出産前後の痔にはご注意!

トヨタ車の現行モデルに乗っているのですが、もし次期モデルが出て現行モデルが生産中止になったら、部品やパーツはもう買えなくなるのでしょうか?
もし事故ってバンパー交換とか、ボンネット交換とか、もしくはミラー交換とかになった場合にそれらパーツが生産中止になったらどうやって交換すればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 クルマの研究で食ってる者で、要するに『クルマを作る側』です。



※生産終了となった自動車部品は、法規により明確な部品保管期間(=生産終了から10年間)が決まっています。(よくネットや雑誌で7年間保管とされていることがありますが、これは家電の部品保管期間です。)

※ただこの保管期間は、『クルマの走行に必要な部品』というくくりになります。
 具体的には、重要保安部品(操舵系、ブレーキなど)、定期交換部品などで、自動車の走行機能に直接影響ないもの(ウェザーストリップ、ガラスなど)、意匠に関するもの(内装、シート、ボディ外板、灯火類など)は含まれません。また懸架装置のダンパやばねは、危険でない事が確認されれば認証車型1種類につき1組を保存すればよいので(つまりグレード毎に保存する必要は無いということ)、通常はエコノミーグレードもスポーツグレードも、最も車重が重いグレードのばね/ダンパに統一されます。

 よって・・・

>もし事故ってバンパー交換とか、ボンネット交換とか、もしくはミラー交換とかになった場合に・・・

 上げられている部品は全て意匠部品なので、生産終了後の供給期間は法規に左右されません。残念ながら、専らメーカの都合で決まってしまいます。
 部品の生産は車両生産終了と共に打ち切られるので(部品だけダラダラ作ることは、少数の例外を除き通常は有り得ません)、各自動車メーカが持つパーツセンタの在庫分が販売されたら終わりです。(この話の為に、『部品保存の期間は決まっていない』とか『せいぜい3年』などという事がユーザ間で正解の様に語られてしまっています。)
 また自動車メーカは、定期的に生産終了車の在庫部品を廃棄するので、最長でも10年を超えて残る部品は、基本的にはありません。(基本的には、というのは・・・例えばメーカが部品を捨てても有力ディーラが自前で持つパーツ倉庫には部品が残っていて、たまたま太古車の部品が出る、などの例外はあるということです。)

>パーツが生産中止になったらどうやって交換すればいいのでしょうか?

 外板に関しては、板金で修正・製作すればよいだけです。パネル全体の交換よりは高価ですが、何倍もの金額になるワケではありません。修理の範囲や内容によっては、外板交換とあまり変わらない金額で上がる事もあります。

 バンパは厳しいですね。ウレタンやPC、メトンなどで出来てる現在のプラスチック製バンパは、高価な成型機でなければ成型出来ません。
 代替としてFRP(繊維強化樹脂)で成型するという方法があり(これは完全手作業でも成型出来ます)、実際にレストアなどではFRPバンパを代用品として使うことがありますが、オリジナルのバンパほどの衝突復元性は持たせられないので、バンパとしての性能はダウンします。

 ミラー類は、オリジナルに拘らなければ流用はいくらでも効きます。ミラーが失われた程度では、車両が『再生不能』とは見なせません。

 あとも一つヤッカイなのが、灯火類ですね。灯火類も意匠部品の範疇なので10年は保管されませんが、現在の乗用車は灯火類が車型毎に専用設計されたモノなので流用も効きません。
 バンパの様に別の材質を使い手作りで製作する方法もあるにはありますが、レンズのカットや反射板のカットを完全に再現するのは難しく、灯火としての性能が著しく変わってしまう事は避けられません。

 っというワケで生産終了となったクルマは、少なくともライト類を潰したら、いつ部品入手困難で修理不能になるか判らない、というスリリングな状況にある、とは言えそうです。

 尚・・・欧州車は部品供給が比較的長い傾向にあり、特に英国車に至っては50年以上部品が流通している車型さえあります。(MGというメーカのスポーツカー・MGBは生産終了後30年近くが経過しますが、外板どころかモノコックシャシそのものさえ新品が入手可能です。そういえばローバー・ミニも来年は生産終了後10年ですが、最近モノコックシャシの製造が始まりました。MGもミニも、部品の寄せ集めだけで新車が組み立てられます。)

 元々丈夫であまり錆びない日本車が斯様な部品供給体制になったら、1台の寿命が延びて廃棄されるクルマが極端に減るでしょう。
 ハイブリッドとかプラグインなどと騒ぐ前に、『クルマを捨てない』事こそが自動車に於ける最大のエコ活動だと思うんですけどねぇ・・・などと言いつつ新車が売れなくなるのは、我々『作る側』の収入には大打撃ですが。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

