直江兼続のうたを知りたいのですが。

直江兼続だけじゃなくてもいいのですが(でもメインで知りたいです)、当時の人たちの作った詩と、訳が載っているお勧めの本やサイトがあったら教えてください。

辞世の句の載ったものも募集中ですっ!

お願いします。

A 回答 (1件)

>直江兼続のうたを知りたいのですが。




      ↓

辞世の句として残されてはいないと思いますが、兼続の遺作<最後の詩>は

洛中之作

独在他郷憶旧遊
非琴非瑟自風流
団々影落湖辺月
天上人間一様秋

>辞世の句の載ったものも募集中ですっ!
http://busyo.cocolog-nifty.com/busyo/cat1861187/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/07 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大河ドラマの主人公直江兼続

上杉謙信が死去する頃以前の直江兼続についての詳しい経緯を記している史料があまり無いと聞いたのですが、それでは今回の大河ドラマの直江兼続の幼少期や若年期のストーリーは全くの空想ということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

様々な人の様々なエピソードが後世に伝えられていますが
それをどこまで信じるかということになると
それは話を聞いた人次第ということにになります。

例えば、秀吉の城の普請のエピソードや墨俣一夜城の話なんかも
どこまでが本当でどこからがフィクションなのかは
受け取る人次第なところがありますから

Q辞世の句は本当に辞世か? それとも創作?

辞世の句や最後の言葉は本当に最後の言葉だったんでしょうか?
例えば光秀の、
「順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す」
は、竹やぶで土民に刺されたときにそんなこといえるはずもないし、
信長の、
「是非もなし」
なんて、あの戦乱の最中に誰が聞いていたのでしょうか?
謙信の、
「極楽も 地獄も先は 有明の 月の心に 懸かる雲なし」
「四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒」
もトイレで意識を失ったのに言えたのか・・・。

みな、言葉を考えて急死したとは考えられません。

逆に、布団の中や徐々に死んでいった場合(家康・秀吉・信玄等)や、打ち首のため最後の言葉を言えたチャンスのあった人(三成・吉田松陰・江藤新平等)の言葉は信用できますが・・・。


突然死んだ人の辞世の句は、後世、誰かが「そういえばあの人はこんなこと言っていたなあ・・・」と思い出して勝手に創作したと考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

おおむねNo.2さんの回答に賛同です。
ただ、決死の覚悟で戦に挑む前にまるで自分の死(負け戦)を
予知するような・・・個人的に信じがたいですねこれら辞世は。
天命を知って床でゆるりと書いたものなら信じれるんですが。

特に質問者様の例としてあげておられる光秀と信長の辞世
(信長のは辞世じゃないが)については、この両者の死
自体が明白になっていないので、後世創作だと思っています。
光秀の辞世でもうひとつ・・・詳しくは忘れましたが
「・・・~、身をも惜しまじ、名をも惜しまじ」という句も
聞いたことがあります。この句だと、いかにも本能寺の変は
黒幕がいて、光秀はただの実行犯って感じがしますね。
天下を取った者が正しいわけで、弱者敗者はときに事実を
曲げられたりしているものです。

Q直江兼続の馬名を教えてください。

直江兼続の馬名を教えてください。

直江兼続の愛馬(確か白毛)の名称・呼称をご存知の方がいらっしゃたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

黒雲(と名があるので白ではなさそう)
戦場で戦うので一匹(一頭)とは限りませんが。

「匹」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP334JP336&q=%e9%a6%ac%e3%80%80%e4%b8%80%e5%8c%b9
「頭」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP334JP336&q=%e9%a6%ac%e3%80%80%e4%b8%80%e9%a0%ad

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown/2647/kanetugu.html

Q浅野内匠頭の辞世の句について

ずっと
「風誘う花よりもなお我はまた春の名残をいかにとやせん」
だと思ってたのですが,今放送中のテレビで「いかにとかせん」と言ってたんです。
テレビ局が嘘を放送する事も無いでしょうし,実際どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。再度お邪魔します。
これを言ったら身も蓋もないかもしれませんが、実はこの辞世自体、後世の創作という説もあります。
詳しくは↓をご覧ください。

http://homepage1.nifty.com/longivy/index.htm

「多門筆記」はあくまでも多門伝八郎の個人的なメモに過ぎません。また伝八郎自身が浅野内匠頭に同情して幕府の不条理な処置に憤りを感じたのは事実かもしれませんが、書いた本人があまりにも反骨の士として美化されていて、信憑性がないというのが、後世の創作と疑われる理由だと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/longivy/index.htm

Q豊臣秀吉が直江兼続を引き抜こうとしたが、他にも引き抜きをしていたのですか。

天地人で、豊臣秀吉が直江兼続を直接の家臣にしようと砂金をばらまいたり、刀を振りかざしたシーンがありました。あのシーンはドラマの演出としても、実際、一代の成り上がりで譜代の家臣を持たないので引き抜きはあったのだと思います。

さて、同様な引き抜きは他にどんなのがあったんでしょうか。おしえてください。

・徳川家康の石川数正のそうでしょうか。「出奔」というくらいだから引き抜きというより、ケンカわかれしたのを拾ったという印象ですが。
・毛利は、本家輝元のほか、安国寺えけいや毛利秀包、小早川隆景を別家でとりたてていますが、これも直江兼続同様に引き抜きで成功した例ですか。
 逆に引き抜きできなかったほかに例はありますか。
・伊達政宗の片倉小十郎も引き抜こうとしたのですか。

Aベストアンサー

立花宗茂
引き抜きというか独立の大名になりましたね。

島津兄弟
兄の義久が薩摩、弟の義弘が大隅とそれぞれ所領安堵されている。結果として義弘の息子が兄の義久の養子になったので統一されているが、義久に実子がいれば、別家扱いになっていたかもしれません。

津軽為信
分離志向があったものを、太閤公認で別家

真田
ここも、信長死亡をうけてのどさくさで別家というか独立ですね。

Q徳川家康の辞世の句の意味を教えてください

徳川家康の辞世の句の意味を教えてください

「先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ 」の意味が知りたいのですがググってもヒットしません。

私なりの解釈を書きます。
「先にゆき 跡に残るも 同じ事」は
「73歳まで生きれば、今死んでももう少し経ってから死んでもあまり変わらない、もうこれ以上生きてても活躍しない、やる事は全てやり尽くした。」だと思っています。

しかし「つれて行ぬを 別とぞ思ふ」の部分はどう解釈すればいいかわかりません。
「つれて行ぬ」は心中と言う意味ではないですよね?

また「つれて行ぬ」は何と読むのでしょうか?
「つれていかぬ」?
「つれていぬ」?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 忠誠心の強い三河武士に、追い腹を切るなという意味を込めたのではないでしょうか。

Q直江兼続と大一大万大吉

石田三成さんの旗印「大一大万大吉」ですが、プレステ2の某戦国ゲームの中では、友人の直江兼続からその言葉と意味を教わるシーンがあるそうです。
直江さんの思想の中にも同じような考えがあったのは何かで読んだことありますが、大一大万大吉という言葉を石田さんに教えたという説が実際にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

三銃士のシーンですね。個人的にはゲーム中であの場面が一番好きなシーンです。
ご質問の件ですが、おそらく創作だと思います。wikiからの引用で恐縮ですが、“鎌倉時代の武将、「石田次郎為久」(中略)も使用”していたということですので、彼にちなんで使った(あるいは先祖)のではないでしょうか。
徳川家康との対決において、三成と兼続が共同作戦を取ったという話から二人(+真田幸村)の結びつきを強調するために挿入されたイベントではないでしょうか。
もしかしたら、そういう説話が存在するのかもしれませんが、私は聞いた事がないです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E4%B8%89%E6%88%90

Q長宗我部元親の辞世の句

長宗我部元親の辞世の句、知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

長宗我部元親の一生を書いた、司馬遼太郎氏の小説に書かれていないので、辞世の句を止詠まなかったか又は詠んでも、後世に伝わらなかったのでしょう。

Q直江兼続は恩のある豊臣家を何故滅ぼしたのですか?

関ヶ原の戦いが終わり敗者となった上杉。
その後家康に恭順し恩のある豊臣家を攻撃します。

どうして義の軍団の上杉が豊臣を攻撃したのでしょうか?

Aベストアンサー

そうそう忘れていました。

徳川家康が征夷大将軍になって、幕府開いたのは1603年です。
上杉が米沢に押し込められたのは、1601年です。
関が原以降、徳川家康が大きな権力を握っていたのは確かですが、それは、豊臣政権の五大老筆頭としてです。秀頼の未成年後見人としてです。関が原直後、大阪城に入った家康ですが、すぐに、大阪城を秀頼に明け渡し、自分は伏見城に移っています。
ですから、上杉を故郷の越後を追いだし、米沢に押し込めたのは、家康が大きな力を持っていたとはいえ、豊臣政権です。

家康を五大老の筆頭にしたのは、秀吉ですが、上杉に会津120万石を与え、関東東北の要としたのも、秀吉です。豊臣家が、秀吉の政策を継続するなら、秀頼が「上杉の会津(佐渡、出羽)120万石はそのまま」っていえばよかったんです。
天地人でのせりふの「上杉を潰すな」くらいじゃ、全然だめです。

会社の東北支店長だったのに、解任されて、米沢出張所に飛ばされ、一生出世なしって待遇されたら、恨みますよね。首にしなかったから、恩を感じろなんて、めちゃくちゃじゃないですか?

上杉は、京都との交易による関銭が大きな収入源です。アメリカと貿易して関税でもうけるみたいなものです。北の関が原で、出羽に出兵したのは、直江津港に代わる、もらったばっかりの庄内の港を最上から守りたかったからです。

上杉が越後から出たのは、直江津港(当時は今浜)の代わりに佐渡の港と、庄内の港をもらえるからでした。それを、反故にされし、港の無い米沢に押し込められちゃったんですよ。豊臣家を恨みませんか?

そうそう忘れていました。

徳川家康が征夷大将軍になって、幕府開いたのは1603年です。
上杉が米沢に押し込められたのは、1601年です。
関が原以降、徳川家康が大きな権力を握っていたのは確かですが、それは、豊臣政権の五大老筆頭としてです。秀頼の未成年後見人としてです。関が原直後、大阪城に入った家康ですが、すぐに、大阪城を秀頼に明け渡し、自分は伏見城に移っています。
ですから、上杉を故郷の越後を追いだし、米沢に押し込めたのは、家康が大きな力を持っていたとはいえ、豊臣政権です。

...続きを読む

Q直江兼続末裔

何してますか

Aベストアンサー

息子が早死にしたので、直江本家は断絶したが、
養子で、弟の娘を養女にし嫁がせた
本田政重は、加賀前田家の家老五万石となり、
直江家はじめ上杉からの浪人を多数召し抱えた。


政重の子孫の、本多正光さんは
石川県の藩老本多蔵品館館長として、
加賀前田藩の資料の保全研究を
されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報