エコバッグについてですが、エコバッグを作る時に石油は使用されないのでしょうか?
仮に使用されるとしたら、スーパーの袋何枚分の石油を使用することになるのでしょうか?
そもそも、エコバッグは本当にエコなのでしょうか?

僕の家では、エコバッグを使うようになったため、スーパーの袋がなくなってしまいました。
その為、生ゴミを入れたりするとき用に、今までとは別にビニール袋を買うようになってしまいました。
エコバッグで石油を使用し、ビニール袋で石油を使用するという悪循環に陥っています。

ちなみに、最近スーパーに行く時に、エコバッグを忘れてしまった時に、5円でスーパーの袋を購入したときに気づいたのですが、無料でスーパーの袋を配っていた時よりも、厚みのある丈夫な袋に変わっていました。
これでは、以前よりも石油を余分に使っているんだろうなと思います。

以上のように、エコバッグは本当にエコなのでしょうか?
僕には、とてもそのようには思えません。
実際はどうなんでしょうか?
どなたか教えてください。

ちなみに、エコバッグを持っていけば、スーパーのレジの人が袋詰めしてくれるので、便利だとは思っていますので、エコとかに関係なく良い便利なシステムだとは思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

恐らく、意見の分かれる所だと思います。



スーパーで貰った袋をゴミ袋に利用しても、全てを再利用している訳ではなく、ゴミとして捨ててしまっていることはないでしょうか?
また、一つにまとめられるモノを小分けにして捨てていることが多いのでは無いでしょうか?(私の場合は両方です。)
その点では、エコバックの方が節約になっているかもしれません。
但し、石油からガソリン・軽油・灯油・ジェット燃料などを取り出すと副産物としてビニールの原料やアスファルトが取り出されます。
需要が無ければ、これらは産廃として捨てられることになるでしょうから、どうせ捨てるならビニール袋として利用した方がエコだという考え方もアリだと言えるでしょう。

燃料としての需要と、ビニール等石油化学製品の需要のどちらを優先して石油を掘り出しているか分からないと本当にエコなのかは分からないですね・・・・
(データがないので中途半端な回答になってしまいました。)

余談ですが、とあるドラマに出てきたジョークで
”エコだって言えば、ただの布袋が高く売れるんだから・・・エコロージーってエコノミーだよね(笑)”
というのがありました。
もしかしたら、現状ではコレが一番当たっているのでは?
    • good
    • 1

ええと、スーパーの袋の原料ナフサとは粗製ガソリンのことで、ガソリンの原料だと言って間違いありません。


なので、ナフサを節約してもガソリンや石油にはならない、というNo3さんの回答には誤りがあります。

とりあえず「エコ」というよりも「使い捨て」に警鐘をならし、ゴミを減らすくふうをしようというものです。多種のゴミの中でもこの薄いナイロン袋は飛びやすく水に漂いやすく、しかも自然分解されないので、いちばん「よくない」ものなのです。しかしNo4さんの言うように「エコ」という言葉が流行っているから、とりあえずそれにこじつけてしまったことが話をややこしくしています。

スーパーの有料の袋が分厚いのは「一回で捨てるのもったいないから何回も使えるように」したのです。折り畳んでしまえば小さくなるので邪魔にならず、外出時にバックの端に収納しておけば不意の買い物にも対応できます。私は北欧に住んでいたことがありますが、あちらではそういう生活が普通で。みんなポケットやバッグに折り畳んだポリ袋を持っています。

日本ではわざわざ「エコバッグ」という商品を買いますが、あちらではわざわざそんなもの買いません。ビニール袋を何度も使います。日本人は穢れ(けがれ)文化がありますのでまだまだリサイクルに対する含恥(がんしゅう)があるので、わざわざ別のモノをつかうのでしょう。

ちなみにその穢れの典型例が「割り箸」です。衛生的に綺麗かどうかよりも「誰も使った事が無いから美しい」という価値観ですからお箸文化の韓国や中国にも無い文化ですね。「折り畳んだしわくちゃの袋よりも薄くて破れやすくても新品の袋がいい!」というのと同じです。
    • good
    • 0

一般的には石油などの化石燃料を燃やすことによって発生する二酸化炭素が温暖化につながることから、石油の消費を減らすことが環境に良いと考えられています。


この観点からすれば、スーパーのレジ袋も、エコバッグも燃やさないで使っている限り、環境への影響を心配する必要はありません。
しかし、スーパーのレジ袋はほとんど1回限りの利用で捨てられるのに対して、エコバッグは何回も使うことが出来るので、良いとされます。

ところが、レジ袋の生産に使われる量に相当する分の石油消費量は石油全体の消費量に比べるとごくわずかで、温暖化対策としてはほとんど効果が無いに等しいものです。

そもそもレジ袋の件はゴミ問題から始まった話で、石油の消費を問題にしたものではなかったのです。それを温暖化対策にこじつけてしまったため話がおかしくなってしまいました。

家庭からの一般ごみは自治体に処理の義務がありますが、多くの自治体でゴミの処分場不足が深刻化してきたため、ゴミ減量化としてレジ袋を減らす案が出てきたのです。 これにスーパー側も経費削減になることから賛成してレジ袋有料化になりました。
    • good
    • 0

ちょっと考えればわかると思いますが^^;



あなたが疑問に思うという時点で、明白です。エコじゃないですよ、みなが思っているような意味では。

そして、多くの人が誤解していますが(誤解するような説明がされるので仕方がないですが)、レジ袋は確かに原油の成分を原料としてはいますが、その年間使用量を石油に換算するとドラム缶何万本分というような説明は嘘とはいえないが、意図的に誤解を招くことを承知した言い回しです。

いくらレジ袋の使用量を減らしても、そのレジ袋の成分(ナフサ)からはガソリンや石油はできませんので、比較自体おかしい。

この話ははじめると、長くなるんでこのへんで^^。
    • good
    • 0

この質問だけでは一概に回答はできませんが…



エコバッグが石油から作られた繊維であるのであれば、ビニール袋と重さを比較してください。
それがバッグ自体の石油使用量と考えてもいいでしょう。

しかしフィルム状のビニール袋と繊維にするエコバッグ、それぞれの原反を作るために使われる石油エネルギー、染めるときの石油エネルギー、持ち手などの加工をする石油エネルギー、輸送の石油エネルギー等も考慮しないといけませんが、これはバッグによって大きく違うと思われます。

ただ、質問者さまのご家庭のようにスーパーのビニール袋がなくなったからといって、他のビニール袋を買っていては本末転倒になります。
必要量はスーパーで5円で買うなり、コンビニの買い物時にもらえる袋等の活用を検討しなくてはいけませんね。

スーパーの袋ですがやはり大きさに関わらず5円ということでしょうから、5円分の大きさを渡さねばならないのが商売だと思います。
とはいえ、大きいビニール袋の規格だけを用意すればいいので、経営的なエコはあると思います。
また製造時も同一規格の袋を大量に作ることで、エネルギー的にもエコにつながります。
(規格違いの袋を作るときの切り替え作業が減る)

エコバッグがエコになるかは、使う人の心がけ次第です。
ちゃんとそこまで意識をして実践してこそ、エコにつながります。

買えばエコになると思うのはエゴということですね。

エコバッグなんてのは買わずに、家にある不要な袋などを代用するのが一番エコにつながると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレジ袋の利点欠点

レジ袋を減らそうという運動は、無駄なゴミを減らす為と、レジ袋を燃やすとダイオキシンだとか、有害なガスが出るからそれを減らす為に行われているというのが、多分普通だと思います。
その他に何か欠点というか、害はあるのでしょうか?

私はゴミ袋として使う為に、大きなレジ袋は敢えて断らずにもらいます。
私は逆に、レジ袋が無いとゴミ袋として使えるものが無くなって困ってしまうのですが、そこがレジ袋の利点だと考えてます。
最近は袋に"燃やしても有害ガスが発生しません"と書かれてるものをよく見ますが、一切書いてないものもあります。
書いてないものは、ゴミ袋としても使ったら害を与えるものになるんでしょうか?

ずっと疑問に思っていました。
ネットでも自分なりにですが、調べました。
事実を知らずに、害になることを続けているなら、別の策を考えたいと思っています。
どなたか、回答してくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

車で片道1km(往復2km)の距離を移動すると440gの二酸化炭素(CO2)を排出します。これは
中程度 のレジ袋何枚分を使ったことになるでしょうか。

答えは10枚程度です。(計算の仕方で多少違いますが)

というのは、中程度のレジ袋1枚(約7g)を製造して焼却すると、約44gの二酸化炭素を排出
すからです。
環境問題は、大きく分けて温暖化防止と資源循環の二つがあります。レジ袋の節約は、循環型
社会の構築のための一歩にすぎず、温暖化防止には殆んど役に立ちません。英国などEUは、
2050年までに60~80%の温室効果ガス削減を定めて、社会資本の整備を進めています。
日本では環境政策がばらばらで、大型店舗を郊外に進出させてレジ袋を節約するから
環境に優しいといっても限定的ですので注意が必要です。

Q森林がco2を吸収しない理由

http://takedanet.com/2012/02/post_82d9.html

上記武田邦彦さんのブログに次のような内容が記されています。

(1)環境省は、日本が削減すべきマイナス6%(6%は形式的な数値で本当はマイナス19%)を実質的に減らすために国際会議で「森林吸収分を参入する」という交渉をした。

(2)ヨーロッパ勢は「科学的には無関係だが認める」というコメントを出した。

(3)政府は国際的な間違いを国内に持ち込まざるを得なくなり、「森林の働きでCO2を減らす」という非科学的方針を打ち出した。
林野庁や森林総合研究所、森林関係の学者一斉に「森林はCO2を吸収する」と言い始め、マスコミはそれに追従し、ついに子供たちまで科学的な間違いを教え始めた。

(4)昼間にCO2が減って、夜、光合成が止まるのでCO2が上がる。
しかしそれは「樹木がCO2を吸収する」ということではない。

(5)樹木がCO2を吸収するのなら「昼と夜の合計」を測定して、その増減を調べなければならないのであり、「昼と夜の差」を調べても結果は得られない。

(6)栄の交差点はオープンな場所ですから測定自体がCO2の増減を調べることはできない。

(4)(5)がよくわかりません。

質問


昼間光合成によってCO2が減るのであれば、夜CO2が減らなかったとしても森林はCO2を吸収するといえるのではないかと思うのですが。
それとも、夜には植物はCO2を出しているということでしょうか。

http://takedanet.com/2012/02/post_82d9.html

上記武田邦彦さんのブログに次のような内容が記されています。

(1)環境省は、日本が削減すべきマイナス6%(6%は形式的な数値で本当はマイナス19%)を実質的に減らすために国際会議で「森林吸収分を参入する」という交渉をした。

(2)ヨーロッパ勢は「科学的には無関係だが認める」というコメントを出した。

(3)政府は国際的な間違いを国内に持ち込まざるを得なくなり、「森林の働きでCO2を減らす」という非科学的方針を打ち出した。
林野庁や森林総合研...続きを読む

Aベストアンサー

この話は、本質からずれた議論が横行しています。

地球温暖化、気候変動の原因(と考えられていること)について、世界の常識を無視した自称「科学者」の言い分が正しいかどうかは簡単に確かめられます。
IPCCやUNFCCCで検索して、多くの研究者が認めている公文書を見てください。

以下、要点を説明します。数値が必要であれば、上記で

(1)まず、植物体中の炭素量 = 光合成で吸収する炭素量 > 呼吸で放出する炭素量
  植物体の乾燥重量の約半分が炭素です。
  質問者は植物を見たことがありますね、炭素量が0やマイナスになりますか?
(2)炭素の収支(吸収量-腐朽・燃焼量)の結果としての「現存量」が問題なのであって、
  夜・昼あるいは夏・冬の話ではない。年単位で考え、そこに炭素があるかどうか。
  質問者の(4),(5)(6)は、多くのニセ学者(?)が使うごまかし。
(3)植物によって、大気中の二酸化炭素が減少してきたという歴史的事実がある。
(4)化石燃料の使用が増大した産業革命以降、二酸化炭素濃度が増加してきた。
(5)ゆるやかな低温化傾向にある地球の長期的な気候変動を上回る温暖化要因が存在し、
 それが二酸化炭素の増大で説明される量と符合しているという事実。
 大気中の二酸化炭素 = 全地球の炭素 - (地表・地中の炭素 + 海洋中の炭素)
炭素の総量は一定で、配置が変わっているだけです。

(6)大気中の二酸化炭素の増加の主な要因は、化石燃料の消費+セメント生産+森林減少
 (人間の呼吸量など誰も問題にしていません。)
(7)森林減少は、森林生態系(植物+土壌+動物)中に蓄えられてきた炭素の放出。
 その影響は産業革命以降の大気中二酸化炭素増分の1/3~1/4を占める。

(8)よって、国連の気候変動防止枠組み条約(UNFCCC)では、各国に「化石燃料の節約」と「森林面積の増加(回復)」を求めている。
  森林分野に求められているのは、失われた森林が放出した炭素を再び閉じ込めること、
  バイオマス燃料の使用によって化石燃料を節約することは本質では有りません。
(9)京都議定書の 森林による吸収量 = 増加した森林面積 × 吸収係数

(10)ここで、森林面積を減少させていなかった(増加の余地が少ない)日本の特例として、
  「新たに造林した森林面積」に代えて「手入れを行った森林面積」で計算しても良い
   という「政治的合意」がなされた。 質問者の(1)、(2)はこのことを歪曲している?
  (もう一つは、他の国で新規植林をおこなっても日本の増分とみなすという合意)

「政治的合意」ではあっても、「科学的根拠」はあります。でなければ、ヨーロッパの環境団体が認めません。
 それは、次のような理由です(他国から見て)。
1.日本の森林が減少していないのは、他の国・地域から木材を買っているから。
  (その結果、日本の森林の現存量は増加している。事実です)
2.日本は自国の森林資源をもっと使って、他国に迷惑をかけるな!
  (二酸化炭素問題です。経済的問題ではありません)
3.日本の多くの人工林は手入れ不足であり、将来利用される見込みがない。
4.手入れを行うと、将来は利用(伐採)するはずだ。
  結果的に、新規植林と同じ意味になる。

ということです。かなり強引なこじつけです。
しかし、ヨーロッパ勢の合理的考えから見れば当然といえます。
このような「世界の常識」を、あなたはどのように考えますか。

この話は、本質からずれた議論が横行しています。

地球温暖化、気候変動の原因(と考えられていること)について、世界の常識を無視した自称「科学者」の言い分が正しいかどうかは簡単に確かめられます。
IPCCやUNFCCCで検索して、多くの研究者が認めている公文書を見てください。

以下、要点を説明します。数値が必要であれば、上記で

(1)まず、植物体中の炭素量 = 光合成で吸収する炭素量 > 呼吸で放出する炭素量
  植物体の乾燥重量の約半分が炭素です。
  質問者は植物を見たことがありますね、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報