以前から気にはなっていたのですが、乗用車のCd値をメーカが測定する際にはレイノルズ数はどのように設定しているのでしょうか?

レイノルズ数を構成するパラメータのうち、こと乗用車に限って考えればスピードだけが大きく変動し、高度や気温,車両のサイズは大体同じような条件になると思うのですが、各社共通の測定条件(またはスピード)というものがあるのでしょうか?
とはいっても軽乗用車を140キロで測定したりスポーツカーを60キロで測定するのはさほど意味があるとは思えません。

本件は単なる個人的な興味なので申し訳ありませんが、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問の意味を理解しかねます。



車の空気抵抗は、速度によって変わりますが、亜音速領域未満ならCdは一定と考えられるでしょう?
測定する速度にそれほど意味はないはずです。
誤差を少なくするために、常用速度域の、ある程度広い範囲で測定するのが良いと思われます。

大きな風洞に実車を入れて抵抗Dを測れば、
空気密度ρ、流速V、投影面積S、は既知ですから、
Cdが分かるはずです。

縮尺模型を使って測定するなら、高圧風洞を使って空気密度を上げて、
R数を一致させれば良いのではないでしょうか?
(流速を大きく変化させるのは、高速域で圧縮性の影響がでる恐れがあります)

R数は設定するのではなく、scale effect が未知ならば、
力学的に相似にするために、R数を一致させるべきものでしょう?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QN値による軟弱地盤の判定

ある本にN値による軟弱地盤の判定
ってあったのですが、粘性土はN値4以下、砂質土はN値10以下が軟弱地盤とあったんですが、どうして粘性土と砂質土では、数値(N=4、10)が違うのですか?同じN値でも土質によってN値の評価が違うのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 N値から離れて、しばらく経つので、以下は予想です。

 まず同じ土質なら、N値が低いほど軟弱、これは良いですよね?。次にN値って何だったかと言うと、簡単に言えば、鋼管を地面に垂直に立てておいて、パイルドライバー(←だったっけ?)で杭頭を何回ぶっ叩いたら、鋼管が一定量地盤に貫入するかの回数だったと思います。この際、地盤の主な抵抗は、圧縮作用によるものと思われます。

 粘性地盤を基準に取ります。砂質土は粘性地盤より脆いはずなので、貫入試験で砂質土のN値が、粘性地盤を上回ったとしても、主に圧縮抵抗を測っているだけだとすれば、叩いた回数はそのまま信用できません。その辺りが、土質別のN値評価に関わりそうです。

>同じN値でも土質によってN値の評価が違うの・・・?

 だと思います。


 N値の解説は、Googleしてみれば専門サイトで沢山出ると思います。ここはどちらかと言うと、理論物理系の板
なので、ここよりもっと良い解説を見れる気がします。


 調べてみて下さい。

Q何キロのスピードで走れば邪魔じゃないですか

クルマ又はバイクを運転していて片側一車線の国道を走行していたら前方にクルマかバイクが合流しました。
そのクルマかバイクは制限速度+何キロで走ってくれれば邪魔と感じませんか。 速度制限は50キロとします。
(1)制限+5キロ以内
(2)制限+15キロ以内
(3)制限+20キロ以内
(4)制限+30キロ以内
(5)自分の前を走る奴は全て邪魔。速度は関係無く自分より速く走る奴は許さない、抜きにかかる。

バイクは軽二輪とします。

制限+15キロ以上でも邪魔と感じた方はその理由は何でですか。

Aベストアンサー

2.3.4.5は違反行為なのでこの回答には1としか回答のしようがありませんが・・・

いかがなものでしょう?

Q戸建て判断 ボーリング結果のN値の見方

木造二階建て住宅の建築(ベタ基礎)を予定しております。

1年前まで水田で現在は盛土2メートルの造成がされています。
地盤が気になるので、契約前に周辺のボーリング結果を見せてもらいました。

地下2mまで粘土混じり砂礫 N値3
2m~3m  砂       N値11
3m~7m  砂混じりシルト N値1~3
7m~8m  砂礫  N値40
8m~15m  礫混じり砂  N値11~40
15m~16m シルト  N値11
16m~18m 砂       N値18~35
18m~19m シルト     N値8
19m~20m 砂       N値22

地下水位2m

以上ですが、何分素人な物で地盤が弱いのだろうな・・くらいしか分かりません。
これに適した地盤改良は何でしょうか?
施工業者は、地盤改良の必要は無い、との判断なので不安になります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあるか、敷地内で地盤がどのようにどの程度不均一なのかによって違うようで予測は難しく、10センチ以内で傾くとしか言いようがありません。

傾いた場合は建て替えをせず、傾きを修正する工事をすることになります。
実際に私が担当したことがあるのは、傾いてはいるがこれ以上沈下する確率が少ないと判断して、基礎はそのままにして土台をジャッキアップして修正し、土台と基礎の間にスペーサーを入れた工事。
杭打ちをしているのに支持層まで達しておらずに傾き、杭頭にジャッキを掛けて基礎から持ち上げ(この場合建物の自重で元の杭を支持層まで押し込みます。)足りなくなった杭長分を鋼管杭で足して修正した工事です。
前者の工事で百数十万円、後者の工事で8百万円程度、もちろん建物の大きさで変わりますが、いずれにしても建てかえるよりは安いのですが多額の費用でした。

地盤の保証は10年を超えて行うことはないのではないでしょうか。
例えば20年の保証に応じてくれる施工会社があればいいのですが、まずしないと思いますし、大手の会社じゃない限りいくら信頼できる会社であっても、会社そのものがいつまで存続するのかの問題もありますよね。
理想ですが、これだけやれば大丈夫だ、保証なんかいらないよって言うくらいにご自身が納得できる方法のとれることが一番だと思います。

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあ...続きを読む

Q10・15モード燃費の詳細な測定条件

10・15モード燃費の測定条件を詳しく知りたいのですが,
測定時の気温や湿度,その他こんな条件で測定している!というのを
ご存知の方いませんか!?

10の市街地モードと15の高速モードの二つの走行モードの
詳細はすぐに調べられたのですが…

Aベストアンサー

 10・15モード法の詳細な計測条件は、平成14年国土交通省告示第619号別添42に記載されていました。
 しかし、2006年11月1日付けで、この内容がJC08Cモード、及び、JC08Hモードの内容に置き換わりました。
 もし、2006年10月31日以前の別添42を入手できれば、完全な10・15モード法の試験方法が判ります(当方は所持しておりません)。

参考
平成14年国土交通省告示第619号(2009年7月30日改訂)別添42
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_042_00.pdf


>測定時の気温や湿度
>気温や湿度,積載量

 温度は25±5℃、相対湿度は30%~75%、55kgの人間2人、又は、110kgの重量物積載です。
 これは10・15モードもJC08モードも一緒です。


>その他こんな条件で測定している!

 現行の別添42でも47ページありますので、条件を全て記述するのは、正直難しいです。

QN値と換算N値

N値と換算N値では、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

N値は「標準貫入試験」という地盤調査を行って得られる値で、今ではもっとも標準的な地盤の強さを表す指標となっています。
換算N値は、それより簡略な地盤調査で得られる指標を、N値に換算したものです。標準貫入試験に比べて誤差が大きく、よくつかわれる「スウェーデン式サウンディング」では、2倍ぐらい誤差がある(値半分)と思ったほうがよいです。

N値を地盤の耐力に換算する式としては、建築基準法の告示H13年第1113号の式が標準的につかわれます。
http://www2.ashitech.ac.jp/arch/osakabe/semi/foundation/low/r93k1113.html

Qディーゼル乗用車乗りの方 不正軽油検査に

ディーゼル乗用車乗りの方 不正軽油検査にあったことはありますか

テレビで見ていると、不正軽油の検査はビーカーで一リットルぐらい抜かれていますが、乗用車で1リットルも抜かれたら代金を請求したいくらいです。Wikiみていて疑問に思い質問しました。

今はガソリン自動車に乗っているので経由検査と鋳鵜こと派有馬千賀、経由野自動車のが年歩が飯野出買い替えタイ戸思い質問詩益田。

変換がばか過ぎて井伊下限いちいち正句名オスのガ面倒臭苦なり変換をしなおすのをやめ益田。御陵小管債。

Aベストアンサー

地方事務所の税務課職員から聞いた話です。不正軽油使用は「軽油取引税の脱税」なのでそっちの管轄なんで。
不正軽油の性質で、下記がクリアできないため大型トラック以外の車が使っている可能性が低いためです。
理由
不正軽油はある程度大量に(立方メートルとかトン単位で)作る必要がある。何故なら主な原料のA重油がそういう単位で売ってるから。
製造された大量の軽油を一気に捌ける大口の顧客が必要となる。何故なら証拠隠滅のため、工場、顧客双方とも在庫は置けないから。

要は、個人等の小口消費者に売るためには在庫を抱えなきゃいけないため足が付きやすい。だから個人は相手しない。税務課もそれが分かっているため、いちいち乗用車止めて検査などしないということです。

Q数学の問題です。 A=4n+6/n-3の値が整数となるような整数nの最大値を求めよ。また、Aの最大値

数学の問題です。

A=4n+6/n-3の値が整数となるような整数nの最大値を求めよ。また、Aの最大値も求めよ。

解説お願いしたいです。。

Aベストアンサー

A=(4n+6)/(n-3)とのことですので、先ほどの修正含め説明します。
nに注目すると4nをnで割るので、
(4n+6)=4(n-3)+18と変形します。
つまり、4余り18と表現できます。

Aが整数となるので、18はn-3の倍数です。
18の約数は1,2,3,6,9,18です。
n-3はこれら6個に±を付けた12個に絞られます。

よってnが最大となるのは18+3で21です。

また、Aが最大となるのは18/(n-3)が最大となる時なので、n-3=1
よってn=4
この時A=22/1=22です。

Q航続距離が最も長い乗用車は?

航続距離が最も長い乗用車は、何ですか?

Aベストアンサー

単純にカタログ値燃費+タンク容量から換算した数字なら、
アコードハイブリッドの1800kmが最長でしょうね。

プラグインハイブリッドは明らかな過大表示ですし、実測値となると不明ですが。

Q(1+(1/n))^nの極限でeの値を求める

lim_n→∞ (1+(1/n))^nのとき値がeに近づいていくということは知っていますが、(1+(1/n))^nを計算機に入力し、nの値をだんだん大きくしていくと(1+(1/n))^nがeより大きくなってしまいます。

何故このようなことが起こっているのか詳しく説明してくれる方いませんか?

Aベストアンサー

大きくなる原因をより詳しく言うと
2進数で表現すると n=10^p に対する 1+1/n の値は正確に表現できず, 常に 0.5 ulp 程度の誤差は考えられる. IEEE754 の倍精度実数であれば 2^-53 程度. つまり, もとから (1+1/n)^n の真の値を計算しているわけじゃなくて (1+1/n+ε)^n の計算をしている (手元計算機における ε は絶対値でだいたい 10^-16 くらい).
この ε の存在は n が小さいときには ((1+1/n)^n の値が e から離れているので) 無視できるが, n が大きくなると無視できなくなる. で, n=10^9 のときに破綻した, と.
実際, n を 2 のべきにすると p=52 まできちんと計算していくはずです.

Q軽乗用車の手動パートタイム4WDは何故消えたのか。

自動4WDだと滑って回転差が多くなった時だけ駆動力が伝わり、しかも7~8割しか伝わらないと聞きました。

手動だと自分の好きで切り替え出来るし100%動力伝わるので手動がいいと思うのですが現在は自動タイプばかりです。

昔は有った筈なのですが、何故現在は手動タイプは無いのでしょう。

Aベストアンサー

4WDの構造に関してセンターデフだの粘性カップリングや電子制御などと言われても全く解らない人が選ぶ自動車です、ジムニーに乗っている人でさえ凍った路面で立ち往生して「4WDなのに雪道に弱いんです」なんて言ってる人がいるのです。
確かにパートタイム4WDのメリットは捨て難いと思いますがWDに切り替えるシステムを理解出来ずに雪にはまってしまう人が存在する現実があるため、あるいは夏場のアスファルト走行で4WDのまま走行してガソリンとタイヤがすぐに減ってしまうと訴える人までいるのでメーカーはそういった切り替え式が採用できなくなってのだと思われます。、


人気Q&Aランキング

おすすめ情報