カーペンターズの歌に、Close to you というのがあります. この歌の正式タイトルは"(They long to be) close to you"とジャケットに記載されています. つまりClose to youは略称であって、正式タイトルは(They long to be) と括弧付きでくっついているのです.この理由・背景について、よく事情を知っている人がおられましたら、どうか教えてください. 

They long to be close to you. というフレーズがこの歌の冒頭に提示される疑問に対する重要な謎解き文句であって、重要だというのは知ってます.この英文の構文解析も容易にできますし、その意味も、特に問題なく簡単に理解できます.そういうことが知りたいのではないです.

また、(括弧付き)の表現が、芸術作品のタイトルに往々にしあることも知っています.しかしこの場合そのようなただ、単に芸術的というか衒学的というかの雰囲気を狙ったのではないようにも思えて..

再度、疑問点を明快に言うと、なぜ、タイトル名として以下の(A)や(B)でなくて、わざわざもってまわって(C)なのか、ということです.
(A)close to you
(B)They long to be close to you
(C) (They long to be) close to you 

予想では、closeという英語・言葉になにか秘密があるのかな、とも思っています. (A)だと英語圏の人にはかすかに背徳的な誤解を生む可能性があるとか.カーペンターズのイメージにそぐわない誤解を生む恐れがあるとか…それで英語圏の人に安心感を与える(C)にしたとか. 英語にとーーーっても詳しい人、あるいは、カーペンターズの楽曲にとても詳しい人に、教えてもらいたいです.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO1の回答者のおっしゃるとおり


リチャードが強引に括弧をつけたそうです。
「カレン・カーペンター 栄光と悲劇の物語」によれば
括弧をつけたのは
タイトルが長すぎで、インパクトに欠けるからと書いてありました。
    • good
    • 1

リチャードへの下記インタビューによると


http://www.thecarpenters.net/lyrics/notes/closet …
バカラックのオリジナルタイトルが"They long to be close to you"
だったのをリチャードが強引に短くしてしまったそうです。
'"Close To You" (I had presumptuously taken it upon myself to shorten the original tittle) '
理由は不明。()付きでのこしたのはバカラックへの敬意かも知れませんね。
(これはただの推測です)
でも、単に憶えやすいからと言う以上に深い意味があるのかもしれません。
詳しい人フォローお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますっ!! そうかー、「リチャードが強引に短くしてしまったそう」なのですね.それなら、まずは納得.題名を「短くして」「単に覚えやす」くしたが、原題を「()付きでのこしたのはバカラックへの敬意かも知れませんね」ということでしょうか...なるほど...売れ線へ乗せるために題名のマイナーな改変を行ったが、さすがに原曲・原詞 への敬意を考え、()付きで残さざるを得なかった...そうかも...重要な情報ありがとうございます.「(I had presumptuously taken it upon myself to shorten the original tittle)」 というコメントが当時の打ち合わせなどでのリアリティを感じます.よくこんな情報見つけてきてくれたなぁ、とありがたいです.

他にもカーペンターズ関係or英語の語感関係等でも何か情報あったら、詳しい方フォローお願いします.

お礼日時:2001/04/02 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

QIt won't be long before he comes.でlongの代わりになぜa long timeが使えないのか

次の2つの英文について教えて欲しいことがあります。

A: It will be a long time before he comes.

B: It won't be long before he comes.

Bでは、なぜlongの代わりにa long timeが使えないのでしょうか。

longが主にBのような否定的な状況で使われることは知っています。
だからlongがAで使われないことも納得できますが、a long timeがなぜ否定文において使われないのかよくわかりません。
もしかして、a long timeは何かが確実に存在することがはっきりしている状況でないと使われないのでしょうか。

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

興味深いご質問です。十分な説明にはなりませんが直感を書きます。

(1)
(1)否定・疑問文で long、 肯定文で a long time
(2)否定・疑問文で far、 肯定文で a long way
となり、パラレルな関係が見られます。

ちょっと違う例ではありますが、「初めて」の意味での副詞(句)に
(3)文中位で first、 文末で一種の強調形としてfor the first time

また、副詞で「定期的に」や「毎日」の意味で
(4)regularlyとdaily、 一種の強調形としてon a regular basisとon a daily basis


(2)
以上の例を見て思うのは、
◎1語でしかも 短い語(=音の上では、少ない音節で)の基本的副詞は
(あ)否定や疑問の文脈で、
(い)副詞としての中立的位置としての文中位で、
他方、
●「(前置詞+)形容詞+名詞」という比較的長い形(ということは、音の上では比較的多くの音節で)は
(あ)肯定の文脈で、
(い)焦点位置としての文末位置で、
用いられる傾向があるように見えます。


(3)
これは、longやfarが
(a)1語でしかも 短い語(=音の上では、少ない音節)
(b)基本的な副詞(兼、形容詞でもある)だけにhow longやhow far などと疑問詞howと組み合わせて用いられるなど多様な用法がある
だけに、いわば言い切るパワーが弱く断定する迫力に欠けるような気がすることとも関係があるような気がします。


■ 結局、疑問・否定的文脈ではlong、肯定的文脈ではa long timeというふうに一連のペア間で、一種の役割分担(あるいは、棲み分け)ができているように思えます。

興味深いご質問です。十分な説明にはなりませんが直感を書きます。

(1)
(1)否定・疑問文で long、 肯定文で a long time
(2)否定・疑問文で far、 肯定文で a long way
となり、パラレルな関係が見られます。

ちょっと違う例ではありますが、「初めて」の意味での副詞(句)に
(3)文中位で first、 文末で一種の強調形としてfor the first time

また、副詞で「定期的に」や「毎日」の意味で
(4)regularlyとdaily、 一種の強調形としてon a regular basisとon a daily basis


(2)
...続きを読む

QWhat did you wanted to be when you were little.

こんにちは。
いつもお世話になっています(^^ゞ

問題集の中に…
What did you wanted to be when you were little.あなたが幼かったとき何になりたかった?という文がありました。

■読んでみると何となく自然な感じはしますが、なぜdidの後にwantではく、wantedがくるのでしょうか。
■検索でWhat did you wantedと入れても、このような文は見つかりません。
■また、What did you want to be…だと、文として、どうなりますか?

よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

誤植だろうと思います。

wantだとすれば、

「幼い頃、何になりたかったですか?」という意味になります。

Qif i was close to you, i would take you on many dates

まず訳なのですが

if i was close to you, i would take you on many dates:)
もし私があなたが近くにいたら私はたくさんデートする

ですか?

これは私に言っているのですよね?
こういうときはどういう言葉を返すと喜んでもらえますか?英語を教えてください。私も とか以外で教えてください

Aベストアンサー

「 i was 」と過去形になっているので、 質問者の方もご存知のように、仮定法ですよね。お相手の方は遠くにいらっしゃるんですね。
質問者の方の訳の通りの内容で、質問者の方に対して言っているので、同じようにとか嬉しく思っているのなら、
I would like to, too ! 
 (わたしも同じく思う!)
I am very glad to know that !
 (それを聞いて嬉しい!・・・微妙に「情熱度」は低めな場合も)
I wish you were here.
 (あなたがここにいてくれたらなぁ・・・ちょっと熱いかな??)
などの返事が想像できます。

QIt won't be long before you get well.

NHKテレビ英会話講座より。接続詞・・・
It won't be long before you get well.
すぐに良くなられるでしょう。
(質問)
[before]は「~する前に」ですよね。私が直訳すると「あなたが良くなる前に長くはないでしょう。」何か変です。捕らえ方が間違っています。何故だか教えていただけませんか? 以上

Aベストアンサー

こんにちは。いつもご丁寧なお返事を有難うございます。

ご質問:
<[before]は「~する前に」ですよね。>

基本の意味はそうですが、ちょっと柔軟に訳の幅を広げてみると、解答の鍵が見えてくることがあります。

たとえばこのbeforeは「~する前に」→「~するまでに」と考えるとわかり易くなります。

(直訳)「あなたが着くまでに、長くはならないでしょう」
→(意訳1)「あなたが着くまで、長くはかからないでしょう」
→(意訳2)「長くならないうちに、あなたは着くでしょう」
→(意訳3)「まもなく、あなたは着くでしょう」

という流れになります。

このbeforeはuntilでも同様の意味・用法になり、It won't be long before(until)は、「まもなく~する」というイディオムにもなっていますので、覚えておかれるといいでしょう。

注意する点は、before・until節の動詞は、この場合現在形になるということです。

以上ご参考までに。
PS:いつかフランスへも是非いらして下さいね。英語ができる人には仏人も親切なので(仏人は自分の英語力に自信がないので)、英語を頑張って上達して下さい。英語圏へはもう行かれましか?本場で試してみるのも楽しみですね。

こんにちは。いつもご丁寧なお返事を有難うございます。

ご質問:
<[before]は「~する前に」ですよね。>

基本の意味はそうですが、ちょっと柔軟に訳の幅を広げてみると、解答の鍵が見えてくることがあります。

たとえばこのbeforeは「~する前に」→「~するまでに」と考えるとわかり易くなります。

(直訳)「あなたが着くまでに、長くはならないでしょう」
→(意訳1)「あなたが着くまで、長くはかからないでしょう」
→(意訳2)「長くならないうちに、あなたは着くでしょう」
→(意訳3)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報