AI天使がイケメン天使に変身!>>

保険会社の 保険契約に関する書類の保管義務は 7年ですが

保険金の 支払いに対する書類の 保管年数について

ご存じの方おりませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。

まったくの素人のたわごとですが、
示談完了しても、のちのち問題になると困るので
5年前後は、保管してるのでは????
ちなみに事故から10年前ぐらいだっと思いますが、
案件で某大手保険会社は、紙の
資料は、無く電算の記録のみでした。
後遺症が悪化したとのお話です。

想像の世界ですが、事故書類は、5年ぐらいでは?
日本国自体が書類保管を得意していなので・・・
その程度予想します。

以上素人のたわごとで失礼しました
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車保険の契約書の保管期間

タイトルどおりなのですが、任意の自動車保険の契約書は、
どのくらいの期間保管しておかなければならないのでしょうか。
現在、書類の整理中で、不要なものは処分していこうと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約書とは、保険契約した時に書き込んだ申込書のことですよね?
それならば、
保険証書が手元に郵送されて来ておれば、確実に不要です。
今一度、無いように不備がないか、証書と照らし合わせの上で、
契約書は破棄されてくださいね。

Q解約後の保険証書の保管期間について

・生命保険を解約後に、保険会社に変換する保険証書・領収帳の、
会社が保管する期間は何年間なのでしょうか?

保管する期間及び義務等、分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社法で決算関係書類は5年となっています。
ですが、領収書は7年という話もあります(法人税法)。
ですから、どんなに短くても5年は保存されているはずです。

契約書は、会社法で7年です。
ですが、万一、訴訟が起きたときなど、安全のために10年間保存するのが、一般的なようです。

法律関係は、専門ではないので、誤りがあるかもしれません。

Q告知書の保存期間

こんにちは、私の知り合いの質問なんですが、訳ありまして現在某大手保険会社と裁判をしております。
その際、申し込み時の書類「告知書」についてですが4年間しか現物を保管しないと言われたそうです。
(控えはマイクロフィルム化しているそうですが)
確かに、膨大な書類を保管するのも大変なので、いつかは処分せざる終えないのでしょうが、あまりにも短い期間だったので質問させていただきました。
ちなみに、私の契約している保険会社に聞いたところ現時点ではすべて保管しているとの事でした。
保険会社によって、保管期間は違うかも知れませんが金融庁の定める定款などにはこういった記載はないでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.net-b.co.jp/jbox/B1/9606B101.htm

商法の規定による重要書類に類するものですから最低5年、契約書に類するものとの判断があれば満期後10年以上の保存が必要です。
(金融検査マニュアルの中には当該事項がありませんので、商法の解釈になると思います。尚、このような訴訟を考慮して契約満了時まで保有していると考えられます)

尚、大量の書類の保管はコストがかかることですので、マイクロフィルムによる書類保管も紙の書類保管と同等とされています。従ってマイクロフィルム上で残っていれば法令違反とはなりません。倉庫がいっぱいになればマイクロフィルムにするというスタンスだと思います。

Q解約済みの契約書はいつまで保管しておけば良い?

一般企業の経理をしています。
契約書が貯まっていて、要らないものは破棄しようと思うのですが、解約済
みの契約書はいつまで保管しておけば良いのでしょう?
解約後すぐに捨ててしまっても良いのでしょうか?もしもの時の事を考える
(例えば事件が発覚して裁判資料になるとか)と何年か保管しておいた方が
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

債権が消滅する時効期間は10年ですから、契約書の保管は10年程度はしておいた方がいいようです。質問者さんのおっしゃるように、契約期間が経過しても裁判などで紛争が起きたりすることも考えられますものね。

Q入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が

入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が


 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 五人程度で不動産業をやっています。
 会社は、100年程度の歴史のある古い会社です。
 入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が、毎年次々にたまって、二階の物置を占領して、場所が狭く、なります。狭い場所に無理やり、押し込んでいるので、探し出すのも、実際には、大変です。
 際限なく、大きな倉庫なら、大きな棚も導入して、きれいに整頓して保存も、できるでしょうが、そこまで、お金をかけて整理保存する必要があるのかどうか疑問です。

 税務署が、査察に来たときに提示できるようにあるいは、過去の帳簿の記録を閲覧するときに保存しているのですが、どの程度過去の分を保存すれば、よいのでしょうか?

 皆さんは、どうされていますか?

 もちろん、いつまでも、保存するのがベストですが、保存する場所もお金です。後で、見るかも、知れないと保存しても、現実には、あるから、安心と思って、閲覧することは、めったに無いものです。

 今年は、平成18年ですが、いつごろの伝票だったら、処分しても、よいのでしょうか?
 処分できれば、伝票の表紙やファイルを再利用できるメリットも、あります。

 会社内部では、書類がいっぱいで、もっと、整理すべきだと攻撃が激しいのです。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。
敬具

入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が


 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 五人程度で不動産業をやっています。
 会社は、100年程度の歴史のある古い会社です。
 入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が、毎年次々にたまって、二階の物置を占領して、場所が狭く、なります。狭い場所に無理やり、押し込んでいるので、探し出すのも、実際には、大変です。
 際限なく、大きな倉庫なら、大きな棚も導入して、きれいに整頓して保存も、できるでしょうが、そこまで、お金をか...続きを読む

Aベストアンサー

★書類の保存期間★

 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
■永久保存
 法律では規制されていませんが永久保存が望ましいと思われるものです。
・定款、株主名簿、社内規定 ・登記関係書類 ・諸官庁に対する提出書類、許認可書類、通達文書・特許、実用新案等の書類

■10年保存
・株主総会議事録-(商法244条)/取締役会議事録-(商法260条)・決算書(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案、付属明細書)-(商法36条) ・総勘定元帳-(商法36条) ・満期、解約となった契約書

■7年保存
・仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳等-(法人税法規則59条)・領収書、預金通帳、小切手控え、手形控え等・請求書、見積書など ・給与所得者の扶養控除等申告書ほか・源泉徴収簿

■5年保存
・従業員の身元保証書、誓約書など

■4年保存
・雇用保険の被保険者に関する書類-(雇用保険法規則143条)

■3年保存
・雇入、解雇、退職に関する書類-(労働基準法規則56条)
・労働者名簿-(労働基準法109条)
・労災保険に関する書類-(労災保険法規則51条)

■2年保存
・健康保険、厚生年金保険に関する書類

◆処分しやすいように保存しまよう!
 <1> 昨年度の資料は、場所を決めてまだ保管しない
   結構、昨年度の総勘定元帳とか請求書といった書類は今年度との比較に使いますよね。それで、今年度分とは別の場所に置いていつでも参考にできるようにしておきます。

 <2> 3年たった時点で、仕分けする(3年、5年、7年、10年)
    上記の保存期間をもとに、「3年保管箱・経理関係」「雇用関係」というように保存期間・種類によって仕分けをします。こうすることによって、いざ処分すると言うときに3年保存の箱を開けば、そこに入っているものは全て保存義務がないものということで、見分けやすいからです。あとは、上司や社長に聞いて、法律とは別に会社として保存しておきたいものをさらに保存し、いらないものを処分すればいいだけです。

 <3> 保存書類一覧を作成する
    自分の覚えのためもありますが、保存した人だけでなく上司やそれに関係する人全般に、どの書類がどの箱に保存されているのか明確に分かる表を作成します。この表を作ることによって会社の中に保存書類の規則のようなものができあがり、担当者が万が一会社を辞めた場合、又は新入社員に教える必要が生じたときに役に立ちます。

 <4> 毎年1回~2回は点検をしましょう
    重要な書類ですから、保存しっぱなしであとは知らない。というようなことのないように点検を心がける。故意ではないにしろ上司等が書類の貸し出しを受けてそのまま机の中に眠ったまま。ということは珍しくありません。この場合に<3>の一覧表が活きてきます。

★書類の保存期間★

 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
■永久保存
 法律では規制されていませんが永久保存が望ましいと思われるものです。
・定款、株主名簿、社内規定 ・登記関係書類 ・諸官庁に対する提出書類、許認可書類、通達文書・特許、実用新案等の書類

■10年保存
・株主総会議事録-(商法244条)/取締役会議事録-(商法260条)・決算書(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案、付属明細書)-(商法36条) ・総勘定元帳-(商法36条) ・満期、解約となっ...続きを読む

Q通帳がない場合の古い取引履歴(解約記録)の確認方法

最近、認知症(要介護1)になった1人暮らしの叔母の財産整理をしていたところ、
昭和62年に亡くなった夫の相続による定期預金の名義変更と
定期預金から普通口座へ変更した「昭和62年発行の受取証」が見つかりました。

その他に「同じ証書番号の定期預金満期のお知らせのハガキ」も見つかりました。
当時はハガキに証書番号が末尾まで明記されてたのでわかりました。金額は約250万円です。

