これからの季節に親子でハイキング! >>

ミサワホームの築32年 2×4工法の一戸建てです。

1F北側1室4.5畳の床下を見ると、湿気で合板が剥がれています。
床は乗ると多少へこみを感じる程度で、乗ってへこむほどではありません。

このままでは良くないと思うので、床下、部屋の湿気対策をするとともに、
床板を変えようと思っています。

そこで質問ですが、
2×4の床板の構造用合板を(おそらく1室分)変えることは
どのぐらい大変なことでしょうか。

おおよその工期と費用を教えていただけると助かります。

「ミサワホームの築32年 2×4工法の一戸」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

写真で剥がれて見えている合板は、構造とは直接関係ありません。


確か、シロアリ対策と、断熱材を止める目的のものです。
この工法は、ネダの無い工法で、土台と大引を「構造用合板12ミリ?」と「薄い合板?」
でサンドイッチにして、その中に断熱材が入っているものです。

32年の建物なので問題なしとは強く言えませんが、構造的にはそのままでも問題ありません。

但し、支えが無くなって、断熱材は下がってきているので断熱性能的には問題ありです。
合板を交換するのではなく、剥がれている合板を撤去して、サニーライト等の板状断熱材を
代わりに入れれば問題ないでしょう。

もちろん湿気対策は必須です。この年代は床下の土部分に防湿フィルム等の施工はないので、
湿気は地面から上がり放題です。この合板のハガレも、上がってきた湿気が結露水として、
合板に付着し続けた結果だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、合板の盛り上がりは、断熱材の下がりですか。
単なるたわみにしては違和感があったので、納得しました。

湿気対策、合板の変わりの板状断熱材の必要性も聞けてよかったです。

お礼日時:2010/06/05 10:12

2×4工法の場合床用構造合板の上に壁材が立っています。


ミサワの場合パネル工法だと思うのですが同じです。
床根太に構造合板を接着剤で付けて有る上、
壁の根元で切断しなければならず手間がかかります。
写真を見る限り根太下のベニヤは3mmぐらいではないですか?
多分断熱抑えか何かだと思います。その場合自分でベニヤの一部を剥がし
中を目視できると思います。
カビとか湿気がなければ大丈夫だと思います。
それであれば床下のベニヤだけですみます。
それと床下の換気口(外面)が非常に大きく見えますが
GLとの高さがあまり無いように感じます。
湿気の原因はその辺ではないですか。
とにかく地元で長年仕事をしている工務店、住宅建設会社等に一度見てもらい
説明を3社ぐらいから受けて下さい。
きっと言うことがばらばらだと思いますが
中身を自分で確認しておけば、どこが本当の説明をしているか分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐに回答をいただき、安心しました。

断熱抑えの可能性が大きそうですね。
構造用合板に被害が及んでいた場合の大変さもわかり、勉強になりました。

質問して本当によかったです。

お礼日時:2010/06/05 10:10

貴建物同様な三井の改修依頼を受け調査しました


結論は 我々は手を出さない事としました
・一部ではなく(客は一部の改修を希望)全体に及ぶであろう
・合板を組立(張り合わせ)た構造です 一部のみ改修工事しても
 其の後 改修工事範囲外に不良が及ぶと責任追及される恐れがある
 遣り逃げ施工社 であれば遣るでしょう
・確実な建物にする費用を建替え費用とする方が客に有効と提案した
 もしも改修始めたら 結局全体を 次々と手直しする 様になる
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めての回答ありがとうございました。

確かに、一部を修繕すると、他もお願いしたくなりますね。
しかし、お金に限りがあるので(^^;

このように修繕を断られるケースもあるのですね。

お礼日時:2010/06/05 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパネル工法と2×4工法の違い

パネル工法と2×4工法の違いを教えてください。
関連サイトもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【パネル工法】
床・壁などの構造体をパネルとして工場生産した物を現場で組立てる工法
「木質系パネル」「鉄鋼系パネル」「コンクリート系パネル」がある。
【2×4工法】
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。

【社団法人日本木材加工技術協会関西支部】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/index.html

「パネル工法と2×4工法の違い」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a129.html

参考URL「住宅基礎知識」

参考URL:http://www.sumainonet.com/j/j_top.html

Qミサワホームのツーバイフォーってどうですか?

ミサワホームの2×4で検討中です。断熱材は吹き付けのフォームライトです。本来の木質パネル工法より安いため、問題がなさそうなら契約したいと思っていますが、実際に住まわれている方、検討された方どうですか?

Aベストアンサー

http://www.misawa.co.jp/kodate/kakusyu/situmon/kouzou/faq01_p.html

ミサワホームは木質パネル工法だと思います。
で、全部、工場で作ってきて接着剤でベタベタとくっつけて終わり。
ですから2日で家自体は建ってしまうと思います。

2×4工法と違って、家全体に柱が一本も使われていません。
柱と思しきものもデザイン上の見せかけで躯体構造とは一切に関係はありません。
ですから、いわばベニアで作ったようなものです。
私は、まあ、これが気に入ったのですが・・・。

ところで、10数年前は窓枠に問題がありました。
窓枠だけはベニアという訳にはいきません。
ですから、そこも接着剤でペタペタ。
で、その接合部から水分を含んでというトラブルがありました。
が、数年前から結露に強い窓枠を開発し特許を取って、それを使用しています。
私の思っていた難点は、これで解決したようです。

なお、換気システムと結露対策サッシは必須だと思います。

震度5の地震を経験しましたが、まあ、見事に家全体が揺れていましたね。
さすがに耐震性は高いので被害はありませんでした。
そういう意味では、「ミサワでよかった」と思ったりもしています。

http://www.misawa.co.jp/kodate/kakusyu/situmon/kouzou/faq01_p.html

ミサワホームは木質パネル工法だと思います。
で、全部、工場で作ってきて接着剤でベタベタとくっつけて終わり。
ですから2日で家自体は建ってしまうと思います。

2×4工法と違って、家全体に柱が一本も使われていません。
柱と思しきものもデザイン上の見せかけで躯体構造とは一切に関係はありません。
ですから、いわばベニアで作ったようなものです。
私は、まあ、これが気に入ったのですが・・・。

ところで、10数年前...続きを読む

Qミサワホームで注文住宅を建てられた方

戸建の新築を検討しています。
現在、ミサワホームの建築条件付宅地を紹介されていますが、価格が妥当かどうか判断がつかず困っています。
建物本体価格2千2百70万(延べ床34.31坪)←110万値引き後。
坪単価66万の計算になりますが、M-woodもつかないし、エアコンも含まれていません(もちろん床暖房も)。
この他に付帯工事費が210万かかります。
新築を検討し始めたばかりで、突然舞い込んできたお話なので、他メーカーとの比較をする時間もありません。
また、相場もわかりません。
しかし、場所がとても気にっているので、前向きに検討したいと考えています。
ミサワで新築を建てられた方がいらっしゃいましたら、金額・仕様等教えてください。
また、値引き交渉はどのようにすればいいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は1986年にミサワの家を購入した者です、古い話で参考になるかどうか分かりませんが、当時の値段で土地が1800万円、上物が1800万円、床面積32坪です
 17年程住みましたが快適の一言です、住み心地の良否は場所にも大きく左右されるので希望した場所を優先することです
 1995年1月17日の阪神大震災を経験しましたが基礎、外壁、屋根の総てが大丈夫でした、さすが耐震設計がしっかりしたミサワだなと我ながら感心したほどです、次に立て替える機会があれば間違いなくミサワにします
 家を構成している各部分は、ドアーのハンドル1つにしても使いやすさの優れた物は値段が高く、そうでない物は安く設定されています
 坪単価66万円が高い、安いの問題ではありません、或るレベルを想定しての各部分の積み重ねが最終的に2270万円に表示されています
 1ランクレベルを下げた設定にすれば建築単価を下げることも出来ます、しかし建築費2270万円を提示しているのは、ミサワとしての面子もあるのでしょう、建てた家は長期にわたる展示品ですから、お客の希望する極端な安い値段に従うことも出来ない相談だと思います
 竣工した時にエアコンでもおねだりしては如何ですか

