今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

インフルエンザワクチンH1N1と不妊化ワクチンの類似性があるらしいとの噂をWEB上で見ました。

新型インフルエンザワクチンの中には「MF-59アジュバント」と言う物質が入っている。

この物質「MF-59アジュバント」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「1998年のペット用ワクチン」に仕込まれた「アジュバント-9」であったという。
このペット用の「アジュバント-9」を人間用に開発したものが「MF-59アジュバント」である。

やばい気がするのは私だけ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下のサイトが一番纏まっているのではないでしょうか。



http://mblog.excite.co.jp/user/quasimoto/entry/d …

因みに、多くの人達は一笑にふすかもしれませんが、意図的な人口削減計画と製薬会社の利益追求が一致したのでしょう。

旧ミドリ十字による血液製剤の肝炎汚染等もそうですが、医薬品会社は人が何人死のうがお構い無しの連中です。信用する方が馬鹿です。
もし今回のワクチンで不妊化しても、我々庶民にはそれを立証する手段も時間もお金もありません。所詮使い捨てのモルモットなのです。

自分の命は自分でしか守れないということを肝に銘じながら生きてください。

参考URL:http://mblog.excite.co.jp/user/quasimoto/entry/d …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング