ちょっと変わったマニアな作品が集結

やっぱりキャッチアンドリリースってひどいと思いませんか?
キャッチアンドイートは、生き物だから自分が生きるために弱いものを食べるという自然の掟に従ってると思うのですが、梁で引っ掛けて吊り上げておしまい!怪我の治療するわけでもゴメンネするわけでもなく放し、それでキャッチアンドイートの悪口まで言ったりする方々は、とてもひどい人だと思いますが、どうなんでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

どうも。



>やっぱりキャッチアンドリリースってひどいと思いませんか?

うーん、微妙ですね。

>キャッチアンドイートは、生き物だから自分が生きるために弱いものを食べるという自然の掟に従ってると思う

これは、C&Eが「自分が食べるだけ、必要数のみ捕獲する」といった前提で語られてますよね。
そんな高貴なというか、ある意味悟りを開かれたような釣りをされる方がどれだけいらっしゃいますかね?通常・・
・自分の釣欲を満足するまで。
・釣れれば釣れるだけ(結果、ご近所に配ることになる)釣る。
こんな釣りをされる方が殆どではないのでしょうか?

それを前提にすると、
C&Eは、「必要のない命まで奪っている」ということになりはしませんか?
そういった意味では、C&Rは「命を繋ぐ可能性を与えている」だけマシと思えます。

C&Rって、元々感情論ではなく、資源保護の立場から規定されたレギュレーションなんです。
公的機関も(日本ではないですが)関わり決められたという経緯を持ちます。
その経緯の発端は、C&Eで資源が枯渇しそうになったからなんです。

C&Rも、ただ魚を水に戻せば良いといったものではありません。
正しいやり方があります。
ちゃんと行えば、かなりの割合で魚は生き残るようです。
(特に渓流などの流水で、雑菌が少ない環境・・
ダムの様な場所で、リリースされた魚が生き残るのかについては微妙だと個人的には思いますが、針の痕がある魚が釣れることから、生存割合の問題だと思えます。

>それでキャッチアンドイートの悪口まで言ったりする方々は、とてもひどい人だと思います

これは同意できます。
食べたい人は食べればいいんです。(あくまで、必要数内で・・)
ただ、魚には制限や努力目標として、体長制限が設定されている場合があります。
これ、、守らずにブチ殺してお持ち帰りされる方が多いんですよね。
そういった方は、悪口叩かれても致し方なし・・・ですかね。

あと、必要以上に釣って殺して(これ単なる釣果自慢ですから)も、理性的ではないですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/19 10:06

「食ったほうが供養になる」という日本人独自の宗教観を別にすれば、魚からすれば食べられるのと捨てられるのは一緒で、水に返されるのはずっといいほうです。


まあ、釣られないのが最良なんですが、ベルギーみたいに釣りをする人がほとんどいないというのが環境保全のためにいいことなのかというのは疑問ですね。

狩猟も極度に規制されたせいで生態系が維持できなくなっている(シカが異常に増えてきている)なんて話もありますので、感情的な話では解決しないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生き物が無条件に他者を殺傷してよいとは考えませんよね、それでも生きてゆくということは動物・植物の命を奪って行くことです。この問題を納得するための方便が「私が生きるために必要な最小限の命をもらうことはやむをえない」という考え方だと思います。
それ以外に他者の命を奪ってよいという良い言い訳があればよいのでしょうが・・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/19 10:05

基本的に全ては人間のエゴです。


釣りをしないであろうあなたのような考えを持つ人や
自分達のような釣り人側の立場の人では、正直考え方はずっと平行線でしょう。
100人人が居ればそれこそ100通りの意見があるでしょうから。
釣りをしたことが無いのなら釣り人側の意見なんて一つも理解できないでしょうね。


針穴が開いた程度でリリースした魚がほとんど死ぬなんて言う事は無いです。
むしろ聞いたことがありません。
タグ&リリースやお腹を裂いてアーカバイルタグを埋め込まれ、
雑巾を縫うが如く適当に縫い合わされて放流された魚でさえも再捕されるのだから。
死なせてしまうのは大半が水揚げ後の処置の仕方に問題があります。
撮影や針外しに手間取ったりして水から上げてる時間が長かったり、
魚が自力で泳ぎだすまで蘇生行為をしなかった場合、死ぬ率が上がるかもしれません。
経験上そっと水に入れてもドボンと投げ入れても差はありません。
逆に弱ってなければドボンと入れるほうが気付け的な意味ですぐに泳ぎ始めます。
陸上では酸欠と言うよりも何かしらの毒素がまわるような話を聞いた気がします。
弱っていても魚なので水に浸けてれば溺れ死ぬことはありません。
カジキやGTなどのゲームフィッシングでは水揚げせずに船縁でリリースしたり、
デッキに水揚げしてもホースで海水を口からエラ等に当てています。


キャッチ&リリースがとにかく悪でイート又はストマックは善みたいな考えには
私は少々疑問を抱きます。
大きさを決めて持ち帰る人も居れば、釣れればとにかくクーラーみたいな人も居ます。
サイズや量を決めて持ち帰る人は自分からは善に見え、
とにかく何でも持ち帰る人は悪に見えます。
自分から言わすとイート派にも善悪があります。

アジ・サバ・イワシのような生態系的に食われる側の底辺に居るような小物釣りなら何も言いませんが、
カサゴやソイ・メバル等の成長の遅い根魚類は20cmを超えるまでにそれなりの年月を要します。
30cm級ともなればそれこそ10年選手です。
メバルなどは比較的大量に居る魚ですし、
スーパーのパックにも平気で10cm少々の物が入っています。
正直、そこまでの小物を食べたいとは思いません。
何でもかんでも持って帰るタイプのおじいさんが昔は良く釣れたのにと言っていましたが、
それだけ無差別に持って帰ってれば釣れなくなっても不思議じゃないと心の中で思いました。
おじいさんにとっての本命以外の外道の魚は価値の無い魚で、
海に返してやればよいのに背後の堤防に放り投げたりしています。
イート派でありながら残酷な行為を行うおじいさんは悪ですよね?
正直リリース派の人よりも残酷な行為だと言えます。
フグやボラだって海に帰りたいと思っているかもしれません。
魚が釣れにくくなる原因はそれだけではなく、
釣りをしないその他大勢の人が流す生活廃水で水質を汚染している場合もあります。


食べるだけ捕獲すればよいと言うのなら漁師さんたちは基本的に大量に捕りすぎでしょう。
捕りすぎだから捕るのをやめろと言われても彼らは納得はしないでしょう。
生活のかかった仕事ですから、捕れば捕るほどお金になりますし、
夜でも容赦なく網を引いてる漁師も居ます(違法操業)。
岸からシロギスが釣れ始めると容赦なく砂浜ギリギリまで網を引っ張りますし。
近年日本近海で魚が取れなくなって国外へ遠洋漁業していますよね。
乱獲問題が話題になっていたと思いますが、
近い将来天然のマグロを食べれない日が本当に来るでしょう。
あなたの考えでいくと、実験の為とは言え遺伝子組み換えを行ったり、
マウス等を実験に使用するのは生き物の命を奪う残酷な行為とは言えませんでしょうか?。



ところであなたの真意が自分には汲み取れないのですが、
釣りをする事、リリースをする事、
どちらもを酷い行為だと非難しているように見受けられますが?
リリースする行為についてならば、
食べもしないサイズまで捕獲してしまうような乱獲ついて、
どう言うお考えをお持ちでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々書いてくださってありがとうございます。この板は意見交換の場ではないので、またの機会になると思いますが、わたしのあたまのなかでは、
自分で自分の食べる分だけとる人>みんなで食べる目的でとる人>遊びのためにとって放す人>遊びのためにとって殺して捨てる人
ぐらいのイメージです。動物実験は遊びのためじゃないから「みんなで・・」ぐらいかな?ベジタリアンならという人もいるけど、植物だって生きているんだからおんなじ様なもんでしょと思ってます。

お礼日時:2010/07/19 06:57

リリースしたサカナがほとんど死ぬってホントですかね?



渓流でヤマメやイワナが死に絶えてしまいますね。管理釣り場も成り立ちませんね。

くわばらくわばら・・

※私は喰うために釣っているので小さいもの以外は原則持ち帰りです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに死なないんじゃないかと思っています。死ななきゃいいってもんじゃないとは思いますが・・・ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/19 06:59

確かにひどい行為と自認しています。



ですが、人は、すべての生き物は狩りをする習性がすくなからずあるようです。人としての理性があってもです。

私は、いざというときのための爪を研ぐ意味でバスフィッシングにおけるキャッチアンドリリースをしています。

最近は研ぎすぎたせいか、メバリングでメバルが釣れすぎて困ってます。
その為行く回数を減らしてます。行けば20~50匹は釣れてしまいます。
もちろん釣れればサイズにかかわらずに食べます。小さいからリリースと廃棄(リリースしても死ぬ可能性が高いため)を一緒にしている人も居ます。

釣ったら自分の物、それをどうしようが関係ないだろと反論する人が多いでしょうが、百人いれば百通りの意見があるので難しい問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自認しているのですか、しかたないですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/18 16:18

カヌーに乗って世界中の川を旅しているアウトドア派の作家である 野田知佑( のだ・ともすけ )さんも著書の中で、キャッチ・アンド・リリース の残酷さ( 口を釣針で裂かれ、放流されても傷口から菌が入り、やがては死んでいく事 )を非難し、反対しておいでです。


(気休めに消毒スプレーをかけてやる釣り人も居るようですが、そんなものは実際、役には立っていないそうです )

 私は釣りをしませんが、野田氏の本を読んで憤りを感じたものです。

( すみません。本の題名までは覚えていません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私だけがそう思うのではなく安心しました。鯨を食べるよりずっと問題だと思います。早く世界中でキャッチアンドリリースを禁止する決まりが出来ればよいと思います。

お礼日時:2010/07/18 12:51

キャッチアンドリリースは遊び。



ですから、何をいっても奇麗事なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私には残酷で禁止すべき遊びに思えます。ありがとうございましあ。

お礼日時:2010/07/18 09:04

リリースされた魚はまもなく死にます。


捕まらないように全身で暴れ酸欠状態になります。水中では酸素濃度が低いから、
回復するのに要する時間は甚大です。
口は傷がつき獲物を捕食する能力が著しく低下します。
自然界では傷が治るまでの間、誰も食事を運んでくれません。
また、魚を直で触ると魚の皮膚粘膜が剥がれ、触った部分が人間でいう火傷状態になります。
そうならないように手袋で魚を触っても大して変わりません。

キャッチアンドイートもリリースも人間の遊びです。
自然界の掟に従うならその日食べる分だけを取るべきです。
乱獲はよくないからとリリース。
やってることは全て人間のエゴでしかありませんよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。その通りだと思いますし、死ぬ死なないにかかわらず食べるわけでもない、危害を加えられるわけでもないのに生き物の命を奪うことは、許されないこと・ひどいものだと思います。食べない人にはバーチャルで楽しんでもらうしかないですね。

お礼日時:2010/07/18 09:07

確かに、その考えは間違っていませんが・・・。



しかし、リリースしなければ、その魚はもうその川や海には二度と帰れません。

そのことを考えればリリースは少しの人間の優しさだと思います。

本当は傷つけずに釣り上げたいものですが、不可能でしょう。

キャッチアンドリリースは、本来自然に住む魚の絶滅を防ぐ一つの手段なのです。

繁殖しなければ、我々釣り人の釣れる楽しみも減りますからね。

キャッチアンドリリースは、釣り人のマナーだと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あなたの飼い犬が吊り上げられても「放してくれたんだからいいや」って思えますかね?そんなに釣り人の楽しむ権利って大事なの?っておもいます。ごかいとうありがとうございました。

お礼日時:2010/07/18 09:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q釣った魚をリリースする事に抵抗があるのは私だけでしょうか?

