パネル工法と2×4工法の違いを教えてください。
関連サイトもあればよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

【パネル工法】


床・壁などの構造体をパネルとして工場生産した物を現場で組立てる工法
「木質系パネル」「鉄鋼系パネル」「コンクリート系パネル」がある。
【2×4工法】
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。

【社団法人日本木材加工技術協会関西支部】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/index.html

「パネル工法と2×4工法の違い」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a129 …

参考URL「住宅基礎知識」

参考URL:http://www.sumainonet.com/j/j_top.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になりました。大変ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/18 11:51

木質パネル工法と2×4の構造原理は同じです。


木の枠に合板を取りつけて組み立てられます。

大きな違いは、木質パネル工法はパネルは工場で大量生産するため、くぎの代わりに接着剤を使い生産性をあげますし、パネルが規格化されていて自由設計が出来ないことです。

私の家は2×4です。
枠組み(枠に合板くぎ打ち)は、工場のほうでやってパネル状態で組み立てでした。
ただ、断熱材から先は現場作業でした。
パネル工法では断熱材も含めパネルとして工場で大量生産すると思います。

わかりやすい説明↓

参考URL:http://www.e-house.co.jp/const2/k-1-3.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

役に立ちました。大変ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/18 11:51

2x4は断面が2インチ×4インチの角材を枠組みとしてそれに構造用合板を釘で打ちつけて建てる工法です。

プレハブでなく在来工法ですので現場の施工で出来は左右されます。

2インチ×4インチの角材と言えどある程度の材料代がかかってしまうので、それよりもっと細い角材を使った工法がパネル工法です。
在来ではなく、工場で角材と合板を予め釘で打ちつけてあるので現場で工数が少なくて済みます。
MIASAWAが代表的で強度を出すためスクリュー釘と接着剤で組み立てています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご説明ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/18 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qi7 980xのバックパネルの両面テープが取れない

Intel i7 980x 純正のクーラーをマザーボードに取り付けるには、マザーボードの背面にバックパネルを両面テープで貼り付けて、これにねじ止めします。
http://www.youtube.com/watch?v=FZBHjQ2F11c

いま、マザーボードを交換しようと思ってバックパネルを取り外そうとしたら、両面テープが強力に接着していて、バックパネルをマザーボードから剥がすことができません。

バックパネルをとり外す何かいい方法があるでしょうか。

Aベストアンサー

> マザーボードを交換しようと

現在のマザーボードが交換で不要になるのなら、壊れるのを覚悟でベリベリか温めるかで、はぎ取りましょう。
いやいや、マザーボードも良品としてストックしておきたいというのであれば、壊せませんね。

そこで、
このバックパネル(正確にはバックプレートと言うらしいですが)は、Intel純正のCPUクーラーに付属している物ですから、このファンにこだわりがなければPCショップやネットなどで売られている別の(よく冷える)ファンを購入されてはいかがでしょうか。
CPUと取り付け穴の位置(寸法関係)が適合する物を選べば良いだけだと思います。

ものは試し・・・
カー用品を売っている所に「シールはがし」用途のスプレーだか液体を売っていますが、これを爪楊枝の先につけて少しずつ浸透させる方法もあるかな?
バックプレート自身はCPUの細いピンと直接つながっているわけではありませんから、ボードにも影響はないように感じます。
思いつきですがお試し下さい。

Q2×4工法とSW工法とで迷っています

 現在、同じ分譲地内にある新築建売戸建2物件を比較検討中です。
 うち1件はSW工法ですが、南下がりの雛壇ではなく北下がりの雛壇、北道路でしかも盛土の上に建ち、南側にはブロックによる高さ1.5Mの擁壁があります。
 もう1件は2×4工法で、北道路ですが高低差が無い区画に建っています。
 2棟共土地面積・建物の大きさおよび価格は殆ど同じですが、分譲業者はSW工法の耐久性や強度を盛んにアピールしています。
 一方、その説明によれば、SW工法の方が2×4より材料コストが高いので、それらの物件の土地の価格はSW工法の棟の方が安いようです。
 個人的には新しもの好きなのでSW工法に惹かれるのですが、上述のとおり区画にやや難ありと感じています。
 また、HPで見た記事によってはSW工法について「強度は2×4並み」としているものもあります。
 一旦住み始めてしまえば工法の違いを意識する事もなく、火事や大規模な地震でも起こらなければ、むしろ日頃のメンテによる建物の持ちが違いの方が影響が大きいのでしょうから、あまり気にするのも妙かなとも考えています。
 更に、いくら構造材が100年持つと言っても、他の部分はとてもそれだけ持たないでしょうし、100年も住み続けられる訳でもなく、あくまで計算上或いは試験上での結果でしょう。
 一級建築士を弟に持つ私の友人曰く、「建売は日当たりと風通しが一番重要」とのことです。

 以上、長くなりましたが初めての大きな買物なので大いに迷っております。
 ぜひ、建築や不動産の専門家の方のアドバイスを頂ければ幸いです。

 現在、同じ分譲地内にある新築建売戸建2物件を比較検討中です。
 うち1件はSW工法ですが、南下がりの雛壇ではなく北下がりの雛壇、北道路でしかも盛土の上に建ち、南側にはブロックによる高さ1.5Mの擁壁があります。
 もう1件は2×4工法で、北道路ですが高低差が無い区画に建っています。
 2棟共土地面積・建物の大きさおよび価格は殆ど同じですが、分譲業者はSW工法の耐久性や強度を盛んにアピールしています。
 一方、その説明によれば、SW工法の方が2×4より材料コストが高いので、それらの物件の...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは、
やはりお友達の、「建売は日当たりと風通しが一番重要」
のアドバイスは定番ですが一番核心をついていると思います。
業者側からいうと同じ分譲地内であれば、土地の魅力に欠けるものに建物で付加価値をつけて売れ残らないようにします。最終的にすごく値引きするのであれば最初に付加価値を付けてさっさと売れたほうが経費的にも、他棟の販売にも影響したりするからです。
 私自身も2年前に条件付の物件を購入(プランは私がしました)しましたが、風通しを一番に考えました。
 構造的には書かれておられるように、気にすることはさほど無いように思います。それよりも間取とか住設機器の使い勝手とかの日常的な事の方が気になったりします。
 ただ私的には2*4は内外とも合板が貼りつめてあるのがチョット気になります。
 この2件の他にも選択肢があるのなら、7月1日に建築基準法が改正された事なども検討されたら如何でしょうか。

Q液晶バックパネルはどこで買えますか

液晶用のバックパネルをディスプレイに使いたいのですが、バックパネルだけ(電源込みで)売っているところをご存じでしたらお願い致します。 冷陰極管だけの販売はいくつかあるのですが、反射板ごとパネルの状態、または部品を販売しているところが知りたいのです。

Aベストアンサー

バックライトモジュールの単品販売は、
私は見た事がありません。
なので、安液晶ディスプレイの中古品から、
必要部分を取り出すか、
サイズが足りないかもしれませんが、
ELという発光素材を利用するか。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22P-00004%22&s=score&p=1&r=1&page=

Q2×4工法住宅の増改築の依頼先

現在賃貸暮らしですが、主人の実家と二世帯同居をすることになりました。
実家は築7年のハウスメーカー2×4工法です。
そのままでは手狭になるので増築・改築する予定ですが、
2×4の増改築となるとどの業者さんもあまり経験がないようで、依頼先に困っています。

増改築するにあたってポイントは
 ・2階を子世帯に。外玄関・水周り追加
 ・1階に寝室・収納を追加
 ・新しいので既存の建築をなるべく活かした形で
 ・壁や屋根など外観は既存のものと揃えたい

建築したハウスメーカーにお願いすれば間違いはないのでしょうが、メーカーなので割高な気がします。
だいたい1階増築坪単価60万・2階(1階屋根部に)増築坪単価80万と言われました。
(6畳増築・水周りなし計算)
何坪増築するかはまだ決めていませんが、
延べ6坪~14坪の間だと思います。

近所の設備系リフォーム屋さんだと1階30万・2階60万とのこと。
この場合は在来工法を無理やりくっつける形になります。
違う工法での増改築だと耐久性など気になります。

新しいし増築がメインなので、新築そっくりさん系もちょっと違いますよね。
それとも新築もこなせる通常の工務店の方がよいのでしょうか?