非常に詳しいご説明をいただきましてありがとうございます。
今乗っている車がもう6年くらい立つのですが、まだ生産されていますけどいつモデル廃止になるかわかりません。
しかしこの車、けっこう長く乗れそうなので心配になりました。
たしかに乗り換えしたほうが日本経済にはいいのでしょうが…。

お礼日時:2009/12/26 14:53

元部品メーカー社員です。



自動車メーカーではこれまでにあったご回答のように
パーツを廃棄するかもしれませんが部品メーカーで作るために
必要な金型を廃棄することはありませんでした。

昭和40年代の車の部品を作ることもありました。

そのモデルがこの世の中から「完全に」なくなったら
廃棄するとのことでした。

モデルや残存台数にも寄るのでしょうがモデルチェンジ後
20年は余裕で入手できると思いますよ。
ただし、法規制変更時にその部品が作れなくなると別です。

ディーラーに確認されるのが一番確実です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。あまり心配ないようなのですね。
大事に乗りたいですし、もし壊れたらと思うと心配になりました。
しかし乗り換えするということも考えないと車が売れないというのは困りますからね。

お礼日時:2009/12/26 14:55

最低の保管基準はあるようですが、それ以降の保管状態はメーカーによって違うのかもしれません。



私の所有するうちの1台は軽スポーツで、平成3年に新発売と同時に購入し生産を中止して10年は遥かに超えていますが、オプション部品はとっくに有りませんが、純正品は小さなプラスチックカバーなどの部品でも翌日納品される状態です。

その不安から、部品取り用にとガタガタの車でも、もう一台同じ物を買って保管している人も居ます。

最近は中古パーツもネットで探せばある物もありますし、どれだけ長く乗るのか・・です。

安いからとモデル末期の車を買う人がいますが、その意味では新車発売間もなくの車を買う方が安心して長く乗れると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。中古市場にもあるのですか。
たしかに車は生産数が多いですから、この世からまったく無くなるというのは考えられませんからね。

お礼日時:2009/12/26 14:57

およそ10年くらいは、部品共販から取り寄せできます。


それ以後は、中古のパーツ業界から部品を取り寄せて、塗装なり板金して対応できます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/26 14:58

自動車部品は明確な部品保管期間が決まっていません。


大体ですが、生産終了から10年くらいまでが保管期間となっているようです。
なお、余程でない限り再生産はしませんので、その前に在庫切れになることも当然ながらあります。
人気車種なら保管期間が過ぎても在庫切れまで保管していることもありますが、大抵は保管期間が終わった段階で全て破棄されます(倉庫代も馬鹿になりませんからね)。

旧車乗りになると、色々な手段を講じて部品取り車をストックしていますし、人気車種ならばショップも商売になりますので、可能な限り部品を特注していることもあります。
ただし、一ショップの技術・資金で製作できるパーツには限界があり、基本的にエンジンの主要部品やボディ・フレームなどの大物に予備はないと考えて下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。半損するくらいの事故を起こしたら、乗り換えようと思います。

お礼日時:2009/12/26 14:58

最低限7年確保でその後はメーカーの状況によるときいたことがあります。

    • good
    • 2

一定期間は部品を供給できるようになっています。



ただし、供給出来ると言うだけで、在庫していると言う事ではなく、最悪は次の生産まで数ヶ月待ちと言う事もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/26 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qトヨタ部品共販で部品って買えますか???

現在トヨタ車のオーナーです。
このたび、自分の車で痛んできた部品があるので
購入したいのですが、ディーラー以外に部品共販っていうところがあるのを知りました。
個人で部品共販に行って車の部品を購入することはできますか。
ディーラーでも頼むことができるのですが、
あんまりディーラーに行きたくはないのです(雰囲気がちょっと…)。
また、ある程度部品番号などはわかるのですが、部品共販で、この部品はこの番号で…って教えてくれるのでしょうか。それとも、この部品って指定買いでしょうか。
どなたか、利用したことがある方ご教授ください。

Aベストアンサー

部品やDIYできる用品(CDチェンジャー等)は、いつもトヨタ共販で購入しています。販売店の手を煩わせたくないからです。

僕は自分で品番を検索してから共販に電話して在庫の確認をするのですが、車の型式、カラーNo等が分かれば、共販でも品番の検索をしてくれます。
購入価格は定価になります。

下レスに「現金のみ」と書いてありましたが、僕はカードで購入したこともあります。
共販によって、扱いが違うのかもしれません。

また、品番が分かれば、以下のサイト(くるまやさん)で最大30%引きにて購入することができますので、お知らせしておきます。
僕は価格が高い物は、こちらを利用しております。

参考URL:http://www.kurumayasan.com/index.php

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む

Q車の部品はいつまで手に入りますか?

現在国産車に乗っていますが、そろそろモデルチェンジします。
ところで、今のモデルが故障・事故を起こした場合に、モデルチェンジ後は純正の部品やパーツ、ホイールは買えないのでしょうか?それともディーラーで修理してもらえば大丈夫なのでしょうか?
(たとえばモデルチェンジ後3年目でフロントをぶつけてヘッドライトやグリルが壊れたとして、その時に部品やパーツは手に入るのか(修理可能なのか)という疑問です)。
家電製品などは製造終了後に部品を7年保有していないといけないような法律がありますが、車の場合はどうなのでしょう?

Aベストアンサー

クルマの場合、メーカーが製造を中止してから、12年程度は保証されていると聞いたことあります(15年かも)
また、車種が違っても、共通の部品を違う車種が使っている場合もあります(トヨタのコンパクトカーシリーズ等)ので、そっちから部品を探すこともできます
また、大物の部品はメーカーからでなく、解体部品屋から中古品として探し、綺麗にしてから取り付ける事もできます(

平成5年のクルマに乗っていますが、今のところ手に入らない部品は無いですね

Qアメリカではどうして古い車が平気で走っているの?

かな~り古い車が大きな顔をしています。大事にのっているのかな?と思いきや、結構『廃車』ぽい雰囲気で。燃費も悪いだろうし、修理や、部品の交換だってお金かかるのに、なんで買い換えないのでしょうか。新車のほうがトクだと思うんですけど。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うものの、とても、新車はおろか、適当な年式の中古車すら買えない低所得者層があまりにも多いという。
 ちょっとオーバーに言えば、錆び錆びのプリムスやフォードくらいになるとさすがに価格はあって無いようなもの、だから、彼らはとりあえず動けばこの程度のクルマで我慢するしかない。とにかくガソリンは高騰したとはいえまだ安いし、これだけは仕方がない。
 ちょっと張り切ってローンで買うと、一度でも支払いを滞納すると、アッと言う間にクルマを持って行かれてしまうから、これも恐い。

 動かなくなったらそれまでのことだけれど、これほどまで使い込まれたアメ車なら、訳の分からない故障はむしろ少なくなって、交換部品とオイルさえ手に入れば、構造も簡単で、仲間内でなんとか修理できるから安上がりで、だから、部品も比較的潤沢で交換フリマにもユニットごと沢山出てきやすいアメ車はこの階層には特に人気があるという。一部の州を除いて車検はないに等しいし、ボディーが錆びて駄目になるほどの湿度もないし、とまあ、こんなことを聞きました。

 彼らにとっては、シビックなど小型の中古日本車は故障は少なく燃費もいいいが、週末にスーパーで買い溜める食料や雑貨が入りきらない車格の割には中古価格も部品も高い。それに、昼食のためだけに100kmも走るような土地柄では、なにしろ精密過ぎて、一旦トラブルが発生すると時と場合によっては生命にかかわりそうで心配が耐えない...と不思議なことも言っていました。夢のクルマと言えば、そうだねえ、カムリなんかが欲しいねと言ってはいましたが。

 これと逆にうらやましいのがレストアード・ヴィンテージ。60年代のピンクのフリートウッドなんかは今見るとなんともドリーミーでいいですねえ。すごいのはハドソン・ワスプやエドセルがまだピカピカで生きていること。アメリカは大きいです。

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うも...続きを読む

Qメーカーの絶版車の部品提供期間に決まりはありますか?

よく絶版車など販売中止になってから10年間は部品を提供しなければならないから販売中止から10年はそのバイクの故障時メンテナンスは安心だなと聞きますが、何かしら公的な縛りがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの研究で食ってる者です。量産車開発経験は4~5年しか無いんですが・・・

>何かしら公的な縛りがあるのでしょうか?

 『製造者責任』の一部として、法的規則があります。家電は製造終了後8年ですが、自動車は10年です。
 但し、そのシバリは『重要保安部品』と『機能を維持する為に必ず必要な部品』に限られています。
 故に、外装パーツ、(クルマの)内装パーツなどの『外観部品類』は、製造終了と同時に部品の製造もストップし、在庫分がハケると途端に入手難になります。

 さて重保並びに機能維持部品ですが、これらもメーカがダラダラ在庫しているワケではありません。メーカは10年を超えた車型の部品を、ある時期に一斉に廃棄します。と言っても捨てるタイミングは10年キッチリではなく、定期的に10年以上経過している車型分の部品をまとめて、という感じです。(ちょうど定期的な『大掃除』って感じですかね?勿論、メーカのパーツセンタが部品を捨てても、自前でパーツ管理をしている有力ディーラなどの在庫部品は残るワケで、何十年も前の部品が出てくることは、非常に稀ですが全く無いワケでもありません。)

