼み、こんな問題が出たとき、事故が起こったとき、社員を採用するときは、衆院解散のときは、…しようとするとき(に)は、都合の悪いとき
 〔注〕書き分けに迷う場合は平仮名書き。
---------------------

文化庁・国語施策情報システムのサイトに、『公用文における漢字使用について』という、文部省内の通達文書が掲載されています。
国や地方自治体の文書、教科書などは基本的にこれに則っています。一般の実用文書を書くときもこれを参考にするとよいでしょう。もちろんこれは個人の文章や文芸作品にまで強制されるものではありません。

http://www.bunka.go.jp/kokugo/
[国語表記の基準]→[参考資料]→[公用文に関する諸通知]
 →(1)公用文における漢字使用について
---------------------------------------...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q評価基準と評価規準のちがいを教えてください。

 最近、評価基準と評価規準という言葉を目にします。
本を読んでも分かったような分からないような・・・
 素人でも分かるように例をあげて、具体的に説明していただけるとありがたいのですが。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何かを評価する場合には「ものさし」が必要です。
評価規準(俗に「ノリジュン」と呼ばれます)というのは、ものさしの種類だと思ってください。
一方、評価基準(俗に「モトジュン」と呼ばれます)は、ものさしの目盛りです。

たとえば、「パソコンの授業」というのがあったとして、その授業の目標がいくつか決められます。
「キーボードの操作を覚える」「ワープロが使えるようになる」「メールが使えるようになる」等々で、さらにワープロの操作は「文字を打ち込む」「カット&ペーストが使える」「文字飾りができる」「マクロが使える」のように細分化し、いくつもの評価観点を作る、これが「規準(ノリジュン)」です。

これに対し、それぞれの「規準」をどれだけ達成したかを測るのが「基準(モトジュン)」です。「文字を打ち込む」というものさし(規準)に対し、それが1分間に50字か、100字か、という「目盛り」を与えるのが「基準」です。

したがってこの場合、成績というのは、一つの教科であっても、○○の観点からは5,△△の観点からは3、といった調子でつけられます。つまり、観点を与えるものが規準、数字をはじき出すものが基準ということです。

何かを評価する場合には「ものさし」が必要です。
評価規準(俗に「ノリジュン」と呼ばれます)というのは、ものさしの種類だと思ってください。
一方、評価基準(俗に「モトジュン」と呼ばれます)は、ものさしの目盛りです。

たとえば、「パソコンの授業」というのがあったとして、その授業の目標がいくつか決められます。
「キーボードの操作を覚える」「ワープロが使えるようになる」「メールが使えるようになる」等々で、さらにワープロの操作は「文字を打ち込む」「カット&ペーストが使える」「文字...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報