外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

現代の日本が抱えている金融問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。

あまり金融に関して明るくないので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「なぜ企業が借金返済をしたら景気が悪くなる」のだろうか?



普通の国では、家計部門の貯蓄を証券会社や銀行が仲介して、企業部門が使うことでカネが回っている。例えば家計に1000円の所得があり、そのうち9割に当たる900円を自分で使い、残りの100円を貯金したと仮定しよう。使った900円はそれを受け取った人の所得となって経済の中で回っている。

 次に、貯金した100円は銀行などの金融機関に入る。銀行はこのカネを企業に貸し、企業がその借りた100円を使う。そうすると、家計が使った900円と企業が銀行から借りて使った100円の合計1000円が次の人の手に渡る。1000円の所得に対して1000円の支出が生まれて、これで経済が回る。

 もし、家計が貯蓄した100円を借りる企業が少なかったり、80円しか借りてくれなかったりした場合には、銀行は貸出利率を下げる。金利が下がれば、それまでカネを借りることに躊躇していた人が借りてみようと考える。こうして残りの20円を借りて使ってくれれば、家計が使った900円と企業が借りて使った100円で合計1000円が次の人の手に渡り、経済が回っていく。

 逆にカネを借りたい人が多すぎて100円では足りない場合には、銀行が金利を上げれば借りるのをやめる人が出てくるので、最終的に100円だけ貸し出されることになる。

 しかし、今の日本は金利をゼロにしてもカネを借りる人がいない状況だ。それどころか、数年前まで何十兆円規模で借金返済をしていた。そうすると1000円の所得があった人が900円を使い、残りの100円を銀行に預けても、この100円を借りて使ってくれる人がいない。つまり、家計からは新たな預金がどんどん銀行に入ってくるので、銀行は誰かに貸そうとするが、肝心の借り手がいないのである。そこで銀行は金利をゼロにしてみたが、やはり借り手は現れない。

「家計の貯蓄+借金返済額」が銀行に滞留

 そうなると、個人が預けた100円は銀行に滞留してしまう。もともと1000円の所得があったのに、実際は900円しか使われていないわけだ。ということは、次の人たちの所得は1000円ではなくて、900円ということになる。

 その人たちが900円のうちやはり9割の810円を自分で使い、残りの90円を貯金したとする。すると、810円は次の人の所得となるが、銀行に来た残りの90円は誰も借りる人がいないので、また銀行のなかで止まってしまう。

 このプロセスを繰り返していくと、1000円→900円→810円→730円…と瞬く間に所得が減って、経済はデフレスパイラルに陥ってしまう。

 経済が悪化すると資産価値が更に下がり、その事実が更に企業を借金返済に駆り立てる。個々の企業にとって借金返済は責任ある正しい行動だが、全員がその方向で動くことで、経済全体にとんでもない「合成の誤謬」(一人ひとりが正しいと思って取った行動でも、たまたま全員が同じ行動を取ってしまった結果、当初の想定と逆になってしまうこと)が発生してしまう。これがこの種の不況のいちばん怖い部分なのだ。

 この悪循環が繰り返されると、経済は家計の貯蓄額と企業の純借金返済額の合計分だけ需要を失うことになる。この合計金額が借り手不在のまま、銀行から出ていかなくなってしまうからだ。


http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20070 …
第1回「『陰』と『陽』の経済学――日本は15年間どんな不況と戦ってきたのか」(2007/09/27)
    • good
    • 0

銀行は8円有れば100円貸し出すことができます。

これが信用貸出しとか信用経済といっている
お金です。ですから銀行が貸出す多くのお金は実際には無いお金です。企業(個人等も含む)は
このお金で機械を入れたり体制を変えたりして、価値を高めた製品を作ります。価値を高めた
ことはお金を増やしたことになります。このお金で銀行に返済し、利益を増やします。これが
全体としては経済を大きくすることになります。
 しかし実際に価値を高められるまでの期間はまだお金が増えていないのに、実際には無いお金が
市場に有ることとなりますからインフレとなります。これが金融にとって望ましい状態です。
現在は企業が投資しても利益を上げる見通しが付かないので優良な企業は借入れをしてくれません。
自己資金さえ使えず抱えたままです。仕方なく海外展開を進めています。
銀行は貸出し先が細り、これも仕方なく薄利な国債を買って運用しています。
 デフレになっているのも企業が銀行からお金を借りて価値を高めた製品を作り出せなくなって
いるからです。日本の企業はお金もあり、人材も優秀、技術も優秀、市場もほどほどの大きさが
あります。だのになぜ投資ができないのか。理由は昔から叫ばれている規制です。例として
医療機器ですが日本での開発から導入までには余計な審査に時間がかかり、また許可をとるにも
複雑化しいて時間がかかります。海外と数年の違いが出てきます。結果日本で開発していてはお金と
時間が無駄になるので海外で開発するようになってきています。待っている患者にも迷惑なこと
です。もちろん銀行にとっても迷惑です。
 もうひとつの問題は銀行が買っている国債です。今は国民の貯金で買っているので、実際に
有るお金で買っていることになり問題はありません。しかし貯金額を超えて信用枠で銀行が
買うようになると、実際には無いお金が政府を通して市場に出て行くことになります。
これは市場の価値の大きさよりも、お金のほうが増えてしまうことになり、インフレとなります。
このとき政府はこのお金でより価値を高めたサービスを提供できれば(返済分を賄う)問題はないのですが
できないとなると、インフレは加速度的に進んでしまいます。大惨事が待ち受けることとなります。
    • good
    • 0