 実はこの『部品廃棄』が、日本の太古車の維持を著しく困難にしているのですが・・・古い部品の廃棄は、大量の部品を在庫しているだけでバカにならないコストがかかるという事情があり、なかなかやめるワケにもいきません。

 尚、余談ですが・・・古いクルマの部品が普通に買えることで有名なのは英車で、これは英国自動車メーカが生産終了車型の在庫部品やその金型、治具などを民間に売却するからで、ソレを買ったオーナーズクラブやチューニングパーツメーカが部品を継続して製造・販売しています(アルヴィス、ライレーなど戦前のクルマの部品さえ購入可能です)。日本もこういうシステムになっていたら古い部品が流通するでしょうが、そうやって作られた『腐食などにより損傷しているかもしれない長期在庫部品』『製造方法が違う粗悪部品』(自動車メーカの品質と比べて、という意味で)が蔓延するのをメーカサイドとしては阻止したいという意向があり、なかなか英国の様な部品供給体制には出来ません。

 クルマの研究で食ってる者です。量産車開発経験は4~5年しか無いんですが・・・

>何かしら公的な縛りがあるのでしょうか?

 『製造者責任』の一部として、法的規則があります。家電は製造終了後8年ですが、自動車は10年です。
 但し、そのシバリは『重要保安部品』と『機能を維持する為に必ず必要な部品』に限られています。
 故に、外装パーツ、(クルマの)内装パーツなどの『外観部品類』は、製造終了と同時に部品の製造もストップし、在庫分がハケると途端に入手難になります。

 さて重...続きを読む

Q車は何万キロまで乗れますか?

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方...続きを読む

Aベストアンサー

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。...続きを読む

Qなくなるのがわかっているモデルの車を買うのって?

私はパジェロミニに9年乗ってまして、車検も近づいてきたので買い替えを考えています。
候補のNo.1はパジェロイオなのですが、三菱の営業さんに聞いてみると、「パジェロイオとアウトレックが一つになって、アウトランダーという車種が秋頃発売になります」とのこと。
ネットでアウトランダーを検索して見てみたのですが、デザインはエアトレック寄りで、サイズも私には大きすぎ。
欲しいなぁと思うのはやっぱりパジェロイオなのです。
なくなるのがわかってるモデルの車を買うのって、どうなんでしょう?ちなみに、もし買ったとしたら10年くらいは乗ろうと思っています。
車に全然詳しくないので、メリット・デメリットを教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーのモデルというのは、ある程度範囲のあるユーザー層を想定して、その最大公約数として生まれます。
昔のモデルがいつまも最大公約数でありつづけるわけではないので、しばらく経ったモデルは現状に合わせて作り直そう、というのがモデルチェンジです。
当然、昔のモデルの方が好みに合う人は出てくるでしょう。ここで売り上げが伸びることで、今後の開発にも「パジェロイオみたいな車も必要なのかも」という影響を与えるかもしれません。
決めかねているのならともかく、欲しいと心に決めた車なら最終型でもいいと思います。完成度が高いのも大きいですが、「好きな車」ということは最大のメリットかと思います。

デメリットとしては、買ってからの年数に比べて中古価格の下落は早いと思われます。しかし、これは10年乗るつもりなのでしたら関係ないと思っていいでしょう。
他の方もおっしゃっていますが、部品の供給は気にしなくていいと思います。自分も現在、生産終了から約10年経った車(ただしホンダ車)に乗っていますが、今でも他車と互換性のない外装等の部品を含めて普通に入手できるようです。

メーカーのモデルというのは、ある程度範囲のあるユーザー層を想定して、その最大公約数として生まれます。
昔のモデルがいつまも最大公約数でありつづけるわけではないので、しばらく経ったモデルは現状に合わせて作り直そう、というのがモデルチェンジです。
当然、昔のモデルの方が好みに合う人は出てくるでしょう。ここで売り上げが伸びることで、今後の開発にも「パジェロイオみたいな車も必要なのかも」という影響を与えるかもしれません。
決めかねているのならともかく、欲しいと心に決めた車なら最終...続きを読む

Q製造中止後の部品供給期間

製造中止したので部品供給できません、修理不能です。と。
法的な縛りは無いと思うのですが、慣例として、どの程度の期間が部品供給に当てられるのでしょうか。

Aベストアンサー

一応8年が目安だと言われました。
当方も5年前に購入した「電子レンジ」のタイマー部分の破損。
それが無いと「チン」出来ないので 部品無かったら「オーブンレンジ」でも購入かな~!と思いながらメーカーに問い合わせしたところ、部品の保存期間8年なので部品あります。との回答。
早々に手配しました。
ご参考までに!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング