ピンセットで物をつかむときに、指に加えた力とピンセットの先に働く力を比較して、

指に力を加えた力の方が強いですか?

それとも逆?

それとも力の強さは一緒?

A 回答 (2件)

モーメントの合成で考えて下さい。

    • good
    • 0

 てこでは、力点/作用点に加わる力が支点からの距離に反比例します。



 ピンセットの場合、付け根のところが支点になり、指で押さえるところが力点、ピンセットの先が作用点になります。支点-力点の距離が支点-作用点の距離より小さいので、ちからは力点に加わる方が大きくなります。

 ということで、ピンセットの先に加わる力より指で押さえる力の方が大きくなります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシリコンゴムの表面について

シリコンゴム製の容器に、有機物の水溶液を入れて保存していたのですが、数日後、その濃度が減少していました。
有機物は、水溶液中では陰イオンになるため、シリコンゴム表面の電荷と有機物との間で電気的な結合が起こっているのではと考え、シリコンゴム表面の荷電状態を調べたのですが、見つかりませんでした。
シリコンゴム表面は、プラスに荷電しているのでしょうか?
ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

分析化学で用いるカラムでジメチルシロキサン構造は極性があるものとして扱っています。
シリコンゴムはポリジメチルシロキサンからなっていることからすれば表面の極性が影響するかもしれません。

>シリコーンはケイ素がプラスの電荷を、酸素がマイナスの電荷を持ち、分子の50%がイオン結合性を持っていて、これが化学結合上の特長となっています。
http://www.silicone.jp/j/sil_news/bn/100/faqs/a.html

とも書いています。

専門外なのでご容赦を

参考URL:http://www.imtakt.com/jp/Products/Unison/Upolar.htm

Qニュートン力学について。 物質に力を加えた時、力を受けた方の物質は反作用の力を加える。(机にペットボ

ニュートン力学について。
物質に力を加えた時、力を受けた方の物質は反作用の力を加える。(机にペットボトルを置いた状態)と言うのがあると思うのですが、

例えば、車で物損事故を起こして、車の一部が凹む、という現象については、どう考えれば良いのでしょうか?
説明が下手ですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

カテゴリーがおかしいことにはあとで気づいたんだがそれはさておき.

「車で物損事故を起こして、車の一部が凹む」っていうときは, ふつう「車のだいたいひらべったい部分となにか出っ張ったものがぶつかった結果ひらべったい部分が奥に引っ込む」という状況 (たとえば「電柱にぶつかる」場合は電柱が「出っ張ったもの」になる) だけど, そのときには働いた力の方向に関して「ひらべったい部分」と「出っ張ったもの」とでは厚みが違うことが多いです. その厚みの違いも「力に負けるかどうか」に影響します (「ひらべったい部分」はだいたい薄いので弱いことが多い).

Qダイソーのシリコンゴムについて パワーストーンなど繋げるダイソーシリコンゴムの糸は何かしているときな

ダイソーのシリコンゴムについて
パワーストーンなど繋げるダイソーシリコンゴムの糸は何かしているときなどすぐに切れたりはしないでしょうか?教えて下さいよろしくお願いします!

Aベストアンサー

#4です

流水で洗うか
温度変化や水に濡れるのがだめな石もありますので
洗えないものは塩で清めるとかですね

Q物理的に『物を指でつかむ』を分かりやすく説明願います。

『物を指でつかむ』という行為は物理的にはどうなって
いるか色々疑問があります。

(私は文系の人間でして、学生時代も物理が全然ダメでした。
なるべく噛み砕いてやさしくご説明いただければ助かります。)


疑問---------------------------------------------

■(指の原子核もしくは電子)と(物の原子核もしくは
電子)がお互いに触れる事でつかめるのでしょうか?



■もし、実際には触れていないようであれば
指紋はなぜ物につくのでしょうか?
(実際にはお互い触れていない、というような話を聞いた事が
過去にありました。)


--------------------------------------------------


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論からいえば、
物を指で掴めるのは「物と指との間に摩擦が発生しているから」
ということになりますが、
摩擦の発生原理は物理的に完全に解明されていません。

「実際にはお互い触れていない」というのは意味がわかりませんでした。
原子核と原子核が触れていないという意味なのであれば確かにそうですね。
原子核同士は触れあいません。
ただし、物質同士は触れあっていますから、指紋がつきますね。

Q シリコンゴムの特性 他

 シリコンゴムの特性 他

 このカテで初めてお世話になります。
 シリコンゴムは非常に耐熱性に優れているとの事ですが、断熱性はどうなのでしょうか?

 また、カーボンプレート(CFRP)は 断熱性に優れている という認識があるのですが、
 間違いはないですか?

   宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

1度だけ,再回答します。
あなたの認識では,話がかみ合わないので。

「つまり 断熱性という表現が正しいかどうか解りませんが、エンジンルーム内の熱をカーボンの壁でかなり 下げられているのが現実なんです。」

まさに,断熱性という表現が正しくないのです。断熱性が無い,熱伝導率が高いから,エンジンルーム内の熱を下げられるのです。熱を良く伝えて外に逃がします。

スチールとは「鋼」のことです。厳密に言うと「鉄」とは違います。簡単に言えば鉄と炭素のいわば「合金」のことで,一般に「鉄」といわれて普通に使われていますが,それは「鋼材」です。ステンレスはステンレス・スチールのことですが,普通「スチール」といえば,ステンレスは含まれないでしょう。

ところで,エンジンルーム内の熱を下げるのであれば,あなたのいうCFRPを使っている部分に,金属を使った方が,熱伝導率がいいので,温度を下げる効果は大きいでしょう。ただ,金属では重くなるとか,同じ厚さなら強度に不足するとかてで,CFRPを使うことが考えられます。
いずれにしても,私は,その部分の知識は無いので,なぜ,CFRPを使うのかはわかりません。

1度だけ,再回答します。
あなたの認識では,話がかみ合わないので。

「つまり 断熱性という表現が正しいかどうか解りませんが、エンジンルーム内の熱をカーボンの壁でかなり 下げられているのが現実なんです。」

まさに,断熱性という表現が正しくないのです。断熱性が無い,熱伝導率が高いから,エンジンルーム内の熱を下げられるのです。熱を良く伝えて外に逃がします。

スチールとは「鋼」のことです。厳密に言うと「鉄」とは違います。簡単に言えば鉄と炭素のいわば「合金」のことで,一般に「鉄」とい...続きを読む

Q同じ力を同じ時間加えた場合でも、軽い物の方が運動エネルギーが大きくなる?

静止したmの重さの物体Aと2mの重さの物体Bに、それぞれ同じ大きさの力Fを同じ時間だけ加えた場合、

物体Aに生じる加速度:F/m
物体Bに生じる加速度:F/2m=1/2*F/m
なので、

「力を加え終わった瞬間の物体Aの速度」は、「力を加え終わった瞬間の物体Bの速度v」の2倍となり、

その瞬間に物体Aが持つ運動エネルギー:1/2*m*(2v)^2=2*mv^2
その瞬間に物体Bが持つ運動エネルギー:1/2*2m*v^2=mv^2

となり、物体Aが、物体Bの2倍のエネルギーを持つことになってしまうのでしょうか?

その場合、同じ力を同じ時間加えた場合でも、軽い物の方が高い運動エネルギーを持つ(より、他の物を押すエネルギーが大きい)ということになってしまうのでしょうか?

現実には、軽い物を押して速く動かし他の物にぶつけるより、重い物を押してゆっくり動かし他の物にぶつけた方が、他の物を大きく動かせるように思うのですが…

Aベストアンサー

>物体Aが、物体Bの2倍のエネルギーを持つことになってしまうのでしょうか?

そうなります。

>その場合、同じ力を同じ時間加えた場合でも、軽い物の方が高い運動エネルギーを持つ(より、他の物を押すエネルギーが大きい)ということになってしまうのでしょうか?

エネルギーを2倍持っていれば他の物体に2倍の仕事をすることが出来ます。

>現実には、軽い物を押して速く動かし他の物にぶつけるより、重い物を押してゆっくり動かし他の物にぶつけた方が、他の物を大きく動かせるように思うのですが…

言っておられる場面が理解しにくいです。
「ぶつけた結果の速度は」ということと「ぶつける前に物体を加速する時の力の加え方」とが混ざっています。

(イ)「ぶつける」ということに場面を限定します。

物体Aが静止している質量Mの物体Cにぶつかったとします。
(1)Aの質量がm、速度がvの場合、
(2)Aの質量がm/2、速度が2vの場合
とします。

エネルギーが保存する場合について衝突後のBの速度を求めてみます。
(1)V=2mv/(M+m)
(2)V’=2mv/(M+m/2)
です。
V’>V
になっています。
M>mであればAは跳ね返ります。
Aの跳ね返りの速さは(2)の方が大きいです。
(2)の方がエネルギーが大きくなった分衝突後の全エネルギーも大きいです。

mをもっと小さくしてvをもっと大きくしたらどうなると考えますね。
m/100と100vで考えてみましょう。
V=2mv/(M+m/100)
になります。
大きくはなりますが変化は小さいです。
でもAが小さくなって速度が大きくなるとエネルギーが保存するという前提、全体が1つの物体として運動するという前提が成り立たなくなる可能性があります。
局所的な変形が起こって衝撃を吸収するということが起こります。衝撃を吸収しきれなくなれば壊れます。
弾丸が当たった場合などは破壊が起こっています。

(ロ)ぶつける前の力の加え方
>軽い物を押して速く動かし
>重いものを押してゆっくり動かし
この部分は加速のための力の加え方です。
重いものの方が加速度が小さいですから押し続けるのが楽に出来ます。軽いものは動きやすいのですぐに速くなってしまいますから押し続けるのが難しいのです。
重い方が加速時間、力ともに大きくなってしまいます。
質量が10倍になったから速度が1/10というわけではではないのです。1/5ぐらいにしかなっていないかもしれません。
質量と速度の積mvが大きくなっているというのが普通の場合ではないでしょうか。それが「他のもの大きく動かせる」という印象につながるのでしょう。
もう1つはぶつかる前のAの速度と衝突後のBの速度との関係です。
この違いが大きいと強く跳ね飛ばされたという印象が出てきます。
Aの質量がBの質量よりも充分に大きいとBは2vで跳ね飛ばされます。凄く飛ばされたように感じてしまいます。でも今比べているのはA、Bの速度の比較ではなくてAの質量を変えたときの速度の比較です。Aの質量を100倍、速度を1/100にした衝突でBの速度がAの速度の2倍になったとしてもAの質量が50倍、速度が1/50の時のBの速度よりも遅いのです。

>物体Aが、物体Bの2倍のエネルギーを持つことになってしまうのでしょうか?

そうなります。

>その場合、同じ力を同じ時間加えた場合でも、軽い物の方が高い運動エネルギーを持つ(より、他の物を押すエネルギーが大きい)ということになってしまうのでしょうか?

エネルギーを2倍持っていれば他の物体に2倍の仕事をすることが出来ます。

>現実には、軽い物を押して速く動かし他の物にぶつけるより、重い物を押してゆっくり動かし他の物にぶつけた方が、他の物を大きく動かせるように思うのですが...続きを読む

Qシリコンゴムのクリーニング

ステレオイヤフォンのプラグなど一部がシリコンゴムのようで、だんだんと黄ばんできます。外してテーブルの上に置いたときなど汚く見えるので、できればきれいにしたいのですが、

・こうやれば汚れが取れる
・こうやると溶けてしまうので駄目

など、ご存じの方がいらっしゃいましたらお願いします。
シリコンゴム製のiPodケースなどもあるようですが、みなさんどうなさってますか?

Aベストアンサー

シリコンは吸油性なので、黄ばみは綺麗になりません。
シリコンはどんな薬剤でも溶けることもありません。紫外線の劣化もほとんどありません。非常に安定した物質なので生体部品に使われます。

アルコールで拭くと表面の汚れはドロドロとれますが、黄ばみはとれません。

買い換えるしかないのです。

Qバネで物体に力を加えたときの速さと位置を時間tの方程式でどのように表わせるか?

エネルギー保存の法則から
1/2mv^2=1/2kx^2より
v=√(k/m)x
となりますが、時間tで速さと距離を表したいと思いました。
そこで、F=kx=ma から kx=m・d^2x/dt^2 としてみたのですが、どうもうまく展開できません。
もしよろしければ、アドバイスいただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>エネルギー保存の法則から、
1/2mv^2=1/2kx^2より
v=√(k/m)x

ということですが、これは違います。エネルギー保存則は、1/2mv^2+1/2kx^2=constとなります。しかしエネルギー保存則から、速さと位置を時間の関数として導くのは、きついですね。

やはり、運動方程式から、出発するのがよいでしょう。
m・d^2x/dt^2=-kx
を解けばよいのです。解くと、
x=Asin(√(k/m)+φ)
となります。これをtで微分すればvが求まります。

Qシリコンゴムについて

シリコンゴムを使って実験をしたいのですが、ゴムの特性がわかりません。探しているのですが、見つけられません。
シリコンゴムがアルコールやエタノールに耐えられるのか、浸した時にシリコンゴムからなんらかの物質やガスなどが発生しないのか、紫外線を当てても大丈夫か、耐熱性などいろいろな情報が知りたいです。
詳しい方や少しでも知っている方がいれば、教えて下さい。あとサイトなども教えて頂けると助かります。
お願いします。

Aベストアンサー

#1です、計算図表研究会書籍より

耐熱性 280℃
耐光性  ◎     

ガソリン X~△
ベンゼン X~△
トリクレンX~△
アルコール ◎
エーテル X~△
ケトン   ○

紫外線滅菌もオートクレーブも大丈夫という事ですね!
● 上記より OKと判断

アルコールに浸けて何かゴムの性質が出たり、ガスがでたりしないのでしょうか??
● 上記より OKと判断

まとめ 貴方がどれ程の精密さを要求するか不明で、判断は貴方自身でお願いします。若しくはメーカーへ問い合わすなど

Q中空の物体に上から力を加えた時の応力計算【材力】

中空の物体(断面)に上から力を加えた時の応力計算

中空の物体の断面に対して、真上から力を加えた時の応力計算方法、強度確認方法を教えてください。

写真のような中空の物体に力Pが加わった場合に、円がひしゃげてしまわないような肉厚を考えたいのですが、
どのようにして計算するのでしょうか?

パイプの長さも関係してくるのでしょうか?
計算方法、もしくはそのあたりが詳しく乗っているサイトをご存じであればご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは、「曲がり梁」と同様に扱えばよいです。
このキーワードで検索すれば、いろいろと出てくるでしょう。
例えば、下記のサイトが参考になるかと思います。
http://www.geocities.jp/moridesignoffice/ring.html


人気Q&Aランキング