仏壇のお供え餅はいくつですか?

法事の時に仏壇にお餅をお供えするのですが、1つの入れ物(高台というんですか?)にいくつ乗せればいいですか?
お正月の鏡餅みたいに2つ重ねるのでいいのでしょうか?
ちなみに浄土真宗です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お供えをする小餅の数は決まっていません。


お仏檀や仏具の大きさ、他のお供えなどと調和するような(見た目にバランスが取れている)数でよいのです。

ただ、日本の慣習としては、一つの容器に奇数個盛るのが良いかと思います。
なぜ奇数かということは、仏教の教えに関係がありませんので、説明を省略させて戴きます。

浄土真宗のお寺では、報恩講などの重要な法事の場合は、丸小餅を盛り上げ、赤や青色の彩色をしてお供えをします。
これを「おけそく(お華束)」といっています。
しかし、一般の在家では、普通の丸小餅で十分です。

小餅を一対(いっつい;二つで一組)の供筍(くげ;お供えを盛るもの)に盛って供えますが、供筍が無ければお盆でも差し支えはありません。
あなたの質問でいっている高台(おそらく「高杯(たかつき)」のことでしょう。)で十分です。

「盛る」と記しましたが、供筍が小さい場合、縦に積み重ねます。
また、お仏壇の大きさ等の関係で、一対では混み合って見苦しいようなら中央に一つでも良いでしょう。

小餅を盛り上げて供えるのは浄土真宗独特の形式で、親鸞聖人の後を継がれた如信上人が、関東のお同行が少しずつ持ってきた小餅をお供えしたことに始まるといわれており、大切な形式です。

あなたがお尋ねになっていないことにまで触れて、回答が冗長になってしまいました。
ご容赦下さい。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

そうです、高杯のことでした。
参考にさせていただきます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/01 15:04

仏壇にお備えするお餅の数に決まりはありません。


我が家では、本尊の前の須弥壇の上に、「供笥」と呼ばれる台に市販の丸餅を3段に重ねたものを一対飾ってます。4段の方が見栄えは良いのですが、8個だと下げた時に食べきれないためです。

ここからは厳密な作法について説明します。
浄土真宗は、正式なお荘厳の作法があります。また、宗派(お西・お東)によって作法が異なります。
そこまではお飾りにこだわらない場合は、読み飛ばしてください。

お餅を備える台を「供笥」といいます。浄土真宗においては「高杯」は略式であり、仏壇の中には用いないのが正式です。

供物は、大谷派(お東)では小餅のみをお備えします。本願寺派(お西)は小餅を主に、菓子・果物などもお備えします。通常の日のお供えは、お仏飯(大谷派は「お仏供」と呼びます。)のみをお備えします。

家庭用の供笥は、2寸から4寸程度の大きさの物が市販されています。
2寸5分の大きさが、市販の丸餅を重ねるのにちょうど良い良い大きさです。

材質は、PC製・木製があります。材質によって価格がかなり異なります。
形状は、大谷派は八角形のみ、本願寺派は六角形か八角形のものを用います。

以下は大谷派のお荘厳の正式作法です。(お西の厳密な正式作法は分かりません。)

「報恩講」等の重い仏事用の供笥と、祥月命日・彼岸会などのその他の仏事用の供笥があります。
金箔を貼っていない白木地のものが法事の時に用いる供笥です。金箔を押して蓮池の絵が描かれているものが「報恩講用」の供笥です。

「蓮池彩色金供笥」http://www.taiwa-tuhan.com/kugetakat/P10002971.jpg
「木地供笥」は、一般家庭用のものは入手しにくいですが、下記のサイトで購入できます。また「方立」とよばれる飾りが付属していないので、画用紙などで自作する必要があります。
http://item.rakuten.co.jp/iwata-ss/10000406/
上のサイトでは、なぜか梨(?)がお備えしてありますが、大谷派では祥月命日以上の日に餅のみ供笥にのせてをお備えします。

また、正月だけは「折敷」と呼ばれる台に白紙を敷き、その上に丸餅を3段重ねて葉付きの橙をのせたものを、ご本尊の前に一対お備えします。

(参考)
下記リンクの画像は、真宗大谷派(お東)の正式な荘厳です。
http://www.kyo-butsugu.jp/itemimage/src/id/639/w …
小餅の盛り方は2種類あって、左側が「報恩講」等の重い仏事で飾る「須弥盛」、右側がその他の仏事で飾る「杉盛」です。

大谷派の仏壇のお飾りについては、東本願寺出版部発行の『お内仏のお給仕と心得』(ISBN4-8341-0067-7)に詳しく載っています。
本願寺派の仏壇のお飾りについては、本願寺出版部発行の『仏事のイロハ』(ISBN4-89416-360-8)がありますが、読んだことがないので内容は分かりません。
法藏館発行の『お内仏のお給仕』(ISBN4-8318-9191-6)という本は、両派のお飾りについて詳しく載ってます。(この本は、お東について一部正しくありません。)

お東の仏壇の荘厳については、下記サイトが詳しいです。
http://www.gobosama.net/butuji/onaibutu.html
お東の仏具については、下記サイトが詳しいです。
http://www.kyobutugu.co.jp/data/data5.html
    • good
    • 20
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
作法についても参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/06/01 15:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏壇の飾り方

曹洞宗の仏壇の飾り方で少々分からないところがあります。
御本尊様の左右は小さな花瓶を置き中央はご飯と教えて頂き
そのようにしていましたが、最近他で、そのやり方は他の宗派で
曹洞宗は右に湯呑み茶碗、左にご飯と言われました。このやり方だと
御本尊様のところに収まりません。これを収めるにはどうすれば良いでしょうか。
また、どちらが本当なのでしょうか。

Aベストアンサー

お寺さんに聞くのが一番ですよ

別に他人が来てお参りするべきものではなく毎日自分がするもの、それに外部で接触するのはお寺さんですから、お寺さんの言うとおりにすればいいんです。誰かが知ったかぶりで文句言ったら「お寺さんのおっしゃる通りにしています」と言えばイインです。
そもそも仏教は迷いをなくす事に意義があります。形にこだわれば迷いを産むだけです。ひとつを信じて迷いを消せばいいんです、その信じる相手はお寺さんしかないでしょ。

ウチのお寺さんの先代住職は厳しい人で、父の葬儀の際にも葬儀屋さんから「あの方丈さんは厳しくて怖い、申し訳ないけど喪主様から伺ってただけませんか」と泣きつかれたほどです。実際に葬儀屋がそろえた祭壇で「初七日までは仏じゃないんだから使っていた湯飲みを使え」と怒鳴られていました。その方から私は配置についてどっちでもいい心を込めて捧げなさいといわれました。

ネットで曹洞宗 仏壇 お供えで検索してみてください。多分どっちにおく加等ほとんど書いていないはずです。その通りだからです。つまり関係ないと言うこと。一部にご飯は向かって右とあります。
強いて言えば、中央にご飯、両サイドに水です。つまりそのどっちかの水を省略しているだけなのでどっちでもイインです。

一日ご飯を供えっぱなしにする人もいますけど、これも捧げて読経したら下げちゃったって構わないんですよ。或いは日に二回朝夕と捧げ、夕のご飯は下げて食べちゃってイイんです。(私は野鳥にあげていますけど)

お寺さんに聞くのが一番ですよ

別に他人が来てお参りするべきものではなく毎日自分がするもの、それに外部で接触するのはお寺さんですから、お寺さんの言うとおりにすればいいんです。誰かが知ったかぶりで文句言ったら「お寺さんのおっしゃる通りにしています」と言えばイインです。
そもそも仏教は迷いをなくす事に意義があります。形にこだわれば迷いを産むだけです。ひとつを信じて迷いを消せばいいんです、その信じる相手はお寺さんしかないでしょ。

ウチのお寺さんの先代住職は厳しい人で、父の葬儀...続きを読む

Q浄土真宗本願寺派と真宗大谷派

先日、母方の祖母が亡くなり、四十九日までの間、手伝いに行くことになりました。
伯父も伯母も、お寺関係のことは祖母に任せきりだったようで、作法というかマナーをあまり知らないようでした。
これでは、お寺さんに失礼だと思い、質問させていただくことにしました。

祖母の家は真宗大谷派、私の嫁ぎ先は浄土真宗本願寺派です。
まず気になったのは、伯父や伯母がお坊さんのことを「和尚さん」と呼んでいたことです。
本願寺派では、「ごいんげさん」と呼びますが、大谷派は「和尚さん」でいいのでしょか?

その他、大谷派の作法等で気をつける点があれば教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は、真宗大谷派に属する門徒です。

まず、お寺さんの呼び方ですが、地域により異なります。
なので、「何も知らなくてお恥ずかしいのですが、どのようにお呼びすれば良いか教えてください」と素直に聞くのが一番良いと思います。決して失礼なことではありません。
ちなみに私の地方では、ご住職(もしくは住職)と呼んでいます。

また作法・マナーについても、ご住職に聞かれるのが一番だと思います。
細かな点については一度では話しきれないかと思います。大谷派の場合は「お内仏のお給仕と心得」という入門書が本山(東本願寺)から出版されています。本願寺派の入門書も西本願寺から出版されています。ご住職によっては、作法・マナーを伺った時に手渡してくれるかも知れません。

しかし最低限のマナーはあります。それは寺に行くときは「念珠」を持参することです。寺に用意されている念珠は、あくまでも忘れた人のためのものです。

念珠の扱いについては、以下の点に注意してください。
・念珠は、念珠袋に入れていき、カバンやポケットに直接入れない。
・畳や床の上に念珠を直に置かない。
・トイレに行くときは、念珠袋にいれてカバンかポケットに入れる。

念珠の形式は、八宗用念珠などの特別な形の念珠は用いません。
「片手念珠」(もしくは「略式念珠」)と呼ばれる念珠が、浄土真宗の正式な念珠です。(女性の場合に限っては、「八寸門徒」と呼ばれる浄土真宗専用の念珠がありますが、形見としてもらってない限り最初から持つ必要ありません。)

浄土真宗で大事な作法は、合掌礼拝・称名念仏です。
尊前で念珠を用いて合掌し、大谷派は「なむあみだぶつ」(「なんまんだぶつ」・「なんまんだぶ」とも称えます)、本願寺派は「なもあみだぶつ」と声に出すのが作法です。
最初は口を動かしているだけのような小さな声で構いません。(参考までに、適切な声の大きさは自分の耳に聞こえる大きさです。)

最後に「教えて!goo」などネットの情報は、浄土真宗の作法やマナーについてかなり間違えて回答されている方が多いので注意してください。

長文になってしまい大変失礼しました。

私は、真宗大谷派に属する門徒です。

まず、お寺さんの呼び方ですが、地域により異なります。
なので、「何も知らなくてお恥ずかしいのですが、どのようにお呼びすれば良いか教えてください」と素直に聞くのが一番良いと思います。決して失礼なことではありません。
ちなみに私の地方では、ご住職(もしくは住職)と呼んでいます。

また作法・マナーについても、ご住職に聞かれるのが一番だと思います。
細かな点については一度では話しきれないかと思います。大谷派の場合は「お内仏のお給仕と心得」という入門...続きを読む

Q仏壇の飾り方

ふと疑問に思ったのですが, 仏壇の飾り方には厳密な決まりはあるのでしょうか? 仏具の基本的な設置場所は大体決まっているとは思うのですが, ネットで色々調べてみるといろんな置き方があるみたいで・・ 例えば位牌ですが,本尊と同じ段に置いている画像も見ますし、本尊より一段下の段に置く画像も見かけます。あとちょっとした仏具でも微妙に設置する段が違ったりと・・

母は“ある程度基本を守ればあとはそれほど気にしなくても。 大事なのは心だから・・”と言います。 もちろん宗派によっても置き方は違ってくるとは思うのですが, みなさんのところはどうでしょうか?

Aベストアンサー

 禅宗の僧侶です。質問の内容がちょっと曖昧だと思います。まずあなたの菩提寺の宗派をはっきり明示しましょう。仏壇は仏様を祀るところ、お寺の本堂のレプリカのようなものである、とます認識してください。お寺の本堂の本尊様は宗派によって異なってきます。(厳密に言えば、寺の開創の事情等によってそういう公式的の当てはまらないケースもかなりありますが、仏壇に関してそこまで考慮しなくても良いと思います。)
 浄土宗と浄土真宗と時宗は阿弥陀如来を本尊とします。真言宗は大日如来。曹洞宗臨済宗天台宗は釈迦如来。日蓮宗は南無妙法蓮華経の掛け軸を本尊とします。
 大部分の宗派では位牌を置きますが、浄土真宗では小さな掛け軸に法名を書いたものを仏壇に祀っています。

 また、位牌の置き方ー本尊と同じ壇に置くべきか、下の壇に置くべきかーと言う点については、お寺さんによって見解が分かれるかもしれません。
 1、位牌に祀られている方をどう捉えるか?
  (1)、既に仏如来と同じ立場となったと考えれば、本尊様と同じ壇で良いと思います。
  (2)、故人は戒名を受け仏弟子となったのだから、一段下に祀るべきであるという考え方も成り立
    ちます。
私の場合、檀家さんに聞かれた時には(2)の立場で答えています。この点に関しては、それぞれの和尚さんによって答えが違ってくると思います。

 2、仏壇の大きさ、仕様によって異なってくると思います。本尊様と同じ壇しか位牌を置く場所がなけ
   れば、本尊様と同じ壇にするしかないと思います。

 長い回答になってしまいましたが、
(1)あなたの菩提寺を明示すること。
(2)あなたの家の仏壇の大きさや仕様を具体的に説明すること。
 その上で、菩提寺の宗派の僧侶の方やその宗派の仏壇の専門業者の方に回答を求めてください。そういう基本を押さえた上で、「供養する心」を込めて日々お参りに努めていただきたいと思います。
  
 

 禅宗の僧侶です。質問の内容がちょっと曖昧だと思います。まずあなたの菩提寺の宗派をはっきり明示しましょう。仏壇は仏様を祀るところ、お寺の本堂のレプリカのようなものである、とます認識してください。お寺の本堂の本尊様は宗派によって異なってきます。(厳密に言えば、寺の開創の事情等によってそういう公式的の当てはまらないケースもかなりありますが、仏壇に関してそこまで考慮しなくても良いと思います。)
 浄土宗と浄土真宗と時宗は阿弥陀如来を本尊とします。真言宗は大日如来。曹洞宗臨済宗天...続きを読む

Q過去帳・法名軸(浄土真宗)再婚後の取扱い方を教えてください。

結婚後、わずかな期間で主人が病気で亡くなりました。
私が若かったため、主人のご両親がお仏壇は自分達で持つと言われました。主人の実家は新しいお仏壇を購入し、過去帳に法名を書いてもらっていました。

私は実家に戻りましたが、同じ浄土真宗だったため、前の年に亡くなった実父のお仏壇で一緒にお参りできるようにお寺で法名軸を書いてくださり、実家のお仏壇でも主人に手を合わせていました。

年月が経ち、私は再婚したのですが、私の母が、もう私は実家に住んでいないのだし、亡くなった主人の法名軸は主人の実家に持っていった方がいいのではないかと言ってきました。
亡くなった主人の実家とは行き来もあり、仲良くしておりますが、急に持っていったら、息子を返されたみたいで悲しくなるのではないかと思ってしまいました。

もうすぐ命日ですので、お寺に行ったときにどうすれば良いか聞いてみようと思いますが、先にこちらで相談させていただきました。

このような場合、お寺で引き取ってくださるのでしょうか。
または、私が法名軸だけを持っていてもよいでしょうか。
主人の忘れ形見の子供がおります。持っていても良いのであれば、私が死んだときに、棺に入れてもらうように話しておきたいと思います。

結婚後、わずかな期間で主人が病気で亡くなりました。
私が若かったため、主人のご両親がお仏壇は自分達で持つと言われました。主人の実家は新しいお仏壇を購入し、過去帳に法名を書いてもらっていました。

私は実家に戻りましたが、同じ浄土真宗だったため、前の年に亡くなった実父のお仏壇で一緒にお参りできるようにお寺で法名軸を書いてくださり、実家のお仏壇でも主人に手を合わせていました。

年月が経ち、私は再婚したのですが、私の母が、もう私は実家に住んでいないのだし、亡くなった主人の法名...続きを読む

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
ご相談の件、どうしなければいけないとか、どうした方が良いという回答はありません。
ただ、しいて違うという点は、お母様の言われる「私は実家に住んでいないのだし、亡くなった主人の法名軸は主人の実家に持っていった方がいいのではないか」というお仏壇への誤解と、法名軸に対する誤解のある考え方です。
法名軸は、通常は締まってあり、法要の際に側面に掛ける事になりますが、普段しまってあるものを過去帳に転記し処分するというのならわかりますし、お寺に返すというのならまだ解ります。ご主人の実家に帰す意味合いは他宗の位牌などとは異なり、単に、自分たちの縁のあった方の名札のようなものですから、位牌などとは意味合いが異なります。
お仏壇は家庭内におけるようにしたミニチュアのお寺の本堂です。
仏教徒ですから、本来毎日お寺に詣でてお参りが出来れば良いのですが、それも出来ませんので、家の中にお寺の本堂と同じ空間を作るのです。ですから、飾付けもミニチュアの仏具でお寺の本堂といっしょです。(小さい分、略しますが)
お寺の本堂と仏壇は、大きさこそことなりますが、宗教的意味合いからは同じものなのです。
ですから、仏壇の中心は御本尊で、特定の親族や先祖を祭るという意味合いは元々ありません。そのミニチュアのお寺の本堂である仏壇に、ご縁のある亡き人がいれば、そのご本尊のおそば近くに、その法名を奉じさせていただくだけです。その意味では、先祖や親族で無くても赤の他人でもご縁のある方の法名を記させていただき、自分が仏法に出会わせていただく縁とすればそれでよいのです。

再婚によって、前夫の痕跡を消したいということでは無いでしょうし、現在のご主人も事情を理解の上でのご縁でしょうし、何よりもお子さんには実父であります。そのままお持ちになりご処分はお子さんに任せるか、最低限法名軸という形態はやめるにしてもご実家の過去帳にだけは記したうえで法名軸を寺に返却が良いと思います。
まあ、亡くなった元のご主人は自分が原因で皆さんを困らすことは本意でありませんので、あなたの都合の良いようにされて良いと言って下さる筈です。
南無阿彌陀佛 合掌

坊さん@浄土真宗です。
ご相談の件、どうしなければいけないとか、どうした方が良いという回答はありません。
ただ、しいて違うという点は、お母様の言われる「私は実家に住んでいないのだし、亡くなった主人の法名軸は主人の実家に持っていった方がいいのではないか」というお仏壇への誤解と、法名軸に対する誤解のある考え方です。
法名軸は、通常は締まってあり、法要の際に側面に掛ける事になりますが、普段しまってあるものを過去帳に転記し処分するというのならわかりますし、お寺に返すというのならま...続きを読む

Q仏壇の飾り方

仏壇の飾り方について迷っています。アドバイスを頂ければ幸いです。

まず今回購入した仏壇はタンスの上にも置けるような高さ60センチほどのコンパクトサイズのものです。仏具屋さんにそろえてもらった仏具は以下の通りです。ちなみに浄土宗です。

(1)本尊(幅8センチ、長さ20センチほどの掛け軸タイプ)
(2)父の位牌
(3)香炉
(4)りん
(5)生花立て
(6)仏飯器(ご飯をお供えする小さな器)
(7)お水をお供えする器(徳利?みたいなもの)

仏壇は三段になっています。 そして三段めに下からさらに板を引き出せるようになっていて、そこにも何かをおけるようになっています。

一番上の段に本尊を置くのは分かります。 それ以外はいまいち分かりません。いろりろサイトで調べたのですが微妙に違っていたり、のっている画像があまりにも立派な仏壇で、私達のようなシンプルなものがのっていなくて・・

Aベストアンサー

ご本尊は中央の一番奥に吊り下げてください。

お父様のお位牌はその直前の棚(段)の一番右隅においてください。本当に正しい祀り方は、XX家先祖代々之霊位というお位牌を作って、それが一番右側なのですが。その時にはお父様のお位牌はそれとは対象に左側になります。)

香炉は一番低い棚(段)の中央で結構です。

生花立ては中ほどの棚(段)の左側で結構です。
(その対象で右側にはろうそくたて。)

りんとかお線香たては仏壇から外の別の台をご用意ください。

仏飯器はご本尊のすぐ前に置いてください。位牌の段と同じでいいです。

お水は中ほどの棚(段)の中央で結構です。

一番肝心なことは、ご本尊、仏飯器、お水、お線香たてが正面から見て1本の線上に並ぶことです。なお引き出しは、特別なお供え物などの時に一時的にご使用ください。ご参考になりましたか?

Q浄土宗と浄土真宗の違い

大きな違いは何でしょうか。

回りには浄土真宗が多数で、我が家のようにお盆の時期に御詠歌というのを身内で集まり仏壇に向かってあげるというのも、話すと驚かれます。

御詠歌の意味合いもお詳しいかたいらっしゃいましたらご教授ください

Aベストアンサー

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救ってくださり、ありがとう、永遠に阿弥陀仏様と共に歩んでいきます。
という感謝報恩として唱えるのだ。それが、法然上人が、教えてくれた真の浄土宗
だ」と 浄土真宗を開かれました。



ご詠歌とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるもの。
五七調あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃』と呼び、ご詠歌の一種ですが、
浄土宗で法然上人ゆかりの御詠歌を唱えるように、
浄土真宗では、親鸞上人作の和讃を仏典に準ずるものとして、唱えます\(^^;)...

 法然上人は、浄土宗を完成され、どんな人間でも、念仏を信じ唱えれば、
生きながら仏の子としての生涯を送り、、死後、阿弥陀仏に導かれ浄土に転生し、
成仏の道を歩めると教えてくださいました、

 法然上人の弟子の親鸞上人は、「人が念仏を信じ唱えるのは、自分の力ではなく、
阿弥陀仏の光という絶対他力に導かれ救われたので、念仏を唱えようと思ったときは、既に
死後の成仏を阿弥陀仏に約束され救われているのだ。だから、念仏とは
・阿弥陀仏様、私を救ってください
ではなく
・阿弥陀仏様、私を救って...続きを読む

Q遺影の飾り方で困っています。

こんにちは。
嫁に入りましたが、嫁入り先の間取りが数少なく、遺影が合計6個飾っていた部屋に入っている状態です。
仏壇の部屋に遺影を全部持ってゆきたいのですが、私が全部段ドル事になるので、飾り方や、道具を買えるところ、いろいろな飾り道具など見れるところを探しています。
どなたか良い方法や、こんな風に道具を使えばとか、ネットで買えるもの、又、使える道具などあれば教えていただければ嬉しく思います。
良いお知恵をいただければうれしいです。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412063209

写真を小さくするか、遺影を飾らないかの選択になります。
上記サイトに良い回答があります。

Q仏壇のお供え物について

父親がお酒が好きだったのでワンカップのお酒や缶ビール。
母親が好きだった和菓子やチョコ。

あれっ。ワンカップや缶ビールをフタを開けずに供えたら父親が飲めないんじゃないか?

おはぎをラップしたり、チョコを包装したままなら母親が食べれないんじゃないか?

と思ったりします。
少しの時間お供えして、お下げしてすぐ自分が飲んだり食べたりすれば良いんですが、いつも、そう言う訳にはいきません。

お供え物は包装したままやラップしたままでも良いでしょうか?

Aベストアンサー

我が家は包装したままでしたよ。包装したままでは食べられない…ってのはこの世の考え方だと思います。ただ、宗派の決まりや地域、その家庭の風習や考え方にも変わってくると思いますので、ご心配ならどなたかご身内の方にお聞きになられても良いかと思います。

うちの身内の法事の時は、お菓子やお饅頭などご仏前として箱入りでもらいますが、箱入り包装のまま仏前に供えておきます。普段のお供えの時もわざわざ開封したりしません。いくつか買ってきたお饅頭を2、3個お供えするときは包みから出しますがそんな程度です。

Q初彼岸…お布施や祭壇の飾り方について

祖父の初彼岸です。
読経をしていただく予定です。
お布施をどのくらい用意したらいいのか、親が困っております。
ちなみに四十九日は3万円+車代+昼食でした。

そして、祭壇についてです。
四十九日まで葬儀社で頂いた祭壇を使っていたのですが、
仏壇が小さめなので、一旦片付けた祭壇をまた使うことになりました。
そこで疑問に思ったことですが、
仏壇と祭壇両方にお供え物など置くのか、元々ある仏壇は閉めるのか?ということです。
両方か、祭壇だけお供えするのか、意見が分かれていて困っています。
仏壇には元々位牌がいくつもあり(とても古いご先祖の方のものだと思いますが)、
お供えすべきだと思ったのですが、祭壇のみでよいのでしょうか。

もう一つ、祭壇の飾り方についてです。祭壇は3段です。
手前に小さなテーブルがあり、香炉・ロウソク・線香など置いてあります。
上段には何を置くべきでしょうか?仏像など置くのでしょうか?
置くものが無いので、何を置くのか気にしております。
仏像は仏壇に1体あるのみです。
中段には位牌を置いてます。(両端に果物を置いています。)
下段には写真、ご飯やお菓子など置いています。
両脇に生花を飾っています。

宗派は臨済宗です。
ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

祖父の初彼岸です。
読経をしていただく予定です。
お布施をどのくらい用意したらいいのか、親が困っております。
ちなみに四十九日は3万円+車代+昼食でした。

そして、祭壇についてです。
四十九日まで葬儀社で頂いた祭壇を使っていたのですが、
仏壇が小さめなので、一旦片付けた祭壇をまた使うことになりました。
そこで疑問に思ったことですが、
仏壇と祭壇両方にお供え物など置くのか、元々ある仏壇は閉めるのか?ということです。
両方か、祭壇だけお供えするのか、意見が分かれていて困っていま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、同宗檀家の者です。
◇ お布施
お布施は1万円+車代+昼食代でまとめて2~3万円でよいとおもいます。私の場合、法事は49日と一緒にしてしまって49日のお布施とは別に、後日1万円のお布施を持っていきました。

家に招くとしてもお坊さんと一緒に食事をするのは気が重いので、昼食時は避けた方がよいです。普通30分程度で終わるので、午前10時か午後の1時などにお願いするのがよいでしょう。もちろん、お坊さんと食事を楽しみたいというのならば別です。

◇ 祭壇
法事のときの仏前のしつらえは、祭壇を設けたときには祭壇にだけにご飯・果物などの供物を供えれば結構です。そう堅苦しく考える必要はないので、ご本尊やご先祖にも供えたいというのであれば、別に仏壇に供えるのも悪くはありません。祭壇には毎日ご飯とお茶を取り替えるほか、お彼岸の中日には彼岸団子を供えます(地方の風習によります)。

また、位牌は祭壇に出しますが、仏壇には通常ご本尊(臨済宗なので普通はお釈迦様)が安置されているので扉は開けておきます。ご先祖の位牌がある点からも閉めたりしてはいけません。真っ暗闇にしてはかわいそうだし、いずれにしても、仏壇は昼間は開けて夜は閉めるものなので。

◇ 仏壇の飾り方
最上段は須弥壇(しゅみだん)といって仏様の世界を象徴する須弥山(しゅみせん)を意味します。また須弥壇の上の空間は宮殿(くうでん)と呼ばれる聖域です。ここは仏教の理想世界を象徴したものと考えられています。そこで、ここにはご本尊と側に仕える諸仏を安置します。
上述のように臨済宗だと普通御本尊はお釈迦様で、向かって右に達磨さん、左には観音様を安置するのが常道となっています。しかし、ご本尊があれば十分で、脇の諸仏まで揃える必要はありません。仏像があるのならそれを須弥壇上の真ん中に安置するようにします。元からある仏像が宮殿にそぐわないようなものだったり、大きすぎて納まらないようだと困りますね。そういう場合は、別に仏具屋からお釈迦様の絵巻か彫像を買い求めて安置してください。お坊さんが来て読経をすれば御魂入れということになります。
宗派からすると安置すべき仏像はお釈迦様であるべきですが、お寺によっては別の仏様でもよい場合もあります。これはお坊さんに聞くのが一番です。お寺の役員をしている親戚で、古道具屋から気に入った仏像(観音様?)を買ってきて安置している人もいます。ちょっとお坊さんに怒られたけれども、まあよし(仕方ない)ということになりました。

あとは適当に並べて構いません。普通下段の真ん中に香炉を置いて線香を立てます。燭台は通常、小さなテーブル=経机(きょうづくえ)のあたりに置きますが、これも置きやすくて他に燃え移らないように注意するのが重要で、香炉や鈴(リン)の脇とか空いているところに置いて構いません。

こんにちは、同宗檀家の者です。
◇ お布施
お布施は1万円+車代+昼食代でまとめて2~3万円でよいとおもいます。私の場合、法事は49日と一緒にしてしまって49日のお布施とは別に、後日1万円のお布施を持っていきました。

家に招くとしてもお坊さんと一緒に食事をするのは気が重いので、昼食時は避けた方がよいです。普通30分程度で終わるので、午前10時か午後の1時などにお願いするのがよいでしょう。もちろん、お坊さんと食事を楽しみたいというのならば別です。

◇ 祭壇
法事のときの仏前のしつ...続きを読む

Q近々、亡くなった父の初盆を迎えます。浄土真宗西本願寺派なのですが、塔婆は必要ないのでしょうか?教えて下さい。

先日、某日用品量販店の店頭にて「塔婆」の存在を知りました。

初盆を迎えるということと法事に参列した経験が少ないということと母から冠婚葬祭について何も教わっていないため、知らないことばかりで不安で仕方がありません。

安芸門徒で初盆を迎えるため、「塔婆(初盆)」とポップに書かれ、表面に「南無阿弥陀仏 月 日 施主」と銀色で書かれたものを独自の判断で購入したのですが、、どこでどのように使用すべきものなのか分かりません。

母に訊いても知らないようで、逆に「訳の分からんものを買ってきて、罰が当たる。」と怒られてしまいました。

罰が当たるかどうかはさておき、どこでどのように使用するものなのかを専門家の方やその道に詳しい方がいらっしゃれば是非お教え願いますでしょうか。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> あちらこちらで売られている上にあちらこちらの墓地で…
> 県全体で間違っている…

#2です。お礼欄について。
『うちのお寺は浄土真宗』(藤井正雄双葉社)によりますと、浄土真宗が他の宗派と異なると特徴として、次のようなことがあげられています。

(1) 自力の念仏と他力の念仏を区別
(2) 在家仏教を貫く
(3) 迷信を排除し、占いや祟りを否定
(4) 戒名ではなく法名といい、位牌を用いない
(5) 焼香の作法
(6) 数珠は礼拝の法具
(7) 施餓鬼を行わない
(8) 板塔婆供養を行わない
(9) お盆のときに精霊棚を安置する習慣がない
(10) 堂舎の特徴として内陣より外陣が広い

真宗には本願寺派(西)、大谷派(東)をはじめ、高田派とか三門徒派などの十派が真宗教団連合を構成しています。教団連合のほかにも、東本願寺派(東京浅草)など、いくつもの派があります。
先に引用した10項目は、あくまでも浄土真宗全般の一般的な習慣を指したものと思われます。分派がたくさんあれば、中には少々違った考えを持つものが現れるのも自然のことと思います。

実は私は、戦国時代以降、真宗王国といわれる北陸地方で、本願寺派なのですが、(4)に反し、位牌はどこの家でも大事にお祀りしています。crazykingさんの地方でも卒塔婆や精霊棚を飾る習慣があるなら、それはそれでよいのではないでしょうか。ただ、お母様がご存じない様子でしたので、先のような回答をさせていただきました。#3,5さんのご意見やお礼欄を拝見して、それぞれの宗派や地域の習慣に従ってくださいと、訂正させていただきます。

8月15日もそろそろお昼ですね。私たちの地方では、お盆のお参りは7月で、しかも(9)のとおり簡素なものでした。この休みはお盆休みというより、終戦記念日の休日のような気がします。

> あちらこちらで売られている上にあちらこちらの墓地で…
> 県全体で間違っている…

#2です。お礼欄について。
『うちのお寺は浄土真宗』(藤井正雄双葉社)によりますと、浄土真宗が他の宗派と異なると特徴として、次のようなことがあげられています。

(1) 自力の念仏と他力の念仏を区別
(2) 在家仏教を貫く
(3) 迷信を排除し、占いや祟りを否定
(4) 戒名ではなく法名といい、位牌を用いない
(5) 焼香の作法
(6) 数珠は礼拝の法具
(7) 施餓鬼を行わない
(8) 板塔婆供養を行わない
(9) お盆のときに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報