 
 

 私は1986年にミサワの家を購入した者です、古い話で参考になるかどうか分かりませんが、当時の値段で土地が1800万円、上物が1800万円、床面積32坪です
 17年程住みましたが快適の一言です、住み心地の良否は場所にも大きく左右されるので希望した場所を優先することです
 1995年1月17日の阪神大震災を経験しましたが基礎、外壁、屋根の総てが大丈夫でした、さすが耐震設計がしっかりしたミサワだなと我ながら感心したほどです、次に立て替える機会があれば間違いなくミサワにします
 家を構成している各部...続きを読む

Qツーバイフォーのリフォームはどこに依頼すべきですか?

中古住宅を探していたのですが、環境や価格、建物の規模などで自分たちの生活に合いそうな物件に出会いました。
が、問題もあります。
築13年ですが、設計図は残っておらず、施工した建設会社も今は残っていません。(わりと大きな企業グループの中の住宅会社でした)
床下、屋根裏はカラッとしてきれいですが、風呂の周囲の壁内部や、風呂の隣のトイレの床(ビニルシートの下のベニヤ)がカビている様子です。
それから窓の結露がかなりあったようで、窓周りのクロスも黒くカビているところがあります。和室の畳を上げると、窓近辺は水が沁みた痕があります。
これらをリフォームしたいと思いますが、ツーバイフォーなので、普通のリフォーム会社または設計事務所に依頼していいものか、迷っています。
間違えて、構造である床・壁をはがされてしまわないか?とか、が気になっています。
かと言って、ツーバイフォー専門メーカーは、高そうだし何となく抵抗があります。かなり近い知り合いが設計事務所をやっていますが、そこはRCなどの大規模建物や、木造でも在来工法のみ扱っている事務所なので、ツーバイフォーに関してはあまり関わったことが無いと思います。本当はその事務所に頼みたい所なんですが・・その点じゃっかん不安なんです。

ツーバイフォー住宅をリフォームされた施主の方、リフォームした経験のある業者さんなどいらっしゃいましたら、どこに頼んだか、どんなところに頼んだら良いかアドバイスいただけるとありがたいです。

ちなみに壁の位置を変更したり、大きな改築はする予定はありません。
ただ仕上げをはがした状態によっては、構造用の合板を貼り直したりする可能性も出てくるのかな?と、素人ながらに思っています。

中古住宅を探していたのですが、環境や価格、建物の規模などで自分たちの生活に合いそうな物件に出会いました。
が、問題もあります。
築13年ですが、設計図は残っておらず、施工した建設会社も今は残っていません。(わりと大きな企業グループの中の住宅会社でした)
床下、屋根裏はカラッとしてきれいですが、風呂の周囲の壁内部や、風呂の隣のトイレの床(ビニルシートの下のベニヤ)がカビている様子です。
それから窓の結露がかなりあったようで、窓周りのクロスも黒くカビているところがあります。和...続きを読む

Aベストアンサー

10年ぐらい前になりますが、2×4の建物を一度だけリホームしました経験があります、工事箇所は、LDK+WCでした、その建物はミ サ ワ・・・でしたが、先ずビックリした事は、床も壁も一部だけ、痛んでいる悪いところを、ノケヨウトシテモ全部退いてしまうことです、結局施主の同意を貰い、床、壁、全て除けて新しく、在来工法でやり直ししました。最近の2×4は知りませんが、古い2×4の建物は、やり直しは(リホーム)は出来ないと大工さんから釘をさされ、それ以後は手がけていません。先ず図面が無ければ、釘+ビスが何処に打てば良いか見当も付かず、WCの棚板も取り付けできず、天袋、ガスレンジなど天井に止められず、仕方なくSUS のパイプ柱を立てて取り付けました。2×4の建物は、2×4だけ施工している工事店を探し、一般のリホーム店では無理です。まして設計事務所では元の図面が無ければ、お手上げですから。

Q25年ほど前のミサワホームの構造

リフォームの相談を受けているのですが、旧ミサワの構造に詳しい方教えてください
パネル工法と聞いているのですが、
平面・立面しか無く、平面図には柱が無いようですのであっているかと思います

室内の間仕切り壁も耐力壁としているのでしょうか?そして床も剛にしているのでしょうか?
1階の間仕切り壁を抜きたいという話なのですが、図面もそろっていないため困っています
居間10帖と和室8帖の間仕切りです、耐力壁でしたらお断りしよと思っています

Aベストアンサー

ミサワホームの構造体については、下のURLをクリックして参考
にして下さい。
木質パネルで構成されており、接着と釘等により固定されており
柱がないのが特長です。

[木質パネル/ミサワホーム]
http://www.misawa.co.jp/kodate/seinou/mokusitu/panel/panel.html

構造を良く知っている場合であれば改築も可能と思いますが、不安の
場合は、ミサワホーム専門のリフォーム会社がありますので、その会社
を紹介された方が良いと思います。

[ミサワホームイング]
http://www.misawa.co.jp/reform/tempo/

Qミサワホームのリホーム

築17年のミサワホームの住宅を購入しました。
空調、キッチン、バス、トイレ、壁紙他リホームが必要で1000万以上はかかります。
ミサワホームからは関連のリホーム会社を紹介され、現在地元工務店で行うか検討中です。

ミサワホームから、10年毎の防蟻工事や、構造体や防水についても10年毎の保証を行っていて、専門業者以外が少しでも手を加えればそれ以降の保証は出来なくなると言われました。

価格面では地元工務店の方が安いようですが、20年近くも経っている家でこの様な保証は必要でしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
1000万円以上もかかるなら、てっきり大掛かりなリフォームと思ってしまいました。ブチリフォームにしては高すぎます。躯体構造をいじらないなら、地元工務店で十分です。
前述したように全損した時の保証額を聞くことです。それが、数百万円相当額あれば話は別です。もはやゼロかもしれません。

Q2×4(ツーバイフォー)工法のデメリットについて

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日本では(特に関東以西の温暖な地域)、2×4は適していない、100%カビが発生するという意見を言われる方もいます。現在では対策も進み、改良されているとは思いますが、実際のところはどのような状況でしょうか。
 次に、2×4はその構造上、1階の天井と2回の床が同じ構造体のため、2階の音や振動が1階に伝わりやすくやかましいとも言われています。確かに断面図をみると、いわゆる天井裏がなく、1階と2階の空間が狭いように思われます。そのため、完成後に電気配線等を敷設することができないとも聞きます。これらもそれなりの対策が施されているとは思いますが、他の工法と比較して、また実際に住んだ感覚としてはいかがでしょうか。
 さらに、外壁はモルタル吹き付け塗装がほとんどだと思いますが、何となく壁が薄く平面的な、のっぺりとした印象を受けます。
 加えて耐震性は強いものの、建物自体は軽量のため、国道沿いなので大型トラックやダンプが通った場合、振動するとも聞きます。
 最近は、現場見学会へ通い実物を何件も見てはいますが、営業の方は当然、そのような心配はありませんという説明をしますので、やはり実際に長年住まれた方の体験や感想をお聞きしたいと思います。もちろんメーカーや施工業者により差はあると思いますし、問題のある方、何の問題もない方もいらっしゃると思いますが、できるだけお話を聞き参考にしたいと思います。
 ちなみに2×4で建築する場合は、最大手のメーカーで検討しています。
 質問が長くなり恐縮ですが、よろしくお願いします。

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日...続きを読む

Aベストアンサー

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっしゃられるように、増改築しにくい。
耐震性能は、壁倍率5倍まで可能です。簡単すぎるわりには強度もある。
確かに音は響くでしょうね。
しかし、最近は在来でも、断熱性能を強化するために耐力壁を張る場合もあるので、内部の響きは同じように思います。

上下階の振動は、ロックウールや防振束で吸音するようにしてますので、それほどは感じないのではないでしょうか?

カビのことですが、最近は24時間換気も義務付けられ、サイディングを施工するともれなく通気工法を採用しなければならないので、カビの心配はないと思います。
もしカビるのであれば、在来もだめだし、鉄骨も細かい仕切りには木材を使うので、木で作った家はすべてダメということになります。
そんなことはありませんよ。
今は技術が進化し、木材がしけないように徹底的に改良されてます。

ただ、昔のように断熱材もところどころ入って、ガタついたアルミサッシを取り付け、アスファルトルーフィングも適当に張られたような24時間換気もない昔の2×4とか在来は、ちょっと腐ってくる水準かもですね。当然通気工法なんてないので、躯体だけでなく、雨が降ると部屋までジメジメしますよね。

今はサッシもペアとか樹脂とか高級なものがありますし、カビはないと思いますよ。
うるさいような住環境であれば、窓はいいものをつけたほうがいいですね。
壁材はなんでも使っていいですよ。2×4は。

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっ...続きを読む

Q築22年ミサワホームの中古物件購入検討中で困っています。 教えてくださ

築22年ミサワホームの中古物件購入検討中で困っています。 教えてください。

皆様よろしくお願いします。

ただ今、北陸地方でミサワホーム建築物件で築22年の物件の検討を購入しております。

購入動機は 価格外装内装の状態等です。
あとから、ミサワホームの物件としり、少々考え直しております。

欠点として、増改築がしにくいことや、コンセント増やしたりということが難しいとのことは招致しております。
その点は納得済みなのですが、

在来工法とミサワホームの工法での、建物の本体の もち<メンテナンスして使用できる年数>が
まったくわかりません。 耐震性は踏まえないで、木としての長持ち具合を教えていただきたいです。

素人の私の考えでは、在来工法で建てた、太い大黒柱を使ったような家のほうが、
長持ちするのではとの思いが、どうしてもあり、ミサワホームのパネル工法にどうしても
寿命に対する不安があります。 

それ以外は程度もいいので、すごく気に入ってるのですが、 築50年くらいまでは住みたいと思い、
今回の購入を検討しております。 

皆様のご意見をぜひお聞かせいただけませんでしょうか? 

よろしくお願いいたします。

築22年ミサワホームの中古物件購入検討中で困っています。 教えてください。

皆様よろしくお願いします。

ただ今、北陸地方でミサワホーム建築物件で築22年の物件の検討を購入しております。

購入動機は 価格外装内装の状態等です。
あとから、ミサワホームの物件としり、少々考え直しております。

欠点として、増改築がしにくいことや、コンセント増やしたりということが難しいとのことは招致しております。
その点は納得済みなのですが、

在来工法とミサワホームの工法での、建物の本体の もち<メンテ...続きを読む

Aベストアンサー

ミサワホームのパネル工法の家でも後28年ぐらい、築50年まではもつ可能性がありますよ。これは、ひとえに湿度対策、雨対策、結露対策によってパネル部の乾燥を維持できるかどうかにかかっています。あまり暖房を効かせたりすると断熱工法によっては壁体内結露を生じて寿命を一気に縮めてしまう事が考えられますが、そのようなことをしなければ50年は大丈夫です。

ひとつ確認しておいた方が良いのは、22年ぐらい前にミサワの木質パネルにはレゾシール系の接着剤が使われたのか、それともイソシアネート系の接着剤が使われたのか、です。レゾシール系はホルムアルデヒドを含有しているので、そのパネルに囲まれて長期間(=10年以上)生活すると人体に害が及ぶのか、及ばないのか不明ですね。ミサワホームの品質管理本部のようなところに技術問い合わせをすれば、自社製品の品質情報をきちんと管理してる会社かどうかを含めて色々なことが分かるとおもいます。

なお、20年以上前には在来軸組み工法に集成材や合板が使われるようなり、レゾシール系接着剤が大量に使用された歴史があるので、集成材利用、合板利用の在来軸組工法の住宅にも同様の注意が必要と思います。

やはり、パネル工法や在来軸組耐力壁工法にはこのような不安が払しょくできないので伝統工法の日本家屋の価値が高くなるのでしょうね。

ミサワホームのパネル工法の家でも後28年ぐらい、築50年まではもつ可能性がありますよ。これは、ひとえに湿度対策、雨対策、結露対策によってパネル部の乾燥を維持できるかどうかにかかっています。あまり暖房を効かせたりすると断熱工法によっては壁体内結露を生じて寿命を一気に縮めてしまう事が考えられますが、そのようなことをしなければ50年は大丈夫です。

ひとつ確認しておいた方が良いのは、22年ぐらい前にミサワの木質パネルにはレゾシール系の接着剤が使われたのか、それともイソシアネート系の接...続きを読む

Q築20年のミサワホーム

平成4年築のミサワホーム施工の中古戸建の購入を検討しています。

このころのミサワホームの建物のつくりはどうでしょうか?
この先30年は住みたいと思っています。

Aベストアンサー

既にお聞きになっているかも知れませんが、ミサワホームの特長は
[木質パネル接着工法]です。
[木質パネル接着工法]により建築した建物ですと、柱がありません。
パネルを組み合わせて接着剤と釘にて固定します。
この工法については、次のURLをクリックして参考にして下さい。

[木質パネル接着工法]
http://www.misawa.co.jp/kodate/seinou/mokusitu/panel/panel.html
[ミサワホーム]
http://www.misawa.co.jp/index.html
[東京ミサワホーム/東京、関東地区]
http://tokyo.misawa.co.jp/

このため、耐震性はかなり高いものと思われますが、増改築が従来工法
に比べ難しくなります。また、電線やネットワークの配線などを壁の中
に収めるような工事は特に手数と費用が掛かります。

このため、[木質パネル接着工法]を良く知っている工務店に依頼する
必要があります。
と言うことで建築時のミサワホームや関連部門(ミサワホームイング)
に相談すると良いでしょう。

[ミサワホームイング]
http://www.misawa.co.jp/owner_support/smilering/reform/index.html
http://www.misawa.co.jp/reform/syouhin/homeing/owner/special/index.html
http://www.misawa.co.jp/owner_support/index.html

既にお聞きになっているかも知れませんが、ミサワホームの特長は
[木質パネル接着工法]です。
[木質パネル接着工法]により建築した建物ですと、柱がありません。
パネルを組み合わせて接着剤と釘にて固定します。
この工法については、次のURLをクリックして参考にして下さい。

[木質パネル接着工法]
http://www.misawa.co.jp/kodate/seinou/mokusitu/panel/panel.html
[ミサワホーム]
http://www.misawa.co.jp/index.html
[東京ミサワホーム/東京、関東地区]
http://tokyo.misawa.co.jp/

このため、耐震性はか...続きを読む

Q1畳って何m2ですか?

4月から下宿する大学生です。部屋の広さを検討するのに1畳は何m2か知りたいです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

マンションの洋室などの計算では、1.8m×0.9mの1.62m2で計算されています。但し壁芯からの計算ですから当然部屋内はもう少し小さくなります。

但し和室の場合違ってきます。
最近のマンションではある程度の範囲内で6畳や4.5畳を作っているのでバラバラです。
それと古い物件では本間、関西間、江戸間等というようにちゃんとした畳のサイズであっても色々なものがあるので(地域によって違います)上記の数字が目安にはなりますが、測ってみないと駄目ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較