糸電話の工学的解析について、論じてほしい
(あるいは、論じているURLや書籍を教えてください.)

目的:
電磁波工学の原理を理解したいのですが、出てくるいくつかの概念の根本的なところろのイメージが腑に落ちない.そこで、一旦、この分野から抜けて、波動による伝達というところだけで共通点を持つ、糸電話を理解したいと考えた.糸電話で利用している波動は、振動媒体(糸)があるので、振動媒体の特定されていない電磁波とはタイプが異なるとは、もちろん思う.しかし、伝達しているのは波動(wave)であるから、波動という意味では電磁波を用いた送受信と同じく、搬送波とか、信号波とか、帯域とか、変調とか、復調とかの、概念(術語がオーバースペックではあるが)を「細大漏らさず使って」、「説明できるはずだ」と考えた.特に、「搬送波」の概念を使っての説明を受けたい.電磁波工学における「搬送波」という概念の必須性にきわめて、腑に落ちない感じをもっているためです.「搬送波」は、糸電話において一体全体なにに相当するのか.相当するものは、ない、というお考えを頂くことがまずは予想されるが、それは残念で、どうしてもないとの場合、なぜ糸電話に必須でない概念が、電磁波通信になると必須になるのか、ご教授いただけましたら幸いです.

予想:
例えば、次のような回答をイメージしています.しかし、全然違うかもしれず、そのときは、無視してださい.
糸がたこ糸とき、その伝送路は、xx波の横波の通信路とみなせる.その帯域は、概略計算するとほぼxxx ~xxx Hzである.一方、音声の周波数は、xxx xxxである.紙コップの底が、変調機に相当する.音声の振動は、そこで、糸の上にある、搬送波に乗せられる.糸の上にある搬送波というのは、この場合、xxxxがその実体である.しかしながらxxxxは通常xxxxであるのでほとんどの場合意識されないのである.(とか)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

容量 バリコン」に関するQ&A: バリコンの容量

A 回答 (2件)

補足を拝見いたしました。


 前の回答ではAM方式のごく簡単な原理を書いただけですから、ラジオの詳しい構造については専門の先生方にお任せしましょう。要するに搬送波の振幅の包絡線の形が、本来送りたい(音声などの)信号波形になるようにamplitude modulation(振幅変調:AM)をする話です。

●再質問(1) :いらん成分と欲しい成分の半々に別れたという事で1/2、ということで如何でしょう?
●再質問(2) :m>>Nでなくても原理的には良いんですけど、巨大アンテナが必要になりますぞ。
●再質問(3) :受け側ではcos(mt)を自分で作る(シンセサイザー)方式もあります。しかしAMでは共振回路を使ってcos(mt)に近い周波数だけを受信し、これを整流(電流が一方向にしか流れないようにする。半導体や真空管を使います。検波という。)をした後で、平滑化(これもローパスフィルタでまじめにやる以外に、単なるコンデンサや、単に高周波に追従できない安物スピーカーなどが使えます。検波をしないと平滑化によって出力が0になっちゃいます。)をして高周波成分を取り除く、というやり方があります。昔のラジオでは、選局つまみを回して共振回路の共振周波数を容量可変のコンデンサ(バリコン)で変えたものです。
●再質問(4) :原因と結果の関係の混乱ですか。実は(因果律を基本に置いているところの)アインシュタインの相対性理論とぴたりマッチするのが電磁気学ですから、そういう意味では原因と結果の関係がこれほどハッキリしている分野もないんですが、電荷の動きが磁場を産み、磁場の動きが電荷の流れを生じる、というぐるぐる回りは確かに混乱しますねえ。そのへんの絡みを逆に変幻自在に利用できるようになると、達人と呼ばれるようになるんでしょう。普通の教科書で納得行かない場合には、今井功「電磁気学を考える」(サイエンス社1990)という名著がありますのでご参考まで。
 ちなみに、アンブローズ・ビアス「悪魔の辞典」の【結果】の項に
『いつもと同じ順序でまとまって発生する二つの現象のうちの二番目のもの。一番目のものは「原因」と呼ばれていて、二番目のものを発生させるといわれている-だがこんな発想は兎を追いかけているときの犬しか見ていないものが、兎を見て犬の原因だと断言するのと同様、非常識きわまりないものである。』
とあります。

この回答への補足

ビアスという人の警句ははじめて知りましたが、その警句に表されている立場は極めて妥当だと思います.この警句では強く言い過ぎている嫌いもありますが、私個人としては、この警句のような見解が、量子力学とか電磁気学とかの先駆者の心の底には、しっかりと潜んでいた(る)のではないか、と感じています.(←思い込みかも)

もうすこし穏当に、かつ、方向性を明らかにして言うと、電磁気学、(あるいはその他の類似の学問分野)を「共時性」の立場から見る、との議論は十分可能ではなかろうか、あるいは、すでに誰かが主張しているやもしれぬ、あるいは科学哲学等の世界では常識?なのかな、などとと想像したりしています. (←情報あったら誰か教えて).

