昔から、いわゆるジュニア小説(主にファンタジー系のもの)が好きでよく読んでたんですけど、最近は私の好きな感じの小説がないような気がしてます。というのは、別にそれがいけないっていうわけではないんですけど、ボーイズラブ系のものが主流になったのでしょうか、それっぽいものばかりが書店に並んでいるような気がするんです。これについて、どう思われますか?それから、どなたか私に男女の恋愛が描かれていて、かつ、内容も面白い小説を紹介してください。内容はファンタジーじゃなくてもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

情人」に関するQ&A: 小情人

コバルト文庫」に関するQ&A: コバルト文庫

A 回答 (5件)

まずボーイズラブ系のものについての感想を。

わたしは昔はけっこう読んでいたのですが、最近はあまりにのーてんきな上「なんでこれ女の子じゃいけないの?」と首をかしげるような話が多くて、読む気がうせてしまいました。中にはいいものもあるというのはわかっていますが、多すぎて(探す根性ないので…)もういいや、という感じになってます。

で、男女の恋愛が描かれているファンタジーですが、荻原規子さんの勾玉三部作はいかがですか?これはジュニア小説というより児童文学になるのかもしれないですけど。日本の古代を舞台にしていておもしろいですよ。くわしくは
神々のまほろば 
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1830/
を御覧になるといろいろ紹介されてます(とても綺麗で、内容もしっかりしたサイトなのでおすすめです)

あと、ジュニア小説ではないのですが、わたしが大好きでおすすめなのが、タニス・リーの『銀色の恋人』。とても美しくてせつないラブストーリーで、少女の成長物語としても秀逸です。下のURLでデータ、あらすじが見られます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150107 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。ボーイズラブ系の小説について、私もlinglingさんと似たような感想を前からもっていて、「これって、ひと昔前のマンガでやりつくしたラブコメをそのまま男ー男にしただけの内容なんじゃないのかな」と思っていました。もちろん、それだけじゃない、とても内容の濃いものもあります。でも、正直言って、どうして最近ボーイズラブがこんなにはやっているのか分からないんです。
 それから、linglingさんが紹介してくださった小説は、早速、本屋さんで探してみます。URLもとても楽しく見せていただきました。

お礼日時:2001/04/08 01:11

2年ぐらいの間ずっと好きなシリーズがあります。


コバルト文庫から出ている橘香いくの先生の「有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険」シリーズというものなのですが、読みやすいですし、ストーリーも楽しいので、もし読んだことがなければおすすめです。
また、同じ方が書かれた「翠緑の森の騎士」もとてもおもしろいと思いました。
作者のホームページのほうでくわしいあらすじなどを見られますのでURLをのせておきます。
それから、集英社のスーパーファンタジー文庫から出ている柴田明美さんの「蒼天の情人」も良かったと思います。
コバルト文庫・藤本ひとみの「まんが家マリナ」シリーズもおすすめです(昔からジュニア小説を読んでおられるなら多分ご存知かもしれないですが、一応)

ボーイズラブについてはそれなりに読んではいるのですが、ほとんどのものがたいして代わりばえのない内容というふうに感じることが多いですね。私の一番好きな作家さんはボーイズラブも書かれているのですが、その方は独特の世界を持っておられますし、できればそういった作品が多くなればいいなぁと思っています。そうでないといろいろと読む意味がないですし・・・

参考URL:http://www.onyx.dti.ne.jp/~ikuno/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ohkaさん、回答ありがとうございます。おすすめの作品については、早速本屋さんで探してみたいと思います。「まんが家マリナ」のシリーズ、懐かしいですね。私も一時、とてもハマっていました。コバルトの昔からのファンとしては、氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」のシリーズと、藤本ひとみの、この「まんが家マリナ」のシリーズはバイブルですね。私の希望としては、できればこういう風な作品がもっと出て欲しいんですよね。

お礼日時:2001/05/06 22:47

この質問を読んだ時に「同じような本読んでる人がいる~」と思って嬉しくなってしまいました。

私もファンタジー系の小説が好きでコバルト読者だったので。でも数年前から読んでないです。というのもsilversnowさんと同じようにやたらボーイズラブものが増えた事と続き物が多すぎて(しかもテーマが重い・・・)ついて行けなくなったからです。

わたしのオススメの小説ですが、コバルトだと樹川さとみさんの初期(?)の作品はどうでしょう?「雪月の花嫁」「太陽の石月の石」「366番目の夜」「時の竜と水の指環」あたりです。個人的には「時の竜~」がすごい好きです。あらすじは下記URLでちょっと見れます。

コバルト以外には、北村薫さんの「覆面作家は二人いる」(角川書店)がオススメです。ミステリーですが、恋愛小説としても楽しめますよ。ほのぼのしてていいですよー読みきりだし読みやすいのでは?

参考URL:http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 miu33さんのおっしゃられるとおり、最近のコバルトってボーイズラブ系が増えたのもそうですけど、続きもの(シリーズもの)も多いですよね。私の場合、シリーズものはキライではないんですけど、コバルトのシリーズものって、マンガの連載なんかと違って、新刊が出るのがとにかく不定期ですよね。続きをすごく楽しみにしてるのに、いつまで待っても(1年や2年はざらです)新刊がでないってことがよくあります。読者あっての本なんですから、作家の方も、もう少し責任をもって続きを書いてもらいたいものです。
 それから、miu33さんと私は、確かに「同じような本読んでる」みたいです。樹川さとみさんの「雪月の花嫁」「時の竜と水の指環」読みました。北村 薫さんの「覆面作家」シリーズも読みましたよ。
 最後になりましたが、私と同じような考えを持っている方に回答をいただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/09 22:37

コバルト文庫から出ている今野緒雪「夢の宮」シリーズは、


本当に奥が深く、とても面白いです。
中国ベースの異世界ファンタシー(本来の意味での、ですが)で、
シリーズといっても、一話完結モノになっています。
毎回の登場人物も統一してはおらず、
ある王国の城の中にある「夢の宮」を舞台としたオハナシなのです。

シリーズ中には、恋愛モノではない!というようなものもありますが、
ほとんどが作中に男女の恋愛が描かれています。
(一冊だけ、男同士のがあった気が……でもそれも必然的なものであり、
決して今流行のボーイズラブ系ではありません)

中でも一番恋愛モノとして面白いのが、「夢の宮~諸刃の宝剣~」でしょうか。
ある敗戦国の王女様と、勝利国の王様とのオハナシです。

コバルト文庫の中では人気作家なので、何処の本屋でも置いてあると思います。
もし機会があれば立ち読みでもしてみてください。
この人は他にもシリーズを出していて、その中でも
「マリア様が見てる」シリーズ以外は全てファンタシーです。
結構面白いので、オススメです。

大学生になってもコバルトを読んでいるEIZA☆彡でした。
↑だって、今野緒雪だけは面白くて止められないんだもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。実は私も10年来のコバルト愛読者なんですよ。でも、そのコバルトも最近ボーイズラブっぽいものが多くなってきていて、もう1年くらい新刊を買っていません。・・・淋しい。
 EIZAさんおすすめの今野緒雪さんは、「夢の宮 ~竜の見た夢~」は読んだことあります。とても気品のある文章を書く作家の方だなという印象を受けました。おすすめ作品の「夢の宮~諸刃の宝剣~」はまだ読んだことないんですけど、早速本屋さんで探してみます。「ある敗戦国の王女様と、勝利国の王様とのオハナシです。」こういうシチュエーション、個人的に好きなんですよ。

お礼日時:2001/04/08 01:28

宮部みゆきで蒲生邸事件はどうでしょう。


タイムトラベル物で、恋愛はうっすらとです。
ファンタジーの方が強いです。

ボーイズラブ系とは同性愛の事ですか?
読んだ事ないので…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。宮部作品は「クロスファイア」を読んだことあります。これはかなり面白かったので、reikocatさんのおすすめの「蒲生邸事件」もかなり期待度大ですね。
 ボーイズラブの定義は私もよく知らないんですけど、単純に言って、カッコイイ(カワイイ)男のコ同士の恋愛を描いた作品の総称であると言えるんじゃないでしょうか。

お礼日時:2001/04/08 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q文学的なボーイズラブ小説で、有名(売れている)なものを教えてください

文学的というと、色々ご幣があるかもしれませんが、それなりに濡れ場中心の小説ではあるが、なにかそれだけではない文学的な趣のあるものと、お考えいただければと思います。

できるだけ、最近出たもので有名(売れている)なものがいいです。

それではご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

「賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選」で検索してください。
これは表彰された作品なので、文章力も高く、読みごたえがあるそうです。 発行はuppiです。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q今ファンタジー小説でどのようなストーリーのものが人気なのでしょうか?

ここの項目には多数質問をしている者ですが、実はファンタジー小説家を少し目指してる物書きでして、
一体今どのようなストーリーが流行りなのか知りたくて質問しました。
皆さんがこんなストーリーものなら読みたいとかありましたら、是非とも返信を頂きたく思う次第で
あります。
後、お聞きしたい質問として、魔物退治ものとかはゲームでは人気ですが、小説になると時代遅れも
甚だしいものなのでしょうか。
自分で考えろ!!!と言われればそれまでですが、別にここに書かれた内容はあくまでも参考内容でして、
そのまま使う事はないので安心して下さい。
それでは、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
質問から少し趣旨がズレてしまいますが。
魔物退治ものなら、今、アニメで放映されている「デルトラクエスト」が人気ですよ。(帯にもRPGのような……というような文句があったように思います)
シリーズで三作目まで発売されていますし、図書館ではいつも借りられている状態だということも伝えておきますね。
セブンス・タワーやタラ・ダンカン、ストラヴァガンザなど、それなりに読んで思うところは、魔物退治というくくりで考えるよりも、いかにスリリングさやスピード感を感じさせてくれるか……いかに登場人物を身近に感じられるか、そちらの方が大切な気がします。
そういう点で、時代背景が古くゲド戦記のような重厚感を出そうとすると、ちょっとキツイかもしれないかな……とは思います。
やはり、どこかに現代を感じさせる物や人が出てきてほしい・共感したいと思うのではないでしょうか。

個人的な意見なので、あまり参考にはならないかもしれませんが。
創作活動、がんばってくださいね。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qいままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなん

いままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなんですか?そして、どうしてその小説が好きなんですか?

Aベストアンサー

小野不由美「十二国記」
→ただのファンタジーではなく、登場人物の成長を通して自分の考え方も見せるので。
下手な自己啓発本より、ずっと心にぐっときます。

上橋菜穂子「精霊の守り人」
→ファンタジーと言うより、歴史大河小説のような感じです。
精霊や異世界も出てきますが、民族や国勢、国家の派閥、侵略など壮大な物語ですが、大人も子供も読める物語です。この国は本当に地球上にある(あった)のではないか?と思ってしまうほどリアリティがあるのも好きです。

同じ作者の「獣の奏者」も壮大な物語なのですが、主人公の考え方に賛同できなかったのでイマイチでした・・・

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q面白い小説を教えてください【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー/】

小説を探しています。
ジャンルは【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー】ですが、それ以外のジャンルでも「これはお勧め!」というのが有れば、是非教えてください。
ホラーは、ゲテグロ系ではなくて、心理系のようなタイプが好きです(『リング』のような)。

■タイトル ■著者 を教えて欲しいですが、もしお分かりになるようであれば、出版社も欲しいです。


小説は大好きですが、自分では「これ面白そう!」と思っても、いざ読んでみると「な~んだつまらん」というのが大半(選び方が悪い)なので、「これは面白い!」という本に出会いたいと思います。

お願いします。

Aベストアンサー

私のお勧めは向山貴彦の「童話物語」で、ジャンルは異世界ものファンタジーです。
私はこの本を「隠れた名作」と言い張っています^^
描写がきれいで物語の内容も深く、読んだ後の充実感は最高です。
主人公と一緒に、泣いたり、怒ったり、喜んだりできる素敵な本です。
詳しくは参考URLのカスタマーレビューをドウゾ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344401298/qid=1112095983/sr=8-10/ref=sr_8_xs_ap_i10_xgl14/250-4514271-9340263

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qファンタジー小説について

新人小説賞のファンタジー小説を公募している賞ありますか?
ご存じの方教えてください

Aベストアンサー

ファンタジーだけじゃありませんが、参考URLに載せたサイトさんでは、色々な賞を紹介してます。
自分の作風に合った賞を探してみて下さい。

参考URL:http://sakka.org/prize/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報