「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

等式f(x)=2x^2-x+∫2~0f(t)dtを満たす関数f(x)を求めよ。という問題ですがf(t)とは分かりやすくするためにtとおいているだけでf(x)と考えていいということなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問にはふたつの論点が混在しているような気がします.



(1) f(t) とは何か? 「関数 f(x) の変数 x を別の変数 t に置き換えたものであって,関数として本質的に同一である」という理解は正しいか?
(2) 右辺の定積分の項を x でなく t を使って書いているのはなぜか? 単に「分かりやすくする」ためだけなのか? それなら t を使わず f(x)=2x^2-x+∫[0,2]f(x)dx と書いても(分かりにくいとはいえ)許されるのではないか?

(1)についてはすでに#1,#2で回答されています.
(2)について,私はあえてこう回答します.
========
右辺の定積分の項を x でなく t を使って書くのは,単に「分かりやすくするため」程度ではなく,「そうしなければならない(好むと好まざるとにかかわらず)」ものである. f(x)=2x^2-x+∫[0,2]f(x)dx と書くのは「誤り」と言ってよい(少なくとも「著しく不適切な書き方」であることは間違いない).
========
なぜか? 次の2つの式に対して「x に 1 を代入する」という操作を考えてみましょう.

(a) f(x)=2x^2-x+∫[0,2]f(t)dt
(b) f(x)=2x^2-x+∫[0,2]f(x)dx

(a) は f(1)=2*(1^2)-1+∫[0,2]f(t)dt (*は掛け算記号)となり,何の問題もありません.
一方,(b) は f(1)=2*(1^2)-1+∫[0,2]f(1)dx (あるいは f(1)=2*(1^2)-1+∫[0,2]f(1)d1)!? となり,おかしなことになります.

数学で使う変数には,大きく分けてふたつの役割(使われ方)があります.
次のふたつの式を考えてみましょう.

(a) 2x^2+x
(b) ∫[0,2] t^3 dt

(a) の変数 x には,1,2,... などの値を代入できます.そして,x に値を代入するごとに,式全体の値が(x に代入された値に応じて)決まります.たとえば x に 1 を代入すると式は 2*(1^2)+1 となり,式の値は 3 です.2 を代入すると式の値は 10 です.
ところで,(b) の変数 t に値を「代入」できますか?
「t に 1 を代入すると式は ∫[0,2] 1^3 dt となる」…この操作は許されますか?
∫[0,2] t^3 dt という式全体の値は,t に値を「代入」してはじめて決まるのですか? 違います.「代入」という操作をするまでもなく,式の値はすでに 4 と決まっています.

(a)の使われ方の変数は「自由に値を代入できる」変数です.
(b)の使われ方の変数は「(式全体の外側の立場からは)値を代入できない」変数です.
数学では,(a)の役割の変数を「自由変数」,(b)の役割の変数を「束縛変数」といいます.
これらは,式の中で果たしている役割が根本的に異なるのです.

積分変数は束縛変数のひとつです.積分変数以外では,たとえば和の記号を使った式 Σ[k=0,N]2^k の k も束縛変数です.命題や条件を「すべての x について…」「…である y が存在する」などと書き表すときの x,y も束縛変数です(全体の外側の立場からは値を代入できない).
CやJavaなどのプログラミング言語をご存じの方なら,自由変数,束縛変数はそれぞれ,関数(メソッド)の定義における「仮引数」「ローカル変数」と思えばわかりやすいかもしれません.

一般に,同じ式の中で,同じ文字を自由変数と束縛変数の両方の意味で使うことは許されません.それを許すと「代入」という操作で破綻してしまうからです.同じ式の中では,自由変数に使う文字と束縛変数に使う文字は分けなければなりません.右辺の積分の項で t を使っているのは,「x がすでに式の中で自由変数として使われているので,x を束縛変数として使うことが許されない」からです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変返事が遅れました。自由変数、束縛変数という立場を強調するためにf(x),f(t)と使い分けている訳ですね!それなら使い分ける理由が明白ですね!大変分かりやすい回答でした。ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/05 23:27

>f(t)とは分かりやすくするためにtとおいているだけでf(x)と考えていいということなのでしょうか?



そうです。f(x)=… の変数xと底積分の中の積分変数tとを区別してf(t)とxをtに置き換えているだけで関数形は同じものです。

なお、この問題では定積分の項は積分すれば単なる定数になりますので
∫[0,2] f(t)dt=K(定数)と仮においてやって
f(x)=2x^2-x+K …(★)
として、改めて定積分
∫[0,2] f(t)dt=∫[0,2] (2t^2-t+K)dt=
を計算すれば「Kの式」が得られます。
その「Kの式」=K (←定積分の値)
とおいて仮置きしたKを求めてやることができますね。

求めたKを(★)に代入してやればf(x)が求まります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変返事が遅れてすいません。大変参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/05 23:21

>f(t)とは分かりやすくするためにtとおいているだけでf(x)と考えていいということなのでしょうか?



 その通りです。
 変数x と 積分変数t の違いを明確にするために異なる文字を置いていますが、関数f(x)もf(t)も同じ形です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうですよね!混乱していたのはそのせいでした。大変参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定積分の問題

f(x)=1/X+∫(1→2)tf(t)dt

この関数f(x)の求め方を詳しく教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

f(x)=1/x+k…(1)とおくと
∫(1→2)tf(t)dt=∫(1→2)(1+kt)dt=[t+(k/2)t^2](1→2)
=2-1+(k/2)(4-1)=1+(3/2)k
=k
1+(k/2)=0
これからkを求めて(1)に代入すればf(x)が求まるね。

Qf(x)=2x^2+1+∫(1→0){xf(t)dt}を満たす関数f(

f(x)=2x^2+1+∫(1→0){xf(t)dt}を満たす関数f(x)を求めよ。という問題です。


∫(1→0){xf(t)dt}をx∫(1→0){f(t)dt}に変形


x∫(1→0){f(t)dt}=aとおく


f(x)=2x^2+1+ax


a=∫(1→0){2t^2+1+at}dt

=[2/3t^3+t+a/2t^2](1→0)

=2/3+1+a/2


2/3+1+a/2=a

a=10/3


f(x)=2x^2+10/3x+1


これで合っているでしょうか?

いまいち自信がありません…

書き方がわかりにくくてすみません。

また、他の解き方があったら教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる積分方程式ですね。細かい点を除いてあっています。

>x∫(1→0){f(t)dt}=aとおく

∫(1→0){f(t)dt}=aとおく
のまちがい

Q急いでます!!

急いでます!!

a>0とする。関数f(x)=|x^3-3a^2x|の-1以上1以下における最大値をM(a)とするとき
(1)M(a)をaを用いて表せ。
(2)M(a)を最小にするaの値を求めよ。

よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

f(x)=|x^3-3a^2x|の絶対値を外した
y=x^3-3a^2x
を適当なa>0について描いてみて考えれば
解ります。
f(x)=|x^3-3a^2x|はy=x^3-3a^2xの負の部分を正の方に折り返せばよい。
微分して
dy/dx=3x^2-3a^2
よってyはx=a,-aで極値、極大値はx=-aでy=2a^3
従ってy=2a^3となるxは
y=x^3-3a^2x=2a^3
これは
(x+a)^2(x-2a)=0
となり
x=-aで重根(先ほどの極大値),x=2aで単根
描いたグラフを見ながら考えると

(1)
1≧2aのとき、すなわち0<a≦1/2のとき
M(a)=f(1)=|1-3a^2|=1-3a^2 (1)
1≦2aのとき、すなわちa≧1/2のとき
M(a)=f(a)=2a^3        (2)

(2)
(1)と(2)をグラフに描いてみればわかるように
M(a)はa=1/2のとき最小値1/4をとる。

Q微分、等式を満たす二次関数

数IIの微分の問題です。

等式x^2f´(x)-(2x-1)f(x)=1を満たす
二次関数f(x)を求めよ。

この問題をどう解いていいかわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

二次関数f(x)は、定数a、b、c を用いて
f(x) = ax^2 + bx + c
と表せます。
そして、
f’(x) = 2ax + b
ですね。

肝心なのは、ここからです。
「等式x^2f´(x)-(2x-1)f(x)=1を満たす」というのは、常にそうなるという意味です。
つまり、
x^2・(2ax+b) - (2x-1)(ax^2 + bx + c) - 1 = 0
が常に成り立つような a、b、c を求めればよいことになります。
   別の言い方では、
   x^2・(2ax+b) - (2x-1)(ax^2 + bx + c) - 1 = 0
   が恒等式になるような a、b、c を求めればよいということです。

展開すると、
2ax^3 + bx^2 - 2x(ax^2 + bx + c) + (ax^2 + bx + c) - 1 = 0
2ax^3 + bx^2 - 2ax^3 - 2bx^2 - 2cx + ax^2 + bx + c - 1 = 0
(a-b)x^2 + (b-2c)x + (c-1) = 0
右辺がゼロなので、恒等式になるためには、
a-b = 0
b-2c = 0
c-1 = 0
ということになります。

ここまで来れば大丈夫ですよね?

なお、私は計算ミスが多いので、最初から点検してください。

こんにちは。

二次関数f(x)は、定数a、b、c を用いて
f(x) = ax^2 + bx + c
と表せます。
そして、
f’(x) = 2ax + b
ですね。

肝心なのは、ここからです。
「等式x^2f´(x)-(2x-1)f(x)=1を満たす」というのは、常にそうなるという意味です。
つまり、
x^2・(2ax+b) - (2x-1)(ax^2 + bx + c) - 1 = 0
が常に成り立つような a、b、c を求めればよいことになります。
   別の言い方では、
   x^2・(2ax+b) - ...続きを読む


人気Q&Aランキング