あまり割高になるようなら隣地の貸し駐車場に新築した方が良いのでは?という気にもなっています。
どなたか知識のある方、アドバイス宜しくお願い致します。

現在賃貸暮らしですが、主人の実家と二世帯同居をすることになりました。
実家は築7年のハウスメーカー2×4工法です。
そのままでは手狭になるので増築・改築する予定ですが、
2×4の増改築となるとどの業者さんもあまり経験がないようで、依頼先に困っています。

増改築するにあたってポイントは
 ・2階を子世帯に。外玄関・水周り追加
 ・1階に寝室・収納を追加
 ・新しいので既存の建築をなるべく活かした形で
 ・壁や屋根など外観は既存のものと揃えたい

建築したハウスメーカーにお願...続きを読む

Aベストアンサー

2×4工法は増築出来ないと思って下さい。
壁で持たせている工法なので、窓一つ簡単には
つけられません。
業者さんが二の足を踏むのは当たり前です。
逆に簡単に受ける業者さんはあやしいと思って
いいと思います。
費用はかさみますが、きちんとしたメーカーや設計士
さんにお願いした方が無難です。

増築は柱で持たせるる在来工法の得意とする所です。
将来増築の予定がある場合、在来工法で建てた方がいいでしょう。
2×4工法は地震に強いという印象がありますが、きちんとした施工をしなければ、どちらにしても強度はでません。まして増築は苦手です。
阪神大震災では2×4はかなり倒れたようです。

>あまり割高になるようなら隣地の貸し駐車場に新築
>した方が良いのでは?という気にもなっています。

私ならこの方法を選択いたします。
金額的に何とかなれば、安心してお住まいになれる事が何よりではないでしょうか。

Q最近のマザーボードとバックパネル

最近のマザーボードにはバックパネルが付いている
という話を聞いたのですが本当でしょうか?
バックパネルの規格(穴の位置ではなく、ケースへの
設置方法やサイズ)ってATXで正式な規格があるんで
しょうか?

Aベストアンサー

>バックパネルが付いている
付属している場合が多いです。
ATX規格の最初の頃は、コネクタの配置自体が規格にそったものだったので、各社共通でしたが、最近は5.1CHサウンドやSDIF出力等、いろいろとコネクタが増えたり、逆にRS-232Cやプリンタポートが無くなったりしてますので、バックパネルの配置がマザーによって異なってしまっている為に、専用のバックパネルを付属させています。

>ATXで正式な規格
ATX規格で決まっていた筈です。

ただし、規格外もケースは在りますので、事前にご確認下さい。

Q輸入住宅(2×4工法)の長所と短所を教えて

現在、輸入住宅(2×4工法)で新築を検討中です。
しかしながら、私はこの件につき全くの無知であります。
そこでこの「長所」「短所」および「注意点」を教えてください。
また、「短所」を補う為の、適切な施工と設備等も合わせて教えてください。

実際に住んでいらっしゃる方、専門家の方などからの、生の声(回答)を
頂ける事を望んでいます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

輸入住宅(2×4工法)をご検討ですか、素敵ですね。
ちなみに2×4工法の国内最大手の三○ホームやフランチャイズのアーデ○ホームは、決して輸入住宅ではありませんので、みなさんご注意を。
「輸入住宅」とは、輸入住宅産業協議会では一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。

私も輸入住宅建築の経験者です。長所や短所はたくさんありすぎて、ここでは書ききれないほどなのですが、少しだけお答えします。

まずデザイン。国産住宅はご存知のようにほとんど似たよーな家が多いでしょ。住宅メーカーもあまり変わった家作りたがらないのですよ、クレームを恐れて。主観ですが、あんな没個性の家によく大金を払えるなーと思います。
女性の城、キッチンではキッチンキャビネット等の特有のデザインがたまらない。扉がムク材で使うほどに味がでる。国産だと確かに機能的(拭き取りやすいように鏡面など)ですが、なんとなく金属って感じしませんか。アメリカなどでは日本と違い油物などは揚げることがなく、ほとんどオーブン使用なので、日本でムク材扉を大事に使うのなら軽く拭いてあげれば大丈夫です。

床材。一般的に輸入住宅は床材にオーク材などのムク材(ほとんどが19mm厚)を使用します。これはめちゃくちゃいい。夏はひんやりと程よく冷たいし、冬はやんわり暖かい。こちらは雪国ですが床暖不要です。
一方国産はいまだに合板フローリングがほとんど。これはなぜか。国内で市販されているムク材(ほとんどが15mm厚)は高かったからです。
短所もあります。生の木なので隙間が多少でます。働き巾が狭いもの(57mmくらい)を使えば反りはそんなにありません。

住み心地。国もようやくシックハウスの発生源をどうのこうのと新聞で言っていますが、真っ当な施工業者が建てる輸入住宅でしたら最初からこんな問題ありません。だってほとんどがムク材なのだから。ただし水には弱いので気をつけないと色が少しあせますね。
輸入住宅は一般的に高気密・高断熱ですがメリットは各社すべて謳っていますのでお分かりでしょうが、デメリットは大きく二つ。一つは機密が高いためにドアの開け閉めや上階の足音などすごくうるさく感じます。もう一つは乾燥すること。冬場は湿度30%台のときもあります。

まだまだたくさんありますので、ご質問があれば承ります。

参考URL:http://www.enquete-japan.ne.jp/ejver3/Enq/AEnq.asp?U=12479&E=1

輸入住宅(2×4工法)をご検討ですか、素敵ですね。
ちなみに2×4工法の国内最大手の三○ホームやフランチャイズのアーデ○ホームは、決して輸入住宅ではありませんので、みなさんご注意を。
「輸入住宅」とは、輸入住宅産業協議会では一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。

私も輸入住宅建築の経験者です。長所や短所はたくさんありすぎて、ここでは書ききれないほどなのですが、少しだけお答えします。

まずデザイン...続きを読む

Qエレキギターのバックパネル

エレキギターだとアームのバネ調節のバックパネルとか配線を隠す?保護する?のバックパネルがありますけどあれは絶対に必要でしょうか?

特に配線の方が気になるのですが・・・


というのも現在持っているギターの配線用のバックパネルがなくなってしまっていて見つからないので他のパネルで代用しようかと検討しているのですが形が少し合わず完全には被せないので空気が入る空間が出来てしまいます。

腐食してしまうからダメとかありますか?

アームのバックパネルは調整するのにいちいちとったりつけたりするのが面倒だからとったままにする人がいるのは知っているのですが。

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

私もストラトのトレモロアームのバックパネルは付けてません。ジミヘンの真似してスプリングをカリカリするのに邪魔だからです。それでも、アース線が何かに引っかかるようなことは無いので気にしていません。
しかし、サーキットのパネルは何かの拍子に配線が引っかかって断線しないように、被せた方がいいと思います。それに、ショートやノイズ発生の可能性もあると思います。
代用品があればそれでいいし、無ければアルミ板、プラ板、木の板等で自作すればいいと思います。
アルミ板を使えばザグリにドータイトを塗ってサーキットのシールド加工をするという事も出来ます。

Q2×4工法の建築条件付住宅と良い建築業者の見分け方って?

土地を購入する際、必ず指定の建築業者と建築請負契約をしなくてはいけない条件の住宅購入の検討をしている者です。

4LDK(78.23m2)1階は 洋室6畳 洗面室、浴室、トイレ
        2階は 居間16畳 台所 トイレ
        3階は 洋室5.25と5.25と4.5畳
        駐車場は2台可
 土地2000万、建物1290万 合計3290万です。
 縦長の鉛筆のような建物のようになりそうで、まだ実際に家ができていないので
 とても不安です.立地はとても気に入っているのですが、建物ガ賓祖な物になら ないか悩んでいます。
 この福岡の建○大ハウスには少し不信感があるので・・・
 
 と、いうのも駐車場には、コンクリートは敷き詰めないので、ということはご自 分で?か、そういうこまごましたものを後で請求するのかな?など
 2×4もよく解からなくて不安なんです.どなたか教えてください!

Aベストアンサー

良い建築業者とゆうのは施主さんの意向を良く聞いてくれ、それを基にお互いに意見を出し合いながら施工しなくてはいけないと思います。が、それを見分けるのは非常に難しい事です。今検討している業者さんの又は大工さんの実際に建てている現場、建てた後の現場、その建てた家の家主さんの感想などを見聞して判断した方がいいと思います。また、契約の際には契約書を良く読み、分からない点はどんどん聞いて、業者の言いなりになってはいけません。不安な場合は弁護士さんなどと一緒に行って確認しながら契約するべきです。2×4とゆうのは2インチ×4インチの材を使って建てる物で耐壁工法?(日本は柱で組み立てる軸組み工法?)と呼ばれていると思います。床、天井、壁を線ではなく面で形成させるもので地震など
外力に強いと聞いています。間取りなども比較的自由に設計できるので非常に人気があるのだと思います。とにかく、家は建てる人の夢が詰まっています。不安をすべて取り除いてから、事に臨んだ方がいいのではないでしょうか。まとまらなくてすいません。

Q他社液晶パネルのバックライト交換について

ブラウン管テレビの調子が悪くなってきて、32V型液晶テレビの購入をそろそろ考え始めている者です。

シャープではバックライト交換費用がサイズごとに細かく決められていると聞きました。
しかし他のメーカーでは自社製の液晶パネルでない場合、バックライト交換費用なるものがいくらになるかわからない、しかもパネルごと交換となるケースもありえると、量販店員から話を聞きました。
そんなことがありえるのでしょうか?
また、自社製でない場合、バックライト交換費用も高くなるのでしょうか?

さらにもう一つ質問です。
日本では自社パネルを使用しているのはシャープ、日立、東芝ぐらいでしょうか?松下もそうだったかな?
他はソニーが三星、ビクターがシャープのOEMというのは聞いたのですが、他社はどこのパネルを使っているのでしょうか。

Aベストアンサー

ソニー、松下…日立
松下、ビクター…シャープ
ソニー…サムソン(普及型のみ)
★インチにより異なります。
(私の知っている限り)

●サムソン製は「1280x768」ドットパネルです。
●日本製は「1366x 768」ドットパネル
     「1920x1080」ドットパネル
ですので、一度確認してみてください。

サムソン液晶は、この秋の新製品から
ソニーが全面採用します。

バックライトは、どのメーカーでも、交換できます。
パネル交換は、ある意味、嘘です。
(シャープが交換費用が安めです。)

ソニーは、バックライト自体を
「蛍光管」を「LED」にした製品を作っています。

以上

Q2×4工法で建てたいのですが・・・

現在、一戸建てを建てようとがんばっているところです。工法については2×4にしようと思っていますが、どこのハウスメーカーに依頼しようか迷っています。
2×4で建てた方、詳しい方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私は現在、自宅を在来工法で建築中です。実は以前に、2×4系のメーカーとの契約を破棄して現在のメーカーと契約しました。

しかし、在来工法のほうが優れているから再契約した訳ではなく、「納得できる家(メーカー)だから」というのが一番の理由でした。

私が思うにどの工法でも、最近の住宅は同じように見えます。鉄骨系、在来系、2×4系など内装・外壁では判断でいないほど似通っています。

「地震や火事など災害を考えると○○工法になりました」などの意見は営業トークそのままと言う感じさえします。

時間があまりない方は難しいと思いますが、10年前、5年前、新築の家を見せてもらい、工法に関係なく気に入ったメーカーを決めるが良いと私は思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報