#2の方の書いた状態です



#1の方の意見は曲がっています

国債は確かに多いが外国に借金はほとんどありません

国内の借金です 5年後に破綻する事などほぼありえません

公共事業などで

国が下支えをしてそれを有効に活用して企業が努力し元気になればいいのです

お金がまわれば税収も増えます

中小企業が大半の日本が、今の状態で法人税を引き上げるなど論外です

企業が弱まる事がそのまま個人の失業 減給につながるからです

タイミングを間違えた 締め付けはいっそう経済を悪化させるでしょう



ID制やクレジット廃止など何十年かかる事か 完全に論外です

クレジット会社 関連会社の混乱 システム導入にかかる費用 国外に対しての処理  

費用はどこからでるのでしょうか

電子系詐欺などのトラブルの対応 セキュリティーなど

も含め大混乱でしょう

#1さんの政策を実行すれば5年以内に破綻はありえますね


日本は世界一の純資産大国です

外国にお金をたくさん貸している 債権超過大国です

日本が破綻すれば世界は大混乱になるでしょう
    • good
    • 0

国の借金(国債)が多すぎる。


このままだと、5年後に日本は破たんする可能性がある。
消費税を上げるとますます悪くなる。

まずは、現金を全て無くし、お金は全て個人に一枚のみのIDカードでのみの電子マネーのみ使用可能にする。

いままでのクレジットカードやキャッシュカードは全て廃止し、国民総IDカード制にする。

これで、脱税は無くなり、誰もが平等に税金を納めることになる。(今はサラリーマン以外はまともに納税していない)

最良の対策は、消費税5%を無くして、法人税を上げ、所得税も累進性を極端にし、子供手当は止め、道路の通行料金は全て無料にする。

国の特殊法人は、例外なく全て即刻廃止する。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近話題になっている金融緩和とアベノミクス?

最近ニュースで金融緩和とアベノミクスが話題になって
ます。
しかし、経済や金融に疎い私としては、チンプンカンプンです。
どなたか簡単にこれらの二つのことを教えてください。

Aベストアンサー

ではとってもわかりやすく説明しましょう。
まず認識を変えてください、「アベノミクスと金融緩和」ではなくて
アベノミクスというデフレ脱却方法の一つが金融緩和です。

デフレ、ってわかりますか?
世の中には二つの物があると思って下さい。
一つはお金、一つは物(サービスなども入る)です。
このお金と物がそれぞれ天秤に載ってると思って下さい。

物が1億円分あったらお金も1億円あるという状態であれば
デフレでもない、インフレでもないということになります。
この場合はこのお金と物がつりあってます。

もっとカンタンに言うと
たとえば「物」を自動車にかぎってみましょう。
1億円分の自動車があります。一台100万円だとすれば100台ですね。
自動車が100台この世の中にあり、お金は一億しかありません。
全部売っても最高で1億しか稼げません。それしかお金がないのですから
しかし、一台100万円で売れれば売り主は何の問題もありません。
100台作ったら全部のお金と交換できたということになります。

ところが「物」自動車が200台作っちゃったとしましょう。
これを全部売って全部のお金と交換するには一台50万で売らなければ
なりません。
これがデフレです。
つまり物の方がお金より多くなっちゃうわけです。
すると物が安くなります。

明日また50台出来上がってくる、となると明日は1台の値段がもっと下がるはずですね。
その翌日もまた50台出来上がってくる、となればその翌日はもっと値段が下がります。

人間ですから、もうちょっと待てばもっと安くなるかもしれない、
と思えばお金は使わずもうちょっと待ってみよう、となってしまいます。
するともっと安くしないと売れないですからどんどん物の値段が安くなっていきます。

お金を使うほうでは使ったとしても安い物を買うわけですから
売ったほうは儲かりません。儲からなければ給料も出せない、
給料が安いからますます物を買わない。物を買わなければ物が余る。
ますます安くなる、お店は儲からない。給料はもっと下がる。
これがデフレスパイラルです。

ここで一つ疑問が出てくるはずです。
給料が安くなったって、物が安くなるんだからいいじゃねーか!です。
高い給料もらっても物が高けりゃ同じことだろ。といいたくなります。

しかし、このデフレになると会社は倒産が増えますね、品物が売れないのですから
当然です。

工場も閉鎖のところが出てきます。物が余ってるのですから作ることないですよね。

するとまず、技術力がなくなります。競争力がなくなります。
たとえば自動車会社がトヨタしか残らなければ
トヨタはどんな車を作っても売れることになります。
よりいい車を開発しようとなど思いません。
そんなことしなくたってトヨタしかないのですから車が欲しければ
トヨタを買う以外ないのです。トヨタは殿様商売をして
新技術を導入しなくなります。

すると、日本経済は衰退して文化的生活ができなくなってきます。
なので、デフレは国を滅ぼすとまで言われる、実は戦争より怖い事象なのです。

で!
このデフレを脱却するにはどうしたらいいか!
を安倍さんは考えたわけです。

そうだ!物が多いのだから同じ量の金を作っちゃえばいいんだ!です。
そこで、日本銀行(お金の発給元)にお金を刷らせることにしたわけです。
これが金融政策。

自動車が200台で一億円しかないのなら
もう一億円刷ってしまえば2億円になるじゃん!
すると1台100万円で売れるじゃん!
いや、3億にしてしまえば150万で売れるようになるじゃん!
これがインフレターゲット!

上記は極端ですが、102万で売れるようにお金を作ってしまえ!
2パーセントのインフレになるようにお金を新たに刷ろうという政策です。
これが金融緩和策でアベノミクスという経済政策の一つです。

アベノミクスというのは3つの経済政策で成り立っています。
一つは金融緩和政策、
一つは財政政策、
もう一つは成長戦略といってたとえば規制緩和だったり、起業を簡単にできるようにしたり
会社の多角経営化を援助したりといった実際に人々の活動を助ける政策です。

財政政策というのは政府のお金、つまり税金で集めたお金をもう一度国民に戻してあげようとする
ものです。
かといってただであげるわけにはいきませんので
公共事業というものをやってそこで政府がお金を使えば民間にお金がいきわたるだろう。というものです。

たとえば、ダムを作ります。
真っ先に工事業者にお金が大量に支払われます。
道路工事をします。これも工事業者にお金が入ります。

じゃんじゃん工事をするのですからそれに伴うトラックやそれに使う燃料を工事業者は買います。
現場事務所も作らなきゃいけない、机も欲しい、コピー機も必要、事務職の女の子も必要
などなど、政府から支払われたお金がさまざまな業者に渡っていきます。
それに工事業社員の給料が上がります。
上がった給料で「銀座にでものみ行くか!」になります。
クラブのねーちゃんも増やさないと対応できなくなります。
儲かったクラブのおねーちゃんたちはヴィトンのバッグを買いに走ります。
ヴィトンが儲かります。ヴィトンの店員さんは彼氏に高級な時計をプレゼントします
時計屋さんが儲かります。・・・・
こうして公共事業に使われたお金はどんどん転がって民間にいきわたっていきます。
これが財政政策です。

もちろん、そうなるかどうかは安倍さんの腕次第で今のところうまく行ってる
様子ですが懸念もあります。

戦後じゃあるまし、道路もある、図書館もある、ダムもある、新幹線もある!
お金使うところなんぞないだろ!
無理に使ったって貯金されちゃうぜ!

あるいは金融緩和政策でお金を倍にしたってその金は国内では使われず
外国に投資する奴が増えるだけ、増やしたお金はみーんな外国に出て行っちゃうぜ!

という批判もあります。
批判はありますが、じゃあ、このデフレどうすりゃいいのよ?
といえば
今のところアベノミクス以外にないのですから
これを国民全員でがんばっていかなければならないと思います。

デフレは戦争より怖い!
ということを心してこのデフレを解消しなくてはなりません。

というわけでつたない説明でしたがわかりましたかねぇ。

ではとってもわかりやすく説明しましょう。
まず認識を変えてください、「アベノミクスと金融緩和」ではなくて
アベノミクスというデフレ脱却方法の一つが金融緩和です。

デフレ、ってわかりますか?
世の中には二つの物があると思って下さい。
一つはお金、一つは物(サービスなども入る)です。
このお金と物がそれぞれ天秤に載ってると思って下さい。

物が1億円分あったらお金も1億円あるという状態であれば
デフレでもない、インフレでもないということになります。
この場合はこのお金と物がつりあってま...続きを読む


人気Q&Aランキング