ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

自動車ローン、利息と保証委託手数料?

主人が3年前、購入店でオートローンを組みました。

計6,400,000円、72回払いの内訳が
・本体価格5,100,000円
・保証委託手数料820,000円
・利息480,000円
とのことですが、保証委託手数料というのは一体何なのでしょうか…

また、繰り上げ返済も可能だそうなのですが、
残金3380,000円の内100万円を返済したとして、利息分はどのくらいカットできるのでしょうか
保証委託手数料は安くなることはないのですか?

全くの無知なので足りない情報もあるかと思いますが…
回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保証委託手数料というのは、#1さまがおっしゃっているとおりです。



最近は、さまざまなローンで、個人の連帯保証人を立てる替わりに、「保証会社」というところにお金を払って「保証してもらう」ということが一般的で、この「保証をしてもらう」ためのお金が「保証委託手数料」です。
一般的には「保証料」と言われていることが多いですが。

「保証料」の支払い方は、だいたい、
・ローンを借りるときに、保証料額を一括前払いで払う(一括前払い型)
・ローンの金利に料率を上乗せして、毎回の返済時に払う(金利上乗せ型)
という2パターンになります。

ご質問のパターンですと、後者の「金利上乗せ型」でしょう。
(計640万円を72回に分けて返済・支払いする…と読めますので。)

ローンとしては、
借入額:5,100,000円
返済期間:72回
返済方法:元利均等返済or定額返済 ボーナス返済なし
という契約だと思います。

> 利息480,000円
とのことですから、細かく計算していきますと端数が出るのですが、おそらく、そのあたりは調整して、ちょうどいい数字にしているのだと思います。
金利を年利3.00%にしますと、総利息予定額は479,118円になりますから。

> 保証委託手数料820,000円
も、同じように計算しますと、保証料率が5.00%だと、保証料総支払予定額が813,731円になります。

6,400,000円÷72回=88,888円

金利に保証料率を上乗せして(3.00%+5.00%)、利率を8.00%とみますと、毎月の返済・支払額は89,420円になります。

> 残金3380,000円
ですと、34回目の返済を終えたところでしょうか。

34回目の返済を終えたところでのローン自体の残元金は、280万円ほどになっています。
繰上返済というのは、残元金に対して行いますので、100万円繰上返済するのならば、一部繰上返済後の残元金は180万円ほどということになります。

> 利息分はどのくらいカットできるのでしょうか
実は、繰上返済には
・一部繰上返済した分、返済期間を短くし、毎回の返済額は変えない方法
・一部繰上返済をした分、毎月の返済額を減らし、返済期間はそのままにする方法
があります。

そのどちらをされるかによって、「この先に払わなければならない利息額」がどれだけ減るか、違ってくるんですよ。

> 保証委託手数料は安くなることはないのですか?
これは、言葉の認識が微妙ですね。
金利上乗せ型ですから、利息と全く同じです。
「この先に払わなければならない保証委託手数料」がどれだけ減らせるか…という話になります。
減ることを「安くなる」と言い換えることはできますね。
「一括前払い型」ならば「お金が戻ってくる」んですが、「金利上乗せ型」では「お金が戻ってくる」ことは「ありません」。
この先払う額が減ることはあっても、戻ってくることはないです。
だって、まだ払ってないんですから。
払っていないものが「戻り」ようはないでしょう?

ところで、自動車ローンでも、
> 残金3380,000円の内100万円を返済
という、一部繰上返済は可能なのでしょうか?

自動車ローンでは、繰上返済ができると言っても、「全額繰上返済」しか対応していないところも多いので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても詳しく説明していただき、私にもよくわかりました

>実は、繰上返済には
>・一部繰上返済した分、返済期間を短くし、毎回の返済額は変えない方法
>・一部繰上返済をした分、毎月の返済額を減らし、返済期間はそのままにする方法
があります。

>そのどちらをされるかによって、「この先に払わなければならない利息額」がどれだけ減るか、違ってくるんですよ。

これについては前者にするつもりです。
説明不足ですみませんでした。

>> 保証委託手数料は安くなることはないのですか?
おっしゃられる通りです。言葉の選び方がおかしかったですね
今後支払う金額が減ることはありますか、ということですね。

