ライブレポ!コーネリアス独自の世界観をお届け!

私はこの春からイギリス留学をする予定です。
これまで、英語コンプレックスを感じながら苦悩の日々を過ごしてきたのですが、
日本で学習を続けるのは不経済且つ非効率だと思い、思い切って会社を辞め渡英を決意した次第です。
1年後に日本で再就職をするため、英国でビジネス学校に通いビジネス英語の基礎を身に付けたいと思っています。
帰国後すぐに英検1級にチャレンジしようと思うのですが、かなり難しいと聞きます。現在英語に関する資格は英検2級(6年前に取得しました。今なら準1級はとれるかも。)TOEIC680点です。
TOEICは速読が高得点のカギと言われていますが、英検1級は考える時間はたっぷりあるんでしょうか?同じ英語の試験でもタイプは全然違いますよね。
一般的に、私のようなレベルで帰国後に英検1級を取得することは可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

英検1級は難易度高いですよね。


最新情報などは、下記のサイトを参考にしてみてください。

・英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/eiken/

A 回答 (8件)

英検1級持ってます、が正直余り役に立っている気がしません。


外資系への転職の際に年配の日本人の方が感心してくれたくらいでしょうか。。
役にたってないのになぜ受けたかというとごくたまに募集条件に英検1級を持っている方という求人があったからです。
英語力の証明というより、英語力+十分な日本語力を持っているという「日本語力」の証明としては役に立っているかも
しれないです、帰国子女などで英語が堪能な方は沢山いますしね。

TOEICの内容は割りと簡単なのでまずこちらのスコアを200点くらい上げつつ、新聞で気になる記事(環境問題、教育、ジェンダーなどなど)を二次対策と一次の文章問題対策をかねて毎日読んでみてはどうでしょうか?
英語の文法やヒアリング力をチェックするだけならTOEICだけでよいのですが、1級は自分の考えを表現できること、短い時間でそれをまとめて言える(=普段から自分の考えをもっている)事が必要とされている気がします。
みんながいきなり最初からTOEIC900点以上だったわけではないので、どのレベルからでも取得する事は可能だと思いますよ。
    • good
    • 86

こんにちは。

私は大学で英文を専攻したあと、10年間社会人をしたあと(外資系、商社輸出などで英語はコンスタントに使ってました)英国人と結婚して渡英、10年滞在したあと、日本に帰ってきて2年目に英検1級をこのあいだ受けました。結果は今のところ一次のみですが(まだ2次は受けてません)一発合格しました。実は英検2級は高校2年のときに受けたきりで、準一級はもっていません。TOEICについては受けたこともありませんし、興味もありません(そんなものをもっていなくても実質上英語を使う最前線にいたので、かな?)英検ですが、ネイティブもうっかりすると、語彙がとれないくらい難しいものがでますが、ネットで出回っている対策の単語集(洋書の単語集も含め)を最低でも1冊目を通しておけばいいのではないでしょうか。英検一級の語彙のところが非常に暗記的というか、特殊に難解な単語があるので、そこらへんを頭にたたきこむ必要があると思います。それを乗り越えれば、短時間長文読解をこなすなど。会話についても普段から、ネットなどで好みのTVを視たりすること。(私はVPNサービスでイギリスのTV局の番組を殆どリアルタイムで普段から見ています。このいいところは、字幕がだせるところです。)大体、NHKなどの番組ではスローすぎ、あと、断片的なので今一力にならないのではと思います(役に立たないとは言わないが。)リスニングは、アメリカ英語だという意見だったけど(私自身は、どっぷりイギリス英語につかってて、イギリス英語しか話さない人間ですが)同じ英語なので、何を言っているかはわかりますよ。英作文も、普段からトピックを決めて、エッセイを短時間で書く練習をするべきでしょう。やり方がわからなければテクニック本を買ってください。
え~っと、あなたのレベルで帰国後に英検一級を習得可能かという意見ですね、、、
現在でも準一級はとれると思いますよ。これはECCのインストラクターや、中高の英語の先生ができるレベルですから、まぁそんな程度なのです。
私は10年英国にいた(その間7年は英国人と働いていた)こともありますが、たった1年の留学で、どうでしょう、仮にリスニングや読解がすぐれていても、普段から触れる英語などはレベルが知れているので、集中的に日本にいる間から、たとえば英語のテレグラフをしょっちゅう読んでるとか、むこうのテレビをしょっちゅうみてるとかしないと無理なのでは。実際10年も英国にいれば、英検1級ででてきた「こんな単語ってふつう日本では聞かれないよねぇ」なんてのも「あぁ、聞いたことあるある」となります(普段の生活のシチュエーションと密着して覚えてるパターン)ですが、一年だけではそれも無理っぽいと思います。本当は今はネットの時代なので、日本に仮にいても英語漬けになる(辞書もLongmanの英英とかね)人なら、英検一級は合格できると思います。英検一級はテクニック的なものなので、そのつぼを抑えれば合格できると思います。
ちなみに私自身は英単語をチェックした程度で、対策はしてませんでした。
そうそうIELTSですが、IELTSのほうが、試験としてはTOEICよりもはるかに優れていると思います。自分自身の本当の実力をみるためにはIELTSが一番良いのではと思います。このテストは2種ありますが、アカデミックコースがおすすめです。効果的なライティングテクニックなどが要求されるし、読み物的にも優れたもの(そして楽しく読めるもの)があるので、(IELTS対策のテキストは英検一級の読解力をつける目的にも利用できると確信します。たとえばの話です。)英検1級目指している人にもいいのではと思います(1級にもトピックライティングがあるので。)私自身は英検一級には「こんなもんか」程度だったのでIELTS受けてみたいような気がします。ただ受験料が英検ははるかに安いので、受けやすいことは確かな気もします。以前に比べて英検の威光はすたれたといいますが、一級は持っているにこしたことはないと思いますよ。一流の国立大学でも一級を持っているだけで単位加算になるんです、例えば。一級は実際、あんまり持っているという人はいないようですし。準一はそこらへんにごろごろいますが。
なんかまた質問あったら聞いてください。私でわかる範囲ならお答えします。
    • good
    • 69

ニュージーランドの大学に勤務する者です。

英検1級は10年ほど前に取得いたしました。その後、ニュージーランドに来るまでの間、英検の面接委員をしておりました。

 英検1級は取得するのが難しい資格の一つであったと記憶しています。私が受験した当時では、合格率は3パーセント程度であったと思います。すでに英検2級を取得されているとのことですので、まずは次の準1級から、そしてその次は1級というように、段階的にチャレンジされることを一般にはお勧めしております。

 イギリスに留学後、英検にチャレンジしたいとのことですが、そのとき果たして1級に合格できるかどうかは、すでに皆さんがお答えの通り、なんとも言えません。しかし可能性はあると思います。とりあえずは問題集を持参しておいて、少しずつ勉強されることをお勧めします。

 英検とトーイックの関係について皆さんお答えになっていらっしゃいますが、これは大変参考になるご意見ばかりだと思います。自分の英語力を証明する手段として、トーイックはすでに企業が広く認めた基準となった感がありますので、必ずしも英検にこだわらなくともよいと思います。今後勉強を続けていく上で、より自分にとって有利な形で英語力を示すことができるものを選んで受験されるのがよいだろうと思います。

 英検もトーイックも、英語力を示す資格試験として、以下の二つの働きを持っています。またその意味で、どちらも完全とは言えません。

 ・英語力そのものを計る
 ・「英語力のある人材」として社会的に認知を受ける

 英検もトーイックも、いわば英語力を計るための「ものさし」と言えますが、ちょうど「知能指数が高いからと言って『頭がよい』とは限らない」ように、どちらも万全な英語力のものさしとは言えません。もし万全であれば、英検とトーイックの間には完全な相関関係が成立するはずなのですが、あいにくそうではありません。うがった見方をしてしまうと「英検やトーイックで好成績を修めたからと言って、必ずしも英語ができるとは限らない」のです。

 イギリスに留学されるとのことですから、その間に「アイエルツ(IELTS)」という英語力テストを経験されることもあろうかと思います。このテストの専門家に言わせると、英語力診断テストとしては、英検やトーイックは大変不完全であるとのこと。トーイックがリスニングとリーディングの二本立てであるのに対し、アイエルツは読む、聞く、書く、話すの四技能すべてがテストされるためでしょう。

 さて、もう一つの「社会的認知」の問題ですが、この点からすると、日本に限って見る限り、先程の「アイエルツ」は英検やトーイックにはるかに及びません。「アイエルツ9点」と言うのは満点に当たり「ネイティブ同様」の英語力があるという意味ですが、それを履歴書に書いても、残念ながらなかなか評価してはもらえないでしょう。逆に「英検1級」や「トーイックAランク」は、必ずしもそれが優れた英語力を保証しない場合があっても、大変有利な印象を与えることになるでしょう。

 以上、長々と書きましたが、まとめますと、英検であってもトーイックであっても、まずは留学期間中に問題集等で準備をしておくこと、そして「自分にとってより有利に英語力をアピールできると思える」試験を選んで受験すること、この二点をお伝えしたく思います。応援いたします。どうぞ頑張って下さい。
    • good
    • 52
この回答へのお礼

英検の面接官をなさっていたとの事で、流石に核心をついたご意見ありがとうございました。私は、次の職を見つけることを英語力向上の目的としておりますので、おっしゃる通り社会の認知度により、何を受験するのかを判断しなければなりません。IELTSについては知っていながら受験対象と考えていないのは、残念ながらIELTSが日本では武器にならないと判断しているからです。とりあえず今は、HTsumakuraさんのご意見を参考にして、TOEICの参考書や問題集を持参しスコアアップに努めようと思います。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 00:02

★alamoana★と申します。



> 一般的に、私のようなレベルで帰国後に英検1級を取得することは可能でしょうか?

ズバリ申し上げると,「わかりません」
ということになりますが,
そう言わざるを得ない理由を以下にご説明します。

●英検はネイティヴ・スピーカーにも受からないことがある

私の知り合いで,本国で弁護士をやっていた米国人が,
日本に来てしばらくしてから英検の2級に挑戦しましたが,
見事に落ちました。

もちろん,「日本語の能力はどうだったのか」とか
「少しぐらいは,試験対策を研究したのか」など,
確認したわけではないのですが,
とにかくそういう結果でした。

●英検はアメリカ英語指向?

私事ですが,先日の3月25日に,「英検サンプルテスト」
というものを受けてきました。
これは,STEP((財)日本英語検定協会)が,英検を作るときの
参考にするためのテストです。
つまりモニターをやったわけですね。

難易度は英検1級とほぼ同程度に感じましたが,
驚いたのはListening問題が,ことごとくアメリカ英語の様に
思えました。言い換えると,

「まるで,TOEICのようだった」

と感じた次第です。
これは,あくまでサンプル問題だからそういうものだったのか,
それとも英検がTOEICに似てきているのか分かりませんが,
とにかくそういう印象でした。

イギリス英語も様々なメディアの影響で
Americanizeされつつあるのは事実ですが,
上記のような傾向の英検や,
明らかにアメリカ英語を基にしているTOEICのスコアなど
をイギリス留学の目標にするのはどうなんでしょうか?

(参考)

以下は,蛇足なので読み飛ばしてくださって結構です。

●TOEICのスコアと英検の級の関係

日本においてTOEICを実施している
(財)国際ビジネスコミ ュニケーション協会TOEIC運営委員会
のページで確認できます:
http://www.toeic.or.jp/faq/main.html#q8

特に,pdfファイル(Adobe Acrobat Readerで読む)で,
相関関係のグラフを提供しています:
http://www.toeic.or.jp/data/TOEIC-STEP.pdf

●企業は英検の級を重視していない?

企業は,社員採用時の英語力を測るのに,
英検を重視していないというデータがあります。
これは,他ならぬSTEPのサイトで見つけました:

「社員採用時の英語力に関する実態」
http://www.eiken.or.jp/utility/1-4.html

●TOEICとTOEFLの違い

両方ともETS(Educational Testing Service)
が実施していますが,
その違いについて述べてあります:
http://www.toeic.com/oepages/q5.htm


お答えになっていなくて,すみません。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

実体験に基づいた説得力のあるお答えありがとうございました。
alamoanaさんを含め、皆さんのお答えを見ているうちに、
「英検はいずれその価値を失い、近い将来消滅していくのではないか?」
とさえ感じ始めました。
今は英検のことは考えず、帰国後に世の中の動きを見て決めようと思います。

お礼日時:2001/03/31 16:51

私も他の回答者の方々とほぼ同じ意見です。

 自分のことなので申し訳ないのですが、私は大学で英語学と英語の教育学を専攻したあと、留学し、英検とTOEICを受験しました。感想はというと、英検は学校の入試英語の延長であり、TOEICは実践的な英語力の判定方法であるような気がします。
実際は、日本の会社で、仕事上英語が使える人間なのかを判断するのは、ご存知のようにTOEICに集中しています。
学校では、「英検! 英検!」と言いますが、民間企業は
約10年ほど前から、「英検の資格を持っていても、役に立たない人が多い」と言うことに気づき始めていました。
もちろん、英検は歴史もあるものですが、これからも個々人の英語レベルの判定手段としてはTOEICが有利だと感じられます。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

そうですね。残念ながら英検では実践的な英語力を測ることはできないようですね。そのことを念頭に置いて、帰国後改めて受験するかどうか考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/30 09:01

英検は日常生活における幅広い分野を対象とした総合能力(読む・書く・聴く・話すの能力)を問うテストに対し、TOEICはビジネス場面・日常場面での対応能力を問うテストです。

またTOEICは本人の能力が点数に如実に表れますが、英検の場合は全体の受験者の出来に大きく左右されるという点で、まったく形式が異なります。そのため、準一級以下ならまだしも一級レベルになると「TOEICで何点とれたから英検一級に受かる。」とは一概に言うことはできません。実際にTOEIC900点以上取得したのに英検一級をクリアできない、という話をよく耳にします。英検一級を目指すなら、TOEICとは別に英検専用の勉強をするべきではないでしょうか。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

おっしゃる通り、TOEICと英検では能力測定の基準も違えば、その目的も異なりますね。英検1級にそれほど強い執着心はないのですが、帰国後ただちに受験しなければ合格のチャンスは遠のいていくだろうと考えいます。力だめしで受験するのではなく帰国後余裕があれば、英検専用の勉強をしてチャレンジしようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 15:46

私もかつて2年間ほどイギリスに語学留学(英語学校・ビジネスの専門学校)を経験したものです


たしかに24時間英語漬けの生活なので日本で英語を学ぶよりかは効果があります

しかし
ビジネス学校のビジネス英語と言っても単にそれだけを教えてくれるカリキュラムは無いのです
例えば「電話のかけ方・取り方」や「会議の進め方」「交渉の仕方」など実務に即したものを学ぶ事がメインなのです
結局はこれまでkaori11さんが学んできた文法に『ビジネスで使用する英単語』をプラスし、ご自身でマスターしていく必要があるのです

また少し現実の厳しい話になるんですが
今や 英語を話せるだけでは再就職に関してちっとも有利になりません
(たとえTOEIC満点でもね)企業が求める人材は『英語プラス』のひとなんです
つまり英語に加えて英文会計が出来るとか、あと中国語ができるとか・・・

英検1級に関してですが
はっきり言ってこの試験は以前ほどの価値を失いつつあります
というのも この試験は日本人しか受けない日本人のための英語試験だからなんですね
TOEIC680点なら断然そのスコアを伸ばすようにする方がいいと思いますよ
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ビジネス学校のシステムに関しては大変参考になりました。
多少は想像していましたが、ビジネス英語のみらなず、使える英語はもちろん自分で工夫して習得しなければなりませんね。
そして、英語を話せるだけでは再就職の道は難しいというのは身にしみてわかっています。英会話スクールで、業務上英語が必要な「やり手サラリーマン」を大勢目の当たりにしてきましたから。その点は今の私にとって大きな課題です。
また、「英検は以前ほどの価値を失いつつある」というのはもっともですね。
英検がもてはやされた時代は20年くらい前でしょうか?
確かに、世界的にも通用しない英検を武器にしようというのはもはや時代遅れかもしれません。1年後の情勢を見て受験するか決めようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 15:58

>一般的に、私のようなレベルで帰国後に英検1級を取得することは可能でしょうか?


そりゃー可能性はあります。でも、よく「英検のための勉強」が必要、とききます。デーブ・スペクターさんだったかな?英語を母国語とする人が落ちたことがあるって聞いたことあります。変なテスト。
一年もいたらTOEIC600点台から900点台くらい行くほどのレベルも夢ではないと思うので、がんばってね。ちなみにJALに就職した友達はバリバリのクィーン英語で、直して来いっていわれてました。英語で得意な分野(金融、医学等)ができるとさらによいようです。いわずもがな、ですが英語は道具なので。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

なるほど、皆さんおっしゃることは同じようですね。TOEICと英検では判定基準が異なるんですね。とりあえず、TOEICのスコアを伸ばすことを目標にしたいと思います。クイーン英語はそんなに通用しないものですか?大変ショックです。私の通っている英会話スクールではアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人はもちろん、インド人の先生もいます。もちろん国によって聞き取りにくい場合はありますが、異文化コミュニケーションをするのに米語が絶対だとは思いません。また外資系企業でも米語が主流であるのは仕方のないことかもしれませんが、「絶対である」と言われると反論したくなりますね。
何はともあれ、英語+何かを身に付けることができるよう心がけたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英検準1級ってどれくらいのレベルなの!?

就職活動中の大学4回生です。わたしは英検を受けたことがなくて、6月にある英検を始めて申し込みました。2級と準1級を申し込んだのですが、準1級はかなり難しいと聞きました。どれくらいの差があるものなのでしょうか。ちなみにTOEICは620点くらいです。730はないと無理って友達から聞いたんで申し込んだのことにへこんでいます。

Aベストアンサー

2級と準1級の差は、結構あるように思います。
2級は高校卒業程度、準1は短大2年終了程度、そして1級は4大卒程度、という目安を主催者側は出してくれているようですが(たぶんです)、実際にはこのとおりにはいかない場合もあるようです。
大学生にとって、英検準1級のレベルとして一番分かりやすいのは、大学受験時の偏差値です。
大学受験の模試などで常に英語の偏差値70~75を超える高校生は、英検も準1級に合格します。
実際、このレベルを要求する大学では推薦入試の出願条件に英検準1級合格(またはTOEFL520←PBT)を課すところもあります(知ってるところだと上智)。
私は個人的にペーパーテストの分野で英語教育が一番しっかりしているのは大学受験業界だと思うので、準1級に合格したければ、そこらへんの下手な英会話教室や検定試験用の参考書やるよりも、早慶上智レベルの受験英語やるのが一番賢明だと思ってます(もちろんその後に試験に準じた勉強も必要ですが)。

QTOEIC900,英検1級があれば、どんな仕事につけますか?

私は、現在CNN,その他のNEWS素材をのディクテーション、英字新聞、ペーパーバッグなどで英語を勉強している者です。
中堅レベルの短大(英語科ではありません)を卒業していますが、
入試の時に英語がほとんど分かっておらず、国語の偏差値が国立校レベルでしたので、国語の点数だけで入試を突破しました。在学中も英語は
赤点ぎりぎりでした。
卒業後、年月を経て、入試レベルの英語も知らないまま、硬派な英語学校の初心者クラスに入りました。
リスニングが飛躍的に伸びたため、担当の先生の勧めで、1年半後から
一番上のクラスに在籍しており、現在、英語を学び始めて、2年半になりますが、TOEIC850前後になりました。
先日、担当の先生から、来年はTOEIC900とれる、それから英検1級ですねと予測されました。
WRITING,PUBLIC SPEAKING,文法には問題があると思っています。現在、その欠落を埋めるべく、健闘中です。
今までは、ただ英語および英語の音が好きだ、自分が納得できるように
英語ができるようになりたい一心で無我夢中でやってきました。
学び始めた当初は3分くらいのNEWSでも4ワードくらいしか
聴き取ることができず、毎日、半泣きになりながら、音を聴き、真似て
1か月半経過したときに、突然、音がゆっくり鮮明に聴こえるようになり、それからどんどん聴けるようになりました。
また、ペンギンリーダーズで100万語を読破し、新聞などの多読に入りました。(硬派な学校なので、ある程度、知的で高度な単語は入っています)
今までは、必死で将来のことを考える余裕がありませんでした。
ここにきて、将来のVISIONがないのが、致命的な気持ちがして
困っています。
英字新聞の求人欄をみると3年以上の英語での実務経験が必要と書かれていることが多いように思います。
努力はします!TOIC900,英検1級が取れれば、英語での仕事の経験がない場合でも、英語を使うどのような仕事に就ける可能性がありますか?
どうかご教授おねがいします。

私は、現在CNN,その他のNEWS素材をのディクテーション、英字新聞、ペーパーバッグなどで英語を勉強している者です。
中堅レベルの短大(英語科ではありません)を卒業していますが、
入試の時に英語がほとんど分かっておらず、国語の偏差値が国立校レベルでしたので、国語の点数だけで入試を突破しました。在学中も英語は
赤点ぎりぎりでした。
卒業後、年月を経て、入試レベルの英語も知らないまま、硬派な英語学校の初心者クラスに入りました。
リスニングが飛躍的に伸びたため、担当の先生の勧めで...続きを読む

Aベストアンサー

> 一番上のクラスに在籍しており、現在、英語を学び始めて、2年半になりますが、TOEIC850前後になりました。

本格的に勉強を始めて2年半でTOEIC850前後というのは素晴らしいです。


> 努力はします!TOIC900,英検1級が取れれば、英語での仕事の経験がない場合でも、
> 英語を使うどのような仕事に就ける可能性がありますか?

通訳・翻訳・旅行の随行業務等の英語の専門家になるのなら、TOEIC900、英検1級では全然足りません。
やっと何とかスタート地点にたどり着いたという感じでしょうか。
その地点から、実務で使える英語にするまでさらに時間とエネルギーが必要です。

しかも、通訳・翻訳の場合、市場自体が大きくないという問題があります。実力があっても仕事のない人が一杯いるというわけです。


一方、会社の仕事で英語を使う場合、そこまでの英語力は普通要求されません。(少なくとも入社時は・・・)

採用する会社の立場で言えば、英語の能力よりも、仕事自体のプロフェッショナルな能力をまず評価します。
外資系の会社のように英語のコミュニケーション能力が必要なところでもです。
英語の力が不足なら、入社後に鍛えればよい、というわけです。
(もちろん、英語の力があれば、プラスアルファとして評価はされます)

ということで、ご自分の仕事での能力を磨く、資格を取る、実務経験を広げる、というのが重要と思います。

海外とやり取りする仕事を希望したり、外資系の会社に入ったりすれば、多かれ少なかれ英語を使う仕事をすることになると思います。


それから、会社で英語を使う仕事をすることを想定した場合、マスターしておいたほうが良いのが英語でのレポート、ビジネスレター、技術系文章の書き方です。

会話の能力やTOEICの点数の高い人でも、ちゃんと勉強しておかないと、まともに実務で使える文章はまず書けません。

独学でのマスターは難しいと思います。専門のネィテブスピーカーや上級者に何十枚も添削してもらう必要がありますので、これも上達するのに時間がかかります。
 
 

> 一番上のクラスに在籍しており、現在、英語を学び始めて、2年半になりますが、TOEIC850前後になりました。

本格的に勉強を始めて2年半でTOEIC850前後というのは素晴らしいです。


> 努力はします!TOIC900,英検1級が取れれば、英語での仕事の経験がない場合でも、
> 英語を使うどのような仕事に就ける可能性がありますか?

通訳・翻訳・旅行の随行業務等の英語の専門家になるのなら、TOEIC900、英検1級では全然足りません。
やっと何とかスタート地点にたどり着いたと...続きを読む

Q英検準一級はTOEICにすると何点くらい?

TOEICのことをよく知りません。英会話のレベル試験という程度の認識です。英検は英語の知識であって会話ではないことはわかっています。仮に英会話も英語力もばらつきがなく同じ程度の実力とすると英検準一級のレベルはTOEICでどれくらいの点数なのでしょう? なお英検一級にすれすれで合格したくらいの人ならどうでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

大学進学に最低730点というのは、断片的に講義が聞き取れるし、わからないところは質問もできるので、入学時に730くらいなら、必死で予習復習をしてついていけば、そのうちに英語力も上がってくるだろうということだと思います。実際には、730では大学の講義を完全に聴き取れないのではないかと思います。講義をきちんと聴き取れるのは、たぶん860くらいからじゃないでしょうか。また、理系・文系など専門分野によっても違うでしょう。理系は化学式や数式が読めれば、けっこうなんとかなる部分がありますから。

英検2級、3級については、やはりはっきりとはわかりませんが、自分の体験からは、2級は500くらいではないかと思います。3級についてはわかりませんが、No.1の方が紹介しておられるグラフによれは、200~300くらいのようですね。ただ、このグラフはTOEICの受験者に英検何級を持っているか質問した結果ですので、厳密に相関しているとは限りません。何年も前に取った英検の級も書くので、その後かなり英語力が上がっていたり、逆にブランクがあって英語力が落ちている可能性もあると思います。

それから、先ほどから470、730、860という半端な数字でお話しているのは、TOEICはそのスコアでランク分けされているからです。公式サイトに説明があったと思って探したのですが、どこかわからなくなってしまいました。公式サイトではないようですが、同じ説明が以下のページに載っています。
http://eigoshikaku.kppca.com/2006/08/toeic_3.html
実際には、例えば730取っていたらここに書いてあるようなことができるかというと、けっこう厳しいと思います。

また、現実的には、470と730の間に600で分けて考えることが多いです。600以上になると、つまりながらでも会話が続くし、旅行で買い物をしたりするのにはあまり困らなくなります。また、企業などでは、技術職で600以上なら1人で海外出張可、730以上で海外駐在可といった制限を決めているところもあるようです。英語を売り物に仕事をする場合は860とか900以上を求められるところもあるようですが、技術職などで専門能力がある人が英語【も】必要な仕事につける境界が、だいたい600以上かどうかという感じです。

No.2です。

大学進学に最低730点というのは、断片的に講義が聞き取れるし、わからないところは質問もできるので、入学時に730くらいなら、必死で予習復習をしてついていけば、そのうちに英語力も上がってくるだろうということだと思います。実際には、730では大学の講義を完全に聴き取れないのではないかと思います。講義をきちんと聴き取れるのは、たぶん860くらいからじゃないでしょうか。また、理系・文系など専門分野によっても違うでしょう。理系は化学式や数式が読めれば、けっこうなんとかなる部分があ...続きを読む

Q通訳案内士のレベルってどのくらいですか

33歳既婚男子です。仕事上一切英語を使う事はありません。学生時代英語が多少好きだった程度です。付属上がりの大卒なので特別な受験英語も経験しておりません。
そんな状態の私ですが「通訳案内士」という資格に大変興味を持ちました。「リタイアしたら東京の観光案内を外国の人にしたい」と漠然と考えていたら、実際にこのような資格があることを知り驚きました。
又日本の社会や文化を外国の人に紹介するための公式な資格という処に感動しました。
もっとも英語力という絶対的なハードルがあるのですが、
もう一度改めて英語を勉強しなおしたいと常々思っていた下地もあり、是非この資格にチャレンジしたいと思いました。
しかし正直、現実のレベルがゼロに近いので中学生の英語の教科書と参考書からやろうかとも思っています。しかし実際の試験はどの程度のレベルなのでしょうか?英検で言うところの@級、TOEIC@@@点レベル大学入試レベルとか具体的な例で教えてください。

Aベストアンサー

1980年頃で「通訳案内業」といっていた頃に受験しました。合格後の1週間の研修会にも参加し、免許も取得しましたが、オールラウンドの英語力をつける一環として受験したので、仕事をしたことはありません。

その経験と、現在どのような問題がでているかは知っています(あまり変わっていない)ので、それをベースにご参考までに。

大まかに言えば、一定レベルの英語力プラス試験用の対策、になるかと思います。「リタイア後・・」とのことですが、1年でも早めにとっておいた方がいいと思います。

英語力としては「最低で英検2級。準1級あれば楽」のレベルと思います。また、ガイド増員という行政の意向もあり、合格率はかなりあがってきているので、難関ではないと思います。昔の合格率5-6?の頃も英語的には英検1級より楽なレベルでした。

貴殿の現在の英語力はわかりませんが、まず英検2級合格レベルをめざす(まだなら)がいいと思います。具体的には、英検2級対策をしながら基礎的な英語力をつける。

2級対策では英文作成能力はつきにくいので、同時に和文英訳・自由英作文の練習をするといいと思います。まずは、中学及び高校生用(やさしめ)の参考書で練習して基礎的な力をつける(毎日5題とか・・・こつこつとやっておれば知らずに「力」はついてきます)。また、意外と「大学受験英文解釈」の勉強が役立つと思います。

ある程度力がついてきたら、(1)過去問を何回もやる(なれるし、どんな問題がでそうか?など役立つ)、(2)英字新聞を読む(ヨミウリが問題にでることがけっこうあるとか・・。また、試験で問われる「現代・日本事象用語?」をどう英語で言うかリスト作成(例:年金、餃子、引きこもり、・・・))

イメージとしては、あるレベルの一般英語力あれば、過去問練習しガイド用語(日本事象用語)をやっておけば大丈夫とおもいます。

また、英検1級合格者は一次試験免除ですから、面接対策と日本事象用語暗記をしておけば・・・

「都内案内」だけでは多分「知的刺激に欠ける」とおもうようになるかもしれないので、産業視察などの同行通訳などの仕事も入れるようになれば、貴殿の「仕事で蓄積した知識・ノウハウ」も活かした「通訳ガイド」もできるかと(→仕事の巾を大きくしておく)。現在の状況わかりませんが、純粋な観光ガイドはガイドが余っている(ベテランガイドで用足りてる?)ようなことを聞きますが・・・。

1980年頃で「通訳案内業」といっていた頃に受験しました。合格後の1週間の研修会にも参加し、免許も取得しましたが、オールラウンドの英語力をつける一環として受験したので、仕事をしたことはありません。

その経験と、現在どのような問題がでているかは知っています(あまり変わっていない)ので、それをベースにご参考までに。

大まかに言えば、一定レベルの英語力プラス試験用の対策、になるかと思います。「リタイア後・・」とのことですが、1年でも早めにとっておいた方がいいと思います。

英語力...続きを読む

Q英検の級ごとのアメリカ人からした難易度

英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

これらの級ごとの難易度はアメリカの人からしたらどれくらいなんでしょうか?


英検3級
アメリカの小学校1年レベル

こんな感じで教えてくださらないでしょうか?

Aベストアンサー

    僕は英検を受けたことがないのですが、まあ○国の日本語検n級を、日本人からした難易度は、みたいなものだと思います。

    で、日常語彙の話し言葉は日本人の3歳以下、書き言葉はできて小学生上級程度、専門語彙は、大学1年ぐらいかと思います。日本語検1級でも出勤まえに日本語新聞23種に目を通せる人は少ないかもしれません。

    日本人で、○国の日本語検n級に通ったとか落ちたかは、「どうでもいい」と思う日本人が多いかもしれないと同様、アメリカ人から見れば、意味の無い試験群だと思います。

Q英検1級・準1級の難易度

松坂投手の奥さんになられる柴田倫世さん、帰国子女で慶応卒なのに、履歴書上は英検準1級ですよね。
http://www.ntv.co.jp/sports/profile/pro_shibata.html
最近の英検、1級・準1級って実際どれくらい難しいんですか?
公表のデータシートとか見てると、特に英検1級は受験者も相当のレベルだろうに合格率はすごく低いから、その意味で難しい試験だろうな、くらいの想像はつくんですが・・・。

Aベストアンサー

私は英検一級ホルダーです。
TOEICも900点台半ば以上(複数回)を持っています。

英検準1級は、大学に入学直後、大学1年のときにとりました。英検準1級合格したので英検1級も受けましたが、二次で落ちました(なお、一次合格者には次回は一次免除してもらえますが、その次も二次だけ受けてやはり受かりませんでした)。その後、留学予定があったのでTOEFL、就職時にはTOEICの受験に移ってしまい、英検は受けることがありませんでした。

留学から帰って、就職して5年後くらいに、再び英検1級を受けました。特に何の勉強もしませんでしたが、今度は受かりました。ただ、英検1級の試験のレベルは7-8年の間に上がっていたように感じた記憶があります。昔の英検1級は発音記号など無駄なテストが多く、二次のリスニングの部分が非常に簡単でしたが、後に受けた英検1級の二次のリスニングパートはTOEFLやTOEICよりはずっと難しいように感じました。

主観的な感想としては、英検1級は、TOEIC800点台後半以上の人なら、英検用の勉強をしっかりして、英検特有のスピーチや英訳・和訳に苦手意識がなければ受かる試験だと思います。帰国子女の若い人で受からない人は、特に英訳・和訳が苦手なのではないでしょうか、日本語の文章力や、文章センスみたいなのも必要ですから。TOEIC900点台半ば以上の人であれば、特に勉強しなくても受かる試験だと思います。

私は英検一級ホルダーです。
TOEICも900点台半ば以上(複数回)を持っています。

英検準1級は、大学に入学直後、大学1年のときにとりました。英検準1級合格したので英検1級も受けましたが、二次で落ちました(なお、一次合格者には次回は一次免除してもらえますが、その次も二次だけ受けてやはり受かりませんでした)。その後、留学予定があったのでTOEFL、就職時にはTOEICの受験に移ってしまい、英検は受けることがありませんでした。

留学から帰って、就職して5年後くらいに、再び英検1級を受けまし...続きを読む

Q英検1級2次試験について

英検1級の2次試験はスピーチと質疑応答ですが、英語を話さないといけません。

そこで、この試験の合格者の方は、スピーチでも質疑応答でも英語を話すとき、一度日本語を頭に浮かべてそれを英語に置き換えるのか、それとも最初から英語で考えているのか、どちらなのか教えてください。

私は英語を話すとき、まず日本語で言うことを考えてからそれを英語に置き換えるという作業を頭の中で行うので、少し時間がかかってしまうのです。

2次試験の合格率はだいたい50%から60%と信じられないくらい高いのですが、面接官の採点はそれほど厳しくはないのでしょうか。

この試験に合格するためのアドバイスおよび勉強方法などあれば何でも結構ですのでお願いします。

Aベストアンサー

1級の2次試験は1度目失敗、2度目で合格しました。
かいつまんで言いますと、失敗する場合の理由は、簡単!殆どの場合、準備のしすぎです。
旺文社の参考書でみると、恐ろしく立派な模範解答が載っていて、焦りますが、実際のところ、そんなに立派な事がいえなくても、大丈夫なのです。知識や高尚な考え方が出来るかどうか判断しているわけではないはずですから。

要は試験会場では、聞かれたことに対して、焦点を合わて論理的にスピーチをする事です。脈絡の無い事は絶対に言わない事。
これが一番大切です。良くあるアドバイスに、政治、社会、文化各方面のホットな話題に合わせて50以上のサンプル回答を用意しておくべきだ
という人も有ります。それも悪くありませんが、試験会場では心細くなり、ついつい用意してきた事にしがみついてスピーチを組み立ててしまいがちです。その結果、質問に対してチャント答えていないという評価をもらってしまいます。
むしろ、多少中身がpoorでも聞かれた事にキチンと答えたほうが良い結果がでます。
そのための勉強方法ですが、まず過去問題を沢山集める事。最新刊の過去問題集では数年分しかありませんから、古本屋にでも行って更に数年分を補充、できれば10年分くらい収集。
そしてネイティブスピーカーに試験と同じ時間配分で模擬テスト演習をやってもらいます。ランダムに、例えば2003年の午前の問題をと言うように指示してもらい、その場で頭の中で答えを作る練習をするのです。スピーチのあとは、本番ように質疑応答もしてもらいます。最後に講評の形で文法上の誤りなどを指摘してもらうといいでしょう。結構人によっては悪い癖がついていますので、それを直す上でも本番形式の練習が一番効果的と思います。
英会話スクールやお知り合いなどのネイティブにお願いして協力してもらえばいいと思います。
最初のご質問ですが、1次をパスした人なら相当の力はあるので、今更
英語で考えるとか難しく考えないで、自然におやりになれば大丈夫と思います。

1級の2次試験は1度目失敗、2度目で合格しました。
かいつまんで言いますと、失敗する場合の理由は、簡単!殆どの場合、準備のしすぎです。
旺文社の参考書でみると、恐ろしく立派な模範解答が載っていて、焦りますが、実際のところ、そんなに立派な事がいえなくても、大丈夫なのです。知識や高尚な考え方が出来るかどうか判断しているわけではないはずですから。

要は試験会場では、聞かれたことに対して、焦点を合わて論理的にスピーチをする事です。脈絡の無い事は絶対に言わない事。
これが一番大切です...続きを読む

Q英検の面接官になるには

英検の2次面接試験の面接官(日本人)はどのような方々なのでしょうか?また、面接官になるにはどうしたらよいかご存知の方、教えてください。(必要な資格、応募先等。)よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

正しくは, 面接委員と呼びますが,
高校や英語の専門学校の先生が多いです。
他に, 英語関係の方もいらっしゃいます。
委員になるには, 他の委員の推薦が一般的です。
学校単位で行なわれることもあります。
必要な資格は, 年令25才以上で,
英語の運用力のある方です。
英検自体を持ってる必要はありませんが,
担当級別に, 資格となる英語力が決められてます。
1級の委員は大学の先生がほとんどです。

QTOEIC900点の実力はどのぐらいですか?

3ヶ月ほど前に、TOEIC850点を取得しました。しかし、英語が出来るという感じではありません。メールぐらいだと読むのには困らない(英語の順番に読める)、ペーパーバックは挑戦したことがない、AFNのニュースは大雑把な内容は分かる程度です。口頭で喋ると中学の教科書程度で、分からなければ聞き返すことは出来ると思います。英検準一級は持っています。

TOEIC900点オーバーのレベルを知りたいのですが、どのぐらい英語が出来るものなのでしょうか?
CNNや映画を聴いても、一度で理解することができるとか、NHKのビジネス英会話が易しく感じるとか、具体的な様子を教えてください。

TOEIC 900オーバーされた方は勉強方法なども教えていただけると嬉しいです。今後の参考にしたいです。

Aベストアンサー

今のところ、最高点がTOEIC925点の者です。
読み書きだと、専門的な論文は英語でダイレクトに読めるし、卒業論文など論文は全て英語で書いたので、読み書きには自信があります。
リスニングも、CNN, ABC, AFNなどのニュースはほとんどそのまま理解することが出来ますが、ネイティブの友達と会話となると、ちょっと時々頭が回らなくなるときもあります…。大学の講義も英語で行われていたのですが、会話よりもむしろこっちの方が私にとっては理解しやすかったです。
スピーキングは、該当する表現がすぐさま頭に浮かばない時や、知らない時には困りますが、基本的にあまり困ったことはありません。
昔から、試験よりも実践的コミュニケーションの方が得意だったので。

英語で日記を書いたり、ニュースを聞いたりしたら、総合的な英語力が伸びると思いますよ!あとは、英語のできる人の中に入っていって刺激を受けるとか。

Q英検1級2次試験に合格する方法はなんですか?

僕は中3で2008年度第2回1次試験の英検1級に合格しました。
その後、面接があったのですが、不合格Aで落ちてしまいました。
もう1回二次試験をうけるつもりなのですが、今回は確実にうかりたいので、どうすれば、合格できるのですが?
あと、面接の時のスピーチは立ってから言うのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。お疲れ様でした。

Yoloniさんが受験されたのと同じ今回2008年第二回において、英検一級に合格した者です。

第一回が終了した夏?辺りから急に思い立って準備し、一次、二次とも生まれて初めて受験して一発合格しました。何の事柄でも、「どんなものなんだろう?」と急に思い立って行動するのが僕のいつもの(ワン)パターンです。

ネイティブ・ジャパニーズで200%独学です。といっても、普段英語を使う環境にいることが大きいですけどね。

(1)
不合格Aというのはどういう意味でしょう? 次点ということ? いずれにせよ、12%?15%しか通らない一次にパスしたのなら、かなりの上級者だとお察ししますが、面接・スピーチについてはどんな勉強をされましたか?

僕はTOEICを後にも先にも一回だけ受けた時にも「TOEIC用の勉強」をし(得点は950点以上)、そしてやはり今回も「英検一級用の勉強」はしました。僕が買ったのは旺文社の一級教本と予想問題集でした。「スピーキング」という章もあるので、それをパラパラと読みましたよ。それっぽいことが書いてありますから、有効な基礎知識蓄積法ですね。

(2)
聞く人によって、合格まで何度でも受けるという受験者の方もいるようですし、何も準備しなかったが何となく受かったという方もいるようです。でも自分は「同じ試験は二度と受けたくない」という人間なので、初回の二次試験で不合格だったら、正直なところ、また受けたのかは分かりません。なので一発で合格できるように、思い付く可能な勉強はしておきましたよ。

ところがどっこい、二次試験スピーキングこそ試験進行の段取りが掴めなかったので、とりあえず教本と共にいろいろなサイトを見たりしましたね。「時間を計りながらスピーチを丸暗記する」というサイトもありましたが、僕はその必要はないと思います。「「ライティング作文」が口頭で言えるようなれば理想的」ということなのでしょうが、何のトピックが出るか分からないし、そもそも暗記は得意でないし。第一、アドリブでないと面白くないですよね。

やはり重要なのは、やはりスピーチトピック20本内外を抽出して、全てのネタに対して「自分の意見を持っておく」ということでしょうね。僕もスピーチネタだけ書き出して、それぞれに自分の考えを二、三挙げておきました。二分間分である必要はありません。それっぽいトピックを見た時に、それら「自分の考え」がパッと頭メモリから出てくるようにするということですね。

どこかで読みましたが、過去出題ネタそのものが再度二次試験で出題されるということはないそうです。まあ世の中は刻々と変わっていますから、それもそうでしょうね。いずれにせよ、「潰しが利く自分の得意ネタ」、すなわち「応用」できるトピックがどれか一つはあるようです。僕はとにかく政治・経済、金融ネタが大好きで、これらなら、どんなアングルから何を聞かれてもアドリブをする自信はありました。やはり当日のトピックカード?にもそれっぽいのが一つありました(後のトピックはチラッと見た程度です)。

(3)
二次試験に先駆けてもう一つやったのは、米人ネイティブの知人二人にお願いし、スカイプでチラッと過去問を出してみたことです。、、、とにかく彼らの「即興スピーチ」の上手さにはホントに驚かされました。初めて聞いたトピックでも、もう当たり前のようにスラスラとリアルタイムで話ができるんですよね。僕だったら、例え日本語でもそこまではできないレベルです。「でっち上げの美学」です、これって。なるほど小学校?の時分からそういう教育を受けているんだなとつくづく思いました。この時、自分を含めて日本人に欠けているのは、この「即興スピーチの技能」なんだなってハッキリ分かりました。

ここでもお見かけする英文法家の方が崇拝するところの「日本流ハードコア英文法」が教えられている日本の中・高校では、彼らが作ったのだろう「~副詞、~的用法」だの高尚な品詞呼称だけが詰め込まれている状況ですから、ほんの少したりとも「即興スピーチ技能」が養成されるワケがありません。受験英語ができても実社会では特段役に立たないですから、ネイティブさえ知らない意味不明の品詞を何百知っていても全く「トリビアの泉」の世界なんだなぁと改めて思い知らされましたね。

でも英検一級の二次試験では、米人ネイティブと日本人面接官の二人を前にして、ある程度の「即興スピーチ」ができないとなりません。それはご存知の通りです。では、どうしたら良いのか?、、、そこで披露すべきは、上述の通り「相手を話に引き込むだけの話の内容自体の魅力」がカギではないかなと感じた次第です。採点基準にある「質問に対する応答と会話を継続する能力」という点です。つまり「このネタが出題されたらこの話をしよう、これだったらこの例を話して、こっちの方に展開してやろう」という「枠組み」を持って臨むということですよね。そのためには、上述(2)のようなトレーニングが要るのではないかという話です。

(4)
で、試験当日。政治ネタを選んだ僕の場合、フタを開けてみたら、スピーチ時間も二分では足らず、質疑応答の部も意見交換で興が嵩じ、面接全体で規定時間 10分を軽く過ぎてしまいました。それでも時間超過を許してくれたのは、「面白い、面白い、あなたの話をもっと聞きたい」としきりに言っていたのも、ストップウォッチが終了時間を告げた瞬間に「え? もう時間なの?」と最初に言ったのも米人ネイティブ面接官自身だったからです。

お世辞でも、流暢でお手本的な「美しいスピーチ」でなかったのは、僕自身が一番よく分かっています。それでも一発合格となったのは他でもない、「上手いこと相手を自分の話に引きずり込むことができた」からだと分析します。それだけ面接官お二人が楽しんでくれたということでしょうね。

僕自身もとても楽しかったです、正直言って。熱くなって政治に関する持論を熱弁していましたね。それだけに逆に「多少トピックから外れてしまった?から、まあ落とされても仕方ないかな」とは覚悟していましたが、結果は、配点が高い(30点)二次試験のセクション1「与えられたトピックについて主要な点とその根拠をまとめ、首尾一貫したメッセージを組み立てる能力」と、セクション2「質問に対する応答と会話を継続する能力」にそれぞれ満点くれました。

つまり「どんなに流暢なスピーチができるか?」ということよりも、「特定のポイントについて、英語でコミュニケーションを持続できる能力があるか?」という試験なのですよね、英検一級二次試験のスピーチというのは。

、、、英検一級だのTOEICスコアだのがどうだこうだではなく、やはり一般米人ネイティブが持っている驚くべき「即興スピーチ技能」が備わって、初めて「英語がそこそこできるESL」と言えるんだろうなと考え、今後とも精進いたす所存です。

(5)
へぇ、二次試験面接で立ってスピーチする人がいるのですか? 初めて聞きましたが?   面接官も困っちゃうでしょうね、それは(笑)


、、、以上、直接ご質問への回答にはなっていないかも知れませんが、「根底の考え方」という点で参考にして頂ければ幸甚です。Yoloniさんはまだまだお若いんですから、大丈夫ですよ。

こんにちは。お疲れ様でした。

Yoloniさんが受験されたのと同じ今回2008年第二回において、英検一級に合格した者です。

第一回が終了した夏?辺りから急に思い立って準備し、一次、二次とも生まれて初めて受験して一発合格しました。何の事柄でも、「どんなものなんだろう?」と急に思い立って行動するのが僕のいつもの(ワン)パターンです。

ネイティブ・ジャパニーズで200%独学です。といっても、普段英語を使う環境にいることが大きいですけどね。

(1)
不合格Aというのはどういう意味でしょう? ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング