冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

小説家もしくは小説家志望が語り手の小説

語り手が小説家もしくは小説家志望で、
作品内で書くことに悩んでいたり、
悩んでいなくてもいろいろ言及していたりする小説って何がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

太宰治、芥川竜之介、林芙美子。

    • good
    • 0

加納朋子の『ななつのこ』


作家へのファンレターに自分の身近で起こった不思議な出来事(日常ミステリー)を綴る。
すると返事(謎解き)が来て文通が続く・・・・・・
という内容です。連作ものですが、全体で一つの流れになっています。

続編の『魔法飛行』では同じ主人公が「文章修行」として前作と同様物語を語ります。
質問の趣旨にはこちらが近いかもしれませんが、『ななつのこ』を最初に読んだほうがより楽しめると思います。
    • good
    • 0

新井素子さんの


『・・・・・絶句』上下 ハヤカワJA文庫
はいかがですか?

新井素子という19歳のSF作家志望の女の子が主人公で、応募作品を書いているんだけど
いつの間にか登場人物達が・・・

ずいぶん昔のお話なんですが、最近新装版が発売されました。
    • good
    • 0

小説というか、作家と作家志望者の手紙のやり取り(の作家の部分)という形式のエッセイのような本なのですが。




『若い小説家に宛てた手紙』マリオ バルガス=リョサ著、木村栄一訳、新潮社 (1680円)


という単行本があります。

実はバルガス=リョサの小説を読んだことがなくて、たまたま本屋で見つけて買ってみたんですが、バルガス=リョサを知らなくても読めました。
    • good
    • 0

子供向けですが…。



「名探偵夢水清志郎シリーズ」
語り手の女の子が、中学の文芸部所属、将来の夢は小説家です。

「ティーン・パワーをよろしく」
ちょっとネタばれですが……シリーズの最後で、語り手の一人が小説家を目指す決意をします。書くことに悩むよりは、悩んだ末に書こうと思う流れです。
    • good
    • 0

日本は私小説というジャンルが伝統的にあって、一時はそれが主流になった時期さえあります。


ネットで「私小説」をぐぐればたくさん出てきます。筆頭は志賀直哉(暗夜行路)でしょうか。ともかくいっぱいありますが、面白い小説でいけば檀一雄「火宅の人」など痛快ですね。最近ではノーベル賞作家の「大江健三郎」なんかもその流れの小説を書いているようです。
でも、小説に限らず、エッセイなんかに広げると作家自身の愚痴などがもろに出て面白いのではないでしょうか。こんなもののほうが一般的で多いと思います。面白いのは開高健とか丸谷才一なんかですね。ごく最近のひちのものはあまり知りません。
    • good
    • 0

「深夜の弁明」清水義範


締め切りに間に合わない作家の苦悩の一夜のドタバタ劇
    • good
    • 0

折原一作『螺旋館の殺人』。



小説ではないですが、創作の苦しさの記録としては、井上夢人(もと合作ミステリ作家、岡嶋二人の一人)の『おかしな二人』が、江戸川乱歩賞挑戦から受賞、綱渡りの連載を経て、合作コンビ解消までを書いています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q小説家を志望する者が読んでおくべき作品とは

将来、本気で小説家になりたいと考えている者です。
夢を実現すべく、実際に自分でも創作を折々試みる一方、様々な文学作品に目を曝して研究を重ねているのですが、如何せんまだまだ読了した本が少なく、知識の上で不安があります。
そこで、小説家を目指すならこれだけは絶対に読んでおくべきだ、という作品(文学者)を皆さんに教えて欲しいのです。

参考までに僕の好みを挙げると、
国内:谷崎潤一郎 遠藤周作 北原白秋 西脇順三郎 樋口一葉
海外:ワイルド キーツ スタンダール ヘミングウェイ 
…といったところです。(特に谷崎は別格)

ちなみに日本の戦後文学には疎くて、W村上の作品でさえほとんど読んでいません。春樹なら『ノルウェイの森』や『風の歌を聴け』などの代表作をいくつか読んだのですが、龍は大の苦手で、『希望の国のエクソダス』に嫌悪を覚えて以来、まったく読む気が起きません。
目下のところは源氏物語に挑戦しています。洋書なら、ディケンズやフィッツジェラルドの作品など。(あまり英語が得意ではありませんが)

古今東西、ジャンルは問いませんので気が向いたときにでもアドバイスよろしくお願い致します。特に戦後文学について秀逸作をご存知の方、是非。勿論、ごく最近の注目作家についてでも構いません。

将来、本気で小説家になりたいと考えている者です。
夢を実現すべく、実際に自分でも創作を折々試みる一方、様々な文学作品に目を曝して研究を重ねているのですが、如何せんまだまだ読了した本が少なく、知識の上で不安があります。
そこで、小説家を目指すならこれだけは絶対に読んでおくべきだ、という作品(文学者)を皆さんに教えて欲しいのです。

参考までに僕の好みを挙げると、
国内:谷崎潤一郎 遠藤周作 北原白秋 西脇順三郎 樋口一葉
海外:ワイルド キーツ スタンダール ヘミングウェイ...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
元作家志望だった者です。「事実(現実)は小説より奇なり」を実感するあまり頓挫してしまいました。

さてANo.1様の御意見と対する御礼を拝見しましたが、なるほど、そういうことなら私から申し上げられるのは「乱読」です。
汝の気の赴くままに百花繚乱の作品世界を逍遥せよ!です。
まだ学生さんでいらっしゃいますね?なら、いまのうちに多くの作品にアタックしてください。その場合できるだけ知らない作家や、なじみの薄いジャンルを意識して選択されることも有意義であると思います。いずれ社会に出て自由時間が制限されるようになると興味の薄い分野に、わざわざ手を伸ばすというのは苦痛が大きくなると思いますし。
そこから出発して、やがて自分なりのターゲットが絞れるようになったら今度は特定の作家の作品を年代順に読破していきます。これは私も実践したことですが年代順に読むことで著者自身の思想や関心の移り変わり、一貫して変わらないもの等が浮かび上がってきて、作品そのもの以外でも興味深いです。

それから作家希望ということですので私自身が現役作家のかたに教わったことを申し添えます。
小説というのは詰る所、登場人物の「肉付け」です。いかに存在感を付与することができるか。これは作品の説得力に大きくかかわってくることです。
それには「知らなければ」書けない。
世界が狭い人には所詮狭い世界しか書けません。ファンタジー小説なら、どうか知りませんが。
しかし人間一個の知識や経験など天才でもなければ、高が知れている。ですからこそ昔から作家志望の人間には、どんなことも作品上の糧になり得ると言われるのです。そのため、どうしても自らの経験が及ばないことは関係者に或いは場所に取材を行いもする。

敢えて一つ作品(?)名を挙げるとすれば、これは小説ではなくガイダンスのようなものですがH・ヘッセの『世界文学をどう読むか』を御一読されてはいかがかと思います。
この稀有な作家が、天才に依るばかりでなく、いかに多くの世界から、つかみ取るべきをつかみ、自らの栄養として貪欲に吸収していったか、その健啖ぶりに舌を巻く思いにさせられます。

「薄っぺらな人間には薄っぺらな作品しか残せない」
これはリアルを表現する小説ならば殊にそうであって、まことにNo.1様の仰るとおりだと思います。

最後に私自身が二十歳前後の頃に読み込んでいた作品名を一部挙げますと、どちらかと言えば、かなり翻訳ものに偏っているのですがモーパッサン、ジッド、テグジュぺリ、カミュ、サガン、シェイク スピア、モーム、ヘッセ、ドストエフスキー(特に好きです)果てはショーペンハウエル、ニーチェ、フロイトの『夢判断』『精神分析』まで、全て年代順に読破しました。
日本のものですと、この年頃は芥川、太宰、志賀直哉、夏目漱石、江戸川乱歩等々・・・
御質問者様が挙げられている面々も、もちろん読みましたし好きです。特に一葉の文章の流麗さと来たら!
詩人では朔太郎も好みます。
小川未明の童話なんかもいいですよ。
私いま読んでるのは『秘密の花園』と『トムは真夜中の庭で』です^-^;;

数多くの作品に親しまれると共に御自身の人生経験も豊かに重ねられますことを期待してやみません。

ガンバレ未来の小説家!!

初めまして。
元作家志望だった者です。「事実(現実)は小説より奇なり」を実感するあまり頓挫してしまいました。

さてANo.1様の御意見と対する御礼を拝見しましたが、なるほど、そういうことなら私から申し上げられるのは「乱読」です。
汝の気の赴くままに百花繚乱の作品世界を逍遥せよ!です。
まだ学生さんでいらっしゃいますね?なら、いまのうちに多くの作品にアタックしてください。その場合できるだけ知らない作家や、なじみの薄いジャンルを意識して選択されることも有意義であると思います。い...続きを読む

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q主人公が小説家になるまでの道のりまたは小説家としての苦悩を描いた小説を教えてください

主人公が小説家になるまでの道のりまたは小説家としての苦悩を描いた小説を教えてください。

日本人作家でお願いします。

Aベストアンサー

ジョイス『若い芸術家の肖像』
折原一『倒錯のロンド』
高橋源一郎『日本文学盛衰史』
スティーヴン・キング『ミザリー』
壇一雄『火宅の人』
筒井康隆『大いなる助走』

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q小説家、漫画家志望

小説家、漫画家志望を志望しています。もの凄く短くて、簡単に読めるストーリーをたくさん読み勉強をしたいと思っております。お勧めのものがあればおしえてください。よろしくお願いいたします。(同人誌とか何でも構いません。よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

 SFだったら星新一さんが数ページで終わるような超短編・ショートショートを1000編ほど書いてます。あと落語なんかも分かりやすい展開の例としてはいい見本かと。

Qオンライン小説の長さの基準

別のカテゴリで質問をしていたのですが、こちらの方が適切なようなので、改めて質問させていただきます。

オンライン小説で短編・中編・長編と表示されているものがありますが、長さの基準といいますか、定義はどのようになっているのでしょうか?
小説(書籍)には大体の基準があるのは知っています。

5ページのオンライン小説が短編なのはわかりますが、それを中編や長編としているサイトもありました。
長編と書いてあったのに、読んでみたら10ページ未満だったこともあります。
ケータイ小説だともっと違いが出ています。

書籍もオンライン小説も好きでよく読むのですが、オンライン小説の長さの基準は作者次第だと思った方がいいのでしょうか?
ちょっと疑問に感じたので、皆さんのご意見をいただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者様のおっしゃるとおり、作者次第だと思います。
特にオンライン小説は素人さんが書いているものが主だと思うので、書籍での基準を知らないのではないでしょうか?(かくいう私もしっかりとしたものは知りません。)

5ページを長編としているサイトさんは、基本が1ページものなのでは
ないでしょうか?
(5ページが長編といわれると、肩透かしを食らった感はありますね)

ちなみに私の感覚だと、短編は3ページくらい、中編は10ページくらい、長編は1晩じゃ読み終わらないくらい、です。(1ページはショート・ショート)曖昧ですね。

Q小説書きについて。私は小説を書くのが好きで、賞に応募したいのですが、家族に見られたくないので投稿サ

小説書きについて。
私は小説を書くのが好きで、賞に応募したいのですが、家族に見られたくないので投稿サイトで書いています。最近はEエブリスタというアプリで書いているのですが、サークルに参加したりでもしないとなかなか読んで貰えず、ただ書きたいだけなのにと思いました。感想を貰ったりするのはありがたいですが、「読んだから私のも読んで」みたいな感じで...批判している訳ではないです。ただ、相互で読み合うなどしなくても良い、また賞に応募出来るサイトはありませんか?

Aベストアンサー

小説ではなく、ライトノベルに限るのですが、電撃・角川・富士見・MF・GA・オーバーラップなどWebで作品を募集している新人賞は多いです。
そしてその多くが一次選考さえ通過すれば、プロの編集者などの批評を貰うことができます。
ただし、これは多くても数人の審査員にしか読まれないですし、応募中は他のサイトなどで公開することは禁止されています。

Q小説の新人賞への応募

小説の新人賞への応募

質問1:
私は趣味で小説を書いていて、新人賞に応募してみたいと思うようになりました。
しかし新人賞っていっぱいあるのでどれに応募すればいいのか迷っています(まあまだ応募する作品を書いてはないんですけど(笑))。
小説すばる新人賞、新潮エンターティンメント大賞、小説現代長編新人賞、オール讀物新人賞などいろいろありますよね。どの新人賞がいいのでしょうか?ジャンルは多分エンターテイメントかな?

質問2:
ただあくまで趣味の範囲内ですので別に小説家になりたいというわけではありません。
万が一、大賞に選ばれたと仮定して、その場合小説家にならないといけないのでしょうか?
作品を書くように依頼される場合があると聞いたのですが本業もありますし、趣味にそこまで時間をかけることもできないです。それに小説家を副業にするつもりも今のところはないです。
その後の活動などの依頼を断ったりすることはできるのでしょうか?

質問3:
新人賞を取ったときに素性は公開されるのでしょうか?あと偽名で応募してはまずいでしょうか?

質問4:
新人賞は取り、その後の仕事を断ったとして、それ以降は賞に応募することはできなくなってしまうのでしょうか?よく条件に新人に限るとかの文章が書いてあるのですが・・・


変な質問ばかりで申し訳ないです・・・・もしわかる人がいましたら教えてください!

小説の新人賞への応募

質問1:
私は趣味で小説を書いていて、新人賞に応募してみたいと思うようになりました。
しかし新人賞っていっぱいあるのでどれに応募すればいいのか迷っています(まあまだ応募する作品を書いてはないんですけど(笑))。
小説すばる新人賞、新潮エンターティンメント大賞、小説現代長編新人賞、オール讀物新人賞などいろいろありますよね。どの新人賞がいいのでしょうか?ジャンルは多分エンターテイメントかな?

質問2:
ただあくまで趣味の範囲内ですので別に小説家になりたいとい...続きを読む

Aベストアンサー

1.作品の種類によって決めるべき。審査員と賞によって
受賞しやすい作品の傾向はある。ジャンルで決めましょう。
そして、厳密には「エンターテイメント」なんてジャンルは無い。

2.なる必要はない。職業を選択する自由が法律で
定められているので、本人がなりたくないのに強制されることはない

3.ペンネームで応募すれば?
仮に実名が公開されても新人賞くらいでは世間には認知されませんが。
昨年の新人賞の受賞者を知ってます?

4.賞の応募条件によるが、新人賞を受賞していれば
受賞者=プロと同じ扱いなので、プロが応募できる賞なら受けられる。

Q小説作品で、人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場するものを教えてください。

人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場する小説作品を教えてください。

小説作品がない場合、漫画、映画、ドラマ作品でもかまいません。

カラス、ネズミ以外の動物が人語を操る作品についても、教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直木賞受賞作品の「鹿男あをによし」ではネズミが片言の言葉を喋っていますよ。
とても面白い小説です♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報