>ところで、自動車ローンでも、
>> 残金3380,000円の内100万円を返済
>という、一部繰上返済は可能なのでしょうか?
一部繰り上げ返済もできるそうです。

補足のような形になってしまいましたね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/09 19:44

> 保証委託手数料というのは一体何なのでしょうか…


保証会社への保証料でしょう。
合計した実質利息でも年利8%強ですから、特に問題ないと思います。

> 残金3380,000円の内100万円を返済したとして、利息分はどのくらいカットできるのでしょうか
計算要素として、元金の残高と回数が必要。
ただ、6年間の合計利息が「利息480,000円」ということだと、利率は2.5%だから、2~3万円程度と思います。
> 保証委託手数料は安くなることはないのですか?
こちらも同程度又は数千円返ってくる可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました!

お礼日時:2010/06/09 19:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q情報システムの運用を委託する際の契約形態(委任or請負)

業務委託契約の定義で悩んでいます。当方では、情報システムの運用を外部委託しようと考えております。業務の内容は、システムの保守・管理・情報の更新等です。HPなどのにわか勉強では、「業務委託契約というのは、委任契約の場合と請負契約の場合との両方を含む契約形態で、(準)委任か請負かが問題」ということや、「(準)委任は行為に対して報酬を支払う」、「請負は成果に対して報酬を支払う」ということはなんとなく理解しました。が、実例に当てはめた場合、どちらが当てはまるのかが判断できません。ご教示願います。

Aベストアンサー

この手のご質問は法律ジャンルに投稿した方が、より多くの回答が付きやすくなると思いますが、解る範囲で書いてみたいと思います。
業務委託契約の定義ということですが、委託契約の定義については、契約内容そのものになります(抽象的な書き方ですみません)。お書きになった請負契約や委任契約とは民法上のものと思われますが、この民法の典型契約に委託契約を分類することは困難な場合が多いです。と言いますのも、現在の数ある契約は複合契約が多く、当該契約の中に請負や委任、贈与、賃貸借等が含まれておりまして、当該契約がどの典型契約になるのかを分類することは難しいと言えます。ただし、契約条項毎にこれは請負、これは賃貸借、、、という分類は可能です。
推測では、当該委託契約を典型契約に当てはめ、契約条項にない部分を補完するために分類をなさっているようにも思われますが、先にも記したように、条項毎に分類を行い、その条項についてトラブルが発生した場合に、民法をもって補完するというスタンスのほうが良いのかと思います。例えば、条項の本質は賃貸借契約なのに無理に委任契約を当てはめ、おかしな方向へ行く可能性もあるからです。

この手のご質問は法律ジャンルに投稿した方が、より多くの回答が付きやすくなると思いますが、解る範囲で書いてみたいと思います。
業務委託契約の定義ということですが、委託契約の定義については、契約内容そのものになります(抽象的な書き方ですみません)。お書きになった請負契約や委任契約とは民法上のものと思われますが、この民法の典型契約に委託契約を分類することは困難な場合が多いです。と言いますのも、現在の数ある契約は複合契約が多く、当該契約の中に請負や委任、贈与、賃貸借等が含まれてお...続きを読む

Q主人が住宅ローンを組むことになり、父に保証人になってもらうことになりま

主人が住宅ローンを組むことになり、父に保証人になってもらうことになりました。
父がキャッシングなどの借入をしていた場合は主人名義の住宅ローンは大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

建築法上は「分筆」の必要はないんですが、「分筆」しておかないと、今回住宅を建てるために住宅ローンを借りれば、建物の「敷地」のみならず、土地全体を担保提供しなければならなくなるため「分筆」する…ということですね。
ですから、「分筆」云々はご質問には関係なく、「父親名義の土地に息子が住宅を建てるにあたって、住宅の建設資金として息子が住宅ローンを借りるために、住宅ローン対象物件となる建物が建つ土地の所有権者が、担保提供者として連帯保証人にならなければならない。」ということになります。

要するにお義父さまがなられる「連帯保証人」は、「他の人に代わってもらうことはできない」訳です。
となれば、お義父さまが「連帯保証人」として不適格と金融機関等に判断されれば、ご主人の住宅ローンも通らない…ということになります。

お義父さまの『個人信用情報』についても、確かに審査の対象とはなります。
「担保提供者としての連帯保証人」ですから、「返済能力(=収入)」よりも「他の借入等についての利用状況、返済履歴(=信用情報)」に重きをおかれます。

キャッシングをしたことがある場合は絶対に無理…とは言い切れません。
キャッシングの利用履歴が『個人信用情報』で把握されたとしても、『個人信用情報』から把握できたのが「何度か利用したことがある」「遅れることなく約定どおりに返済をした」ということであれば、特に問題とはされないと思います。

また、住宅ローンの場合、住宅ローンの対象となる建物とその建物が建つ土地に「第一順位」で抵当権を設定します。
ご質問者さまのお宅の場合、住宅ローンでお借り入れになるのは「住宅の建設費用のみ」になりますよね。
ですが、担保提供していただくのは「土地と建物」です。
単純に考えれば「建物の価値+土地の価値>住宅ローン債務」となりますから、担保としては充分なはずです。

お義父さまが金融機関等から「連帯保証人として不適格」と判断されたとしたら、お義父さまの実際の借金は「相当なもの」だと思っていただいていいです(ご質問者さまやご主人が把握しているだけではない…と言えるかと)。
そうでなければ、「契約」というものについての認識が甘すぎるから、「信用できない人」だと判断されたと思っていただいていいです。

お父さまが連帯保証人としてNGとされた場合は、「フラット35」など、「保証要件のない」住宅ローン関連商品のご利用をご検討されるとよろしいかと思います。
これらは、「担保提供者」であっても「連帯保証人」として徴求されることがないんです。

#3です。

建築法上は「分筆」の必要はないんですが、「分筆」しておかないと、今回住宅を建てるために住宅ローンを借りれば、建物の「敷地」のみならず、土地全体を担保提供しなければならなくなるため「分筆」する…ということですね。
ですから、「分筆」云々はご質問には関係なく、「父親名義の土地に息子が住宅を建てるにあたって、住宅の建設資金として息子が住宅ローンを借りるために、住宅ローン対象物件となる建物が建つ土地の所有権者が、担保提供者として連帯保証人にならなければならない。」という...続きを読む

Q業務委託と請負の違いについて

業務委託と請負の違いがわかりません。
法律的に「委託」と「請負」は別だと聞いたことがあるのですが
どうやって区別するのでしょうか?

例えば会社の事務システム構築を別の会社に依頼するときは
「委託」でしょうか?
「請負」でしょうか?

Aベストアンサー

契約の内容に拠りますが、基本的には委託契約も請負契約です。
法律上は委託契約という言葉はありません。

参考までに申し上げると、請負契約とは、定められた納期までに所定の成果物をなすことを契約するものです。
成果物や納期を契約の目的とせず、事務処理を任せると言う場合の委託契約は、法律上は委任契約となります。

Q住宅ローン審査承認後に自動車ローンを組みたいのですが・・・

住宅の購入を計画しており、現在住宅ローンの仮審査が通り本審査中です。仮審査の時点で自動車ローンを完済しなければ満額融資できないとの事だったので完済をしました。
それで質問なのですが、住宅ローン本審査承認後に、再度自動車ローンを組みたいのですが可能でしょうか?やはり融資が実行されるまでは組めないのでしょうか?
とゆうのも、先日交通事故に会い車が廃車になってしまったので新しく車も購入しなければいけなくなりました・・・(涙)。自動車ローンが組めるようであれば、家族で乗れるような大きめの車を購入しようかと考えています。

Aベストアンサー

私もローンを組むときに完済させられましたw
やはり、融資が実行されるまでは控えた方が賢明でしょう。
審査が通っても実際に融資がされるまでは、100%安心とは言えませんからね。
車のローンは通ると思いますが、それが銀行に知れると「借入実行時に他社にローンがある」と言う事になってしまいますから・・・・

一応、銀行に聞いてみるのも手ですね。その銀行のマイカーローンなら通ったりしてw

Q管理会社への管理委託の費用について

今度300数十戸のマンションを購入することになりました。まだ入居前なので、管理組合もなく、管理会社への委託契約も結ばれてはいないのですが、雛形を見ると月額の管理委託費用が550万円くらいでした。
対して、300数十戸から集める管理費の合計は300万程です。
管理費用がいくらかかるかは設備等々で変わると思うので一概に言えないとは思いますが、これって適性な金額なのでしょうか?

