人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

首都高速などで、「黄色実線と白破線」による規制標示がよくあります。
この規制は、追い越し禁止、つまり、黄色実線側から追い越のために車線をいったん変更し、追い越し後もとの車線に戻ることを禁止しているということは理解していますし、規制標示の説明などにその様に記載されております。

ということは、追越ではなければ、車線を変更しても構わないのでしょうか。進路変更のみを行うため、車線を変更し、その後もとの車線に戻らなければ特に問題ないということなのでしょうか?

たしかに、「黄色実線と白破線」の区間のすぐ後に、出口などがある場合は、事前に進路を変更をしておかないといけない場合も想定されるので問題ないようにも思うのですけれど・・・・
個人的にはその様な場合に遭遇したことがないので、普段「黄色実線と白破線」のところでは、追い越しはおろか進路変更も黄色実線側からは出来ないと思って運転してます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.7ですが、写真の貼り付けミスがあったので、貼り付けます

「首都高速などで、「黄色実線と白破線」によ」の回答画像8
    • good
    • 3

No.3で書き込んだ者です。



黄色線の車線変更の禁止は、交通の教則にも乗っていますよ。
写真の物がその項目です。

進路変更の禁止です。
進路変更とは、隣の車線に移ることを指しますので、これが車線変更と同じ意味になります。

法律関係の物は、表現がとてもややこしく、一般に使われている言葉だけではなく、幾つもの可能性を考えながら読まないと間違えてしまいますので注意されて下さいね。

黄色線飲みの場合は、車線を越えての追い越し、車線変更共に禁止です。

まぁ、黄色線のみが合ったら、その線をまたがないとするのが良いとおもいます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

重ね重ねのご回答ありがとうございます。
あたりまえだけど、黄色は進路変更も禁止ですよね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/04/30 15:31

追い越しと車線を一緒に考えるからややこしいんだと思います。



まず、追い越しは車線変更して元の車線に戻る事を言います。追い抜きとは車線変更せずに隣の車を抜く事を言います。
よって、追い越し車線の車を走行車線から車線変更せずに追い抜いたとしても違反ではないです。

車線は、黄色実線側からは車線変更禁止、白色破線側からは車線変更OKです。
この手の規制はランプ入口近くに多いですね。
つまり、流入車がある場所では流入側へ車線変更するなという意味です。
「首都高速などで、「黄色実線と白破線」によ」の回答画像6
    • good
    • 1

黄色線は基本的にはまたいではいけないという扱いです。



一般道において、黄色線と標識があった場合、追い越しのためのはみ出し禁止であり、
黄色線をまたがずに追い越しが出来る場合は追い越しが可能です。

原付が走っているところを十分な車間距離が確保できれば追い越しは可能です。

バイクが原付を追い越す事は容易に出来ます。

標識の下に「追い越し禁止」が記載されている場合は、はみ出さなくても追い越しは禁止となります。

停車している車両や、障害物がある場合など(追い越し以外)でやむを得ずはみ出さねば通行できない場合ははみ出し出来ます。

また右折の場合も同じくまたいでも問題は無いです。

首都高速等は車線変更すると危ないと思われる場所に黄色い線が引かれています。

結論としては首都高速の黄色線は車線変更禁止です。
但し白破線側から黄色線側への車線変更は可能です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>結論としては首都高速の黄色線は車線変更禁止です。
>但し白破線側から黄色線側への車線変更は可能です。

おっしゃるとおりとは思っていましたが、やはりそうなんですねぇ~

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/30 15:28

一般のドライバーの解釈を出ませんけれど、少し、追い越しとセットで考えない方が理解しやすいのでは?



よりシンプルに考えると、この2本の線の場合、白破線側からは車線変更が可能という、だけのことでしょう。(もちろんみだりには変更すべきではないし、安全を確認の上でしょうけれど)

黄色の実線側からは車線変更自体が、ただ単にできない、という感じではないでしょうか?

