【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

現在エプソンのカラーレーザープリンタLP-S5000を使用しているのですが、
トナー、感光体ユニットは交換したのですが、他のものが寿命らしく、新たに
新品の購入を考えております。その際、現在使用中のトナーを使用したいと思っているのですが、
1本は抜くことが出来たのですが、残りの3本はどうやって抜き取ればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

プリンタの修理屋です。



専門外のメーカーですけど・・・・・

他の皆さんは、「トナーカートリッジの交換」として回答されていますけど、今回の行為は「交換」には当たらない可能性がありますね。

「交換」と言うのは、空になったカートリッジを取り出し、新しいカートリッジを取り付けます。
そのカートリッジを認識して初めて、次のカートリッジが移動して出てくる・・・・考えられることです。

新しいカートリッジがついていない訳ですから、次のカートリッジが出てくることも無いわけです。


サポートに事情を話して相談したほうがよいかも知れません。
    • good
    • 0

ちゃんと液晶画面から「どのトナーを交換する」という手順を踏んでますか?。

プリンターで設定ボタンを押して貴方が抜きたいトナーを表示される必要がありますよ。
http://faq.epson.jp/faq/01/app/servlet/relatedqa …
    • good
    • 0
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
これを見てはいたのですが、1本は抜くことが出来たのですが、
2本目3本目が、一番上に出てきません。
よろしくお願いします。

お礼日時:2010/11/26 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEPSON LP-S5000 - 定着ユニット

 掲題のとおり、EPSON LP-S5000を使用しています。

 10日ほど前から「定着ユニットの交換時期が近付きました」の表示が出ており、サポートに問い合わせたところ、「業者が交換しなければならないパーツで、ギリギリまで使わないともったいないから「定着ユニットを交換してください」の表示に変わるまで使ってみてください。そのメッセージに変わってからも、印字はできます。」と言われました。

 実はこのプリンタ、保守期限が切れており、保守締結にはあと3~4日かかってしまいます。まぁ保守を結んだところでおそらくこの定着ユニット、故障ではないとか何とかで、派遣量は無料でもパーツ代はかかるのでしょうが。

 しかし今不具合が出ると非常に困ってしまいます。
 現時点で、
  のべ印刷数:67387
  (カラー印刷:24067)
  (白黒印刷数:43320)
 となっていまして、定着ユニットの交換目安はおよそ10万枚ということですが、個体差もあるでしょうし実際メッセージが出ているので、毎日ビクビクしながら使っていますw

 この状態で、あとどのくらいもつか、大体で結構なのですが分かりますでしょうか。せめてあと1週間ほどは持ってもらいたいのですが。
 よろしくお願いします。

 掲題のとおり、EPSON LP-S5000を使用しています。

 10日ほど前から「定着ユニットの交換時期が近付きました」の表示が出ており、サポートに問い合わせたところ、「業者が交換しなければならないパーツで、ギリギリまで使わないともったいないから「定着ユニットを交換してください」の表示に変わるまで使ってみてください。そのメッセージに変わってからも、印字はできます。」と言われました。

 実はこのプリンタ、保守期限が切れており、保守締結にはあと3~4日かかってしまいます。まぁ保守を結ん...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですので、一般論として・・・・

カラーレーザープリンタで、定着器などの定期交換は仕方ない事と割り切るしかありません。自動車のタイミングベルトのようなものです。

さて、こういう商売をしている者が言うのも問題かも知れませんけど、定着器のカウントに関しては不明なところがあります。カラー印刷とモノクロ印刷ではカウントの仕方が異なるようです。

この機種の場合、カラーとモノクロで印刷速度がかなり異なりますが、ロータリー式といって、カラー印刷を行う場合はトナーを取り付けたドラムが回転して4色の画像を作っていきますので、その部分の耐久性が1/4というのなら分かるのですけど、定着器はカラーでもモノクロでも1回通過するだけですので、個人的には納得できないわけです。

ただ、警告のカウンタは結構当っていて、警告が出て交換した定着ユニットの軸受けなどはかなり磨耗しています。

厳密には後悔されていないのですけど、カラー印刷はモノクロの2倍程度でカウントしているようです。

そう仮定すると累計印刷カウントは91,454ページとなります。
機械の仕様は分かりませんけど、90%程度で警告を出してもおかしくありませんので、残りは4,000~8,000ページくらいと考えても良いでしょう。

カラーレーザーで定着ユニットを定期的に交換する理由ですが(モノクロレーザーでは基本的にないことです)、定着時点で動作のバラツキがあると定着前のトナーがずれて画像劣化するという理由が考えられます。
当然、モノクロ印刷やラフなカラー文書では大きな影響は出ないわけで、定着器の交換時期になっても機械を強制停止させないわけです。

印刷するものと印刷数で手配すればよいでしょう。

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですので、一般論として・・・・

カラーレーザープリンタで、定着器などの定期交換は仕方ない事と割り切るしかありません。自動車のタイミングベルトのようなものです。

さて、こういう商売をしている者が言うのも問題かも知れませんけど、定着器のカウントに関しては不明なところがあります。カラー印刷とモノクロ印刷ではカウントの仕方が異なるようです。

この機種の場合、カラーとモノクロで印刷速度がかなり異なりますが、ロータリー式といって、カラー...続きを読む


人気Q&Aランキング