社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

厚生年金と企業年金
こんばんは
厚生年金と企業年金は何が違うのですか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

厚生年金は公的年金に分類されて、国民年金・厚生年金・共済年金の義務化された保険料を支払う年金で死ぬまでもらえます。



企業年金は平たく言えば個人年金を企業がかけているようなもの。
だから 退職金代わりに一括支給とかも選べるし、年数限定の固定金額を受け取るようにも出来る。

公的年金は非課税だけど、企業年金は課税です。
    • good
    • 12

厚生年金は、厚生年金保険法により、「労働者(会社員や会社役員等)」の老齢、障害又は死亡について保険給付を行うもので、政府が管掌しています。


(一方、国民年金は、国民年金法により「国民(上記の会社員等の他、自営業者や無職の方・学生等全て)」の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものです。厚生年金加入者は、国民年金にも自動的に加入していることになります。)

企業年金とは、企業が独自に、その役職員等を対象に実施する年金制度をいいます。
代表的な企業年金には、厚生年金基金、確定拠出年金があり、企業が実情に応じて実施しています。
    • good
    • 0

専門家紹介

石川忠司

職業:行政書士

東京都中央区の行政書士・社会保険労務士です。

企業管理部門(総務・人事・経理など)のアウトソーシングサービスを中心に、以下の業務を主に行っております。

事業承継、遺言書作成、相続
外国人手続き
起業支援、各種営業許可
就業規則作成・変更
人事・賃金・労働時間相談
労務コンプライアンス監査
労働・社会保険手続
人事考課制度構築

対応言語:中国語・英語(事前にご予約ください)

他保有資格:一級建築士、公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、管理業務主任者

お問合せは、
行政書士・社会保険労務士クレステートファーム
http://ap.cre-r.com
e-mail : infoap@cre-r.com
まで

お気軽にどうぞ!

詳しくはこちら

専門家

厚生年金


厚生年金法に基づく民間の会社に勤務している方に対する社会保険の一つ
保険料は会社と本人が折半して半分ずつ支払う
将来は、国民年金(老齢基礎年金)にプラスして、厚生年金(老齢厚生年金)として給付されます
http://insurance.yahoo.co.jp/social/info/pension …

企業年金
企業が社員(退職後の社員)に支払う年金・・法的な強制はないので企業年金の有る会社無い会社がある
この場合は、将来の年金は、国民年金(老齢基礎年金)+厚生年金(老齢厚生年金)に企業年金が足される事になります
種類は色々あるので下記を参照して下さい
http://www.shiruporuto.jp/life/nenkin/kigyo/inde …
    • good
    • 20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング