【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 私は今大学3年です。卒業後栄養系の大学院に進学を希望していますが、目ぼしい大学院の募集要項を見てみると、試験科目は専門科目・英語と記載されていました。この専門科目とは具体的にどのような科目になるのでしょうか。
 大学院受験には、外国語は必要不可欠だと聞いておりますが私はかなり英語が苦手です。狙っているのは公立大学(地方)です。どのくらいの能力が必要でしょうか。
 大学院を受験された方、家政系の大学院を受験された方、この質問に詳しい方どうぞご返答の方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

komamihimeさん、こんにちは。



栄養系大学院に在籍している者です。
国立ですので参考になるかどうかは疑問です。

試験科目は専門と外国語、面接でした。

私が受験したときの修士課程の専門は、結構難易度の高い問題がでました。問題の選択はありませんでした。
受験した大学の教授陣の専門に左右されている感じがしましたので(現在は幾分簡単になっているとはきき増すが)外部受験者は不利だなと感じました。時間は3時間程度でした。
不利な部分は内部の学生とコネをつくってノートなどを見せてもらえば対処できます。(研究室訪問をしたときに4年生とお友達になる=受験する人とはライバルにもなるわけですが)

外国語は英語でした。辞書の持ち込み不可で雑誌のサマリーの3分の1程度の英文を4題、和訳するものでした。私の大学ではかなり正確な訳が要求されます。
英語力については高度な文法力を問うわけではないので、外国語の雑誌(Am J Cli NutrやJ Nutr 一応NatureやらLancetなどの)アブストラクトを読んで実際に訳し、専門用語の英単語力をつけておきましょう。2時間程度でした。

面接は2日目にありました。15分程度でした。
教授陣7名くらいに希望動機とどのようなことを研究したいか(入学したい研究室の内容にのっとったことであることは前提です)、身に付けた学問をどのように活かしたいか(将来について)なども考えておく必要があります。

その他では、専門も外国語も過去問を取り寄せて傾向をつかむのは大事です。4年生になったら実践のトレーニングを。
希望大学の出身者の先生にいろいろ相談に乗ってもらうことや、希望大学の教授にコンタクトをとってもらい、受験までに挨拶に伺っていろいろ話をきいてみるとよいと思います。

それから最後に・・・・
入学してから燃え尽きに症候群になってしまう人もいます。何の目的で、何を学ぶのかをはっきり明確にし、それを保ち続ける強い精神力が必要だと思います。頑張ってください。

参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもありがとうございます。私はとても無謀な事を考えていたかもしれません。高校の基礎はなってないと自分で思います。私が大学院を受験するには相当な勉強が必要と思います。よく考え、やるときは中途半端にならないよう、がんばります。

お礼日時:2003/05/18 12:38

募集要項は既に眼にされているようですが、同時に過去問も購入できなかったでしょうか?


大学ごとによって異なりますが、私の場合(私立)は以下の通りでした。時間も経っているので記憶も確かではありませんのでご容赦下さい。

■専門科目
科目:6科目?から2科目選択(2科目で100~120分)
生化学・食品化学・臨床栄養学・調理学・公衆栄養学・応用微生物学(?)
志望する研究室の教授がある科目の出題者でしたので、1科目はその科目を選択するように研究室訪問の際に言われました。もう1科目は任意選択です。計算機のみ持ち込み可でした。

形式:問題はどの科目もほとんど全部記述3-4問でした。6-7問の中から幾つか選択、という場合もあります。

内容:学部での教科内容が理解できていれば書ける範囲ですが、選択や穴埋めではないので正確な知識が要求されます。やはり過去問の入手をお薦めします。分野はやはり出題者の教授の専門が重視されますのでよく傾向をつかんでください。
 私は1科目につき2-3冊の教科書を揃え(やっぱり本によって偏りがあります。その教授が執筆した教科書があればベター)、各章の終わりの「練習問題」を100-200字程度で書けるようにしました。また管理栄養士国家試験の内容を参考に、自分で適当に文章題を作って解答を作成したりしました。


■専門英語 90分くらい?
形式:単語問題(和英・英和の変換で計20問くらい)
英文和訳2題
和文英訳1題
英作文1題(毎年「志望動機」でした)

