完全にしろーとの質問で恐縮なんですが、世の経営者は何であんなに株価に神経質なのでしょうか?すでに発行した株価が上がろうが下がろうが会社に実際に入ってくるお金が増えたり減ったりしないような気がするんですが。
新規に株券を発行して増資をしようとしている企業なら市場株価が高いといっぱいお金が入ってくるんで株価が重要なのはが分かるんですけど。
むしろ市場株価が高いと配当をいっぱい払わないといけないんじゃないでしょうか?
たとえばこのモデルはどうでしょう?
「自己資本比率100%、無借金経営の一部上場企業で、いかなる方法の増資もおこなう意思がない場合、市場株価が5000円の場合と50円の場合で経営に与える影響の違いを述べよ」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

経営コンサルタントです。



企業は活動のために投資をしますが、その資金はどこから来るのか?利益、銀行、そして株式市場(資本市場ともいいます)ですよね。そして利益はさておいて、最近は資金調達が銀行融資から株式市場へ移行してます。したがって高株価の利点は、あなたがさらりと触っている、新株発行に核心があります。

いま500億円が必要なとき、株価5000円ですと、新株を1千万株発行すれば調達できます。しかし50円ですと、10億株発行しなければなりません。配当が1株当たり10円とすると、5000円の時の配当金支払いは1億円、50円のときは100億円となって、資金コストに1億円と100億円の差が出ます。

現実にはいま支払い配当は、利益の何%支払うかの「配当性向」で決めますが、それでも高株価企業の資金コストは安くなります。一方において、1株当たり配当金は高くなり、それだけ株主に多く報いることになります。

つまり高株価は安い資金コスト、高い株主還元となります。これが高株価の核心です。

では増資の意思がない場合はどうか?以上のロジックの結果では無関係だと言うことになります。そのかわり、あなたが下の「お礼」に書いたようなことを心配しなければなりません。

そもそもこういう企業は、成熟産業に多いんですが、もう成長の意思がない、発展の意思がない企業と解釈できます。これは「死に体」とは言えないまでも、「老体」企業ではないでしょうか。この点が株価と経営の関係の本質でしょ。

ところで、本当に大事なのは株価でなくて、時価総額です。つまり経営と一番関係があるのは、資本市場からどれだけ有利に資金調達できる力があるかで、これは自己資本の何倍のお金が調達できるかと言うことです。ですから経営の際には、時価総額/自己資本という指標を気にしなければなりません。例えばヤマト運輸とソニーは株価では1000円台と10000円台の差がありますが、この指標で見ますとほぼ同等です。ということは、この2社の資本調達力はほぼ同等、もっと言えば2社の市場評価は同等と言うことになります。ちょっと意外でしょ?それだけ株式市場は企業価値の本質を見抜いているとも言えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なっとく!経営者たちが株価に神経質になっている姿を見てわいた疑問だったのですが、なるほど経営者たちは必ずしも株価そのものを気にしていたわけではなく、資本調達力の判断基準のひとつとして注意を払っているのだと考えれば合点が行く気がします。
皆さんありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 00:20

会社の中には、資本の中に「運用目的」として他社の株を購入している場合が多々あります。


そんな場合、株価が下がることによって株券の評価が下がり、それによって、資本力の低下につながります。
それはつまり、会社の力の低下につながり、当然ながら経営力の低下(金融機関の評価の低下)につながります。
そうなると、銀行側からすれば資本の低下は会社組織全体の力が落ちるとみなされ、新規借り入れなどの信用度に影響があるわけです。

上場するような会社で、無借金経営なんて会社はあるんでしょうか。
現実にはありえませんね。もしあるとすれば、銀行の営業が足りないか、経営者が銀行に極端に嫌われているかのどちらかです。いずれにしても、現実的ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどなるほど。皆さんありがとうございます。だんだん分かってきました。
まとめると、
自社株価が下がったときの問題は
(1)乗っ取られる心配
(2)所有している自社株の評価損
(3)借り入れ金融機関からの信用低下
うーんまだどうも弱いような気がするんですよねぇ。
超優良企業として知られるキーエンスは無借金経営ですし、トヨタは社内剰余金で東海銀行を丸ごと買えるなんて冗談みたいな話も聞いたことあります。
こういった会社は(1)-(3)はあまり気にしなくてもよさそうですが、やはり自社株価に神経を尖らせる。うーん株主総会が怖いんでしょうか?

お礼日時:2001/03/28 01:40

株価が下がるデメリット


(1)例えば株価が安くなると株の買収が簡単になります。
 会社の支配権を握るだけの株を買おうとする場合、これまで50億円だったのに
 10分の1の5億円になってしまったら。
 そこらのおばちゃんでも買えるようになってしまったら、経営者としてはいつ
 実権を奪われてもおかしくない、不安定な経営を余儀なくされるのです。
 ですから、株価の高値安定が企業の安定性の一つの指標といえます。
(2)通常大きな企業は株式を持ちあいしたりしてますので、株価が下がると決算時
 に評価損を計上する事になります。本業で儲かっていても、巨額な赤字を出す
 のです。一般企業ならまだマシですが、これが銀行だと自己資本比率を上げる
 ため貸し渋りに走ったりします。
(3)生保や年金基金などは、機関投資家として株式運用をします。
 もちろん運用に失敗すれば、将来の配当が減るのは言うまでもありません。

(2)(3)は直接市民生活に影響を与えます。株を持ってないから関係ないではすまな
いのです。

※株価があがっても下がっても、通常額面金額の5%で配当は変わりません。
 業績がよければ株主さんに還元するため複配したりします。
 株主から経営手腕を評価され、経営が安定するのです。
    • good
    • 0

まず、株式の配当は額面に対する配当率で支払いますから、株価には影響されません。


つぎに、株価の影響ですが、自社の株価は、市場のその会社への評価ですから、高ければ業績・将来性などを高く評価されているということで、経営者は気になります。
もう一つ、会社で所有している他社の株式が高くなれば、評価益が発生して、利益が増えます。
株価が下がれば、上記と逆の現象が発生しますから、経営者は株価に敏感になるのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q増資について(株主割当増資と第三者割当増資)

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほど増資しようと思った場合、
・既に株主である社長が100万円出資(株主割当増資だと思ってます)
・新たに役員を増やす計画があり、その役員に100万円出資してもらう
(第三者割当増資だと思ってます)
という風にしたいと思っておりますが、これは1回の株主総会や
変更登記等の手続きで済むものでしょうか?

実際に、株主割当と第三者割当それぞれについての解説等は
調べていてよく見かけたのですが、それをMIX?して手続きする等、
実際のことはあまりよくわかりませんでした。

まだ計画段階で、実際にやるとなったら担当税理士や法務局等に聞きながら
手続きを進めると思いますが、予備知識として両者の違いなどを知っておきたいと
思いましたので、回答のほど、よろしくお願いいたします。

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほ...続きを読む

Aベストアンサー

株主が、1名でその人が出資するのでしたら、株主割り当てでも可能。

同じ株主総会で、別々に決議することも可能。
第三者割り当で一つの決議で増資ことも可能です。

第三者は、株主含むこともできます。

現在の会社の資産状況により、株価との関係で、贈与税が発生します。
1株資産100万円の会社が(発行価格ではありません)、 50万円で募集すれば 約50万円の贈与となる。

Q増資による新券発行について

増資と新券発行ですが・・・

増資による収入を得た場合
(当座預金etc)1000   (資本金)1000
となりますが
新券発行ですと
(別段預金)1000   (株式申込証拠金)1000
となり振替で
(株式申込証拠金)1000  (資本金)1000
(当座預金etc)1000    (別段預金)1000  

となる、と参考書にあるのですが
イマイチ差がわかりません。
増資=新券の発行ではないのでしょうか??
どっちの時に増資、新券発行を使い分けるのかが
わかりません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の教科書では旧商法の考え方から抜け切れていない説明が所々見つかります。会社法では、新株の発行と自己株式の処分を併せて「募集株式の発行等」(会社法第199条)として整理されています。

増資は新株の発行です。会社法では「募集株式の発行」としています。簡潔に言い切りますと増資=新株の発行=募集株式の発行となります。細かいことで補足しますと募集株式の発行には自己株式の処分も含まれています。

別段預金を使うのは、旧商法が金融機関の払込金保管証明書が必要だった名残です。ところが金融機関に依頼しますと実務的に問題がありましたので、現行の会社法では会社の預金口座を利用する増資手続きが認容されています。一般論としてはそうなのですが、上場会社の増資では当座預金に多人数の出資者が払込しますと業務に支障が生じますので別段預金(増資の為の専用口座とお考えください)を利用するのが一般的です。

参考URL:http://sme.fujitsu.com/tips/law/law013.html

Q増資後の発行株式数について

決算時に無償増資をしました(5,000,000円)。従来は一株500円です。法務局に登記をするための株数で、役員の意見が二通りあり困っています。通常は下記のうちどちらで登記するべきでしょうか?
(1)5,000,000÷@500=10,000株を発行済み株数にプラスして登記する

(2)従来の資本金に500万円プラスした資本金額を従来の発行株式で割るため、一株価格が高くなるだけなので発行株式は従来のままである。

Aベストアンサー

通常の額面株式の新株発行ということなのでしょうか?その場合でしたら、株主割当のときは額面金額で発行するのが一般的でもしくはそれ以上です。無額面株式なら設立の場合のような最低限の制限はなく、発行価額は旧株の時価を考慮して定めます。第三者割当・公募の時は時価発行でするのが一般的です。(商法280条の2)

Q第三者割当増資の有利発行について

第三者増資を有利発行で行うと、有利発行した相手以外の既存株主に利益をもたらしたとして課税されるようですが、その課税方法はどのようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>有利発行した相手以外の既存株主に利益をもたらしたとして

これ、反対です。他の既存株主に不利になります。

有償増資の場合、株式を時価で発行する場合や株主に平等に割当てが
なされる場合には、特に税務上問題となることはありませんが、
第三者や特定の株主に有利な価額で増資が行われ、株主間で価値の
移転があった(つまり、一株あたりの時価が下がる)場合には、
課税問題が生じます。

有利発行を受けたのが個人であれば贈与税(同族会社の親族間)や
所得税(一時所得)、法人であれば受贈益として法人税が課されます。

以上、簡単ですが。

Q特例有限会社で新株を発行せずに株主資本を増資する方法

私は妻との共同出資で有限会社(資本金300万、口数60口)を経営しています。
老朽化した賃貸物件取り壊しにより除却損が発生したためB/S上では債務超過になってしまっており(資金繰は黒字です)銀行借入が難しくなっているので、600万円増資して資本金900万円にしたいと考えています。
有限会社のメリットを享受しつつ、消費税免税といった税法上のメリットも失わない範囲で自己資本を高めたいので、特例有限会社のままで1000万未満に収まるように増資するのがベストなのかなと思っています。
具体的に、次のような方法を考えてみたのですが、実務上可能なものでしょうか?
新株発行による増資を行うと、登録免許税が7万円もかかってしまうので、できれば定款を変更せずに純資産の部をプラスに持っていきたいのですが、何か妙案はないものでしょうか?

<私案:新株を発行せずに資本金払込を行って増資する方法>
新会社法適用後は、定款に規定されていた資本総額と出資1口あたりの金額は記載がないものと看做されて、「資本総額÷1口金額」という算式にて株数(口数)のみが計算されると聞き及びます(うちの場合は300万÷5万円=60株となります)。
1株あたりの金額が定款に記載されない以上、発行済株式数を増やさない限り、理屈の上では定款変更(及び変更登記)を行わずに資本金を増やすことが可能なように思えます。
ということは、新株発行を伴わない既存の出資者による資本金払込が可能であれば、総会決議による増資決議を行うだけで、増資は完了し、株主資本等変動計算書にその旨記載することで足りるということになると思うのですが、実務上このような芸当は可能なのでしょうか?
株主資本等変動計算書のひな形を見る限り、「新株の発行」以外に資本金を増やす項目が記載されていないので、やはり無理なことなのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

私は妻との共同出資で有限会社(資本金300万、口数60口)を経営しています。
老朽化した賃貸物件取り壊しにより除却損が発生したためB/S上では債務超過になってしまっており(資金繰は黒字です)銀行借入が難しくなっているので、600万円増資して資本金900万円にしたいと考えています。
有限会社のメリットを享受しつつ、消費税免税といった税法上のメリットも失わない範囲で自己資本を高めたいので、特例有限会社のままで1000万未満に収まるように増資するのがベストなのかなと思っています...続きを読む

Aベストアンサー

 資本金の額は定款の記載事項ではありませんが登記事項です。募集株式の発行(新株発行)の場合は、発行済株式総数が増加しますが(ただし、自己株式を交付した場合は増加しない。)、たとえば、準備金の資本組み入れだけでしたら、発行済株式総数は増加しません。しかし、準備金の資本組み入れによる方法も、資本金の額が増加する以上、変更登記を避けることはできません。
 募集株式の発行に限らず、資本金の額が増加する場合は、増加した資本金の額の1000分の7(これが三万円に満たない場合は、三万円)の登録免許税が課税されます。資本金を300万円から900万円に増加する場合の登録免許税は4万2000円です。
 また、新たに募集株式を発行する場合、発行済株式総数が発行可能株式総数を上回ることはできません。会社法施行後により、発行済株式総数が60株と職権登記されているのでしたら、発行可能株式総数も60株と登記されているはずです。
 したがって、発行可能株式総数を増やす定款変更をして、その変更登記もする必要があり、その登録免許税は3万円になります。
 その結果、募集株式の発行による増資をするには、登録免許税として合計7万2000円を納付する必要があります。もっとも、準備金の資本組み入れの場合は、発行済株式総数は増加しませんので、発行可能株式総数を増加する必要性はありませんが、貸借対照表に準備金が計上されている場合ではないと、この手法が使えないのは言うまでもありません。

 資本金の額は定款の記載事項ではありませんが登記事項です。募集株式の発行(新株発行)の場合は、発行済株式総数が増加しますが(ただし、自己株式を交付した場合は増加しない。)、たとえば、準備金の資本組み入れだけでしたら、発行済株式総数は増加しません。しかし、準備金の資本組み入れによる方法も、資本金の額が増加する以上、変更登記を避けることはできません。
 募集株式の発行に限らず、資本金の額が増加する場合は、増加した資本金の額の1000分の7(これが三万円に満たない場合は、三万円)の登録免許...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報