釣り好きの方にはお叱りを受けるので読まないでください。

一度釣った魚を、「望んでいない魚、小さすぎる魚、釣れすぎていらないので戻す、あくまで釣る感覚を楽しむスポーツだから食べないので戻す」
などの理由でリリースしますが、私はこの事にとても違和感を覚えるのです。
人間の一時の楽しみだけの為に、魚(生命)を傷つけて、用済みになるとすぐ捨てているような感じがして。(そこらへんに捨てるよりは戻すほうがいいのかもしれませんが)
また釣堀などでリリースされた傷だらけの魚たちが及ぼすいろんな衛生上の不安や、極端に言えば生態系の歯車を狂わせたり、命をおもちゃみたく冒涜しているような気がしてならないのです。
アフリカかどこかで野生動物達をスポーツ感覚で密猟して楽しむような感じと似ているような気さえするのです。
じゃあリリースせずに食べさえすればいいのかと言いますと、私は少なくとも生命に対する感謝と礼儀にはなるような気がします。ちゃんとありがたく食べて、いただく事が食物連鎖の形なのではないかと・・。
私の考え方はおかしいでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

とても健全な考え方だと思いますよ。私もその辺の事を訴えたくてHPを立ち上げたのですが(興味があったら私のHPのコラム#014等をご覧になってね♪)、目クラ滅法なキャッチ&リリース(以下C&R)が多いのが実情ですね。
実際に“純粋なスポーツ・フィッシング”を唱えているのであれば、もしくはC&Rのテーマである生態系の保護を目的としているのであれば、針は返しのないバーブレス・ネットはリリース専用のネットは当たり前ですが、魚体に触れない・速やかなリリースが求められます。が、多くの人間は残念ながら魚体に触れる(ギュッと握ってやがる、ネット越しに掴んでやがる)、ボシャンと放り投げて『リリース終了♪』といけしゃあしゃあと抜かす、ネットとバーブレスにしただけでキチンとC&Rをしたつもりになっている…サイテーですね。これを見て『いっその事一思いに殺してしまえ』と思うのは、あなたに心があるからです。

そもそもゲーム・フィッシングやC&Rと言っているなら“外道(狙っている以外のサカナ)”がいる事自体不自然です。さらに“このサカナは喰うから”“このサカナは喰わないから”という観点だけで保護しようとかリリースしようという考え方は実に傲慢で、ある意味危険な考え方です。
“喰う”“喰わない”で振り分けているという事は『生命に対して序列をつけている』ということで、たかだかサカナに序列をつける輩がもっと高尚とされている(個人的にはそれはどうかと思うが)人間を平等に見る事ができるか、といえば…甚だ疑問です。膝くらいの垣根を飛び越える事のできない人間が高飛びの世界記録は更新できない、というわけです。かなり哲学的なモノの見方ですが、自己都合だけで判断するのは常に同様な危険性を孕んでいます。
また“このサカナは喰わない=必要ない・要らない=手元に置いときたくない=捨てる”という感覚でリリースしている人達に“マトモなリリース”ができるわけがありません。

実はC&Rをマトモにしようとしたら、とても難しい事です。相当場数を重ね訓練を積まないとできることではありません。

反面“獲ったものは俺のもの、どんなに小さくても俺のもの”と大昔の習慣に従って釣りをしていたらたちまちサカナの絶対生存数は減ってしまうのが実情です。これは別に21世紀の現代に特別生まれた思想ではなく縄文期や北海道のアイヌの思想ではこの世のありとあらゆる物はカムイの化身とし、カムイは動物や植物やサカナの衣をかぶって人間の前に現れ、人間が食べていくだけの物を与える事を許している、と考えていました。カムイとは現代日本語の“神”の語源と言われていて、その思想の名残は秋田のマタギや宮崎・椎葉村のイノシシ猟など日本各地で伝承されています。
この思想の中では『むやみやたらに獲りすぎるとカムイ(山の神と表現される場合が多い)の罰が当たってそこにはカムイがいなくなる』と乱獲を厳に諌めています…縄文時代に既に環境破壊の危険性を諌めていたという事自体驚きです(文字のなかった縄文期の慣習は口承すなわち物語として語り継がれている;遠野の語り部など)が、このような観点から考えると21世紀の現代では何を釣るにせよC&Rを真摯に考えなければいけないという側面も持っています。

北海道のアイヌの“Aynu”という言葉は『人間』と紹介されていますが厳密に言うと『人間らしい人間』『カムイの教えに従う人間』を指していて、そうでない『獲れたものは俺のもの』とか『これは要るけどこれは要らない』と生命に序列をつけるような連中は“Wenpe(ウェンペ)”と呼ぶそうです。アイヌの世界観ではこの世はカムイと人間だけしか存在していないので釣れたサカナもカムイとなりますが、個人的にはなんちゃってC&Rを諌めカムイから“Aynu”と呼ばれるようなC&Rを心がけています。

本当は釣具メーカーや釣り具屋さんなどが率先して正しいC&Rを教えてくれればいいのですが、実のところ『釣具が売れれば何でもいいや』とどこをどう突いても“Wenpe”な連中ばかりで…困ったモンです。

長文、どうも失礼しました。

どうも、釣りバカです。

とても健全な考え方だと思いますよ。私もその辺の事を訴えたくてHPを立ち上げたのですが(興味があったら私のHPのコラム#014等をご覧になってね♪)、目クラ滅法なキャッチ&リリース(以下C&R)が多いのが実情ですね。
実際に“純粋なスポーツ・フィッシング”を唱えているのであれば、もしくはC&Rのテーマである生態系の保護を目的としているのであれば、針は返しのないバーブレス・ネットはリリース専用のネットは当たり前ですが、魚体に触れない・速やかなリリースが求...続きを読む

Q釣りは残酷と言いますが…

友人に釣りを否定されました。

彼曰く、釣りを叩く理由として、食べる食べないではなく、
魚に針を引っ掛けて引きずって釣りあげる、といった一連の動作を残虐に感じるし、
しかも、それが生活の為では無く、
「その残虐性の高い行為自体」を愉しんでいることが、どうしても心情的に受け入れられない
…というものでした。

確かに釣りを楽しむというのは、そういうものかもしれません。
ですが僕は釣りは普通に楽しく、多くの人に受け入れられている趣味であり文化だとも思っています。
セミ取りと同じような感覚で楽しんでいいものだと思っていますが、違うのでしょうか?

できればその友人を説得して釣りを一緒に楽しめるようになれば理想だな~と思い、
うまく説得できる理論が欲しいところです(笑)

Aベストアンサー

こんちは。

>>できればその友人を説得して釣りを一緒に楽しめるようになれば理想だな~と思い、

理想はあきらめましょう。
「趣味を無理矢理押し付けるもんじゃない」です。

変に「説く」事で、友人関係に亀裂が生まれる可能性を考えると、やめといた方が無難。


>>魚に針を引っ掛けて引きずって釣りあげる、といった一連の動作を残虐に感じるし、
>>しかも、それが生活の為では無く、
>>「その残虐性の高い行為自体」を愉しんでいることが、どうしても心情的に受け入れられない

>>ですが僕は釣りは普通に楽しく、多くの人に受け入れられている趣味であり文化だとも思っています。

論点がズレてるから、「平行線をたどる」って奴になるんじゃないかと。


向こうは論理的に説明していて、あなたは感情的に説明していて。
な感じです。あんま無理に説得しないのがベストかと。


3~40年して、「あんときゃあー言ったけど、釣りものんびりしてて楽しいもんだな」
とか性格が丸くなって変わって、一緒に釣りが出来るようになるような事を期待してた方がいいんじゃないですかね。

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Q漁師は一般人(釣り人・観光客)に対し何故敵対するのでしょうか?

観光地に行くと、
「釣り人、観光客のゴミ投げ捨て、密漁・・・見つけ次第警察に通報します。●●県・●●漁協」
と言う内容の看板にがやたら多いと思います。

メディアの記事には、
「釣り人の乱獲で魚が居なくなる!」、「釣り人が密漁をしている!」
「観光客が海にゴミを捨てるために海が汚れて困る!」
と言う、一般人に対する漁師の怒りの投稿が沢山あります。

私はアウトドアの趣味が好きです。ゴミ清掃のボランティアにも参加しています。

浜辺や港のドックの中のゴミを良く見ると、魚網、漁業用ロープ、廃船等、「産業廃棄物・漁業用具」が殆どだと思います。
マナーの悪い釣り人が捨てるゴミ、テグスも有ると思いますが、漁師の捨てた道具に比べれば絶対量は少ないと思います。
(※だから一般人がして良いわけじゃないけど)
密漁等は調べないと、一般人(釣り人、観光客)か漁師がしたか解らない事と思います。

漁師の生活を守るために「漁業権」があるのは解ります。しかし、一般人が海に観光に行けば、コンビニ、民宿・ホテル、釣り船、市場等でお金を落としていくわけで、一般人(観光客・釣り人)による経済効果は大きいと思います。

○もし一般人を排除したら、漁業者、そして周囲の観光に関係した人々の経済状態が悪化すると思いますが違うでしょうか?

○海の資源はだれの物でしょうか?

○何故、漁業者は一般人(釣り人、観光客など)を敵視したような事ばかり主張するのでしょうか?

観光地に行くと、
「釣り人、観光客のゴミ投げ捨て、密漁・・・見つけ次第警察に通報します。●●県・●●漁協」
と言う内容の看板にがやたら多いと思います。

メディアの記事には、
「釣り人の乱獲で魚が居なくなる!」、「釣り人が密漁をしている!」
「観光客が海にゴミを捨てるために海が汚れて困る!」
と言う、一般人に対する漁師の怒りの投稿が沢山あります。

私はアウトドアの趣味が好きです。ゴミ清掃のボランティアにも参加しています。

浜辺や港のドックの中のゴミを良く見ると、魚網、漁業...続きを読む

Aベストアンサー

釣り好きオヤジの個人的意見です。

回答1(経済状態)・・・#1の方と同意見です。地域によって変わりますので一概に言えないでしょう。

回答2(海の資源)・・・養殖イケスや漁業権が設定されている魚種と場所は条例や法律などで保証されています。権利を持っている団体(組織)は、指定の場所で指定の魚種を捕獲する者を排除する権限があると理解しています。
(例)として、サザエとアワビに漁業権が設定されていればその場所で捕獲すれば罰金を払う事になりますが、設定されていないイセエビを採ってもお咎めは無い事になります。誰でも自由に採っても良いと思います。

回答3(敵視?)・・・これについても地域と個人の感じ方によって差が有ると思います。私がいつも行く海水浴場は、観光協会と漁協が共同でサザエを海にばら撒き、観光客に無料で採らせてくれます。しかも死んでるサザエを漁協に持って行くと活きてるサザエと交換してくれます。
こんなに良心的な漁協でも、そこの港で釣りをしていると、わざと防波堤ギリギリに船を通して釣り人の糸を故意に切って行く船がいたりします。その漁師さんは防波堤で釣りをしているのが気に入らないのでしょうね!

最後にゴミについてですが、大きいゴミを捨てる漁師が悪いとか、弁当くずを捨てる観光客が悪いなどと言っても意味が無いでしょう。大きさや量にかかわらず『捨てるヤツ』がいる限り解決はしません。

釣り好きオヤジの個人的意見です。

回答1(経済状態)・・・#1の方と同意見です。地域によって変わりますので一概に言えないでしょう。

回答2(海の資源)・・・養殖イケスや漁業権が設定されている魚種と場所は条例や法律などで保証されています。権利を持っている団体(組織)は、指定の場所で指定の魚種を捕獲する者を排除する権限があると理解しています。
(例)として、サザエとアワビに漁業権が設定されていればその場所で捕獲すれば罰金を払う事になりますが、設定されていないイセエビを採っ...続きを読む

Q女が釣りをしないのはなぜ?

女性はなぜ釣りをする人が少ないのでしょうか。

トイレがないからでしょうか。
他に何か理由があるでしょうか?

Aベストアンサー

女性は 「凝り性」 になり難い性質があるからだと思います。

釣りに限らず、たとえば切手コレクター、骨董品収集家、プラモデル愛好家、鉄道ファン、クラシックカー愛好家 ・・・ いわゆる 「凝り性」 でないと、その道を極められない趣味って結構多いですよね。

でも、これらの愛好家には、ゼロとは言いませんが、女性は少ないと思いませんか?

「決め付けるな」 とお叱りを受けそうですが、私の持論で言えば、洋の東西を問わず男性は現実を無視して理想や究極の目的に邁進する性格がある ・・・

一方、女性は現実を重視する性格があり、自己満足的で無意味な理想論などは歯牙にもかけない傾向がある ・・・

男女間にはこのような性差があるように感じております。

従って、女性には 「眠たいのに夜明け前から家を出て釣りに行く男性の気持ちは理解できない、仮に理解できたとしても自分は絶対やらない」 という人が多いのではないでしょうか。  だって魚がほしけりゃ、スーパーに行けばいくらでも並んでいますからね。 

「それも新鮮で、食べやすく刺身にした商品もあるし、おまけに夕方になれば100円引きになるし ・・・ なんでわざわざ高い道具を揃えて朝早くから、それも釣れるか釣れないか分からないのに ・・・ バカみたい」 と思っているのではないでしょうか。

超現実主義の女性に釣りはウケないと思います。

女性は 「凝り性」 になり難い性質があるからだと思います。

釣りに限らず、たとえば切手コレクター、骨董品収集家、プラモデル愛好家、鉄道ファン、クラシックカー愛好家 ・・・ いわゆる 「凝り性」 でないと、その道を極められない趣味って結構多いですよね。

でも、これらの愛好家には、ゼロとは言いませんが、女性は少ないと思いませんか?

「決め付けるな」 とお叱りを受けそうですが、私の持論で言えば、洋の東西を問わず男性は現実を無視して理想や究極の目的に邁進する性格がある ・・...続きを読む

Qキャッチ&リリースはお魚にとっていいことなんでしょうか?

バス歴25年の者です。
キャッチ&リリースは魚を虐待していると思うのですが、世の中ぐるっと見回して、自然を愛するならばキャッチ&リリースしたほうが良いといった意見を昔からよく見まかけます。
だけど本当に自然を愛するならばスポーツフィッシング(ルアー、フライ)しないほうがいいと思いますし、そんなに自然を愛していないならスポーツフィッシングをしてしまうんじゃないかと感じてます。
キャッチ&リリースはお魚がかわいそう。
キャッチ&リリースはお魚にとっていいことなんでしょうか?

Aベストアンサー

ブラックバスを刺身で食すことはおやめください。寄生虫による健康被害がありえます。
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/gnathostomiasis.html

琵琶湖のノーリリースありがとう券については下のサイトをご覧下さい。ページの下から1/3のあたりに「ノ-リリ-スありがとう券事業」とありますので、そこをご参照ください。
http://www.pref.shiga.jp/d/leisure/

Q釣りは魚に対する虐待ですか?

釣り暦約30年です。
 最近、釣りは魚を虐待する行為ではないか、と言う疑問が拭えず自問自答を繰り返しております。
 私は主に渓流のフライフィッシングをやっていますが、他人からは「健康的で素晴らしい趣味」「自然を愛するアウトドア派」などと言われる事もあり、非常に複雑な心境です。

 もちろん、食料としての魚を獲る(釣る)行為は私達が生きていくために必要な行為であり、なんら非難されるものではありません。食料調達手段としての狩猟も家畜を育てる行為も同様ですし、極端に言えば、スーパーで肉や魚を買ってくる行為も直接的・間接的の違いだけで同じ類のものだと思います。

 ただ、趣味としての釣りを考えると、魚をハリにかけて引き回し、命懸けで抵抗する姿を見て喜んでいる、という残虐な一面があります。
 それでも、食料として必要な分だけを確保して帰るなら、まだ救いがあるかも知れませんが、ある種の釣り人は(私も含めて)キャッチ&リリースと称して、食べるわけでもない魚を自分の楽しみのためだけに傷付けています。

 また、釣り場のゴミ問題をはじめとするマナー悪化や、外来魚による生態系破壊等、自然保護に反する行為も見受けられます。
 私自身、釣りに行くために自動車で山間部へ分け入り排気ガスを撒き散らしますし、どんなに気を付けても釣り糸が切れてハリやオモリを回収できない事があります。
 釣りというのは、なんと罪深い遊びなのだろう、と思ってしまいます。

 一方、多くの釣り人が釣りを通じて自然に対して感心を持ち、魚達をはじめ動植物に深い愛情を持って接していることは間違いない事で、釣りは自然と関わりと持つための一つの手段であると思います。釣り人がいなければ、日本の自然はもっと壊滅的に破壊させていたかもしれません。

 また、世界中で釣りが趣味として広く受け入れられているのを考えると、やはり人間の狩猟(漁?)本能の表れなのかとも思ってしまいます。食料を直接調達する事が少ない現代社会において、釣りをする事で自分の狩猟本能の帳尻を合わせている、と言ったらこじ付けでしょうか。

 私は釣り自体をやめられないからには、食べない魚はせめて最大限の努力をしてダメージを最小限に抑えてあげることと、自然に対するインパクトを限りなく「0」に近づけるにする事で、今は無理やり自分を納得させています。

 だらだらと長くなってすみません。
 以前のように自信を持って釣りをしたいのですが、釣りを正当化する理論をお持ちの方がいらしたら是非聞かせて下さい。
 それとも、やはり釣りは虐待でしょうか?自然破壊でしょうか?

釣り暦約30年です。
 最近、釣りは魚を虐待する行為ではないか、と言う疑問が拭えず自問自答を繰り返しております。
 私は主に渓流のフライフィッシングをやっていますが、他人からは「健康的で素晴らしい趣味」「自然を愛するアウトドア派」などと言われる事もあり、非常に複雑な心境です。

 もちろん、食料としての魚を獲る(釣る)行為は私達が生きていくために必要な行為であり、なんら非難されるものではありません。食料調達手段としての狩猟も家畜を育てる行為も同様ですし、極端に言えば、スーパ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
釣歴20年ほどの若造ですが、失礼します。

自分は餌釣をしています。
幼少の頃から父と釣に勤しみ、釣りの楽しみは釣果を食するところまで入っています。
パック売りの魚肉しか見ない子供へ命の教育。
そんな意味もあったんだと思っています。
故に、バカみたいに釣って近所におすそ分けするなんて事はありませんでした。

それが強く、一時期フライもやりましたが、やはり殺すだけの釣りは楽しめなかった。
その辺の心の機微は、きっと質問者様のお悩みと同じだと思います。

環境の事を言うとですね、車に乗るだけで環境破壊なんですよね。
何かに比べてどれだけエコであろうが、排出ゼロに勝るものは無い。
生きている上で既に、確実に地球を汚している。
動物なら、いつか必ず土に返る。
その土に様々な命が育まれる。
その自然サイクルに、人間だけが入っていない。
だから、私の餌釣りは環境に優しいんだなんて思ってません。
車を使って大気を汚しつつ川へ行く。
5匹の魚を殺して腹を満たすが、土には何も還らない。
これで終われば私はただの有害生物でしかない。
かといって、二酸化炭素を空気に変える能力も無い。

しかし、その「業」を違う何かで返す脳みそは持っている。
これだけ地球に負担をかけた分、出来る範囲で何かで返すことができる。
緑化関係の募金でもいい。
もちろんボランティアでもいい。
家で使う洗剤を低公害のものにするだけでいい。
便所で節水すればいい。
排気ガスを抑える運転をすればいい。

釣りの話に戻しますが。
釣りの分、人よりも自然に対する配慮をする。
これしか自分を納得させる理由はないと思いますよ。
無論、他の命を奪うことで楽しんでいるわけですから。
そこから唯一学べるのは、無益な殺生をしないことかな。
食べることだけが有益じゃなくて。
その分、地球に何かを返すとか。
命とはなんぞやを考えるとか。
それも充分有益かと。

とめどもなく、失礼しました。

こんにちは。
釣歴20年ほどの若造ですが、失礼します。

自分は餌釣をしています。
幼少の頃から父と釣に勤しみ、釣りの楽しみは釣果を食するところまで入っています。
パック売りの魚肉しか見ない子供へ命の教育。
そんな意味もあったんだと思っています。
故に、バカみたいに釣って近所におすそ分けするなんて事はありませんでした。

それが強く、一時期フライもやりましたが、やはり殺すだけの釣りは楽しめなかった。
その辺の心の機微は、きっと質問者様のお悩みと同じだと思います。

環境の...続きを読む


人気Q&Aランキング