その車線は、車線変更が危険な道路区間に引かれていることが多いので、追い越しがどうかというよりも先ずは進路変更自体に一方向の規制が出ているのではないでしょうか?
だぶん、特に合流や分岐を考慮して引かれている感じですよね。

緊急車両に進路を譲るためや事故回避などのやむを得ない場合などは、また別なのかもしれませんね。

ので、この場合、基本的には黄色側からは変更ができない区間ということで概ね良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>よりシンプルに考えると、この2本の線の場合、白破線側からは車線変更が可能という、だけのことでしょう。

やっぱりそうなんでしょうね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/30 15:26

法律上は、白の実線と破線は同じ扱いになります。



・黄色だけの線は、車線変更、車線を越えての追い越し禁止です。
・黄色と白の破線の場合、黄色側の線からの車線変更、車線を越えての追い越しは禁止です。
 白側から黄色側の車線に車線変更をすることは可能ですが、通常白は右側の車線にありますので、右車線の車が左側車線を使って追い越しをすることは出来ません。
 (線の色などに関らず、左側追越は、法律で禁止されています。)
・追越とは、同一者洗浄を走行している車輌を追い越す事を指し、車線変更とは走行車線を変更する事、追い抜きとは、違う走行車線で相手の車を追い抜く事です。

高速道路上での話にはなりませんが、
回答されている方の中で勘違いをされている方が居ます。
停車している車などを右側から追い越す事は、追越とは言いません。
相手の車が停止している場合(バスの乗降は停止している中の停車です)は、必要最小限車線をまたいで走行する事は可能です。

相手が動いている場合は、追い越しになりますので、駄目になります。
また、原付自転車は軽車両で、車両にならないため車線をまたいでの追い越しは出来ます。
(ただし、車線をまたぐ場合、対向車線や隣の車線の通行を妨げる事は禁止されています。)

法解釈上少しややこしいんですけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>黄色と白の破線の場合、黄色側の線からの車線変更、車線を越えての追い越しは禁止です。

車線の変更もダメなんですね。

黄色車線は、跨がないという考えで常々運転してますけれど、

交通教本などには、黄色実線と白破線の区間では、黄色側からの追い越しは禁止と書いてありますが、車線変更には触れていないので、車線変更ならいいのかと思ったものですから質問してみたしだいです。

お礼日時:2010/04/30 12:25

>普段「黄色実線と白破線」のところでは、追い越しはおろか進路変更も黄色実線側からは出来ないと思って運転してます。



正しいです。
わかりやすい理解方法としては、「黄色い線は跨いではいけない」です。
白破線のある黄色い線は、白破線側から車線変更はできますが、逆は一切不可です。
例えば、バスがバス停に停車しており、黄色線を跨がなければバスを抜けない状況でも、それは行ってはいけないことです。
最近、これを守らないドライバーが増えていますが大変危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
安全運転が基本ですから、これからも黄色は跨がずに運転するつもりです。

お礼日時:2010/04/30 12:18

首都高のルールー知りませんが、一般的には…


黄色の実線→追い越し禁止(前車がウインカーなどを出し、路肩へ寄った場合など実線をまたがなければ追い越し可能)
白の実線→対向車との分離中央線を示している事が多い、線をまたいで追い越しは良いが元の車線へ戻る事。
白の破線→同車線で2~複数車線。追い越しOK。中央分離線(中央分離帯)側は追い越し専用車線の為、後続車がいる場合は左車線へ入り道をゆずる。(遅い車は左車線を走る事)
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/30 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q黄色の実線と白の実線(破線)の意味

今自動車学校に通っている者です。
まだ仮免を取っていないので初期の段階です。
学科の教科書等を読んでいて疑問に思ったことがあるので聞かせてください。

中央線での黄色の実線、白の実線(破線)と、車両境界線での黄色の実線、白の実線(破線)についてのことです。
中央線について自分の解釈では、黄色は追い越しのための右側へのはみ出し通行禁止なので、はみ出さない限りは追い越しでき、通行途中に道路工事があったり、緊急車両に道を譲る場合などやむを得ないときは、追い越しのためではないのではみ出しできる。
白の破線は追い越し禁止の標識がない限り右側にはみ出しても追い越しできる。
白の実線は幅が広いのでわざわざ右側にはみ出さなくとも追い越しできるので、右側にはみ出ること自体ダメ
というように思っているのですが、違っているところがあったら言ってください。

車両境界線についてですが、黄色は進路変更は禁止、白の破線は進路変更しても良いのだとは思うのですが、白の実線はどうなるのですか?
白の実線も進路変更が禁止なのだとしたら、黄色の場合との違いは何ですか?仮に交差点で右折するときに車両境界線が白の実線だった場合は右折のために進路変更はできないのでしょうか?
また、道路外にあるガソリンスタンドなどに寄るために道路を右折する場合などは、白の破線、白の実線、黄色の線ではそれぞれどうなるのでしょうか?

過去の同じような質問を見させてもらったのですが、人によって言ってることが違ってて何が正しいのか分からず、結局余計分からなくなってしまいました。自動車学校の教官にも聞きづらいです。
いろいろ分かりにくい質問だとは思いますが、疑問は残したくないので、どなたか分かりやすく教えてください。

今自動車学校に通っている者です。
まだ仮免を取っていないので初期の段階です。
学科の教科書等を読んでいて疑問に思ったことがあるので聞かせてください。

中央線での黄色の実線、白の実線(破線)と、車両境界線での黄色の実線、白の実線(破線)についてのことです。
中央線について自分の解釈では、黄色は追い越しのための右側へのはみ出し通行禁止なので、はみ出さない限りは追い越しでき、通行途中に道路工事があったり、緊急車両に道を譲る場合などやむを得ないときは、追い越しのためではないのでは...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

>違っているところがあったら言ってください。

中央線の解釈については間違ってはいません。

中央線の白の実線は基本的に道路の左側部分の幅員が6m以上の道路になります。
従前は、道路の左側部分の幅員が3mに満たない道路に限り追越しのための右側部分はみ出し通行を認めていましたが、それでは片側の幅員が3m以上の道路においては、全く追越しができないことになり実情に即しなかったので、昭和39年の道路交通法の一部改正によって「6m未満」と改めました。
ここに「6m」とした根拠は、自動車の最大幅が2.5m(保安基準第2条)とされていることから、最大幅の自動車の相互間の追越しには、
5m(2台分)+0.5m(車両間隔)+0.5m(路肩部分または路肩相当部分)=6m
となるので、6m未満の道路で大型自動車が大型自動車を追越そうとすれば、例外なく道路の右側部分にはみ出さざるを得ないことになるところから「6m未満」としたと解されています。
つまり、はみ出さなければ追越しできます。
逆に、道路の左側部分が6m以上あれば、追越しのためであっても右側部分にはみ出して通行することは許されないことになります。

また、『追越しのための右側部分はみ出し通行禁止の交通規制は、道路の左側部分の幅員が、6mに満たない道路で行いうるものであるから、道路の左側部分の幅員が、6m以上の道路においては、この交通規制を行うことができない。』と謳われています。

>車両境界線についてですが、黄色は進路変更は禁止、白の破線は進路変更しても良いのだとは思うのですが、白の実線はどうなるのですか?

黄色の線の車両通行帯は公安委員会が必要と認めた場合、車両通行帯に黄線を引いて車両の進路変更を規制するものです。
たとえば、交差点の手前において進行方向別の通行区分の指定と併用する場合、横断歩道の手前での進路変更を禁止する場合、道路の屈曲部やトンネル内等危険な場所で進路変更を禁止する場合などがあります。

白の線で車両通行帯が区画されている場合は、実線でも破線でも、意味は同じで進路変更はできます。

>仮に交差点で右折するときに車両境界線が白の実線だった場合は右折のために進路変更はできないのでしょうか?

上記の理由で、進路変更はできます。

>道路外にあるガソリンスタンドなどに寄るために道路を右折する場合などは、白の破線、白の実線、黄色の線ではそれぞれどうなるのでしょうか?

中央線の種類には関係ありません。

車両横断禁止の標識があれば、道路外に出るために右折をすることができません。
車両横断禁止の標識がなければ、道路外に出るために右折することができます。

こんにちは

>違っているところがあったら言ってください。

中央線の解釈については間違ってはいません。

中央線の白の実線は基本的に道路の左側部分の幅員が6m以上の道路になります。
従前は、道路の左側部分の幅員が3mに満たない道路に限り追越しのための右側部分はみ出し通行を認めていましたが、それでは片側の幅員が3m以上の道路においては、全く追越しができないことになり実情に即しなかったので、昭和39年の道路交通法の一部改正によって「6m未満」と改めました。
ここに「6m」とし...続きを読む

Q路上の白の実線について。本当に混乱して困っています。

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるのでしょうか。
進路変更をしてはいけないのは、黄色の実線部分のみだと思いますが。。

また、交差点の手前30メートルだけ白の実線になっていますが何か意味があるのでしょうか。やっぱり白の実線は進路変更禁止でしょうか?でもそれならなんで黄色の実線にしないのでしょうか。また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」という条項(条文)はどこにも見当たりません。。
警察の人が言っていたのですが、交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできるみたいです。

カーブやトンネル内も白の実線になっているところが多いです。
これは一体なんででしょうか。
進路変更禁止でしたら、なぜ黄色の実線にしないのでしょうか。
進路変更できるのでしたら、なぜわざわざ白の実線にするのでしょうか。

こちらの過去の回答を読んでも、皆で言ってることが微妙に違うので分からないです。。
真実(^^;)を教えてください!

こんにちは。今まで何度か出てきた質問だと思いますが、本当のところどうなのか分からずに困り果てています。
調べに調べましたが分かりません。
本日警察に行ってまで聞いて見ましたが、交通課の人がいなく、とても納得いかない回答をもらいました。

質問は、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」が何を意味するのか、と言うことです。

進路変更(=車線変更)をしてはいけない、という意味だとおもっていましたが、どうもそうでもなさそうです。でもそうなると、白の破線と何の差があるので...続きを読む

Aベストアンサー

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メートルは進路変更禁止」は間違いです。道交法30条を読んでください。「交差点30m以内では、追越をするための車線変更は禁止」です。つまり、追越し目的でなければ、交差点30m以内でも進路変更は可という事になります。
ですから、警察官の「交差点の手前30メートルでも(黄色の実線じゃなければ)進路変更はできる」は正解です。

黄の実線については、「追越しのための隣り車線へのはみ出し禁止」または「進路変更禁止」の場所に引かれる、ことのようです。

なお、カーブやトンネルでも進路変更は出来ます。道交法30条に「追越しをするための進路変更は禁止」とあります。
この文だけを厳格に捉えると、カーブやトンネルの中央線は黄色にすべき、と考えられます。
しかし、それでも白色にするのは、「追越し目的でなくても、道路の右側にはみ出してはならない」事を示しているのでしょう。

ナゾは解けましたか?

参考URL:http://www.kictec.co.jp/go/line/line%20index.html

下に示すサイトと、道路交通法の条文を熟読して頂けたら、ナゾが解けるのでは、と思います。

まず、「中央線ではない、車両通行帯を区分する白の実線」は、そのまま車両通行帯を区分してるだけ、ではないでしょうか。
交差点の手前30メートルだけ中央線が白の実線にされるのは、中央線の設置基準の中の「白の実線:道路の右側にはみ出してはならないことを特に示す必要がある場所」なのでしょう。ですから、この白線には「進路変更禁止」の意味合いは含まれていません。

また、「交差点の手前30メート...続きを読む

Q高速道路のトンネルの中のオレンジ実線と白実線の違いは何でしょうか?

交通ルール
高速道路のトンネルの中のオレンジ実線と白実線の違いは何でしょうか?教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、「中央線」と「車両通行帯」を分ける線(片側2車線以上を区分する線)を分けて考えてください。

高速道路ですので、ご質問の実線は「車両通行帯」を区分する線のことだと想像して回答します。。

この場合、

白実線=白破線の強調で、車線変更は可能だが、あまり好ましくない。
オレンジ実線=車線変更禁止。

これはトンネル内でも同様です。
特に、高速道路でのトンネル内での車線変更は危ないので、オレンジ実線が多いと思います。

一方、オレンジや白の実線が「道路の中央線」ですと、意味合いが変わってきます。

白実線=追越を含め、右側車線にはみ出しての走行が禁止(道幅が広い道路の中央線になるので、ほぼはみ出さないで通行できる)。

黄実線=追い越すために、右側にはみ出しての走行が禁止(道幅が6メートル未満の道路)。

です。意味合いとしては同じですね。

お分かりいただけましたでしょうか。。

Q道路の車線、実線・点線/白線・黄線の違い

お尋ねします。

道路の引かれている車線で、
●実線と点線
●白線と黄線
はどのような違いなのでしょうか?
追い越しやはみ出しの規制だと認識しておりますが、何度教本を開いても、実際の禁止事項が頭に入りません。わかりやすくご教授いただけませんでしょうか。

また、上記の各線が、中央線である場合と片側複車線時の中央線でない車線である場合とで、意味の違いがありましたら、合わせてご教授ください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

白の破線は道路の左側が6メートル未満の場合に引かれるようです。この場合は、はみ出し追い越し可です。
白の実線は道路の左側が6メートル以上の場合に引かれるようです。この場合は、はみ出し追い越し禁止です。
黄色の実線は、たぶん道路の左側が6メートル未満だから本当は白の破線なんだけどはみ出し追い越し禁止にしたいからってことで引かれてるんだと思います。

Q道路のセンターライン(実線)、白と黄色の違い

まったく基本的な質問です。
普通の道路の、普通の中央線、白と黄色の違いは何でしょうか?
わたしはこれまで、白ははみ出さなければ追い越していい、黄色は追い越し禁止だと思っていたのですが、それって、違うようですね。

Aベストアンサー

車両通行帯が・・・
A)点線(破線)の白線
B)黄色線
C)黄色線と白線

A)は追い抜きも追い越しもOK。

B)追い越しのための右側部分ハミ出し禁止。
※追い越しとハミ出し禁止の違いは、標識の下に補助標識が付きます。追い越し禁止の標識は中々は見ることはありません。しかし、栃木県の日光市にあります。

C)追い越しのための右側部分ハミ出し禁止。但し、白線側からのハミ出しや追い越しはOKです。これも日光市にあります。

秋の紅葉狩りに出掛ける機会がありましたら、注意して見てください。

Q道路交通法(黄色い線について)

片道1車線の道路で真ん中に追い越し禁止の黄色い線があるとします。
進行方向右側のお店の駐車場に入りたい場合、その黄色い線を越えて
右折して入っていいのでしょうか?

あいまいな記憶なのですが、黄色い線の場合、それをまたいで右折しては
いけないと自動車学校で習った気がするのですが、現実にはみなさんしますよね?
決定的だったのは、この前パトカーが右折してたんです。サイレンなしで。
ってことはやっぱり合法?

モラル的にも、1車線なんで、結構長い時間右折待ちすることになってしまうので、
よくないとは思うのですが・・・

あと、こういう道路交通法について疑問に思った時って、交通課に電話すれば
答えてくれるでしょうか?(FAXでも可?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>その黄色い線を越えて
>右折して入っていいのでしょうか?

OKです。黄色い線をまたいで右折、ではなく、またいで
走行してはいけないと言われたのでは無いでしょうか?
(またいで走行なんて、道路事情やその他の要因でいくらでもまたいで走るのが現実ですが:笑)

道交法は住所地を管轄する都道府県警察などに問い合わせれば教えてくれます。
交通課へ電話して、教えてくれるでしょう。
(警察も色んなのが居るみたいですがね・・・)

あちらさんも忙しかったら何なので、もし小生があなたの立場なら電話します。
FAXは、「返事はいつでもいいですよ」みたいな程度のものならば出すかもしれません。

Q白い点線を挟む両側黄色の実線

道路の中央分離帯で、
真ん中が白い点線で、それを挟む両側が黄色の実線
の場合、この意味はなんでしょう?

白の点線を黄色の実線で挟む意味はないと思うのですが…。
最初から黄色の実線だけでいいんじゃないですか?

Aベストアンサー

ただ単に夜間など見やすいという理由みたいですよ。
下記HPを見て下さい。

参考URL:http://www.tli.co.jp/3_q-and-a/drive.html#q15

Q道路中央線が白実線二重線の場合

道路中央線が白実線二重線の場合は、右折禁止だと思っていたのですが、それを
明記したサイト等が見つけれなかったので自分の勘違いかと心配しています。

それと、そのような道路に右折で侵入するのは可なのでしょうか。近くの自動車学校が
横道からその道に右折で入っていくのをよく見ますが、友人の一人は「ダメなんじゃない?」
と言っています。あんまり自信は無いみたいですが…。いずれも「だと思う」でなく
信頼の置けるサイトや具体的な条文を提示してくれる人の回答をお願いします。

Aベストアンサー

 ANo.1です。

>では逆に「道路中央線が白実線二重線」は何の意味があるのでしょう?
よろしければ補足説明して頂けると嬉しいです。

 「道路中央線が白実線二重線」の道路は、片道二車線以上の道路が大半だと思います。簡単に書けば、中央線が何処か分かりやすいように、二重線にしてあるんですね。本当は中央分離帯を作れれば一番好いのですが、幅が足りないとか、予算がないとかで、二重線でお茶を濁してある(?)んですね。

 具体例ですが、近所に片方が2車線、片方が1車線の道があるんですが、初めて走られる方は何処が中央線なのか迷われると思います。という事で、中央線は二重になっています(他にも工夫はしてありますが)。

Q縁石の黄色ペイントの意味は?

歩道のある道路で、歩道の縁石に黄色ペイントがしてありました。
交差点付近では実線で、交差点から離れた所では破線でした。
これはどういう意味でしょう? 教本に載っているのでしょうか。

Aベストアンサー

黄色の実線は駐停車禁止、破線はは駐車禁止を示しています。
たしか、教本に載っていました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング