生のきゅうりは、ビタミンCを壊してしまうのでしょうか?。
ここ最近、浅漬けの素で漬かったものがおいしくて笑、きゅうりを漬けているんですが、なんかビタミンCを壊すって前に聞いたことがあるので、ちょっと心配です。
実際のところは、どうなんでしょうか?。
もし壊してしまうのなら、他にお勧めの漬ける野菜があったら、それも教えていただければ最高です!!。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>生のきゅうりは、ビタミンCを壊してしまうのでしょうか?。


ええと…
確かに生キューリはビタミンCを破壊します
ただし、体内に持っているものを破壊し尽くす(笑)という事ではなく、一緒に食べるものの持つビタミンCを壊してしまうと言うことです
それも跡形も無く…というほどではないようですので、
例えば極端にビタミンCが欠乏している方でなければ然程心配される事は無いと思います

せっかく美味しいキューリが出回っているこの季節です
是非是非浅漬けでいってみて下さい

それと、浅漬けにいいものという事で、最近少しづつ見掛けるようになってきた”子メロン”
(摘果した)未熟なメロンの事ですが、ダイエタリーファイバーとポリフェノールが豊富で、しかもサッパリと初夏向きのいい浅漬けになります
チャンスがあれば挑戦してみてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!。回答して頂きまして大変ありがとうございます!!。

やはりきゅうりは、ビタミンCを壊してしまうんですね。

>『ただし、体内に持っているものを破壊し尽くす(笑)という事ではなく、一緒に食べるものの持つビタミンCを壊してしまうと言うことです』

そうです!。実はこれも知りたかったんですよ~。^^
今までは、体内にあるビタミンCまで壊してしまうのかなと思ってたんで、おかげでかなり安心しました笑^^

>それと、浅漬けにいいものという事で、最近少しづつ見掛けるようになってきた”子メロン”
メロン・・・、、、メロンってあのメロンですか!
メロンの漬物とは、これも驚きです!!笑 (@ @;
どんな味になるのか想像が出来ませんが、熟する前のメロンでしたら、以外にイケるかもしれないですね~。

buminさん、いろいろと丁寧に教えて頂きまして、本当に有り難うございました!!。

お礼日時:2003/04/28 23:34

きゅうりの ビタミンCを個割る酵素=スコルビナーゼ はお酢に弱いので、お酢を使えばよいと思います。


なので~~わかめとにんじんときゅうりのなますなどは、食べあわせが悪い食材だけど、酢を使うので「健康に良い」に変化するって聞いたことがあります。

参考URL:http://www.selfdoctor.net/nurse/2001_09/nurse01. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!。回答をして頂きまして、大変ありがとうございます!。

ビタミンCを壊してしまうきゅうりは、お酢を使うと良いのですね。これもまた初めて知りました~!。

>なので~~わかめとにんじんときゅうりのなますなどは、食べあわせが悪い食材だけど、酢を使うので「健康に良い」に変化するって聞いたことがあります。

よく、酢は健康に良いって聞いてたんですが、もしかすると、このビタミンCのことについてだったのかもしれないですね。

それと、参考になるHPも教えて頂き、とても助かりました!!。こういうページ知りたかったんですよ~。
ao_kage2003さん、本当に有り難うございました!!。

お礼日時:2003/04/28 23:42

キュウリの栄養成分で比較的多く含まれているのがビタミンA・B1・Cやカリウム、カルシウムです。


ぬか漬けにすると、ぬかのビタミン B1がキュウリに吸収され、10時間後には、5倍、24時間後には10倍にもなります。
B1を摂るには最高の方法で、ぬか漬けキュウリは栄養の面で無視できないでしょう。

ただし、キュウリには、ビタミンCを酸化する酵素が含まれていますので、おっしゃる通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をして頂きまして、大変ありがとうございます!!。

きゅうりに含まれている栄養って、ビタミンAやB1、それにカリウムにカルシウムまであったとは!!。これにはちょっとびっくりです!(笑)。

でもやはり、ビタミンCは壊してしてしまうんですね。

余談ですが、風邪を引いたときには、きゅうりを食べない方が良いかな!?って思いました笑。

ma_さん、詳しい回答をして頂きまして、大変有り難うございました!!。

お礼日時:2003/04/28 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秋採り「きゅうり」の栽培方法を教えて

