人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

弁慶という人物の性格について教えてください。
なるべく長い方で。。。

A 回答 (1件)

武蔵坊弁慶



皆さんお持ちの印象は「ごっつい」「怪力」というイメージが優先しますが、「安宅の関越え」での出来事では弁慶のこんな一端も見られます。

義経が頼朝と不仲になり、都落ちして奥州藤原氏のもとに身をよせることになった途上、義経一行は山伏に扮して安宅の関を越えようとしました。ところが一行は関守に見咎められ、「勧進帳を出せ」と言われます。もとより一行はそのようなものを持っていませんでしたが、弁慶は機転を利かせ、もともと寺で修行経験もあったことも幸いして持ち合わせの巻物を広げ、朗朗と読み上げていきます。この機転によって無事関を越えられそうにはなったのですが、「一行の中に常に傘で顔を覆っていて不自然な行動をする者が義経に非常に似ている」と部下が言い出したため、なおいっそう疑われてしまいます。だが、そこでも弁慶は機転を利かせ今度は手に持っていた杖で「お前が義経に似ているために、あらぬ疑いをかけられてしまったではないか!」とののしりながら主君である義経を何度も何度も殴りました。『いくらなんでも杖で主君をぶつ者はこの世にいるはずが無い』と関の者たちにそう思わせることに成功し、一行は無事に関を越えることが出来ました。そして弁慶は、無事関を越えられた後、主を殴った事について義経に泣きながら謝った、という内容です。

「安宅の関越え」において、かなり「頭の機転」が利く「弁慶」の一端が垣間見えます。また、主君「源義経」に対する忠誠心は並々ならぬものがあり、これも「安宅の関越え」の後の行動に、そこのところが強調されます。史実では時の関守は、義経一行である事を悟りながらも、そ知らぬふりをし、関を通したという事ですが、弁慶のとった行動には変わりは無く、やはり「頭の回転が速い」という弁慶像が目に見えます。


弁慶と言えば、もう一つの重大なエピソードがあります。次に掲げる文章がそれです。

義経一行は、奥州にたどり着き、藤原秀衡のもとへ身を寄せます。だが、秀衡が死ぬと、子の藤原泰衡は頼朝の威を恐れて、父の遺言を破り、義経主従を衣川館に急襲します。多数の敵勢を相手に弁慶は、義経を守って堂の入口に立って薙刀を振るって戦い、雨の様な敵の矢を受けて立ったまま死んだとされています。

そうです。「弁慶の立ち往生」です。これが果たして真実なのかどうかは定かではありませんが、弁慶の豪傑さ、忠誠心を考えた時、やはり真実に近い逸話なのではないか、と思われます。


「弁慶の性格」というテーマでまとめれば、「豪傑でありながらも、頭の回転が速く、主君に対する忠誠心は並々ならぬものがあり、情にほだされやすい」という事が言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 大変勉強になりました。お陰さまで助かりました。

お礼日時:2010/09/23 23:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武蔵坊弁慶について

弁慶と牛若丸が京都の五条の橋の上で戦い牛若丸は弁慶を負かしたと言う話は、現実かどうか分かりませんが、よく言われています。
では、弁慶はどうして通行人から刀を巻上げていたのでしょうか?生活の為でしょうか?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

鎌倉時代の正史といわれる「吾妻鑑」に義経の家来として、武蔵坊弁慶の記載がありますが、当時は他に資料がなく実在が疑われていました。  近年資料が見つかり現在は実在説が有力です。
現在は義経が頼朝の家臣になり、京にのぼった後に家来になったとの説が有力で、弁慶の活躍は一の谷の合戦以後ということです。
当然「五条の橋の上」の話は「義経記」の創作ということです。   「義経記」は歴史物語ですから、創作が入るのは当然で「五条の橋の上」はNo.1さんの通り、おとぎ話と考えた方がよいでしょう。   この元には平家に反感を持つ士が、平家の公達を襲って刀などを奪ったり、恥をかかせたりした事件が頻発していた背景があります。
 岩波新書「源義経」などによりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報