Aベストアンサー

Msg-No.1 の続きです。

15年以上も前の旧い話です故 余りご参考にはならないと思いますが、旧住宅公団の
分譲マンション(新築で入居)に住んでいた時のことです。

  住戸数  : 80戸 (エレベータ 2基付き)
  汚水処理 : 隣接の公団賃貸大規模団地の汚水集中処理施設を、年間使用料を
         支払って利用させてもらう方式

この時の一般管理費が 11,000円/月、別途に計画修繕積立金が 1,000円/月の合計 12,000円/月 でした。従って管理組合で1年間に使える最大額は 1.1万円x12月x80戸=1,056⇒約1,100万円強/年(駐車場料金、集会所使用料などを+して)。

支出の大口は、エレベータ維持管理費(ELV業者へ約500万/年)、汚水処理使用料
(公団へ約250万/年)、電気(ELV・給水ポンプ・共有照明等)水道ガス電話料金、事務員人件費(パート1名)、共有部清掃委託費(清掃業者へ)その他で、詳細は覚えておりませんが年間で100万円強しか 残らなかったと思います(計画修繕積立費は別)。

なおこれは、我々管理組合自身で自主管理した結果であって、いわゆるマンション管理業者に「一括管理委託契約」をしたものではありません。

下記に(財)マンション管理センターのHPをご紹介します。
左フレーム内の「データ」、「Q&A」など、ご参考になるかも知れません。

Yahooの表紙から「 マンション 管理組合 管理費 」で検索すると数千件ヒットしますので、もっと有用な資料があると思います。

参考URL:http://www.mankan.or.jp/

Msg-No.1 の続きです。

15年以上も前の旧い話です故 余りご参考にはならないと思いますが、旧住宅公団の
分譲マンション(新築で入居)に住んでいた時のことです。

  住戸数  : 80戸 (エレベータ 2基付き)
  汚水処理 : 隣接の公団賃貸大規模団地の汚水集中処理施設を、年間使用料を
         支払って利用させてもらう方式

この時の一般管理費が 11,000円/月、別途に計画修繕積立金が 1,000円/月の合計 12,000円/月 でした。従って管理組合で1年間に使える最大額は 1.1万...続きを読む

Q保証人になるとオートローンが組めない?

 先日、総額150万円の中古車を購入するため、日立キャピタルに120万円のオートローンを申し込みしました。しかし審査落ちのため、販売店の紹介するセディナに申し込みました。が、こちらも審査に落ちてしました。
今年1月に親がディーラーのクレジットで500万の新車を購入する際の連帯保証人になりましたが、このことが関係しているのでしょうか?
車は既に注文してしまいましたので困っております。
 
ちなみに私自身は中小企業従業員の年収は430万。妻と子供1人、親同居。クレジットカード一枚所有で過去に延滞などはありません。

事情にお詳しい方、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自分のローンの事しか書いてありませんが、これ以外に住宅ローンなどの連帯債務や連帯保証人をしていませんか。

500万円の車を所有しようとする親が全てローンで購入するなど普通の感覚とは思えません。それも息子の保証人条件で。
自営または同族企業経営でもしておられるのでしょうか。いずれにせよ、ご本人では支払い能力を疑問視されたため、保証人に求められたのです。

当然今度の審査では、保証債務も加算されて審査されているので、通らなかった可能性はあります。
もうひとつは、あなたが関係する親の車ローンか住宅ローンなどの支払いが、最近で約定日を守られていない可能性があります。
よく高齢の方で、請求されてから支払いしているので何も悪くないだろう、とか遅れてもその分利息をつけて返しているのだからいいではないか、と言うひとがいます。

とんでもないことを昔感覚で平気で考えていることに気がつかないこともあります。

質問者としては、ご自身がわずか120万円のローンさえクリアできないことの重大さに、もっと気を使ってしかるべきです。
原因がわからないと今後も対応の仕様がないまま、ふたを開けてみてびっくりとなりかねません。

ご自分のローンの事しか書いてありませんが、これ以外に住宅ローンなどの連帯債務や連帯保証人をしていませんか。

500万円の車を所有しようとする親が全てローンで購入するなど普通の感覚とは思えません。それも息子の保証人条件で。
自営または同族企業経営でもしておられるのでしょうか。いずれにせよ、ご本人では支払い能力を疑問視されたため、保証人に求められたのです。

当然今度の審査では、保証債務も加算されて審査されているので、通らなかった可能性はあります。
もうひとつは、あなたが関係す...続きを読む

Q業務委託契約で出来る範囲とは?

物の入出荷業務をアウトソーシングしたいのですが、
委託契約とするべきか、請負契約で行くべきか悩んでいます。業務委託で出来る範囲と請負契約で出来る範囲の違いについて、御教示いただければ有り難いです。急いでおりますので、至急回答頂きたいです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず「委託契約」と「請負契約」の違いです。
 
○業務委託契約
 民法643条、656条により一事業主として特定の仕事を処理することを目的として行われる契約です。ですから、労務の提供による対価として報酬が支払われるのではありません。

○請負契約
 民法では632条に記載されており、一つの仕事を完成させることを目的とし、その結果に対して報酬が支払われる契約です。

 つまり、請負契約は仕事の完成が、業務委託契約はまかされた事務の処理が目的となっているわけですから、業務委託契約が目的にあっていると思います。

Q住宅ローン 夫借り入れ妻保証人or二口に分けて組む!? 

住宅ローンの事前審査をしました。
夫年収380万 妻年収450万 子供無し
3000万のローン組みたいのですが、
事前審査の結果 
●夫の借り入れで妻保証人になるか
●二人とも正社員なので、二人で分けてローンを組むか
どちらか迷ってます・・・。
もしくは、他に方法は有るのでしょうか?
ちなみに、万が一主人が亡くなった場合、団体信用保険に加入してても、保証人に私がなった場合 ローン残債は支払うのでしょうか?
私が想像していたのは、団体信用=保証されると思ってましたが・・・。
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

>私達夫婦には、どのプランで組んだ方が良いですか?
1.ずばりいうと、公庫orフラット35の団信はデュエット利用です。
つまり連帯債務でデュエット団信の利用が一番経済的に得でしょう。

2.事前の策として連帯債務の銀行
連帯債務+1人だけ団信はお勧めできませんが、団信に加入できない方は掛け捨ての生命保険を債務額に応じて加入しましょう。それで万一に対応できます。

3.最後の方法が2人で別々にローンです。

債務の割合ですが1:1程度ですね。年収の比率程度で考えるとよいです。

連帯保証人などになるというやり方はローン減税の恩恵をあまり受けられないのでお勧めできません。

Q受託先、委託先を英語でどういいますか?

受託先、委託先
受託製造、委託製造 
受託、委託

を英語でどういいますでしょうか?
(OEMやODMではなく。。。別の表現で。。。)

受託先 contracted (outsourced) company?

委託先 contracting (outsoursing) company?

教えて下さい!! よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受託先(者) = Consignee
委託先(者) = truster consignor client

受託製造 = Manufacture on Assignment
委託製造 = Commissioning Manufacture

受託 = Contract
委託 = Consignment

上記は全て「JST科学技術用語日英対訳辞書」に掲載されていた訳語です。
http://ejje.weblio.jp/cat/jstkg

一般には受託者のことを "Outsourcee"、委託者のことを "Outsourcer" と呼ぶと思います。

Q住宅ローンや、車のローン(オートローン)繰上げ返済は有利か?

繰上げ返済で、それが期間短縮方式の場合、

毎月の返済額は従来どおりだが、

総返済期間が短くなり、

支払利息合計が大幅に少なくなる。

しかし、将来、教育費等で貯金が不足してくると、

教育ローンは金利が結構高く、それを借入れていた

のでは、結構しんどい。だから、繰上げ返済は、

損ではないか(危険ではないか)と思うが、

皆さん、どう思いますか?

Aベストアンサー

住宅ローンの繰り上げ返済は、有利だが二度と引き出せない定期預金,投資信託だと例えて考えるといいと思います。

いくら有利でも、手許現金が必要なことがわかっているときに、そのときに解約できる流動性のない定期預金,投資信託等にお金を入れないほうがいいですよね。
住宅ローンの繰上返済も、見送るべき時は見送ったほうがいいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報