内容:単語は上の専門科目で出てくる用語(実験・統計用語を含む)が広く浅くでてました。動植物の学名や菌類の名前までは出ません。訳問題で特に和文英訳はそれなりに難しいですが、英文和訳のほうが出題頻度が多かったです。
 能力は・・・研究室単位で論文講読をしているところでは、その延長線上でしょうね。みんな辞書をひきひき訳していくという感じでした。はじめは1論文につき1週間くらいかかります。1年くらい頑張れば1日で読めるくらいになるでしょう。そのころにはいやでも語彙が増えます。
 勉強法ですが、(1)希望する研究室の教授が書いた原著論文を読む。関連する分野から、すこしずつ違う分野に手を広げていく。途中わからない単語はすべてノートに書き写して自分なりの辞書を作る。
(2)一般向けの栄養関連の報道記事を読む。リンクdeダイエット(下記URL)の「最新健康・栄養ニュース」はお薦めです。これを英文で読み、やはり辞書を作る。
 和文英訳については、栄養学専攻学生のための英語の教科書も確か出ていたと思います。(私の時は無かった~(泣))
 志望動機は、自分でいくつかパターンを作って留学経験のある知人に添削して貰いました。


■面接:大学院教授10名くらいvs受験者1名。15分くらい。志望動機・希望の研究分野・卒業後の進路・万が一不合格の場合どうするかなどについて聞かれました。

3年生から始めれば早いスタートでしょう。頑張ってね!後輩!何かあれば補足してください。長文失礼いたしました。

参考URL:http://humpty.nih.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しくご回答頂きありがとうございます。自分の進路を就職か院かと悩んでいて、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/18 12:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院の研究室訪問について

現在大学4年生で、大学院への進学を考えています。

研究室訪問なのですが、これは必須なのでしょうか?もちろん、そうして研究室のこと、研究の事を知ることは、大学院を選ぶ上で重要だと思います。ですが、訪問を認めてもらえるのでしょか?

どのように教授とコンタクトをとるか(メール化手紙か等)、いつ頃始めるべきか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

大学院は、教員と1:1になって研究を行う場です。必須であるとかないではなく、これからの師匠を選ぶわけですから、質問者さんにとっても先生を選ぶ上で、是非やるべきです。

>訪問を認めてもらえるのでしょか?
基本的にはOKですが、必ずメール、電話、または手紙(いずれでも可)で了承を得ておきましょう。

私も学部生の時は、何も知らず、いくつかの大学院を受験しました。参考までに書いておきます。

国立KY大学大学院:非常勤で自分の大学に来られる先生がおられ、その先生を訪問し、院生の受験時代のノートまで借りて勉強して受験。ほぼここ1校に絞っていたにもかかわらず不合格。

国立O大学大学院:ノンアポで研究室訪問。はっきり他大学は取らないと言われて受験せず。

国立H大学大学院:ノンアポかつ訪問せず受験。筆記で不合格で面接受験できず。

公立O大学大学院:ノンアポかつ訪問せず受験。筆記は通り面接を受けたものの、面接で、筆記の点数が足りませんと言われ、不合格。

国立KU大学:ノンアポかつ訪問せず受験。試験の後、先生の方から話し掛けられ、合格。この大学院の私が入学した研究室は、例年人気があるのだが、なぜか、この年に限り、内部進学者が0であった。この大学は、当時博士課程が無く、1年修士課程があくことに対する不安があったと後に教授に聞かされた。ラッキーなことに、大変よい研究室であった。

このように、ノンアポ、訪問なしでも合格する場合もあります。しかし、基本的には訪問すべきで、また、その印象の良い研究室を選ぶべきです。ちなみに、1年後輩は、内部の人気が高く、内部からも不合格者が出ました。

大学院は、教員と1:1になって研究を行う場です。必須であるとかないではなく、これからの師匠を選ぶわけですから、質問者さんにとっても先生を選ぶ上で、是非やるべきです。

>訪問を認めてもらえるのでしょか?
基本的にはOKですが、必ずメール、電話、または手紙(いずれでも可)で了承を得ておきましょう。

私も学部生の時は、何も知らず、いくつかの大学院を受験しました。参考までに書いておきます。

国立KY大学大学院:非常勤で自分の大学に来られる先生がおられ、その先生を訪問し、院生の受験時...続きを読む

Q遅すぎる?大学院入試対策

低レベルの地方国公立大学の新4年生です。
現在の大学は、3年次からの編入学なので、
(私は高専出身です)
大学の成績のほとんどを占めている、互換された単位(高専での単位)の成績は『優』『良』『可』ではなく『認』です。
大学で取得した単位はほぼ『優』です。

本題ですが、
今いる大学よりレベルの高い国公立大の大学院を受けようと思っています。

いきたい研究室・そこで何がやりたいかは絞っているのですが、
試験の勉強はほとんど手をつけていない状況です。

私の専攻は都市計画です。
試験教科は
数学、構造力学、水理学、土質力学、土木計画学、そして英語です。
英語はTOIECスコアのみの判断です。
(私はTOIEC受けたことがありません)
また、研究室の訪問もまだです。

