ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

人類が誕生して500万年。でも私たちが知っている歴史としたら2000年かそこらです。
でも、だとしたらそれよりもっと前に今の時代よりも遥かに進んでいた古代文明があってもおかしくないのではないでしょうか。
そんな遺跡など発見されてないかもしれませんが、どうなんでしょうか?

私個人の考えとしては、今この時代がもし何らかの形で消滅してしまった場合(核戦争など)はこの時代は今でいう失われた文明となると思います。つまり、また縄文時代から繰り返しになると思います。
なので、もし本当に2000年以上前にとてつもない文明があったとしても今の時代にそれが詳しく分かっていないのはその文明もなんらかの理由で跡形もなく消えてしまったからではないかと。

詳しい方がいたら、お暇なときでよろしいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 大気圏内核実験が盛んにおこなわれていた時代の話ですが、当時は核爆発を使えば何でも出来るという核信仰が強かった時期で、核爆発を使って運河を作ろうとか、核爆発を使って穴を掘り、地下都市を作ろうとか、核爆発で宇宙船を推進して光速度に近い宇宙飛行を実現しようとか、今では危険過ぎて実験さえ許されないものが堂々と核実験という形で実現されていました。



 もし、核実験禁止条約が締結されずに、核爆発を使った開発計画が放置されていたら、今の時代はどうなっていたでしょうか。酷い放射能汚染で身体を蝕まれた人が多かったでしょうが、有人宇宙飛行は木星や土星、もしかしたら、海王星ぐらいまで実現していたかもしれません。近くの恒星に無人探査機を飛ばす計画も実施されていた可能性もあります。

 核実験禁止という事件が起こっただけで、未来が大きく変わり、宇宙文明にまで発展していた宇宙開発が月旅行までという結果になったわけです。こういう事件は過去にもあっただろうと思います。

 折り紙の歴史を考えると江戸時代に紙飛行機が飛んでいても不思議ではないですし、古代エジプト時代に軽い木材で作られたグライダーがオモチャとして飛んでいたとしても不思議な話ではありません。

 中国で火薬が発明された時代にロケットの原理は実現していたわけです。先端技術として知られている発明が陽の目を見なかった時代は過去に何度も繰り返されているはずです。

 パソコンにしても、米国で発明されなかったら、官僚主義が酷い政府が軍事利用される危険が高い小型コンピュータの発売許可を出す可能性は無かったでしょう。

 どれも時計の針が少し触れていただけで存在しない技術になっていたかもしれない発明ばかりです。同じ事が過去に無かったとは誰も言えません。
    • good
    • 7

不特定多数の方がご覧になるので、わかりやすい言葉で答えます。

フィフティ・フィフティ かと思います。
現段階で、最高峰と思われる頭脳を持った方々が、探求され判明しない、出来ないため、そう答えるしかありません。個人的には、あったと思っています。話は少しそれますが、「炭素年代測定法」は千年、二千年は当たり前のように、誤差が出ます。
    • good
    • 12

こんにちわ



壮大なテーマですね。
私も興味があって、20代の頃からいろいろと調べてきました。
今59歳です。

私が調べた限りでお答えします。

◎今の時代よりも遥かに進んでいた文明は過去にあったのでしょうか

 ありました。
 私たちの現在の科学では太刀打ちできない、超高度な文明がありました。
 太刀打ちできないと云うより、エネルギーから何から何まで全く異なる文明です。

 ゴンドワナランド、レムリア、アトランティス、エジプト、他
 ※ピラミッドなどは結構調べられているようですが、氷山に一角もなりません。
  ゴンドワナからエジプト、そしてマヤは歴史的に繋がっています。
  その全容は隠されたままです。    

◎そんな遺跡など発見されてないかもしれませんが、どうなんでしょうか?

 遺跡やその痕跡が発見されています。
 あるいは、周囲の地形などの状況、歴史的背景、天体の動きなどから
 必然的にかなり信憑性を持つ情報もあります。
 ただ、一般に公表されていないだけです。
 でも、その情報を探せば見つかることも確かです。

◎今この時代がもし何らかの形で消滅してしまった場合(核戦争など)は
 この時代は今でいう失われた文明となると思います。
 つまり、また縄文時代から繰り返しになると思います。

 現在、核戦争に危機にあります。

 古代人は核以上のエネルギーを使っていました。
 超古代文明が滅んだのはそのエネルギーを悪意で使った者がいるからです。
 いつでも悪い奴はいるものです。

 また、滅んだように見えますが、子孫は現存しています。
 そのエネルギーを正しく使うために活動を始めています。
 地球、人類を守るためです。

 もし現代において核戦争が起きても、縄文には戻らないと思います。
 アセンションがあるからです。
 核戦争を起こした者どもは、その状態の地球にとどまり戦い続けます。
 平和な心の方々は、新しい地球で平和に暮らします。

◎その文明もなんらかの理由で跡形もなく消えてしまったからではないかと。

 記録として、地形として跡形がなくなったとしても、物証とは違う形で保存されています。
 たとえばDNAです。

 それとアカシック・レコード(生命の書)です。
 人体のDNAと同じように宇宙に記録されています。
 これは特別な能力(訓練)によって解読できるそうです。

 参考動画
 「生命の書」アカシックレコード
 


今の時点でお勧めできる情報(書物)は
メルキゼデク ドランヴァロの
「フラワー・オブ・ライフ」上下2巻です。

上記の書物によれば、古代の遺跡は発見されていますが、
現在の科学では「正体不明」、謎が多すぎて解析できないようです。
しかしならが、勇気ある方々の努力と研究によって証明されつつあるのも確かです。

また、UFOやETと同様に米国やロシアをはじめとして、国家や宗教が隠遁してるようです。
それは科学にもあてはまります。科学者すら隠さねばならないことがあるようです。
考古学者にとっては自分の学説が根底から引っくり返る恐れがあります。

今でも都合が悪いことは隠し通そうとしています。
ウィキリークスが目の敵にされるのもうなずけます。

古代では特に秘密にしておく必要のあった事実もあります。
とてつもないエネルギーなので、「きちがいに刃物」にならないように、
秘密裏に伝承、継承されて今日まで温存されています。

たとえば、エジプトには、一般に知られている他にもたくさんのピラミッドがあります。
ある地域にはどてつもない数のピラミッドがあって、エジプトの軍隊が常駐して立ち入り禁止にしています。
間違って一歩でも踏み入れば銃殺です。
ただ単に遺跡を守る以上の目的があるそうです。


よろしければこちらも是非ご覧ください。

ドランヴァロ・メルキゼデック~新しい人類の誕生
http://www.youtube.com/watch?v=FT-pMJKAzEU

ドロレス・キャノン~2012年新しい地球へ:マヤからのメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=Lk7F2U6KJF8
    • good
    • 3

この問題に解を与えるとしたら、相当に先進的な知的生命体、つまり宇宙人の存在でしょう。


人類もそうですが、子孫をつくって後生に伝えていかねばなりません。
宇宙人もそれを模索し、人類は実験的に作られたという仮説はいろいろと存在します。

人類の科学と精神が十分に進化したら、次のレベル、つまり彼らの仲間入りを果たすために、
試練が訪れます。それが巷で言われているアセンションというものです。

主流な説ではアセンションで分子構造が変えられ、より高度な惑星に済む適性が与えられます。
つまり、宇宙人によって地球から他の惑星へと移住させられるということです。
その過程で地球上の文明は全てリセットされ、次の実験の準備が開始されます。

アセンションに際しては人類は試されていると言われています。
物質的に成長ではなく、精神的な成長を達成できるかどうかです。
ただし、精神的な成長は物質的な科学の成長が必要不可欠ですので、
宇宙人の方も人類の科学の発展には多大な関心を持っています。

その科学力が破壊の方向に向かうのならば、宇宙人は躊躇なく人類を淘汰にかかります。
人類が危険な存在と取れば、人類が宇宙に出てくる前に芽を摘んでおこうと考えます。
ただ、全てを滅ぼすのではなく、アセンションで救えるものは救うということです。

この観点から行けば、核戦争は人類リセットのゴーサインを与えることになります。
アトランティスもムーも科学力が強大になり、傲慢な戦争がおこってから滅びています。
彼らは誰に滅ぼされたのか、なぜ滅びなければならなかったのか。
人類の状態が、それらと全く同じ状態に置かれているのに気づくべきででしょう。

家の中に巣をつくるアリは人間の考えなど知るよしもありません。
ところが我々はそれを十分に観察し、危険ならば駆除できます。
人類と宇宙人にもそれと同じことがいえるのではないでしょうか。

最期に、宇宙人だのアセンションだのといった話は常識外の話です。
今までの人類の歴史の中でも終末予言は無数にあり、1つも成就していません。
こういった研究に人生の時間を浪費するのも馬鹿らしいという意見もあります。

ただ、信じるものは救われるの格言もあるように、
物質的な側面ばかりでなくスピリチュアル的な側面を磨かれておかれる方が、
人生は豊かになると思われます。
    • good
    • 3

「進んでいる」というのが、人間性についての話なら、


可能性はあります。
(機械文明なら、自然破壊の痕跡が残っているはず)

ただし、遺跡の研究は進んでいるので、我々の及ばない場所、
たとえば、南太平洋に巨石文明を拡散させた、氷河期にだけ
(それも寒くない赤道付近に)出現するスンダ大陸(7~6千年前の
縄文海進(温暖化による海面上昇)で海面下に沈んだムー大陸のモデル)
や、ノアの洪水のモデルだと推定される同じく7千年前の海面上昇で
海水が流れ込んで海没した黒海盆地(今の死海のように0m以下の盆地
でそれまでの氷河期(1万年前に終わった)に温暖だった)など、
「失われた楽園」候補は複数あります。
(黒海は地質調査で水性堆積物は7千年前以降だと明らかになった)
    • good
    • 1

トンデモ本の世界と揶揄されても、この手の話が大好きです。



ギリシャ神話では、今の人類は5番目の種族「鉄の種族」だそうです。
アステカ神話では、同じく5番目の「四の動きの太陽」の時代の人類。
アメリカ先住民ポピ族の伝承では、現在は第4の世界など世界の神話・伝承には今の人類以前に文明があったというものが多いです。

神話の世界といえば、旧約聖書に出てくる「ノアの箱船」に代表される洪水神話。
メソポタミア、イラン、ギリシャ、北欧、エジプト他アフリカ各地、インド、中国、スマトラ、ミャンマー、オーストラリア、ハワイ、アラスカ、北米先住民各種族、マヤ、アステカなどほぼ同じ様なストーリーの神話を持っていて、世界中を見渡すと洪水神話を持ってないのは日本ぐらいです。
この洪水神話によって前文明が滅びたとする共通点もあります。

最近では、神話を科学的に証明しようという動きもあり、洪水神話の場合、私がなるほどと思ったのは次の説です。
地層は大洪水によって一気に出来たもの。
・化石はゆっくりとした堆積では出来ない(ゆっくりだと、腐敗→分解→風化)
・2つの地層を貫いてる植物の化石の発見。
・ゆっくりとした堆積なら地層は隆起等の影響で直線にならない。
・唯一カンブリア紀と前カンブリア紀間だけが直線じゃなく、不整合である(ここが元々の大地)
等々

質問者さんが書いた核戦争が過去にあったと主張している人もいます。

「人類は核戦争で一度滅んだ」
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81 …

リビアや、イスラエルのガラス地帯(高温によってしか生成されない)。
モヘンジョダロやブラジルのセテ・シダデス、トルコのハットゥシャ等のガラス化したり、高熱を受けた後のある遺跡の存在。
インドの叙情詩「マハーバラタ」が核戦争の描写であるなどを根拠に書かれた本です。

No2さんが書いてらっしゃるオーパーツなど、先史文明に関する話は、きっと結論の出るような話でしょうね。
だからこそ、面白いし、そんな人が沢山いるから、本やHPも沢山あるんでしょうね。
う~ん、ロマン。
    • good
    • 0

 回答番号:No.4補足:



 正常性ということで、多くの方が考え、回答される内容となる、“確認や認識しえないことは、存在したり、存在の蓋然性があるという事に消極”という事の先では、質問者の質問である有無の問題は考古学という知性の範囲の外に為ります。

 同じように、“曽ってそういうものがあれば必ず一定の痕跡やその遺存物がないということはとても考えられない”という知見と判断の位置とその先でも質問の事の有無は、無論学問の領域の外になります。

 曽ってのハインリッヒ・シェリーマンでしょうか、そういうことが又あるかどうか、超古代やそれを超えた文化の歴史があるかどうか。
 については、上述の知見と判断とは異なる世界での探求が必要であるかと存じます。
 それが何人目かのハインリッヒ・シェリーマンによって、多少とも実証的にならないうちは、知的知見と判断とは異なる世界での事柄であり続けると存じます。
 そのことを知的知見と判断が否定するのは越権であり、自己を誤って踰越することになります。
 相互にその分際を弁える事は、一人の個人の中の事柄としても必要です。
 しかし、知的知見と判断が自らを万全と考えたり、宇宙や人間のことをその限りとしてしまう事は尚早かと存じます。
 認識そして、認識内容にはそれを超えたものもありえるのではないでしょうか。
 それを認識というかどうかはまた別かも知れませんが。
    • good
    • 0

 (1)正常に判断しているとされる、古今の世の中の人のご回答の殆どは、多分、認識し得ない昔の進んだ時代の事に否定的ではないかと存じます。


 (2)認識できないが故の存在否定は無論、隙のある判断だと存じます。
 (3)そういうものがあれば、当然その痕跡の何かはありうるはずであるが、そういうものがあるという事は考えられない。
 だから存在したことはありえない。という判断に対して、もしそういう文明を知っている存在がいたら、その存在はまともに相手はしない。
 (4)上記(3)のような知っている存在ではない人で、そういう文明のあったことを確信している人は、いろんな傍証を挙げるが、決定的とされない。
 (5)私は(3)と(4)の中間として、強くそういう文明の存在したことを自覚しております。傍証もなく、決定的認識も示す事はできません。
    • good
    • 1

「技術」が進んでいたことはあったでしょうが、文明レベルで「現代よりもはるかに進んでいた」ということは現段階では確認されていません。


核戦争が起こったとしても「すべて蒸発」するわけではないですし、かりにそこまでの強力なものであればANo.1の回答にあるように「地質に痕跡」が残ります。
世界中で開発と調査が行われているにもかかわらずそのような痕跡が見つかっていないのは「超古代文明」というようなものは存在していなかったと考えるほうが現段階では有力です。

ちなみに「オーパーツ」が「超古代文明の痕跡」という話もありますが、オーパーツと言われているものの大半が「こじつけ」か「偽者」「誤認」です。
本物のオーパーツもわずかに存在しますが、それは「その技術が受け継がれず、技術者が絶えてしまった」ことによるものです。
例えば現代では誰もがパソコンを使って高度な計算などができますが、パソコンそのものを一から作れる人はまずいないでしょう。もしパソコンを作っている工場や技術者がすべていなくなってしまったら、パソコンを使っていただけの人は壊れたパソコンを修理できずに放棄せざるをえなくなります。
オーパーツというのはそんなものです。
    • good
    • 1

 そういった感じの話で出るのがオーパーツと呼ばれる物です。

現代の技術でも困難な事も昔に行われていたという事もあります。
 ただ一般的にそのオーパーツと呼ばれる物は認められていないものが多いのです。また偽物?という疑惑も存在してます。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC% …

 伝説や伝記などからそういった技術を持つ物が居たかもと言うかんがえもあります。大昔に存在していくつか残っていた。しかし使い道がわからない現代の歴史の人々は興味を持たなかった。神の力とか神の物として大切に保管されたかもしれません。それらは世の中に出せない状態になり封印されているのかもしれませんね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人類は16万年も何をしていたの?医療、科学、文明

人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていったそうです。
そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうです。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。

で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができるようになったのがここ2~300年ということです。 医療、科学、文化の発展も近代に発展し現代の豊かな暮らしを支えるベースになり、今も発展し続けています。

不思議です。
人類は16万年以上前から今と同じレベルの知能の素養を持っていたにも関わらず16万年以上今より格段に貧しい生活をしてきたという話になります。

16万年以上人類は何をしていたのでしょう?なぜ現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかったのでしょうか?また逆にたった200年ほどでこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展しているのでしょうか?

(なんか超古代文明系のものが存在していても不思議ではないのでは?って気がしてきます。)
 

人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていったそうです。
そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうです。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。

で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができる...続きを読む

Aベストアンサー

> なんか超古代文明系のものが存在していても不思議ではないのでは?って気がしてきます。
元の質問とのつながりが私には読めません。「❶たった200年ほどでこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展している」「❷現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかった」 : 「(3)超古代文明系のものが存在していたら、(どうなのですか)」

かなり長い期間人類は文字を持っていませんでした。文字の使い始めは人類史の中で相当の期間が経ってからです。文字を普段使いに多くの人が使い始め、読めるようになったのは、最近です(国や社会によって時期がずいぶん違います) 今、パソコンやスマホなどで色々なことができますが、これらを製造するにはものすごい量や質の技術や資源が必要ですし、そうしたものをこしらえたり運用したりするシステムを作るのも多くのノウハウの蓄積を利用できるようにする人間の知恵の集まりが必要です。

質問者さん、これまでの回答者さん、私、それ以外の人々が、一人一人ではなにも出来ないし、私のような人間が100人、1000人と集まっても、液晶パネル一つも作れないです。
生物としての素質が16万年前と1000年後とで同じであるかどうかだけが問題ではないのだと思います。

文化や文明をこしらえ、支え、発展させるのは、ヒトの頭脳と身体だけではなくて、それまでにこしらえてきた多くの資産、文明や文化を支えるシステムがとても重要なんだと思います。

200年前、100年前、50年前、20年前までに築いてきた多くの資産、文明や文化を支えるシステムがあるから、ちょうど花が咲き、実がなるように、多くの技術が新しく開発実用化でき、それを生産、供給、運用、維持などができているんだと思います。

できっこないですが、日本中の1億人が子供から老人までが、突然に身ひとつとこれまでの知識経験だけをもって、300年前の1714年にタイムスリップし当時の日本の住民と入れ替わったら、30年後の1744年に、どうなっているかというと、おそらく、半数以上が死亡し、生き残りや新たに生まれた子供達も悲惨な飢饉になっていると想像します。 もちろん、文明レベルは本当の歴史上の1744年当時よりも低下していると想像します。

> なんか超古代文明系のものが存在していても不思議ではないのでは?って気がしてきます。
元の質問とのつながりが私には読めません。「❶たった200年ほどでこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展している」「❷現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかった」 : 「(3)超古代文明系のものが存在していたら、(どうなのですか)」

かなり長い期間人類は文字を持っていませんでした。文字の使い始めは人類史の中で相当の期間が経ってからです。文字を普段使いに...続きを読む

Q宇宙が生まれる前は・・・?

今日学校で理科の先生が言ってたんですが、宇宙は約137億年前に生まれたらしいですね。

じゃあその137億年前より以前は何だったのでしょう?
何か宇宙とは別の空間が存在していたのでしょうか?

宇宙について考えれば考えるほど頭がおかしくなりそうです。わからないことだらけです。

僕の宇宙についての知識は殆ど無いに等しく、専門用語もわかりませんので、わかりやすく説明していただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな考え方でいいと思います。

10秒前には何をしていた? 10分前にはどこにいた? 10日前は?…とずっとずっとさかのっていって、もうこれ以上は戻れない。そういうところが宇宙の始まりです。

ということは、これより前の時間というものはない、ということです。
「前の時間が無い」ということは「前はどうなっていたのか」という問いも考えられないということをしめています。したがって、今のところ「これより前」の話はすべて物語でしかありません。ドラゴンクエストと同じ虚構の世界になります。お話としては面白いのですが、科学として語る価値はありません。

また、今も昔も宇宙はふくらみ続けています。このことは、映画の巻き戻しのように、逆に時間をさかのぼっていけば、どんどん縮んでいくことになります。こうやってさかのぼれば、さきほどの時間の行き止まりと同じところにたどりつきます。このことは観測により、どこか一点に集まることがわかっています。他の(自信ありの)回答者の方がおっしゃっているように、宇宙があちこちに集まることは考えられません。

それでは、始まりはどんなものだったのでしょうか?

簡単にキーワードを並べて書きますので(というか私自信理解できてはいません、また理解している人も少ないでしょう)、興味をもたれたら、いろいろご自信で調べてくださいませ。

今、もっともらしいといわれている説は、東大の佐藤勝彦氏とMITのアラン・グレースという人が別個に発表した「インフレーション理論」による「宇宙の始まり」の説明です。1980年代の発表です。

最初は無です。空間もありません。振動だけがある状態だと佐藤氏は言っています。この振動から「トンネル効果」によって宇宙が現れました。大きさは10の-33乗cm=1cmの1兆分の1の1兆分の1の100億分の1(量子力学でプランクの大きさといわれるもの)です。これがモノの最小です。これと同じように、最小時間である10の-44乗秒後に「相転移」というものがおこります。

相転移とは水が水蒸気に変わるようなことをいいます。水が水蒸気に変わるときにエネルギーが発生するように、物質に相転移がおこるときにはエネルギーの出し入れも発生します。このときのエネルギーが今の全宇宙のエネルギーのもとです。これは、ちょうど高いところにあるボールが地面にあるボールより大きなエネルギーを持っていることと同じです。そして、高いボールが落ち始めると落下のエネルギーに変わっていき、やがて地面のボールと同じように冷たいボールになります。この落ちていくときのエネルギーが他のエネルギーに変わっていきます。これが、光の元気のよさや地球が回っていたり、人間が走ったりしているときのエネルギーの正体なのです。
このとき「重力」も生まれました。ここ(相転移)が三次元の空間と一次元の時間の始まりになります。宇宙の誕生です。ビッグバンはこの後(10の-32乗秒後)です。ビッグバンは真空のエネルギーから熱エネルギーへの落下です。

ここで、もう一度逆に時間をさかのぼってみましょう。
ビグッバン←相転移←宇宙の出現と戻り、その前-やはり無ですね。そこまでです。

こんな考え方でいいと思います。

10秒前には何をしていた? 10分前にはどこにいた? 10日前は?…とずっとずっとさかのっていって、もうこれ以上は戻れない。そういうところが宇宙の始まりです。

ということは、これより前の時間というものはない、ということです。
「前の時間が無い」ということは「前はどうなっていたのか」という問いも考えられないということをしめています。したがって、今のところ「これより前」の話はすべて物語でしかありません。ドラゴンクエストと同じ虚構の世界になります。お...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q北朝鮮からミサイルが飛んできたら

 北朝鮮から核ミサイルが飛んで来て、永田町に落ちたとすると、被害はどのくらい広がりますか? 即死のみならず、疾病による死亡や後遺症も含めて。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイルとする記述もあります。が正直、どの数値が正しいという確証がないため、かなり曖昧な分類となっていることは確かなようです)。

 弾頭を搭載する2段目スカッド・ミサイルの弾体直径は0.9m弱で、弾頭を搭載するスペースが非常に小さく、核運搬兵器としては戦術ミサイルと呼ぶべき種類の物でしか在りません。
 同サイズのミサイルの弾体重量も最高で0.8tを下回り、最大重量を搭載すれば当然ながら最大射程まで飛ばすことはできず、目標距離を計算した搭載重量に低減させられることになります。

 核専用ミサイルとして新規設計するならともかく、化学・生物兵器弾をも搭載可能な柔軟性設計とするのが一般的な考え方であり、弾頭重量を500kgとした場合、そこに搭載される核弾頭は20~50kt程度と見積もることが出来ます。

▼弾頭の威力と被害予想に関する書籍やサイトを調べたのですが、詳しく述べている物を見つけられませんでした。

 現在、北朝鮮は20kt級核爆弾を7~8発製造可能なプルトニウムを抽出していると観られています。
 広島は投下されたLittle Boyは13kt(ウラン235)により20万人の犠牲者をだし、長崎もFatmanが22kt(プルトニウム)によりは7万4千人が数箇月の間に亡くなり、その後の調査で死亡者数が15万人にも達しました。平坦な広島に対して山間部による起伏が被害を減少させたのです。
 しかし、都会の場合、破壊された建造物が市街地を埋め尽くし、瓦礫と化した廃墟街を車輛で移動することは非常に困難であり、そのような地を人が歩くことも容易くはないでしょう。人口1200万(平日であれば都郊外からの近県から、多くの労働者が都心へと集まるため、被害想定人口はかなり高いと見るべきでしょう)の中心で核爆発が発生したシミュレーションをまだ目にしたことがないので解らないというのが本音です。

 ただ爆発後の死亡と放射能汚染による傷病認定が懸念されるかも知れませんが、他国からの攻撃であることを考慮するなら、政府も寛大に攻撃による疾病患者であることを認めるはずです。
 さらに大都市が核汚染に見舞われた場合、救援する側が対核防御服を身につけていなければ活動できないことです。日本ではこの手の状況対応能力が(ちいさな自衛隊部隊以外)ほとんどゼロであると言う事実です。つまり、救援したくても救援する側に被害が出るため救援活動が行なえず、放置された数日の間に助かる多くの命が失われるでしょう。

 個人的にはその数を500万~700万と見積もるのが妥当かと思っています。

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイ...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖くて死にたいです。
ごはんもおいしく感じないし、なかなか眠れないし、ずっと不安に追われています
1、日本は100年以内に戦争をする可能性はどのくらいあるんでしょうか?
2、もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?
3、今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?
4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
教えてください。
私は、今頃戦争をしても何にも利益はないと思っています。
そう思いたいです。
そういう風に自分に言い聞かせていますが安心できません。 

未来が怖いです。もう死んでしまいたいです。助けてください。安心させてください。

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖く...続きを読む

Aベストアンサー

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、とても怖かったことをおぼえています。

質問に答えさせていただきますね
1、100年先のことは誰にもわかりません。1年先のことも、10年先のことだってわかりません。可能性はゼロではありません

2、万が一戦争が起きたとしても、核兵器は使われることはおそらくないでしょう。もちろん、可能性はゼロではありません。

3、今も昔も憲法改正が時代によって表に浮き上がってくることがありますが、これは何も戦争を日本からしかけてやるとか、他国を侵略するために改憲するというわけではありません。今日本を守っているのは自衛隊という組織ですが、これは政府の見解では軍隊ではありません。非常に微妙な立場にあるのです。
憲法では軍隊や武器を持つことを禁じられ、専守防衛という決まりでこの国を戦争が起こっても、こっちからは最初に手は出さない。相手が(例えば核兵器などを撃ってくるなど)しかけてこない限りは、手を出さないということになっているのです。(もちろん、相手が攻撃してくるのにただ見ているというのはあり得ません。ですので、敵のミサイル基地などを先に攻撃して、最低限の自衛行為を相手の攻撃がなくても行えるなどという議論もあります。重要なのは、先に攻撃できるという結論がでていないことです。あくまで、できるだろうという議論をしているだけなのです)つまり、今の憲法はややっこしいのです。憲法改正の目的は、自衛隊の存在を認めさせ、その他日本の防衛に関してよりきちんと、戦争から国を遠ざけ守るために改憲しようとしています。ですので、なにも戦争をするために改憲するわけではありません。

4、戦争はもちろん嫌です。そして、怖い。しないにこしたことがありません。ただ僕は、予備自衛官という予備役というものですので、戦争があれば行かなければならないかもしれません。なので、非常に怖いです^^;

質問者様がおっしゃる通り、今日本が戦争をしても利益はありません。それは、中国や、韓国、北朝鮮などすべての国について言えることです。現代社会、戦争はそう簡単に起こるものではありません。さまざまな要因が絡み合って、初めて起こるものです。
未来が怖い。よくわかります。誰しもが、怖いのです。そして、質問者様の年齢ぐらいなら、その怖さはきっとお母様や僕といった人たちより、何倍も強いものだと思います。
でも、怖がっているだけではだめです。たくさん勉強してください。中学に入って、公民や現代社会や日本史や世界史を勉強することになると思います。そうすれば、知識が増えます。日々のニュースや新聞を読んでください。そうすれば、世界が広がります。そして、世界のことを知ってください。

戦争は、誰もが怖いです、あなただけではありません。だから、安心してください。悩みすぎないでください。何かあれば、自衛隊が必ずこの国とあなたを守ります。だから、心配しないでください。怖がらないでください。あなたが悲しめば、お母さんも悲しみます。
あなたのような人がたくさんいれば、きっと戦争はおきなくなります。その気持ちと考えを大事にしてください。

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、と...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q人間が電子レンジの中に入っるとどうなる? 暖かくて気持ちイイ? すぐ死ぬ? 発狂する?

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電磁波が当たるとどうなるのでしょうか?

「あー、暖かいなー、気持ちいいなー」となるのでしょうか? もしそうならほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。
それとも電磁波を浴びた瞬間に脳の中の水分子がいっせいに振動して頭がぐらぐらするような感覚に襲われるのでしょうか?
それとも次第に幻覚とか見えてきてついには発狂してしまうのでしょうか?
僕は歯を治療したときに銀の詰め物をしたのですが、やっぱりスパークするのでしょうか?

電子レンジを発明した人は電磁波の実験をやっていたときに漏れた電磁波がポケットに当たり、ポケットの中のチョコレートが溶けたことにヒントを得たて電子レンジを作ったそうですが、彼は健康に害はなかったのでしょうか?

ちょっと気になったもんで誰か教えてください。(実験はしなくていいです。責任取れませんので)

外国で我が子を電子レンジに入れて逮捕されたバカ親がいたそうです。
他にもペットの猫の身体を洗ったあと、乾かそうとして電子レンジに入れて殺しちゃったバカもいたそうです。
(これはPL法に関する注意事項が都市伝説化して実話みたいに伝えられた、とも聞きますが。)

そこで質問です。実際に人間が電子レンジに入ってあの電磁波を浴びるとどうなるのでしょうか?
「冷たい食品に電磁波を照射して水分子を振動させて、摩擦熱で温度上昇させる」
というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電...続きを読む

Aベストアンサー

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。というのも、肉体の表面は
わりと温度変化しやすいのに対し、内部の温度はほとんど
変わりません。だから風邪を引いて体温が数度上がった
だけで、人はフラフラになるのです。

 赤外線ではなく電磁波で暖めるのは、肉体内部の水分に
直接影響するので、体内温度が上がります。これは暖かさ
を感じるといったレベルではなく、その部位が即座に悲鳴を
発し、痛みや気持ち悪さを感じることになるでしょう。

 ちなみにレーザーでガンを温めてやっつける治療法では、
可能な限りピンポイントでレーザーを当てる必要があります。
そうしないと周りの部位を損傷するからです。

> 彼は健康に害はなかったのでしょうか?

 ずーっと続けていたら害があったと思いますが、害がある
ほどの照射なら本人に痛みなどが発生していたはずなので、
とりあえずは大丈夫だったんでしょう。

 生肉をレンジに入れたときと同じことになります。
表面=皮膚はすぐに沸騰し始め、内部にも影響します。
言うなれば、水なしに肉を茹でていることになるので、
極めて短時間にさまざまな部位が機能を失い、苦痛と
ともに死を迎えます。

 肉体を茹でるという行為は傷つけることに比べても
はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、
茹で上がった肉は絶対に再生不可能です。

> ほどほどのところで止めておけば新しい暖房器具になるかも知れませんね。

 これは難しいでしょうね。とい...続きを読む

Q不作の原因

農作物が不作になるときは、どのような天候であるのか、かんたんに教えてください。

Aベストアンサー

イネは主に冷害によって不作になりますね。イネはもともと熱帯・亜熱帯地域原産なので、低温による障害を起こしやすい植物です。最近では平成5年の大冷害が記憶に新しいところですね。冷害の原因としては、寒冷、低温、霖雨、長雨、早冷、降霜、天候不順などがあげられてます。詳しいことは参考サイトをご覧ください。東北地方の冷害に関するページですが参考になると思います。

参考URL:http://www.reigai.affrc.go.jp/zusetu/zusetu.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報