あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

 掲題の通りです。

- 当方の考え(間違ってるかもしれません)
 「久しく会っていない。」などのように、否定形が後に続く。

- 他者の用法
1. 「久しく会った二人は価値観の違いを感じた」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1797941.html
「久しくローライズのスリム買った」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2084050.html
どうやら、...して「いない」状態が続いて、「久しぶりに」...したという意味の用法のようです。

2. 「久しく忘れていた」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3458556.html
さらに、''「久しく」---> なかなか出ない、いい訳語ですね。''とほめられています。
これは、(忘れて「いない」状態ではなく)忘れていた状態が長期にわたって続いていて、それが解消されたという意味のようなので、1.とは用法が異なります。

--------------------質問
Q1: 私の考えや、上記他者1,2の用法は正しいのでしょうか。
Q2: Q1に限らず(正誤に拘らず、その後多くの方が使い市民権を得ていく用法があるため)、「久しく-肯定形」は、どう利用/解釈するのが主流でしょうか(正誤に拘らないので、経験談や非専門家の意見レベルで十分です)。ひょっとしたら、動作を表す動詞と、「忘れていた」などの状態を表す動詞では、用法が違うのかもしれません。

A 回答 (3件)

 「久しく」は、古語の形容詞「久し」の連用形、または、現代語の形容詞「久しい」の連用形ですから、打ち消しの言葉(否定語)が後に付かなければならないことはありません。


 「他者の用法」1は全くの誤用でしょう。「久しい」は、経過時間が長い状態を表す形容詞ですから、下に来る語が「会った」では、過去のある時点を表しているだけで、経過時間を表していませんから、「ている」を付けて、「久しく会っている間に、二人はお互いの価値観の違いを感じた。」とするのならよいでしょう。
 「他者の用法」2は「ていた」が付いているからOKでしょう。「久しく忘れた」としたらおかしいですね。
 国語辞典にも載っていますが、ちょっと古めかしい言葉であることは事実ですので、今後は消えていく言葉かもしれません。あるいは、そのうちに誤用がまかり通るようになるのかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ありがとうございます。わかりやすくまとまっていて、こちらで整理しなくても済んで大変ありがたい。まさに過不足なく解決といった感じの御回答かと思います。
 一応、もう少し質問を継続しますので、異論のある方はよろしくお願いします。

お礼日時:2009/12/09 22:44

「幾久しくお幸せに」なんてのは、また別でしょうね。



「久しい」は「(その状態になってから)経過した時間が長い」という意味ですから、必ずしも否定語がつく
必要はないと思いますが、「他者の用法1」に挙げられているような用例は初めて見ました。
正直、かなり違和感があります。

「久しく会っていない」は「長い間会っていない」で、「久しく忘れていた」は「長い間忘れていた」ですが
「久しく会った」では「長い間会った」ということになってしまい、意味不明です。
「久しぶりに会った」が「久しく会った」にできないのは、「一年ぶりに会った」が「一年会った」にできないのと
同じだと思います。

「久しく忘れていた」「久しく離れていた」などはごく普通に使われると思います。
「久しい」という言葉は、「その状態になって随分と長い時間が経ってしまったことに改めて気付いた」
というニュアンスで使われることが多いと思うので、その内容は、普段はその状態であることがほとんど
意識されないような事柄である例が多いように思います。
否定語との組み合わせが多いのはそのせいではないでしょうか。
しかし、「久しく待ち望んでいた」などのように、あまり否定的でない言い方でも使われると思います。
クリスマスソング(讃美歌)にもありますよね。

 ♪ 久しく 待ちにし 主は来ませり ♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。かなり参考になりました。何となく、当初の私の考えを若干修正した方が良いような気がしてきましたが、もう少し多くの意見を伺ってからより深く検討してみたいと思います。

お礼日時:2009/12/08 16:44

 私の考えを述べますと、「久しく」は否定が後に来ても来なくても話し言葉では使いません。


 「久しく忘れていた」 > 「長い間忘れていた」
 「久しく会っていない」 > 「長い間会っていない」
 「久しくあった二人は価値観の違いを感じた」 > 「ひさしぶりに会った、、、」または「長い間会っていなかった、、、」
 「久しくローライズのスリム買った」 > 「久しぶりにローライズ、、、」「長い間ローライズ買ったこと無かったが、、、」
となります。

 「彼に会わなくなって久しい」という書き言葉や
 「お久しゅうございます」のような凍結した挨拶言葉にはまだ残っていますが、「久しく」は私の口語からは消え「文語」になった語彙です。なお、これは「非専門家の意見」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速ありがとうございます。こちらで整理させていただくと、以下のようになるでしょうか。1.については当方が考えていなかった視点で、興味深く拝見させていただきました。
1. 最早口語ではない。
2. 上記全ての用法は、正誤はともかくとして、ご回答のような意味である(ちなみに、私が予測した意味と一緒です)。

 更に一歩進んで、より一般的に用法を定式化してみよう、そうすることによって、一見よく分からない場面で使用された場合の理解の一助にしようというのが、この質問の趣旨でございます。

お礼日時:2009/12/08 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q映画を観る? 見る

映画館へ映画をみにいくと
時に
見る 観る どっちが正しいですか?
それともどちらも正解ですか

Aベストアンサー

どちらも正しい。国語辞典風にいうと基本は「見る」でOK、観るとも書くとなっていると思います。
つまり見るという単語は汎用性のあるものと解釈すれば分かりやすいかと思います。
こういったことは国語辞典を見れば簡単に書いてありますのでこれからはまず辞書を紐解いてから聞いた方がいいかもしれませんね。
では。

Q聞く・聴く・訊くのそれぞれの意味

ふと疑問に思ったのですが、

『聞く』や『聴く』や『訊く』のそれぞれの意味の違いは

何でしょうか?

正直言って同じようにも思ってしまいます。

どうゆう場面の時に使い分けされるのでしょうか?

私なりに言うと、

『聞く』は意識して聞く

『聴く』は自然に聞こえる

『訊く』は誰かに質問する

だと思います。

もしも違うものがあったら例を挙げて詳しく説明して下さると助かります。

お願い致します。

Aベストアンサー

辞書的な意味だと以下のようですね。


聞く

耳で音や声を感じとる。たずねる。従う。
見聞、伝聞
「鳥の鳴き声を聞く」「話し声を聞く」「うわさを聞く」「聞き間違い」「聞き覚えのある声」「聞き流す」「聞き捨てならない」「道を聞く」「親の言うことを聞く」


訊く

相手に質問する。
訊問(じんもん)
*表外字《→聞く》


聴く

耳を傾け、注意して聞き取る。
聴取、聴講、静聴、傍聴
「ラジオ講座を聴く」「講義を聴く」「名曲を聴く」「広く国民の声を聴く」
※「聞く」と書くことが多い。

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q意外に?以外に??どちらが正しい??

「思っていたよりイガイに大きいね」のイガイは、「意外」ですか?それとも「以外」ですか??
自分は「意外」だと思っているのですが、「以外」と使っている方があまりにも多いので、もしかしたら自分が間違っているのではないかと思いました。
いったいどちらが正しいのでしょうか??

Aベストアンサー

「意外」を「以外」と書いてしまうことが「意外」に多いとは「意外」です。「意外」「以外」に「意外」という意味を表すものは「思ったより」「思いのほか」「考えていたより」などがあります。「以外」「以外」に「以外」を表現する言葉が「~のほか」「以外」には思い当たらなかったのは「意外」でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング