私の近くの図書館で低血圧について調べてに行きました。
(私は低血圧です)

そうしたら、そこの図書館は「高血圧・低血圧」というカテゴリーがあり、
そのほとんどが高血圧に関する本でした。
低血圧に関する本は一冊しかありませんでした。
貸し出し状況を見ても、低血圧の本が貸し出し中の訳ではなく、ただ単に少ないだけです。
ということは高血圧の本に関する需要が多いわけですが、
これは高血圧の人口の方が多いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そもそも低血圧で治療をする人の数が高血圧で治療する人の数に比べて少ないということでしょう。


低血圧の場合、生活に支障がない場合は病院に行きませんが、高血圧の場合はそうはいきません。
患者数が多い高血圧に対して書籍が多いのは最もだと思います。購入する可能性の高い方の実数が多いのですから。

低血圧の書籍を書いても自身の低血圧を認識している方が少ないということに起因すると思われます。

統計などでも高血圧の患者数などはあるものの、低血圧の患者数はありません。このようなところからも察することができます。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/05/ …
統計 厚労省
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2009/10/25 18:46

高血圧の方が多いです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 低血圧<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  診療で低血圧という場合は、外傷や出血で血圧が急性に低下した場合などを除いて、収縮期(しゅうしゅくき)血圧(上の血圧)が100mmHg以下の状態を指すことが多く、拡張期(かくちょうき)血圧(下の血圧)は考慮に入れないことが通常です。  血圧が低いことだけでは低血圧症とは呼ばず、立ちくらみ、めまい、全身倦怠感(けんたいかん)、疲れやすい、頭痛、耳鳴り、動悸(どうき)、むかつき、食欲不振、起...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低血圧の私が高血圧用の食事メニュー

秋から彼氏と同棲をすることになりました。

私は血圧が低くて献血を断られたり、よく立ちくらみで目の前が真っ白になるタイプです。
(慣れているので特に生活に支障を感じたりはしません) 

高血圧の彼が心配なので、これから高血圧用の食事を作っていきたいと考えていますが、
低血圧の私が高血圧用の食事メニューで生活していても特に問題はないのでしょうか?

何か気をつける点などありましたら、アドバイスお願いします。


すみませんが回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です
低血圧は遺伝も有りますが環境の方が影響します
立ちくらみをして真っ白になるとなると脳貧血の可能性も有りますやはり総合的に考えると内科に行って診断してもらってください
食事的には塩分≪ナトリューム≫が多いいと血圧が高くなりますがそうすると彼が困るので貴女には体質改善をしてください三食シッカリ取って多少ふっくらしてくださいおそらくダイエット等をしていないですか?無理なダイエットとかしていると体重と一緒に低血圧を起こすことが有ります身長-110位の体重にしていて下さいこれ以上は医師でないと出来ません!低血圧の原因を探るためにも内科を受診してください

Q血圧について。今日のお昼頃血圧を測ったら、最高血圧100、最低血圧68でした。普段は最高血圧97〜

血圧について。
今日のお昼頃血圧を測ったら、最高血圧100、最低血圧68でした。普段は最高血圧97〜98で最低血圧58〜65位なので、高めだと感じました。私の血圧の数値は普通ですか?

Aベストアンサー

血圧は一定では無く常に変化しています。
普段の血圧が97~98であって、昼に測ったなら100と言うのは変化の範囲内ですので何も問題有りません。
朝起きた時と昼と就寝前と測ってみますと違いがわかりますよ。
また、測定後1分後にまた測ってみて下さい。
10前後は軽く変化しますから。
質問主さんの血圧は正常値内です。
自宅で測ったのでしょうか?
病院で測ると自宅で測った値の10~20高く出る事も有りますが、それも問題有りません。
病院行くとドキドキしますから、血圧は普通に上がりますので。

Q高血圧の薬の副作用

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5mg プロブレス4 4mg バイアスピリン錠100gを処方され、帰宅が午前中だったので 
その日の昼前に処方された薬を飲むように言われたそうです。

本人が言うには服用直後、吐き気、めまいを訴え嘔吐が止まらず、1時間後には完全に立てなくなり 
かかりつけのお医者さんに往診してもらい、そのまま緊急入院となりました。

前日までは仕事にも自転車で行き、たまにだるさは
訴えていたものの元気にしていたのに、
突然ろれつがまわらず言語障害になり、
手の麻痺というよりは・・動くけれど頭でしっかり把握できてない感じでボタンをはめるのが
困難になっています。
また入院直後 ふらつきで転倒してしまい怪我をしたので現在はオムツです。
入院直後は眠さだるさを訴え ずっと寝ていました。

脳のMRIでは異常が認められなかったとの事でした。
急激な降圧による副作用、または脳梗塞では?と
疑いたくなります。
処方された高血圧の薬は量的に正しかったのでしょうか?

専門の方がいらっしゃれば、ご助言をお願いいたします。

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5mg プロブレス4 4mg バイアスピリン錠100gを処方され、帰宅が午前中だったので 
その日の昼前...続きを読む

Aベストアンサー

医師ではなく看護師です。アドバイス(回答)は間違っているかもしれませんが、私の考えを書きます。

血圧が高いといって、むやみに下げてよいというものではありません。病気が起こった際に、人間の体には、それを治そうという防御反応が起こることがあります。例えば、体の重要な臓器の血液の流れが悪くなった場合、血圧を上げて血液の流れをよくし病気を治そうというような反応が起こる場合もあるのです。例を挙げますと、脳の血管がつまる脳梗塞が起こった場合、体は血圧を上げて悪くなった血液の流れをよくしようとします。そこで、普段より血圧が高くなるのですが、そのような場合、それに気付かずに薬を使って無理に血圧を下げたりしますと、かえって脳梗塞がひどくなったりすることになります。

というのが下記URLに書いてあります。

脳梗塞が起きたとき、安静が第一ですが血圧はあまり下げないようにします。(理由は上記)
しかし、脳梗塞が起きる前なら血圧は高すぎないように調節するべきだと思います。

>脳のMRIでは異常が認められなかったとの事でした。

脳梗塞の直後にMRIをとっても通常異常はでません。時間がたってから異常があらわれます。

>急激な降圧による副作用、または脳梗塞では?と
疑いたくなります。

そうなのかもしれません。

>処方された高血圧の薬は量的に正しかったのでしょうか?

高くても脳出血や他の病気を引き起こすリスクもあり、必ずしも正しくなかったともいいきれないのかもしれません。

麻痺や言語障害が軽度ならかなり回復する見込みはあるかもしれません。心身の安静や全身状態のコントロールを病院が上手くやってくれると思います。

回復されることを祈っています。おだいじに。

参考URL:http://www.yamamotoclinic.jp/dir8/index.html#heading11

医師ではなく看護師です。アドバイス(回答)は間違っているかもしれませんが、私の考えを書きます。

血圧が高いといって、むやみに下げてよいというものではありません。病気が起こった際に、人間の体には、それを治そうという防御反応が起こることがあります。例えば、体の重要な臓器の血液の流れが悪くなった場合、血圧を上げて血液の流れをよくし病気を治そうというような反応が起こる場合もあるのです。例を挙げますと、脳の血管がつまる脳梗塞が起こった場合、体は血圧を上げて悪くなった血液の流れをよ...続きを読む

Q人の脳に故意に電磁波を与え、低血圧や高血圧を作ることは可能でしょうか?

人の脳に故意に電磁波を与え、低血圧や高血圧を作ることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

人体が電磁波を受けると、高血圧になる(なりやすいだったか?というのは聞いたことがあります。

ちなみに、病院等で携帯電話の使用を禁じているのは、医療機器に影響が出るということで禁止されているようです(実験では、携帯電話を医療機器に接触するくらいの近さでないと影響がないとテレビでやっているのを見たことがある)

Q高血圧用の薬・・・疑問!

高血圧用の薬・・・疑問!

お世話になります。

私は、高血圧なのですが、これらの薬は
いっしょに飲んだらいけないとか
そういうことはないのでしょうか?
(食べ合わせならぬ、飲み合わせが悪い)

また、高血圧用の薬でよく聞く話ですが、
一度飲み始めると、継続して
飲まないといけなくなるようなことは、
これらの薬では、ないのでしょうか?

エチカーム

ノルバスク

このふたつの薬です。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、医師にかかる場合は、悪くなる飲み合わせを防止するためにも、現在、服用している薬の名前や種類を医師に伝えることが重要です。

エチカーム(エチゾラム)とノルバスク(アムロジピン ベシル酸塩)の両方とも、どちらかと言えば安全性の高い薬の分類になりますので、飲み合わせについては、あまり心配することはないようです。
エチカーム http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html
ノルバスク http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2171022.html

あと、これらの薬の習慣性ですが、エチカームについては、多少あります。したがって、該当する症状がなくなた時は、医師の指示により少しずつ減らすようにしていく必要があります。

ノルバスクについては、特に習慣性はないのですが、血圧が薬なしでうまくコントロールできるようになるまでは、飲み続ける必要があります。よく、血圧の薬を飲みだすと一生飲み続けなければならないといわれていますが、これは、そのほとんどの人が、高齢による動脈硬化などの要因や、生活習慣などにより、薬以外で血圧をコントロールすることができないことにあります。

蛇足になりますが、薬以外で血圧を下げるには、1.塩分の摂取制限(1日あたりおおむね6グラム以下)、2.適度な運動をすること、3.体を冷やさないこと、4.体重のコントロールを行うこと、をしっかりと守れば、特に動脈硬化が進んでいることがなかったり、また、高血圧になるような特別な疾病がない限り、血圧をコントロールすることができるようです。(私の主治医談)

主治医と相談されて、まずは減塩を始めて見られてはいかがでしょうか。一週間もすれば慣れますよ。
くれぐれもお大事になさってください。

こんばんは。

まず、医師にかかる場合は、悪くなる飲み合わせを防止するためにも、現在、服用している薬の名前や種類を医師に伝えることが重要です。

エチカーム(エチゾラム)とノルバスク(アムロジピン ベシル酸塩)の両方とも、どちらかと言えば安全性の高い薬の分類になりますので、飲み合わせについては、あまり心配することはないようです。
エチカーム http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html
ノルバスク http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2171022.html

あと、これらの薬の...続きを読む

Q低血圧で動脈解離発症。降圧薬によりきわめて低い血圧管理は必要ですか

夫(50歳)が1か月前に「上腸間膜動脈解離」でCCUに緊急入院しました。幸い解離した場所は限局的で、瘤や壊死した箇所はなく、2週間入院後、降圧薬を服薬しながら仕事を再開しています。
ただ、夫はもとから高血圧ではなく、発症前から、最高血圧が100、高くて110くらいで、男性にしては血圧が低めでした。

現在は降圧薬によりさらに低くなり、最高血圧80-90代、最低血圧40-50代、脈拍数は40-50代くらいです。特に脈拍数が問題で、徐脈になっています。めまいがしたり、終始ぼんやりし元気がありません。入院中に降圧薬で最大血圧が70-80くらいになってしまい、退院後の降圧薬は減らされたそうですが、それでも低血圧です。1か月分の薬を渡されたため、夫は頑なに1か月飲み続けるといっています。

入院中、もともと低血圧であったことは医師に説明しています。また、ダンベルなど腹部に圧をかけるような運動や、仕事柄重い荷物を持つ(腹部に力を入れる)ことが多く、そのあたりも関係しているかも?と医師に話しましたが、それは主観ですねというような、鼻で笑われるような態度をとられました。

好きなものばかり食べる、緑黄色野菜ほとんど食べない、栄養バランスの悪い不規則な食生活、酒、たばこなどの生活習慣も発症誘引として大きいと思いますし、生活習慣の改善は必須と思っていますが、本人は医師を盲信するたちで、とにかく降圧して、減塩すれば良いと思っています。医師から一生涯降圧薬を飲み続けるようなことをいわれたようですが、こんなに低いラインでの降圧管理の必要はあるのでしょうか。すでに徐脈ですし、脳血栓など別の病気を招く危険はありませんか? 
この疾患は比較的まれなそうです。医師も患者の個別の状態を見ないで「標準治療」をしているようにしか思えません。

夫(50歳)が1か月前に「上腸間膜動脈解離」でCCUに緊急入院しました。幸い解離した場所は限局的で、瘤や壊死した箇所はなく、2週間入院後、降圧薬を服薬しながら仕事を再開しています。
ただ、夫はもとから高血圧ではなく、発症前から、最高血圧が100、高くて110くらいで、男性にしては血圧が低めでした。

現在は降圧薬によりさらに低くなり、最高血圧80-90代、最低血圧40-50代、脈拍数は40-50代くらいです。特に脈拍数が問題で、徐脈になっています。めまいがしたり、終始ぼんやりし元気がありません。入...続きを読む

Aベストアンサー

どちらかというと珍しい病気で、抗血栓療法と降圧療法があるとされているようです。
http://j-ca.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/4710_zacho.pdf
低血圧の方の場合、降圧療法よりは(血栓が出来にくくする)抗血栓療法の方が相応しいように感じられます。詳しいことは下記:
http://yakuzaishiharowa.com/circulation/anti-blood-clot.html
もし降圧療法しか行わない病院の場合、医師に血栓の有無や抗血栓療法の是非を問うてみるか、セカンドオピニオンを求めて信頼出来そうな他の病院を求めてみるのも良いのではないかと思います。

Q高血圧の薬について教えて下さい。

現在、高血圧防止の薬を、2種類飲んでおります。

アムロジピン5ミリグラム(トーワ)とブロプレス4(武田薬品)なのですが、
医療費も高く、2種類の薬を飲む必要があるのかどうか教えて下さい。

1種類の薬では、駄目なのでしょうか?

よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

まだ、寝ぼけていますね。ACBIでなくてACEIです。
ARBやACEIの腎保護作用や心筋の肥大化阻止作用は、アムロジピンのようなカルシウム拮抗薬のそれより優れている傾向があります。ただ、その分、高いので、腎機能や肥満などがなければカルシウム拮抗薬で十分です。

Q高血圧 最高血圧と最低血圧どちらが重要?

現在本態性高血圧と診断され降圧剤を服用しています。
当初150/90あった血圧が現在130/80以下にコントロールされ満足しています。正常血圧内に収まるまでに内科、循環器科を含めいろいろな専門分野の先生とお話をしてきました。そしてとある先生から従来血圧は最高血圧が重要視されていたが最近米国では最低血圧が重要視されるようになっていると言われました。これはどういう意味でしょうか?
最低時血圧は最高時血圧より軽視しており最高時血圧が正常値ないにあればまず安心と考えておりましたが違うのでしょうか?(最高/最低どちらも重要なのは承知しています)
当方現在46歳で血管年齢は実年齢以下。動脈硬化は始まっていないという条件です。

Aベストアンサー

下の血圧が高くなる原因の多くは自分で血圧をあげているという事です。
高齢になって血圧が上がる原因は血管も硬くなるため圧力を高くしないと血液を充分流す事が出来なくなる事で、特別に細動脈を収縮させて、圧力を自分であげてなくても自然に上がってしまう事が原因です。
 しかし若い人は血圧は上げようと思ってもなかなか上がりません。弾力性のある太い血管が圧力を吸収して、上の血圧は上がりにくいわけです。
 なんらかの原因によって若い人の高血圧は細動脈を収縮して、自分で高血圧をつくり出しているタイプです。その場合風船のように太い血管に圧迫がかかり、出口の細動脈が収縮しますので、上と下の血圧の差が少なくなります。
 体のなかでは昇圧系のホルモンが増えているということで、一番心配なのは、異常に腎臓内の血圧が上がり、重篤な合併症を起こす可能性のある事ではないかと思います。

Q高血圧症の食事・運動療法を教えて下さい。

40歳の女性です。
血圧が最低が120~130最高が170~190あり、病院で診察を受けたところ高血圧症と診断されました。
降圧剤(カルブロック16mg)を一日一回服用とのこと。
医者に食事や運動で努力すれば降圧剤の服用をやめることはできますかと尋ねたのですが、遺伝による可能性が高いので無理とのこと。(実父が急性心不全で54歳で死亡しています。)
せめても自分で努力できることはしたいのですが、何かお勧めの食事療法・運動療法はありませんか?教えて下さい。
ちなみに少し太っていて運動は苦手です。飲酒・喫煙は全くしません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セロリをよく食べましょう。降圧作用があります。

塩分は控えた方がいいですが、若い人はどちらかというと食塩感受性がない場合の方が多いと思います。しかし、10g以下にはしたほうが健康のためにはいいでしょう。大雑把に4割くらいの人は食塩感受性があり、控えることで血圧が下がります。

 野菜を多め、果物もほどほどに摂りましょう。カリウム、食物繊維は降圧作用があります。

 ダイエットはすると、下がります。

運動すると下がります。運動も頑張ってください。
 週に3日以上30分以上が目安です。早歩き位でもいいのではないでしょうか。

 ニンニクなどのネギ類には、降圧作用があります。筋肉の弛緩作用があります。

 酢には降圧作用があります。一日10mlから15ml程度でいいでしょう。

 カルシウムには降圧作用があります。乳製品をよく取りましょう。

 タバコ、お酒はその調子でしないで下さい。

 あとは健康食品、私がお勧めは、品質のいい、高麗人参、品質のいいフランス海岸松、ビタミンCもサプリメントで補ったらいいでしょう。

以上思いついたことを羅列しました。
 
 一度降圧剤を使い出すとなかなかやめてみましょうというふうにはいかないと思います。
 いつも120mmHg以下になったら、一度お医者さんと相談されて、夏にでも離してみたいと相談されてもいいのではないでしょうか。
 でも降圧剤を使って下がっていればそれでもいいのではないでしょうか。気になる副作用が無ければそれほど害は無いでしょう。それより高血圧を放置する方が危ないです。

セロリをよく食べましょう。降圧作用があります。

塩分は控えた方がいいですが、若い人はどちらかというと食塩感受性がない場合の方が多いと思います。しかし、10g以下にはしたほうが健康のためにはいいでしょう。大雑把に4割くらいの人は食塩感受性があり、控えることで血圧が下がります。

 野菜を多め、果物もほどほどに摂りましょう。カリウム、食物繊維は降圧作用があります。

 ダイエットはすると、下がります。

運動すると下がります。運動も頑張ってください。
 週に3日以上30分以上が目安...続きを読む

Q血圧について、違う医者で、高血圧と低血圧の真逆を言われて・・

私は、血圧が高く、医者に定期的に通って、血圧の薬も飲んでします。
しかし、先日この様な事がありました。
血圧以外の体調不良により、他の医者に行ったのですが、その時に、医師に色々所見していただいた時、「あなたは血圧が低いでしょう」と言われたので、「いいえ、逆に血圧は高く、定期的に病院に行っています」と答えたところ、「ほんとに?では血圧計らせて下さい」と血圧を測ったところ。上が168、下が110位とやはりたかかったのです。
そして、医師の方は、次に脈を計りました。そして、何やら紙に計算?のような事をはじめ、紙に書いてある数値は上は見えなかったけど、下が50くらいでした、そして、「あなたは高血圧ではなく、やはり低血圧ですよ」と・・・。私は。「そんな低血圧なんて、一度も言われた事無いですし、他の医者には高血圧と言われました」と言ったら、
「他の医師は本当の血圧の見方をしないで、血圧計での数字のみで判断したのではないか・・。血圧計の数値のみでなく、脈からも測っていって、本当の数値を見なくてはならないのが本来。あなたは数値は高くても、脈から計算すると、低血圧ですよ・・・」と・・・・。
私からすると、え~~~~??!!ホントですか??と。。。。。
いままでずっと血圧が高いと思いこんでいて、いきなり低血圧と言われても・・ホントかな?と戸惑っています。
医療関係者の方々、どう思われますか?私は医療は全く分からず、自分は高血圧なのか、低血圧なのか、この真逆の結果に困惑しています。
どうぞ宜しくお願いします。

私は、血圧が高く、医者に定期的に通って、血圧の薬も飲んでします。
しかし、先日この様な事がありました。
血圧以外の体調不良により、他の医者に行ったのですが、その時に、医師に色々所見していただいた時、「あなたは血圧が低いでしょう」と言われたので、「いいえ、逆に血圧は高く、定期的に病院に行っています」と答えたところ、「ほんとに?では血圧計らせて下さい」と血圧を測ったところ。上が168、下が110位とやはりたかかったのです。
そして、医師の方は、次に脈を計りました。そして、何や...続きを読む

Aベストアンサー

中心血圧とかいろんな概念の血圧がありますが...
これまで発表された血圧と心血管障害との疫学データは通常の血圧計で測定した値で求めてあります。よって、違う概念の”血圧”を測定しても、これまで発表されたデータを基にして薬を飲んだほうがいいとかは言えません。
よって、通常の血圧の測定で求められた血圧で、判断すべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報