長々と書いてしまいましたが、
(1)研究室訪問は今のような遅すぎる状況でもしておくべきか。
 またその際気をつけること。
 そもそも研究質訪問とはどういう感じなのか?
(2)大学院入試レベルのTOEICスコアはどれくらいか。
 また4ヶ月弱の勉強でそのスコアまで近づけるか。そのためのオススメの勉強方法。
(3)その他大学院入試のアドバイス。

可能性が限りなく低いのは分かっています。
少しでも可能性があれば、全力で挑むつもりでいます。

(1)~(3)どれかの回答でも結構ですので
よろしくお願いします。

低レベルの地方国公立大学の新4年生です。
現在の大学は、3年次からの編入学なので、
(私は高専出身です)
大学の成績のほとんどを占めている、互換された単位(高専での単位)の成績は『優』『良』『可』ではなく『認』です。
大学で取得した単位はほぼ『優』です。

本題ですが、
今いる大学よりレベルの高い国公立大の大学院を受けようと思っています。

いきたい研究室・そこで何がやりたいかは絞っているのですが、
試験の勉強はほとんど手をつけていない状況です。

私の専攻は都市計画です...続きを読む

Aベストアンサー

私も今年理工系の大学院を受験する4年生です。
(1)私は今年の2月に他大学の研究室を訪問しました。その時、研究室の先生に「普通は5月ぐらいに訪問するもんだ」と言われたので、遅すぎることはないと思います。また、研究室訪問の際には自分がその研究室でどのような研究をしたいかをその研究室の先生にはっきり言って、自分の熱意を伝えてください。

(2)英語の試験をTOEICで置き換えているのなら、スコアは700点以上は絶対必要です。質問者さんの英語の学力がどのくらいか分からないのではっきりとした勉強法は言えません。私も市販されているTOEICの参考書で勉強しているので、これといったオススメの勉強法は分かりません。

(3)大学院入試の対策は、その大学院の過去問を解き傾向を知ることです。しかし、傾向が突然変わる年もありますから気をつけてください。また、その大学にいる院生から定期試験の過去問や講義ノートをもらい、それでどのような問題を先生が出しているか調べてみるのも1つの手です。

Q大学教員になるか大学院に行くか(栄養学)

現在30歳、6歳と0歳の子供がいます(女です)。
大学時代、卒業論文で研究のおもしろさを知って研究を続けたくなり、教授からも進学を勧められたのですが、父の病気等で実家近くに就職しました。

二人目の出産前に退職し、現在再就職先を探しているのですが、丁度県内の短大で教員(助教か助手)の募集をしていました。
話を伺ったところ、実務経験を非常にかって下さり(病院で6年半)、是非、ということでした。学士しか持っていないのですが、仕事をしながら近くの大学院に通うことも可能だとも言われましたので、大変魅力を感じています。
しかし、栄養士養成課程はなくなる方向ですので、短大は将来性がないように思えます。

なので、一旦大学院に進学し、修士をとってから4年制の大学への就職を考えようかとも思っています。
いつか大学院に行きたいと思って貯金していた分は主人の借金に消えてしまい、現在貯蓄はゼロに近いので、仕事をしながらという過酷な状況になりますが。。
でも、修士をとったからといって大学教員の道が確約されるわけではないし、特に地方(九州)では難しいとも聞きます。

家族は賛成してくれています。
一生の事なので、慎重に決めたいと思っているのですが、皆さんのご意見をいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

現在30歳、6歳と0歳の子供がいます(女です)。
大学時代、卒業論文で研究のおもしろさを知って研究を続けたくなり、教授からも進学を勧められたのですが、父の病気等で実家近くに就職しました。

二人目の出産前に退職し、現在再就職先を探しているのですが、丁度県内の短大で教員(助教か助手)の募集をしていました。
話を伺ったところ、実務経験を非常にかって下さり(病院で6年半)、是非、ということでした。学士しか持っていないのですが、仕事をしながら近くの大学院に通うことも可能だとも言われましたので...続きを読む

Aベストアンサー

かつて博士課程修了後、専任(常勤)職を獲得するまで約4年間浪人した者です。分野にもよりますが、現在、博士号取得後、非常勤(数年の任期付き)のポスドク研究員になる競争があり、そこから専任(常勤、しかし多くは任期付き)職に就くのにさらに激烈な競争があり、私だけでなく、友人たちも大変な苦労をしました。(ちなみに、私も友人も旧帝大の博士課程出身です。旧帝大の院が就職に有利などとは、とても言えません。)
 そんな中で、いまだに学士で短大に就職の口があるなんて、奇跡に近いと思って、拝見していましたが・・・・。

