書籍やCDなど、著作者に支払う「印税」の由来を教えてください。
なぜ、税金でもないのに「税」がつくのでしょうか?
昔は、税金だったとか??

A 回答 (2件)

印税は日本では、1886年小宮山天香が鳳文館と「慨世史談・断楕奇縁(エルクマン・シャトリアン著マダム・テレーズの翻訳)」の出版の時の契約が最初とされています。

その当時より著作権者が書籍の奥付に押印した印紙を貼り、発行部数の証拠としていました。印税はこの検印の方法が印紙税のそれと似ていたので、印税と呼ばれたようです。この方法も昭和40年代には、廃されて、実売数により支払われるようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2001/04/07 17:29

当時は、奥付の「定価」より下の部分を小さな別紙に印刷して、糊で貼り付けていた。

それ以前の別紙は、まさに印税の名の由来の通りである。その別紙に一枚一枚、著者が印を押し、印税分の金額と引き換えで、出版社に渡していたのである。

だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔の本の背表紙についていたのを見たことがあります。
そのことですね。 ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/07 17:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「印税」は税金でないのに「税」という文字をつかうのか?

タイトル通りです。「印税」は税金でないのになぜ「税」という文字をつかうのでしょう?

Aベストアンサー

印税とは何か?

印税とは印紙税のことで各種の契約書、領収書、通帳などのような

経済取引に際して作成される文書にかかる税金です。


やっぱり税金ではないでしょうか

Q物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。 国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの

物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。
国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの分け方で。

Aベストアンサー

宝島社の本でしたら詳しくわかりやすく書いてありますよ。

Q江戸時代に農民が幕府に税金を払っていたのは何という税金だったのでしょうか? 固定資産税というのは存

江戸時代に農民が幕府に税金を払っていたのは何という税金だったのでしょうか?

固定資産税というのは存在しましたか?

それとも農作地に対しての税金ではなく、収穫分の何%を納付するみたいな契約だったのでしょうか?

Aベストアンサー

農民の税金は、年貢です。 幕府領地である天領でも、大名諸家でも同じです。
徴税方法は、検見制,幕府または領主が役人を派遣して稲のできを調べ、その年の年貢高を決める場合
定免制、一定の期間内はその年の豊凶に関係なく、定額を徴収する。
2形態の徴収方法がとられていました。
何処の土地がどっちというのは、担当役人代官と現地の代表者である庄屋との談合で決まったようです。
農民にとってどちらが得かは、圧倒的に定免制です。
凶作でも一定量徴税しなくてはならないので、一見不利のようですが、
検地が太閤検地以来、検地が行われていない土地も多く、実質生産高と書類上の石高と、江戸期は相当な開きが生じてきていたと明らかになっています。四公六民=徴税率4割でも、実際の取れ高で換算すると5%にも満たない場合が一般的です。大地主や大庄屋に、豪農という大金持ちが存在したのは、その為です。出羽酒田の本間家が尤も著名です。

固定資産税はありません。土地に対する課税は、明治以降です。
江戸期、商人は店の間口の長さで、一定額の税金が課せられました。
まったくない、町も多いですが。

Q日本での金(ゴールド)の売買は消費税以外に譲渡所得の税金が上乗せされますが、金売買で税金を取るのは日

日本での金(ゴールド)の売買は消費税以外に譲渡所得の税金が上乗せされますが、金売買で税金を取るのは日本ぐらいで珍しいと言われました。

アジア、アメリカやヨーロッパは金は非課税なんでしょうか?

中国、香港、シンガポールは金の売買で税金を取られますか?

アメリカは?イギリスは?

教えてください。

インドネシアは?

Aベストアンサー

譲渡所得は何かを売って利益が出た場合にかかる税金です。金でも土地でも絵画でも、売って利益が出たらかかるものであって、利益が出なければ課税されないし金だけ税金がかかるわけではありません。
金売買に格別かかる税金なんていうものは聞いたことがありません。

Q高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか

高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか)から生まれる子供と、
そうでない親から生まれる子供の間には
子供の教育において、かなりのハンデがあると思うんですが、
本当でしょうか?

Aベストアンサー

これはもう、教育社会学では常識です。特に難しい論文でなくても、一般向けの書籍でいくらでもそうした調査結果は出ていますから、お読みになったらいかがでしょうか?
もちろん、個々には「例外」もありますが、統計的には(つまり確率的には)はっきりと有意に差があります。

例えば、お茶大の調査結果ですと、低学力の子どもの保護者の特徴として
・携帯でゲームをする
・カラオケが好き
・スポーツ新聞、女性週刊誌を良く読む
・テレビが好き
・競馬、パチンコなどのギャンブルが好き

逆に高学力の子どもの保護者の特徴としては
・家庭に雑誌や漫画以外の本がたくさんある
・(携帯よりも)パソコンでメールをする
・新聞の政治経済欄を良く読む
・美術館などによく行く
・食事の時にテレビを見ない

等々が挙げられていますね。
これは、つまり家庭の「文化」と学校の「文化」の親和性が高いということで、そのため、子ども達が教師の言葉や学習の言葉に対して、親しみを感じ、理解力が高くなるためではないか、と言われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報