できたら、さらに、いろいろと多くの論点でも、いろんな人に、思い切って論じてほしいです.

質問および補足質問についてもいろいろな意見を歓迎します.

補足日時:2001/03/25 23:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます.今井功「電磁気学を考える」って、いかにも面白そう.読んでみたいと思います.

お礼日時:2001/03/26 00:10

糸がたこ糸とき、その伝送路は、糸の弾性波の縦波の通信路とみなせる.その帯域は、糸の音速(弾性係数・張力)と質量から、概略計算するとすぐにはナンボと分かりかねるんである.一方、音声の周波数は、0.05~数kHzである.紙コップの底が、空気の振動と糸の振動を相互変換するトランスデューサに相当する.音声の振動は、そこで、糸の振動に変換される.糸の上に搬送波は、この場合、ない。

実際、同じ糸の上に2チャンネルの音声信号を通して受信側で分離することは不可能である。

 つまり搬送波を考える上では糸電話は良いモデルとは言えません。

 電波の場合にも、原理的にはなにも搬送波を使う必要はない。0.05~数kHzという極超長波をそのまま(その波長と概ね等しい大きさの)巨大なアンテナから発信して、同様に巨大アンテナで受信することが可能であり、この場合、たった一つしかない真空という通信路に2チャンネルの音声信号を通して受信側で分離することは不可能である。

 音声信号f(t) (tは時刻)が極めて狭帯域であるとは何を意味するか。説明を簡単にするためにf(t)が1秒を周期とする周期信号であるとすると、そのフーリエ級数
f(t) = ΣA[n] cos({2π/n}t+α[n]) (Σはn=0,1,2,....の総和)の、各周波数成分の振幅A[n]がnが大きいほど急激に減衰し、N=数kHz位から上では実質的に0になってしまう、ということに他ならない。だから<A[n],α[n]>(n=0,1,....,N)だけがあればf(t)が再現可能。つまり、
f(t) = ΣA[n] cos({2π/n}t+α[n]) (Σはn=0,1,2,....,Nの総和)
である。
 この信号f(t) と、高い周波数の搬送波 cos(mt) (m>>N)の積を作ると
g(t) = f(t) cos(mt)
= ΣA[n] cos({2π/n}t+α[n]) cos(mt)  <これに三角関数の公式を使って>
=1/2ΣA[n]{ (cos((m+2π/n)t+α[n]) +cos((m-2π/n)t-α[n])}
となり、周波数(m-2π/N)~(m+2π/N)の範囲の振動だけで構成された波に変換される。このg(t)を送信します。
次に、受信側でg(t)と cos(mt)との積を作ると
g(t) cos(mt)=1/2ΣA[n]{ (cos((m+2π/n)t+α[n]) +cos((m-2π/n)t-α[n])}cos(mt)
=1/2ΣA[n]{ (cos((m+2π/n)t+α[n])cos(mt) +cos((m-2π/n)t-α[n])cos(mt)}
=1/2ΣA[n]{ (cos((m+2π/n)t+α[n])cos(mt) +cos((m-2π/n)t-α[n])cos(mt)}
=1/4ΣA[n]{cos((2m+2π/n)t+α[n])+cos((2π/n)t+α[n])+
      cos((2m-2π/n)t-α[n])+cos(-(2π/n)t-α[n])}
=1/4ΣA[n]{cos((2m+2π/n)t+α[n])+cos((2m-2π/n)t-α[n])+2cos((2π/n)t+α[n])}
となる。ここで不必要な周波数(2m-2π/N)~(2m+2π/N)の波をフィルターで除去してしまえば1/2ΣA[n]2cos((2π/n)t+α[n]) = 1/2 f(t)が得られる。

 さらに、mは任意に選んで良いので「高い周波数であって、しかも互いに周波数が2π/N以上離れた多数の搬送周波数の波」cos(m1), cos(m2),.....を用意し、それぞれに別々の信号f1(t),f2(t),....をかけ算した g1(t), g2(t),....を構成して、これらの和をまとめて送信することができる。受信側では、必要な信号たとえばf4(t)がどの搬送周波数に乗っているのか(この場合m4)を知っていれば、他の信号の影響を受けずにf4(t)を再生することができる。すなわち、沢山のチャンネルを構成できるわけです。だから1個のラジオでいろんな局の放送を聴くことが出来る。また搬送波mを十分高い周波数にすれば、送受信に必要なアンテナも小さくて良い。
 かなり乱暴な説明ですが、これが搬送波というアイデアの原理です。

 もうちょっときちんとした説明にはフーリエ級数ではなくフーリエ変換を用いますが、やることは同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.stomachmanさんの回答を読んで、私なりに自分の2質問にひきつけて理解したところは次のようです.(1)「搬送波」は、糸電話において一体全体なにに相当するのか→相当物なし.(2)なぜ糸電話に必須でない概念が、電磁波通信になると必須になるのか→質問者の前提に誤解がある.電磁波通信でも、搬送波を使うことは、別に必須で「ない」ともいえる.事実、搬送波を使わなくても、電磁波通信は原理的に可能.しかしそれは、少なくとも二つの面で実際的でない.一つは、アンテナが巨大になる.二つめは、同一通信路において多重化できない.

な、なるほど...ありがとうございました.m(__)m
また疑問が湧いてきました.もしお時間ありましたらお教えください.

再質問(1)f(t)から始まって、変調・復調の結果、最後に1/2 f(t)になる.この、1/2という数値は、少しできすぎなぐらい、きれいな数値に思いますが、なんで1/2なのでしょう?

再質問(2)細かいところで、恐らく本筋と関係ないですが、数式変換において(m>>N)は式の変形においては、どこかに、活用されているでしょうか? ((2m-2π/N)~(2m+2π/N)の波を除去、のところでは活用するのかな推察しましたがそれ以外にありますか?)

再質問(3)受けのほうで、cos(mt)を乗じています. 具体的にはどういうことでしょうか? 電源を備えているラジオは、自らcos(mt)を独自に作り出して、それを受信信号に乗じている、と私は「勝手に」イメージします(違っているかも)仮にこのイメージが合っているとすると、電源を備えていない簡易工作ラジオがありますが、あれは、cos(mt)をかけていない、のでしょうか?それとも、到来電磁波と、無電源の受信機とアンテナ、の相互作用で生じた(発電された)、微弱なcos(mt)が、そのまま、流用されて、乗じられるのでしょうか?もし、これがyesだと、こういう発想は、ああ、またか、電磁気工学ってこれだから(なにが原因でなにが結果かわからない)、なんか、よくわからん、という感じですが.(これは、無電源簡易工作ラジオで、ラジオが聞こえた感激ことを思い出しての質問です.現実に感激はするが、電磁気学はなんかよくわからない、というイメージ)

再質問(4)実は、電磁気学を見ると「何が原因で何が結果か解らない」というイメージに私は悩まされます.このようなイメージを初学者が持つことは、半ば公認された事実なのでしょうか? あるいは、もしかすると、少なからぬ研究者もこのようなイメージを持っているようにも推察していますが、事実でしょうか? またこのようなイメージを持つこと自体は、電磁気学を理解していない、というよりは、むしろ電磁気学の雰囲気を大まかに理解している、と考えたくなる誘惑にかられますが、同意されますでしょうか?実は、私は、何が原因で何が結果かわからない、ということを悪く思っているだけではなくて、もしかしたら、何が原因で何が結果かわからない記述様式の学問とか科学、も、あってよいのでは、と感じています.ただ、電磁気学をそういう記述様式の学問と思っていてよいのか、それとも、そう思うのは私の、怠け、であって、きちんと理解すると、なにが原因でなにが結果なのかをわかる、のか、どっちなのかを知りたいです.(もし後者なら、電磁気学とはなにを第一原因(あるいは複数でも)と仮定する、学問なのか、教えてほしいです)

お礼日時:2001/03/22 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「鳥取県はまだ糸電話」のソフトバンクCMは・・・

鳥取県を小ばかにしていると思いますか?

CM中では、結局は冗談というストーリーですが、だったら最初から言うな、という意見や侮辱しているという意見がある一方で、鳥取砂丘で糸電話実験をしたり、観光業者の間では糸電話を鳥取土産にというアイデアも出ているみたいです。

さてそこで、このCMは、鳥取県を小ばかにしていると思いますか?
http://www.youtube.com/watch?v=2MBTbBMd7OU

Aベストアンサー

いいんじゃないでしょうか?
ユニークで話題になれば。


鳥取県は特にコレといったモノがないので「観光」を売りにしていかなければ…と私個人は思います。
そりゃ糸電話な訳はないし砂漠でもないけど、それくらいの冗談を受け入れていかないと鳥取県としてやっていけれないのでは?

良かれ悪かれ話題になることが重要だとすれば例え「小バカ」であっても話題になれば良いと思います。

今年は世界漫画サミットも鳥取で開催されるので脚光を浴びるにはもっともっとメディアへの露出が欲しいところです!

ハワイ温泉も連日若者たちが記念撮影で賑わっているようだし。

鳥取県知事も孫さんに感謝を言いに行っているし
http://www.nnn.co.jp/news/120225/20120225013.html


以上、いち鳥取県民でした。

参考URL:http://www.nnn.co.jp/news/120225/20120225013.html

Q糸電話の糸が切れて結んだ場合

図のように糸電話の糸が切れている状態でチョウチョ結びや方結びをした場合普通に使えるのでしょうか!?
使えるというのは声を出して相手に聞こえるのと耳に当てて相手の声が聞こえるのかどうかということです!
ちょっと気になってしまって家に紙コップがないのでやった事がある人や経験ある人教えてください!

Aベストアンサー

糸電話は音波振動が糸を伝わって相手先に届く原理ですから、切れた糸の「結び目がよほど緩くない限り」は振動が伝わるので相手先に聞こえます。

Qやんわり断ってもわからない人って、本当にわかっていないのでしょうか?

主人の親戚で、こちらがやんわり断ってもわからない人がけっこうたくさんいて困っています。

ふつうの人間関係では、相手が嫌がっていたりすると、表情とか声とか雰囲気で感じ取れて、やんわり断ると、それ以上ムリは言わないかと思うのですが、主人の親戚にはどうも通じません。
ごり押ししきて大変困惑しています。

主人は山奥の田舎出身です。親戚もみな山奥で農家してます。
ちなみに主人は一人息子の長男です。
私は生まれも育ちもどちらかというと都会のほうかもしれません。
通じないのは田舎の人だからでしょうか(でもそうでない田舎の人もたくさんいらっしゃいますよね?)

こういう人たちは、こちらが断っていることが本当にわからないのでしょうか?
それともわかっているけどゴリ押ししたいのでしょうか?

本当にわからないなら、角が立ってもはっきり断っていかなければいけませんよね・・・
でもそれって、鈍すぎて信じられないんですけど・・・・

本当にわからないんでしょうか・・?

何か経験あるかた、よろしかったらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

やんわり断るというと、人によっては「遠慮」しているととることがほとんど。

すると、遠慮することはないからともっとごりごり押してきます。

遠慮ではないとはっきりさせる言い回しをするのがよろしいかと思いますよ。

角が立たずに、断るというのもテクニック。
遠慮でない、言い方というのも難しいですが。

わかっていて、ごり押しなら、こちらも、ごり押し返しです(笑)

遠慮するようなことではないけど、遠慮していると解釈する人は多いです。
で、断っているのだとわかると、なぜ断ると押し返してきます。

親切で勧めているのにその親切をなぜ断るということですが、「世界」が違う人は仕方がありません。

隣に住んでいて日々が、大変というとことでもなければはっきり言うのも今後のためです。

ものをもらっても「ごみ」なるだけだからいらないということも
わからない人にはわかりません。

Q解析工学について

現在、文系でCADオペレータをしています。CAEなどを用いた解析に興味があるのですが、これらを学ぶに当たって知っておいた方が良い知識(工学名)等がありましたら教えて頂けないでしょうか?
又、就職の方は有利なのでしょうか?

Aベストアンサー

CAEでは、強度計算、周波数応答、熱解析、が行われます。
特に、設計では、共振周波数とそのときの最大応力又は最大変位が重要です。
温度に制限がある場合には熱解析が欠かせません。
両者を併せて、「熱構造解析」と呼ぶこともありますが、「熱構造」で探されてみては
いかがでしょうか。もちろん、「熱」と「構造」とを個別に読まれるのでも良いでしょう。
流体を扱う場合には、流体力学も関係します。磁場などを扱うなら「電磁気学」です。

私はPro/E+ANSYSを使用しています(Pro/Eで描いて、
ANSYSにデータを渡して解析)が、やはり機械3力は少々読んでおいた方が
良いと思います。

ところで、機械を勉強するとき、もちろん基礎には物理学が関係していますが、
工学では、理学的な物理学と言うよりは、現場でのベタな数学を用いた方法が用いられます。
例えばラプラス変換などはその典型です。理論的な意味付けはあるのですが、
結局は、よく分からんが表に従って微分方程式の各項を変換して代数方程式にして、
それを解いて、また表を用いて逆ラプラス変換をするとなぜだか微分方程式の解が求まる、
と言う具合です。(実際のラプラス変換は計算が必要ですが、これを表にしてしまっている。)

熱力学でも、工学では「工業熱力学」と言う、実際的な本を読まれると良いでしょう。

就職については実態を知らないのですが、実際とシミュレーションとを
リンクさせるスキルを持つことは、大変魅力的だと思われます。

CAEでは、強度計算、周波数応答、熱解析、が行われます。
特に、設計では、共振周波数とそのときの最大応力又は最大変位が重要です。
温度に制限がある場合には熱解析が欠かせません。
両者を併せて、「熱構造解析」と呼ぶこともありますが、「熱構造」で探されてみては
いかがでしょうか。もちろん、「熱」と「構造」とを個別に読まれるのでも良いでしょう。
流体を扱う場合には、流体力学も関係します。磁場などを扱うなら「電磁気学」です。

私はPro/E+ANSYSを使用しています(Pro/...続きを読む

Q原理原則ってどういう意味?

朝まで生テレビやなんかで原理原則という言葉を耳にしますが、どういう意味でどのように使うのでしょうか?
辞書や、インターネットで検索しても調べられません。
教えてgoo!

Aベストアンサー

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超えて、どんな環境でも通じていくものです。そのため、このような判断基準を常に持っている人は、未知の世界に飛び込んでも、決してうろたえたりはしないのです。

新しい分野を切り開き、発展していくのは、豊富な経験を持っているからではありません。常識を備えているからでもありません。人間としての本質を見すえ、原理原則に基づいた判断をしているからです。

かねてから原理原則に基づいた判断をしていれば、どんな局面でも迷うことはありません。
こんな感じです。
道徳、倫理を忘れずに、信念を持つ。

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超...続きを読む

Q炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存

炎に関する流体力学を、工学的にでなく理学的(基礎研究として)に研究している研究分野、研究室などをご存知の方がいたら、どうか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プラズマ物理ですね。主として磁気や電流と相互作用する流体を考えることになります。太陽風とかMDH発電とかトカマク炉とか雷とかで生じる現象の物理、という捉え方もできましょう。
 もっと素朴に、「ロウソクの科学」のひとつとして、浮力に駆動される流れ場を考えるとするならば、いろんな近似レベルで理論的モデルを拵えることができ、その安定性やら、燃焼との相互作用やらを理論的および実験的に研究する、という方向性だってあり得ます。アプローチの仕方によって、応用物理であったり、計算物理であったり、熱流体力学であったり、微分方程式論であったりすると思います。

Q静電気防止ブレスレットについて

私は乾燥する季節になると
金属に触れると静電気の『パチッ』で痛い思いをします。
よく静電気防止グッズとしてブレスレット(輪ゴム?)が売っていますが、
あれはどういった原理で、効果は実際あるのでしょうか?
買おうか買うまいか悩んでいるのですが、原理がわからず踏ん切りがつきません。どなたかお願いします。

Aベストアンサー

有機導電性繊維或いは導電膜がコーティングしてあるタイプ(リストバンド、ブレスレット等)のことですね。
多分、電気を通す繊維表面から徐々に空中に放電されるという原理かと思います。非常に細い導電性のものは電圧が溜まると表面のささくれ部分から小さな空気放電を起こします。但し完全放電というわけにはいかず、静電気ショックを軽減するというところです。
どのような物質(絶縁物質も)にも表面電位が存在します。エレベータのボタンとかドアノブに触る前に手のひらをその辺の壁に数秒押し付けるだけで大体静電気はショックレベルより低い電位になります。
自動車の場合はタイヤにでも手のひらを押し付ければよいと思われます。
お試しください。

Q角運動量とK.E.変化について 半径rで糸に繋がれ円運動している物体mを糸を引いて半径r'

角運動量とK.E.変化について





半径rで糸に繋がれ円運動している物体mを糸を引いて半径r'(<r)になったとき速度は角運動量保存則により速くなるのはわかるのですが
糸を引く力は物体の速度方向と常に垂直に働くにもかかわらず物体の運動エネルギーが増加しているのがしっくりこないのですがなぜ増加するのか教えてください

Aベストアンサー

No.1&3です。各々のエネルギーを計算してみましょう。

物体の質量を m として、当初の円運動の半径を R1 、角速度を ω1 とします。
その運動エネルギーは
 E1 = (1/2)m*R1^2*ω1^2   ①

糸を引いて半径を R2 にしたときの角速度を ω2 とすると、その運動エネルギーは
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2   ②

角運動量が保存されれば
 L = m*R1^2*ω1 = m*R2^2*ω2 =const
より
 ω2 = (R1/R2)^2 *ω1   ③

よって②は、③を使って
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2
   = (1/2)m*R2^2*[ (R1/R2)^2 *ω1 ]^2
   = (1/2)m*(R1^4/R2^2) *ω1^2
   = E1 * (R1^2/R2^2)   ④
となることが分かります。(半径が 1/2 になれば、運動エネルギーは 4 倍になります)

一方、回転半径が r のときの遠心力は、外向きに
 F = m*r*ω^2
であり、角運動量が一定なら L=m*r^2*ω=const より
 ω = L/(m*r^2)
なので、遠心力は
 F = L^2/(m*r^3)
と書けます。

この遠心力に逆らって、半径方向に微小変位 dr 分だけ移動するのに要する仕事は、(力)×(変位)なので
 dW = -F*dr = -[ L^2/(m*r^3) ]dr

従って、半径 R1 から R2 に変化させるのに必要な仕事の総量は
 W = ∫[R1→R2][ -L^2/(m*r^3) ]dr
   = L^2/(2m)[ 1/r^2 ][R1→R2]
   = L^2[ 1/R2^2 - 1/R1^2 ] /(2m)
   = (1/2)L^2*(R1^2 - R2^2)/[ m(R1^2 * R2^2) ]

ここに L=m*R1^2*ω1 を代入すれば
 W = (1/2)m*R1^2*ω1^2*(R1^2 - R2^2)/R2^2
   = E1 * (R1^2 - R2^2)/R2^2          ⑤
ということになります。
 半径を 1/2 にするには、当初の運動エネルギーの 3 倍のエネルギーに相当する仕事をしなければいけないことになります。

①④より、運動エネルギーの差は
 E2 - E1
= E1 * (R1^2/R2^2) - E1
= E1 * (R1^2 - R2^2)/R2^2
ですから、⑤に一致することが分かります。

以上より、当初の半径を R1 の回転運動の運動エネルギーに対して、半径 R2 の回転運動の運動エネルギーは、半径を R1 から R2 に変化させるのに外から加えた仕事分だけ大きくなっていることが分かります。

No.1&3です。各々のエネルギーを計算してみましょう。

物体の質量を m として、当初の円運動の半径を R1 、角速度を ω1 とします。
その運動エネルギーは
 E1 = (1/2)m*R1^2*ω1^2   ①

糸を引いて半径を R2 にしたときの角速度を ω2 とすると、その運動エネルギーは
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2   ②

角運動量が保存されれば
 L = m*R1^2*ω1 = m*R2^2*ω2 =const
より
 ω2 = (R1/R2)^2 *ω1   ③

よって②は、③を使って
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2
   = (1/2)m*R2^2*[ (R1/R2)^2 *ω1 ]^2
   = (1/2)m*(R...続きを読む

QMRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか

MRIとCTは原理に違いがあるとのことですが、
両者の原理で共通なのは何でしょうか。
MRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか。

Aベストアンサー

コンピューターで信号を処理する以外はほとんど同じところがありません。同じように輪の中に入って検査するので勘違いされがちですが、CTは放射線を体に当てて検査をします。あくまでもレントゲンの3次元版といったところです。MRIは輪から数テラバイトの磁気が発生しておりその磁気で原子核にエネルギーを与えて磁場を与えその磁場の変化を見て検査をします。

Q糸電話が楽器に?

糸電話を楽器として演奏するストリングラフィーというのがあるそうですが、どのような演奏方法なのでしょうか。見られた方のお話も聞けたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ストリングラフィー 動画 で検索してみては?

http://portal.nifty.com/2007/01/04/b/2.htm


人気Q&Aランキング