 私自身の経験談をお話します。浪人中の経験です。ある私立大学に就職の口があり、応募しようとしたところ、博士課程のときの指導教官から止められました。その後、その私立大学は、教員首切りで問題となり、現在裁判が行われています。赴任していても、自分も短期間で首を切られて闘争のまっただ中にほうりこまれたかもしれません。

 また、設立準備中の大学に内定していながら、文部省(当時)の審査で不適格という結果で、大学じたいの設立が白紙撤回されたこともありました。いったん内定したら、他大学に応募はできず待っているだけでしたから、これは煮え湯を飲まされた経験でした。

 という具合で、○○大学と名前のつく所にさえ就職が決まればいい時代は、とっくの昔に終わっています。

 とはいえ、別の考え方もあります。

 大学教員採用のときに重要なのは、研究業績+教育歴or実務歴 であるのは、その通りなのですが、もう一つ重要なが年齢です。○歳以上○歳以下という条件が付くことは少なくありません。
 研究者人材データベースをごらんになってみて下さい。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop
 ですから、どんな条件の悪いところであれ、就職できるときに就職しておいて教育歴稼ぎ(これもけっこう大変なのです。私自身、教育歴に穴をあけないために、交通費で赤字になる遠方の大学の非常勤講師をやった経験があります)をしておくというのも、ひとつの考え方ではあります。

 なお、J短大を経営する学校法人が経営していた4年制大学についての情報をリンクとしてはっておきます。新聞社などのHP上にあるうち、ここだけがリンク切れにならず、残っていましたので。
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/004373.html
 ウィキペディアを参考までにごらんになるのもよろしいか、と。

 J短大の直接の関係者のみならず、信頼でき、今後とも支援してくださりそうな方などにも相談なさりつつ、どういう選択をなさろうとも、最終的には自分で覚悟を決めて進んでいかれるのが肝要か、と存じます。

Good Luck!
 

 

参考URL:http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/004373.html

かつて博士課程修了後、専任(常勤)職を獲得するまで約4年間浪人した者です。分野にもよりますが、現在、博士号取得後、非常勤(数年の任期付き)のポスドク研究員になる競争があり、そこから専任(常勤、しかし多くは任期付き)職に就くのにさらに激烈な競争があり、私だけでなく、友人たちも大変な苦労をしました。(ちなみに、私も友人も旧帝大の博士課程出身です。旧帝大の院が就職に有利などとは、とても言えません。)
 そんな中で、いまだに学士で短大に就職の口があるなんて、奇跡に近いと思って、拝見し...続きを読む

Q栄養学・食品学の大学院受験について

栄養学、食品学勉強のため、大学院進学を考えています。
ただ、私は大学は文学部卒業のため、この大学卒業資格で
栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかが
わかりません。

ネットでも調べてみましたが、上手く情報を得ることが
できませんでした。

栄養・食品学関係の大学院を受験するために
必要な資格、また受験科目、内容などについて
何かご存知の方、ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、大学院は、何かを教えてもらうところではありません。すなわち、いわゆる勉強するため、ではありません。
 授業もありますが、単位数は少なく、私だけではないと思いませんが、きちんと時間どおり授業をしているかどうか。授業にでると、その時間は実験出来ないので、出席は最低に絞る院生が普通です。
 すなわち、院生は、研究する。教科書に書いていない新しいことを見つける、これに尽きます。このために、実験するのが普通です。実験するためには、さまざまな技術が必要になります。そうすると、文系からでは困難かもしれません。
 受験は拒否できませんが、面接時に技術的なこと、たとえば「青色の液体の測定波長は」と訊けば、文系はアウトでしょう。『こんな基礎を知らないのでは、実験は無理』と判定されます。
2つ目は、院に合格ではない、ということです。
 院は、研究する場です。しかし、研究室(講座)によって研究テーマが違います。隣の研究室どころか、同じ研究室の教授と準教授で異なることも普通です(仲が悪いのも普通です)。ですから、どの教員に付くかによって、全然違います。よって、院に合格ではなく、その研究室に合格(合格後に、誰に付くかを決めるのが普通)なのです。
 大学ではなく、研究室名まで決めて受験して下さい。ただ、教員は奇人・変人の世界ですから、私は、研究内容ではなく、「人柄で決めろ」と言っています。

 あなたの立場は、「日本語は読めないが、源氏物語の研究をしたい」と言っているようなものです。このような人を引き受ける教授がいるとは思えないのですが。

 勉強したいのか、何か新しいことをみつける研究をしたいのか。研究、というのなら、続きを書きます。文科系からでも、なんとか研究も不可能ではない分野もあるからです。狭い道ならあります。 
 勉強なら、教科書を読めばよい、図書館にでも行けば、いくらでもあるかと。なんせ、ひたすら読み上げるだけの人もいますので。
 
 

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、...続きを読む


人気Q&Aランキング