夏、きゅうりがたくさん採れましたが、今9月、もう採れなくなりました。9月以降も採れる「きゅうり」を栽培することができますか。 普通の家庭菜園で、特別な設備や装置を使うことなく栽培することができればその方法を教えてください。

Aベストアンサー

夏秋きゅうりと言うのが有ります。
品種か、秋取りのキュウリを総称するのか判りませんが。

だいたい、8月上旬に定植します。
昔は棚無しで作っていたので、上に伸ばしても、横に這わせても栽培できるはずです。

ホームセンターなどに行って、7月下旬から8月上旬にかけて「かしゅうきゅうりの苗は何時頃入るでしょうと聞くと、その地域の適期に入荷するはずですので、それに合わせて畑作りをすれば良いかと思います。
今年はもう遅いかと思います。

QビタミンCとビタミンEの違い

よくビタミンCがシミを除去するのに効果があると聞きますが、先日サプリメントの参考書の中に、ビタミンCはシミを予防する働きがあり、シミを除去する働きはないそうです。シミを除去する働きがあるのはビタミンEだと書いてありました。これは本当でしょうか?確かに私はビタミンCを毎日3ヶ月摂取していますが、シミは消えません。やはりビタミンCがシミを除去するというのは偽りなんでしょうか?

Aベストアンサー

>ビタミンCがシミを除去するというのは偽り・・・・?
ビタミンCには皮膚の新陳代謝を活発にする効果があるため、シミの除去というより、目立たなくする程度の効果・・ということではないでしょうか。
ただ、経口で摂る場合、シミの種類、程度にもよると思いますが効果を疑問視する向きも多いようです。

最近になって皮膚から直接ビタミンCを吸収できる技術が進んだ、との記事を新聞、雑誌で見たことがあります。
下記参考サイトがズバリそれなのかは分かりませんが、効能書通りとすればかなり期待できそうです。ご参考までに。

参考URL:http://www.daikanyama-cosmetic.jp/

Qきゅうり栽培に詳しい方のアドバイスをいただきたいです。

きゅうり栽培に詳しい方のアドバイスをいただきたいです。

農家をしていますが、農業改良普及センターで”きゅうり栽培”を進められました。比較的収益が出やすいみたいですが、実際にきゅうりで生計をたてられている皆さんや、専門家の方のご意見をいただきたいです。露地と促成で収益や手間など、どの程度の違いがあるかも知りたいです。販路も問題と思いますが、今まではJAのみのお付き合いでした。

今までは水田でした。土地は600坪で、人手は男2人です。長野県ですが高原というわけではありませんので、夏は普通に暑いです。冬は豪雪ではありませんが、農業はできません。

Aベストアンサー

キュウリで約20aの栽培かと思いますが、それだけでの専業農家経営はつらいかもしれません。
ほかの物との組み合わせの複合経営が基本だと思います。
収益性とか労働時間は長野県の経営指標のURLを添付しますので参考にしてみてください。

もう少し栽培面積を大きくしキュウリ専作の場合、施設投資が必要ですが一般的にはハウス栽培のほうが無難です。
市場性ですが、産地化していない地域の単独農家が生産する場合、出荷時期を長くして地方市場の占有をするのが有利と言われています。
(具体的にはハウス周年栽培で、途切れがなく、地方市場に出荷する。)

参考URL:http://www.alps.pref.nagano.lg.jp/keiei/mokuji1.htm#3

QビタミンCとビタミンEの相乗効果について

共に活性酸素を除去する役割を持ち、体内の活性酸素と結び付けば、ビタミンCやEが酸化すると知りました。
そこでビタミンCとEを一緒に摂ると、体内で酸化したビタミンEをビタミンCが元に戻し、ビタミンEの効力が復活するような好循環、相乗効果が生じると書いてありました。

ここで思ったのですが、その記述ではまるでビタミンEが主役で、その主役を助けるビタミンCは、
ビタミンEの脇役なのではないか?と。 活性酸素の除去という役割に限定した場合では、
効力としてビタミンE>ビタミンCなのか?という疑問が生じました。 その前提で考えると、
何もビタミンEとCを同時に摂って相乗効果を期待しなくとも、ビタミンEを多めに摂ればすむ話
なのではないか?という疑問も生じます。 重ねて活性酸素の除去という役割における考察です。

またこうも思いました。 相乗効果ありと聞くと、ビタミンCとEを同時に摂らないともったいない様な
気もしますが、別々に摂ったら摂ったで、ビタミンCはそれ本来の役割を果す訳であって、それも
意義のあることではないかと。  同時に摂れば、酸化したビタミンEを元に戻す役割を果たす
仕事をビタミンCはしますよと。  そうなると元々相乗効果と呼ぶほどではないんではないかと。 
逆に考えればビタミンCの本来の役割を犠牲にしているとも言える訳です。 (サプリメントとして
ビタミンEの方が高価ならば、ビタミンEを復活させるビタミンCとの「相乗効果」という言い方は
一応理解できますが。)
 
まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか? 
アドバイスを頂けましたら幸いです。
 

共に活性酸素を除去する役割を持ち、体内の活性酸素と結び付けば、ビタミンCやEが酸化すると知りました。
そこでビタミンCとEを一緒に摂ると、体内で酸化したビタミンEをビタミンCが元に戻し、ビタミンEの効力が復活するような好循環、相乗効果が生じると書いてありました。

ここで思ったのですが、その記述ではまるでビタミンEが主役で、その主役を助けるビタミンCは、
ビタミンEの脇役なのではないか?と。 活性酸素の除去という役割に限定した場合では、
効力としてビタミンE>ビタミンCなのか?という疑問が...続きを読む

Aベストアンサー

まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同時に取る、摂取するという意味が、同時に【口に入れる】ということなら、ほぼ、あなたのご推察のような
CがEを還元するために消費されるということになります。
Cがもったいないじゃないか・・・というのも、うなずけますが。

ただし、この還元される【E】というのは、吸収されての同時摂取されたEではなく、
すでにして、細胞膜にあって、「酸化された状態のE」を
還元するためにつかわれるわけで、同時摂取されたEはもちろん、フレッシュ?なE(酸化されてない)ですから、
摂取されたCにより還元されの元からあったEと、摂取されたEとで一時的に【還元型E】が体内に増量されるわけですから、
いわばEをたくさんとったのと同じ効果になります。

ここで問題があります。
Cはもちろん、Eを還元して、自分は酸化された形のCとして水溶性ですから速やかに排泄されますが、Eは、酸化されても、Cにより還元されても、脂溶性ですから、「脂」にとどまります。

問題はここです。
単に、「E」をとればいいのではなく、酸化されて、だめな【E】は排泄されるかというと、都合よくそうはならない。
いわば、悪いCは速やかに出て行くが、悪くてもEは残るということです。

そして元に戻りますが、この、悪くなったEを今一度、存在するなら、「還元型E」として、悪くなく、働くEとするためにも
Cをとろう、あわせて、新鮮なEを補給して・・・という理論になります。
結局、活性酸素理論は、スカベンジャーとして働いた後、自分が酸化されているのだから、速やかに体内から排除されるか、
【酸素毒】にならないように、働くスカベンジャーとしてすぐに再生される回路に組み込まれるかしないと、だめだということです。

いまや、「薬・健康食品」として、普通に飲食するより、多量に、目的の物質を体内に入れることができますので、
過剰になるということが問題になります。
実際には、過剰症として知られているものはまだ一部ですが、水溶性なら、おしっこがそれらしくくさいとか、
色がついているとか、わかる、わかる分は過剰なんですが、脂溶性のものは過剰として症状がでているのかどうかは、
実はまだわかってません。

欠乏、不足というのは、わかってます。
それは、普通に飲食するなら、飲食の習慣(とうもろこしなど)、栄養不良(鳥目・壊血病)ということでの欠乏が歴史的にあったから。

すでにして、A・Dの過剰症は明らかになってます。
昔は小学生に肝油など学校で飲ませたりしましたが、今はやらないでしょう?
A関連の薬などは、妊娠の可能性のあるなしに非常にこだわっているはずです。

Eもそのうち、何らかの形で証明されるかもしれないです。

まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

...続きを読む

Q家庭菜園、初心者―きゅうりの栽培について

不純な動機かもしれませんが、きゅうりが好きすぎて栽培してみたくなりました。きゅうりができるまでを観察したいのです。

畑がないと無理だと思っていましたが調べたらベランダでプランターでも作れる事を知り、挑戦したいと思いました。

家庭菜園の真似や園芸など全くの初心者なので、調べていくうちにつまづいた事をいくつか質問させて下さい(>_<)


1>きゅうり栽培は初心者には厳しい?


2>きゅうりの植える時期がサイトによってまちまちで分からない。種でも苗でもいいので、6月末に植えるのはダメなのか?可能だとしたら、種か苗か?


3>用意する材料(種や土、肥料など)は100円ショップのもので十分作れる―のような記事を見たのですが、100円ショップの物でOKなものと、100円ショップの物は避けたほうがいい、などありましたらアドバイス下さい。

4>きゅうりの他に今の時期に植えられる、おすすめ野菜がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
緑のカーテン用できゅうりをベランダで育ててます。

1.きゅうりは病気になりやすいです。
病気がなにか、どうしてそうなったのかわからない
初心者さんや、たくさん植えて病気に対応しきれなーいという農家さんに
人気の「接木きゅうり」を探して植えるのがお勧めです。
接木されたきゅうりは病気に強いです。
ネットで「つぎき」と検索すると、どういうことかわかります。

2.まだ間に合います。苗が断然いいです。

3.100円ショップなどの土は使ったことがありません(すいません)
ただ、プランターに土をいれるとしたら10L以上になります。
ホームセンターで探せば一袋300円~ありますので、
金額的にはかわらないんじゃないんでしょうか。
(100円ショップの100円の土が何リットル入りかわからないですが・・・)
ただ、用具として使うものは100円ショップで十分です。
ガーデニング初心者だと「種」からはやめといたほうがいいでしょう。


4.トマトやナスなどまだ間に合います。きゅうりと同じプランターなら
ゴーヤ ぬるっぱ もとれますね。

Q「C1000 1日分のビタミン」の効用とビタミンの対風邪効果

「C1000 1日分のビタミン」の効用とビタミンの対風邪効果

http://www.house-wf.co.jp/products/detail/1day.htm



これって、実際に一日分のビタミンを補給できるのでしょうか。

まさかこれだけ飲んで野菜は食べない、なんて、極端なことはしませんが、
実際のところはどうなのでしょうか。

「ビタミンCは一回に一日分とっても、おしっこになって流れでてしまう」
なんて風のうわさを聞きますし……

美味しいので、健康に対して効用があれば、
少し高いのですが、飲み続けていこうかなと思っています。



また、便乗質問なのですが、
風邪を引きやすい体質のため、
野菜などを通じてビタミンをしっかりとることを意識しています。

ビタミンは風邪予防に対して大きな効果はあるのでしょうか。
ビタミン以上に風邪予防のために、必要なことがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

賞味期限内では、ラベルに記載しているビタミン含有量は保有している必要がある為に実際に1日分の摂取は可能だと思われます。

メーカーによっては、経年劣化によるビタミン減少を考慮して、少し大目の含有量してしている場合もあります。

ビタミンCは、果物をしっかり摂る事で比較的簡単に1日の必要量(100mg)は確保できるでしょう。
http://www.e-vitaminc.net/
「ビタミンCの上手な摂り方」を参照

又、ビタミンCと風邪との関連で、科学的根拠の高い情報としては、
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html

・風邪の治療に対して有効性が示唆されている。
この効果に対しては多くの矛盾した根拠が存在する。
大多数の結果は、ビタミンCの大量摂取が風邪の 症状の期間を1~1.5日ほど短くするようだという効果を支持している。但し一日1~3gの摂取は副作用の出るリスクも上昇する。
Pharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database(2006)より。

予防に関しての論文はありませんでした。

ビタミンCが風邪予防によいされている理由は、下記の理由からだと思われます。
・ビタミンCがコラーゲンの生成を助け、粘膜を強化する事から、ウイルスに感染し難くなる事。
・インターフェロンの体内産生を高めて免疫を増強する事。

参考URL:http://www.e-vitaminc.net/,http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html

賞味期限内では、ラベルに記載しているビタミン含有量は保有している必要がある為に実際に1日分の摂取は可能だと思われます。

メーカーによっては、経年劣化によるビタミン減少を考慮して、少し大目の含有量してしている場合もあります。

ビタミンCは、果物をしっかり摂る事で比較的簡単に1日の必要量(100mg)は確保できるでしょう。
http://www.e-vitaminc.net/
「ビタミンCの上手な摂り方」を参照

又、ビタミンCと風邪との関連で、科学的根拠の高い情報としては、
http://hfnet.nih.go.jp/cont...続きを読む

Qプランターでのきゅうり栽培

ベランダのプランターできゅうりを栽培していますが、花は咲いているのですが実がなりません。どうすれば実に成るのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

きゅうりは単為結果性で、雄花を受粉させなくても結実します。単に雌花が咲いていないだけではないですか?
雌花の付け根は小さなキュウリの形をしています。

QビタミンAとビタミンA油違い、ビタミンAの表示の仕方について

こんにちは。
滋養強壮剤の表示をみていて、気になったことがあるのですが
かの有名な興和製薬のQPコーワゴールドなのですが、
ビタミンAの表示について、二つの製品でそれぞれ
○ビタミンA油(V.A) 2.0mg (2000ビタミンA単位)   キューピーコーワゴールドA
○ビタミンA油(V.A)(2000ビタミンA単位)6.67mg  新キューピーコーワゴールド
と表示してありました。
他の製薬会社の滋養強壮剤を比べてみても、やはり2.0mgとそれ以外が存在しました。

で、ビタミンAとビタミンA油は同じものと考えていいのか
 なぜ、同じビタミンA油で含有量が違うのにビタミンA単位で換算すると同じになっているのか

これがわかるひとにぜひ説明していただきたく、質問しました。

どうでもいいことなのですが、Aに関しては上限量もハッキリ決まっているだけに、
非常に気になって仕方がありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビタミンA油とは、その商品を製造する際に使用している原材料名であり、ビタミンAとは栄養素です。
その為、ビタミンA油と一口に言っても、油の種類や量、ビタミンAの量等に違いがあります。
キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油は、新キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油に比べて、同容量当たり約3.3倍のビタミンAを含むということになります。

Qきゅうり栽培、害虫予防について。初心者です(>_<

きゅうりを菜園用プランターで栽培するにあたって、2株植えようと思うのですが、害虫予防に何かネギなど一緒に植えたほうがいいのでしょうか?
きゅうりは接ぎ木苗を探す予定です。

もしネギなど植えたほうがいい場合、菜園用プランターにきゅうり2株、隅のほうにネギを植えるのでしょうか?

ネギも苗から?
きゅうりを植える時に同時に植えればいいですか?

また、ネギよりも予防になるいい野菜があれば教えて下さい(こちらも6月末でも間に合う野菜で)

Aベストアンサー

違う種類の野菜を植えて害虫を予防しようという考え方は、コンパニオンプランツといって野菜の栽培書によく書かれていますが、あまり効果はないようです。

キュウリはすぐに2mくらい伸びますが、ネギは足元5,60センチくらいです。

どうせ植えるのなら別のプランターにして、キュウリの隣に置いておく方がいいです。

キュウリは実が成りだしたら、とても成長が早く夕方にちょっと小さいかな、と思っていたキュウリが翌朝にはどぉ~んと大きくなっていることがありますので、よく注意してください。

経験的に、害虫は捕まえて捕るのが一番です。

100円でピンセットを買っておくといいでしょう。


あと、初心者向けならプランターにラデッシュもいいと思います。

1ヶ月くらいで収穫できますのでプランターの半分だけ、種をまいて2週間後に残りの半分に種をまけばいつでも新鮮なラディッシュが食べられます。

Q加熱した野菜のビタミンについて

こんにちは。

健康のために野菜をたくさん食べようと心がけているのですが、生野菜よりも加熱したほうが食べやすいしレシピのレパートリーも多いです。

そこでちょっと気になることがあるので質問させてください。
ビタミンCなどは熱に弱いと言われていますが、野菜を加熱(茹でたり炒めたり)すると野菜に含まれているビタミンCはほとんど失くなってしまうのでしょうか?

冷凍食品も、一度作ったものを冷凍にして更にレンジ(熱)で解凍するので失われてしまうビタミンが多いのでしょうか?

ビタミンをたくさん摂取したいのなら、やはり生で食べた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

参考に

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E9%87%8E%E8%8F%9C


人気Q&Aランキング

おすすめ情報