この250万円の行方がどうなったのか?私や叔母も知りたくて、銀行に問い合わせたところ
「その口座は既に解約されてる」と言われたのですが、認知症の叔母は記憶がないので
私は「解約した時の証拠が欲しいのと、その解約したお金は現金で払い戻しされたのか?」
あるいは「他の通帳に預けかえたのか?」知りたいので、現在、銀行に問い合わせ中なのですが
今は、その銀行には記録が残ってないので、(おそらく銀行の本店か専用保管場所に記録が残ってる?)
1週間後に私宛に電話連絡してくれる事になってます。

私は詳細な取引履歴が知りたいのではなく「いつ、誰が解約したのか」
例えば「叔母の筆跡で解約した証拠」を見たいだけなのです。
(最後に、銀行員に私達の目的を伝えました)
ちなみに取引履歴を調べるのに「50円/1ヶ月分」かかりますから
1年分で600円。10年間で6,000円かかります。

※取引履歴作成書の依頼書を記入してから、やはり「印鑑証明書がないと」履歴が調べられない
 というので、市役所に行って印鑑登録してから、ようやく再開した経緯があります。
 ここら辺の銀行の対応が曖昧でした。

私は、20年間分の12,000円をかけてもいいから、解約記録を知りたいです。

一般的に、銀行(支店)はおよそ何年前の「解約記録を保管」してるのでしょうか?

蛇足ですが、その銀行の窓口の受付から・・・
「昭和62年と古いので、もうその口座は解約されてると思います」と何の根拠もなく
言われ、気分を害しました。
昭和62年の相続による名義変更の時は、まだ口座はあった事を証明する「受取証」なのに、
何でそのような事を言われたのでしょうか?
腑に落ちません。

最近、認知症(要介護1)になった1人暮らしの叔母の財産整理をしていたところ、
昭和62年に亡くなった夫の相続による定期預金の名義変更と
定期預金から普通口座へ変更した「昭和62年発行の受取証」が見つかりました。

その他に「同じ証書番号の定期預金満期のお知らせのハガキ」も見つかりました。
当時はハガキに証書番号が末尾まで明記されてたのでわかりました。金額は約250万円です。

この250万円の行方がどうなったのか?私や叔母も知りたくて、銀行に問い合わせたところ
「その口座は既に解約...続きを読む

Aベストアンサー

私の勤務している金融機関では、伝票の保存は解約後10年です。
解約された時期にもよりますが、かなり以前ならば残っていない可能性の方が大きいです。
その際は、筆跡の確認は不可能でしょうね。
履歴が取り寄せられるなら、現金で払い戻したか、振替にしたのかくらいは分かるかと思いますが。

さて、それはともかくとして、ここでひとつ、ご質問の文章からの疑問があります。

>定期預金の名義変更と定期預金から普通口座へ変更した「昭和62年発行の受取証」が見つかりました。

定期預金から普通口座へ変更した「受取書」があるのでしたら、この定期預金は、その時に解約されているのでは・・・? と思いました。
その銀行さんの当時のシステムにもよりますが、現在の感覚では、定期預金を普通口座に変更という事は、すなわち解約しているという事です。
唯一の可能性は、定期預金が通帳式か証書式で、それを解約せずに、総合口座の担保として預かり直した、という場合です。
これならば、もしかしたら、そういった受取が出るかもしれません(うちの金融機関では出していませんが)
受取書が定期預金の解約金の受取書かどうか、気になる所です。

>同じ証書番号の定期預金満期のお知らせのハガキ
これについても、その受取書日付の後に届いた通知ならば、その時までは確実にその定期が存在しているという事ですが、通知と受取書の日付と名義の関係はどうなっているのでしょう?

上記、全て口座=定期預金の口座として回答しています。
これが普通口座の事でしたら申し訳ありません<(_ _)>
が、普通口座の解約でも、やっぱり回答は同じで、伝票の保存年限は10年だと思います。

ちなみに、
>昭和62年と古いので、もうその口座は解約されてると思います
この発言は微妙です。
何故なら、金融機関の職員として言わせていただくと、それくらいの時期からずっと預けっぱなしの方も、結構いらっしゃいます。
が、それには条件がありまして、その定期が自動満期になっている事が条件です(言い方は銀行によって違うかもしれません)
つまり、満期がきたら、自動的に新しい定期に作り変える、という形式の定期です。
その際には、当然満期日も変わっていきます(定期の番号は変わらないと思います)
それくらいの事は金融職員なら当然の知識ですので、この発言が有効になるのは、自動満期ではない定期が対象となっている場合です。
通知や受取書でそのあたりは確認できますか?
もし自動満期の定期でないなら、ずっと放っておかれた口座の管理はまた別になります。
最終的には効力が失せてしまう事も考えられます。

とまあ、これは受付さんの発言を全て正しいとした、質問者さまにとっては最悪の見解です。
ご質問の文章を見る限りでは、単に迂闊な受付さんとしか思えませんが^^;

私の勤務している金融機関では、伝票の保存は解約後10年です。
解約された時期にもよりますが、かなり以前ならば残っていない可能性の方が大きいです。
その際は、筆跡の確認は不可能でしょうね。
履歴が取り寄せられるなら、現金で払い戻したか、振替にしたのかくらいは分かるかと思いますが。

さて、それはともかくとして、ここでひとつ、ご質問の文章からの疑問があります。

>定期預金の名義変更と定期預金から普通口座へ変更した「昭和62年発行の受取証」が見つかりました。

定期預金から普通...続きを読む

Q支払通知書の保存年限は?

経理書類の保存年限を教えてください。

得意先からもらう支払通知書(タイトルは支払明細書だったり、ファクタリング通知、振込通知、買掛金明細…いろいろですが)は、法律で何年の保存期間が定められているんでしょうか?
所得税法施行規則63、法人税法施行規則59、67に定められた『現金の収受、払出し、預貯金の預入れ・引出しに際して作成された取引証憑書類』にあたるなら、7年かとも思うのですが、手形の通知ですと、現金にならないから違うのかな、とか…。

ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

証憑書類『振込通知書』は7年
『有価証券受渡計算書』は大法人7年、中小法人5年となります。

参考URL:http://www.cityfujisawa.ne.jp/~aquafirm/shoruihozon.htm

QWORDでA4文書2ページ原稿をA3文書一枚にするには?

WORD文書をこれまでA4でばかり作り、A3にするには2枚並べてコピーするなどしていたのですが、A4の2ページをA3スタイルに切り替える方法なんてないでしょうか?

Aベストアンサー

 私もよくA4で文書を作成し、2枚ずつA3にプリントアウトしています。
 ファイル→印刷 を開いて、右下の拡大/縮小の項目を、

 1枚あたりのページ数→2ぺーじ
 用紙サイズの指定→A3

 で大丈夫だと思います。

 では、再見!!

Q●銀行の普通預金口座の過去の取引履歴って見せてもらえますか?

地方銀行なんですが、15年ぐらい前から普通口座を利用しています。  
 
それで、古い通帳は今まで全部捨ててきました。 
 
しかし、最近 ココ10年分ぐらいの利用状況を確認したくなったのですが、 見せてもらえるのでしょうか? 
 
本人確認書類(運転免許証)や届出印鑑を持って、本人がその支店に出向けば見せてもらえるでしょうか? 
 
できれば、そのコピーなどが欲しいのですが。。。 
 
情報お持ちのお方いらしましたらよろしくお願いいたします。 
 

Aベストアンサー

コピーはもらえますが即日は無理です。
支店の端末で閲覧できるのは長くても1年くらいです。
それより古いデータは名寄せでマイクロフィルムになっているか、本店の事務センター等で別管理になっているかです。1~2週間待てば用意してくれるでしょう。
銀行によっては証明手数料(多分1,000円未満)が必要なところがあります。

Q訴訟記録の保存期間

よろしくお願いします。

訴訟記録の保存期間ですが、

私は10年と思っていたところ、最近5年になったと聞きました。

私の事件は平成11年から保存が開始されて、終期は21年との印が押されています(訴訟記録表紙に)。

保存期間5年は平成12年から適用されたそうですが、平成11年から保存が開始されている事件もその適用を受けるのでしょうか。

私の事件は、再度訴訟を起こすつもりでいるので、保存しておきたいのです。印影などに起因する問題があり、原本の必要性があります。

保存期間5年の適用を受けると、今年までが保存期間の終期になります。裁判所にお願いして継続保存できるものでしょうか。

Aベストアンサー

>保存期間5年は平成12年から適用されたそうですが、平成11年から保存が開始されている事件もその適用を受けるのでしょうか。

はい。過去の分も対象となります。

>保存期間5年の適用を受けると、今年までが保存期間の終期になります。

そのとおりですね。

>裁判所にお願いして継続保存できるものでしょうか。

「記録廃棄留保の上申書」(名称は裁判所により異なることがあります。)を提出してお願いできます。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/lawclerk/jistumu.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報