色々検索してみましたが、やはりさっぱり理解できなかったため、お聞きしたいです。

タイトルの通りなのですが、例えば「11x+19y=1という等式を満たす整数x,yの組を一つ求めよ」という問題があったとき、その解説を見てもなぜそうするのかを理解できませんでした。そもそも何をやっているのか本当に理解していないからなのかもしれませんが……。どうかご教授願います。

質問者からの補足コメント

  • ご指摘を受け、どこが分からないか具体的に自分自身が理解できておらず、質問の説明不足を痛感したため補足いたします。

    (模範解答)
    19=11・1+8 移項すると8=19-11・1
    11=8・1+3 移項すると3=11-8・1
    8=3・2+2 移項すると2=8-3・2
    3=2・1+1 移項すると1=3-2・1
    よって 1=3-2・1=3-(8-3・2)・1
    =8・(-1)+3・3=8・(-1)+(11-8・1)・3
    =11・3+8・(-4)=11・3+(19-11・1)・(-4)
    =11・7+19・(-4)
    すなわち11・7+19・(-4)=1……①
    ゆえに、求める整数x,yの組の一つはx=7,y=-4

    計算作業としては何をしているのか分かっているのでしょうが、なぜこのやり方で答えの一つが出てくるのかがよく分かっていないのだと思います。

      補足日時:2017/03/17 23:17
  • 認識できていません。なぜこの問題でそれを使ったのか理解した上で使えていないのだと思います。無理矢理よく分からない道具を使わされている感じです。
    模範解答以外のやり方で、係数を減らす為に互除法を利用して、模範解答で導き出したもの(移項していない方)を利用して
    11x+19y=1
    ⇔11x+(11+8)y=1
    ⇔11(x+y)+8y=1
    ここでx+y=p……①とおいて
    11p+8y=1
    ⇔(8・1+3)p+8y=1
    ⇔3p+8(y+p)=1
    ここでy+p=q……②とおいて
    3p+8q=1
    これを満たす整数解の一組はp=-5,q=2
    よってその時のy,xは
    y=q-p=2-(-5)=7(∵②)
    x=p-y=-5-7=-12(∵①)
    よって求める整数解のうち一組は(x,y)=(-12,7)
    という風にもできるようですが、模範解答と違う値が出る理由もよく分かりません……。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/17 23:18
  • 係数が比較的少ないときなら、工夫をせずとも少し調べれば簡単に出せますね。互いに素だから、互除法を使えば必ず1は出てくる。1=の形にしたいから、余り1になるまで互除法の計算をして、それを元の係数の形に戻していっているのですね。
    ax+by=d は左辺が(a,b)の最大公約数の倍数になってるから、dも(a,b)の最大公約数の倍数である。というのは理解できましたし、ユークリッドの互除法が最大公約数を見つけやすくするためのものだということも分かるのですが……その二つをつながりが理解できていないです。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/17 23:27

A 回答 (3件)

う~ん、整数問題むずかしいよね。


互除法で最大公約数を求めるのを知っているのならば、こう考えたらどうですか?
互除法で計算してると、最後はどこかで割り切れますね。そしてその割り切れる式の
1つ前の式の計算で出る余りが最大公約数になるということだから、2数が互いに素ならば
最大公約数はもともと1なので、この割り切れる式の前の式の余りはかならず1でなくちゃいけない。
ということは、互いに素な2数の互除法の計算ではかならず余りが1になる式が出てくるということです。
だからこの式を1=・・・と書きなおして逆算すれば、1=2数の整数倍の和として表わせるので、
整数解の1つが互除法によって求められるということです。

それと、11x+19y=1は一般の整数解としてx=7+19t、y=-4-11t(tは任意の整数)となるのです。
つまり、解は無数にあります。
ここでt=0とすれば互除法で求めた整数解x=7、y=-4が、またt=-1とおけば
主さんが出したx=-12、y=7 が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先の問題を解いていて、具体的な整数解をとにかく一組出せれば必ず一般式を求められるのだな、つまり一次不定方程式を解くことができるのだなとようやく理解できました。
互除法を用いるやり方はsyotaoさんの説明してくださったように捉えておこうと思います。この度は回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/03/19 04:02

互除法を使わなくてはイケナイ訳じゃあ無い。


11を何倍かした物を19で割って1余る数を求めれば良いわけで、x=7,y=4の場合にそうなる事は少し試すと解る。だから特殊解はx=7,y=-4。

これを機械的にする。
余りが1をなるまで繰り返す。理由は1=の形にしたいから・・。

19=11×1 + 8
11=8×1 + 3
8=3×2 + 2
3=2×1 + 1・・・・+1が出てきたから、ここまで

上の式を余り= ○ に変形しながら、下から上に辿る

①1=3 - 2×1
②2=8 - 3×2
③3=11 - 8×1
④8=19 - 11×1 この最後の式が11×○ + 19×□の形になる。

①の2に②を代入
1=3 - (8-3×2)×1 = 3-8+3×2 = 3×3 - 8

この右辺の3に③を代入
1=(11 - 8×1)×3 - 8 =11×3 -8×4

この右辺の8に④を代入
1=11×3 -(19 - 11×1)×4 = 11×7 + 19×(-4)

1=11×○ + 19×□ の形になった。

ユークリッドの互除法は最大公約数を求める時に便利。
ax+by=d を解くというのは、左辺が(a,b)の最大公約数の倍数になってるから、dも(a,b)の最大公約数の倍数。

最大公約数をmとすれば
a(mx)+b(my)=d と書ける。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

どのような解説のどこが理解できなかったのかまったくわからんのだけど....



「互除法を使わなければならない」などということはない, ということは認識できていますか?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学入試の過去問です。 解き方がわからないので教えてください!

大学入試の過去問です。
解き方がわからないので教えてください!

Aベストアンサー

回答としては、No.1様のご回答で十分だと思いますが、少し補足させていただきます。

(1) 点Bが直線上にない場合、その点Bから直線に下ろした垂線の足(直線上の点C)をとることができて、 明らかに A1B > A1C かつ A2B > A2C なので 直線上にない点Bは A1P+A2P が最小となるような点Pではありません。
直線上の点で考えると、A1,A2 の区間の外側の点は、少なくとも、A1PとA2Pのどちらか片方は、区間の長さA1A2よりも大きくなります。
一方区間の内側の点では A1P+A2P=A1A2 なので、直線上の点であっても区間の外側は最小となりません。

(2) (1)の後半部分と同様で、点Qが区間A1A3の外側にあるときは、評価する値A1Q+A2Q+A3Qは区間の長さA1A3よりも大きくなります。(A1Q > A1A3 または A3Q > A1A3)
よって、区間の外側の点は最小とする点ではありません。

(3) A1とAn,A2とA(n-1)のように区間を考えていって、全ての区間の内側の場合が最小となる。

回答としては、No.1様のご回答で十分だと思いますが、少し補足させていただきます。

(1) 点Bが直線上にない場合、その点Bから直線に下ろした垂線の足(直線上の点C)をとることができて、 明らかに A1B > A1C かつ A2B > A2C なので 直線上にない点Bは A1P+A2P が最小となるような点Pではありません。
直線上の点で考えると、A1,A2 の区間の外側の点は、少なくとも、A1PとA2Pのどちらか片方は、区間の長さA1A2よりも大きくなります。
一方区間の内側の点では A1P+A2P=A1A2 なので、直線上の点であっても...続きを読む

Q1/4・5+1/5・6+1/6・7+1/7・8+1/8・9の下記の解き方教えてください!

https://www.chart.co.jp/subject/sugaku/suken_tsushin/35/35-2.pdf から

1/(1・2) + 1/(2・3) + ……+1/{n(n+1)
=Σ【x: 1→n】1/{x(x+1)}
=Σ1/(xー1) 〔2〕 …(a)
=[ ⊿-1 (xー1)〔ー2〕]【n+2 →1】 …(b)
=[ー(xー1)〔ー1〕]【n+2 →1】
=  ー1/(n+1)  +  1   …(d)
= n/(n+1)  

ホームページの(a)(b)(d) の変形がわかりませんので 解説よろしくお願いします!
但し、和分の公式: ⊿-1 x 〔n〕=x 〔n+1 〕/(n+1)

∴ Σ 【x: 1→8】1/{x(x+1)}ーΣ【x:1→3】1/{x(x+1)}
   =8/(8+1)  ー  3/(3+1)  =8/9 ー  3/4 =(32ー27)/(4・9) =5/36  …Ans
ただし ⊿-1 は、和分演算子とする。〔n〕は、差分とする。

https://www.chart.co.jp/subject/sugaku/suken_tsushin/35/35-2.pdf から

1/(1・2) + 1/(2・3) + ……+1/{n(n+1)
=Σ【x: 1→n】1/{x(x+1)}
=Σ1/(xー1) 〔2〕 …(a)
=[ ⊿-1 (xー1)〔ー2〕]【n+2 →1】 …(b)
=[ー(xー1)〔ー1〕]【n+2 →1】
=  ー1/(n+1)  +  1   …(d)
= n/(n+1)  

ホームページの(a)(b)(d) の変形がわかりませんので 解説よろしくお願いします!
但し、和分の公式: ⊿-1 x 〔n〕=x 〔n+1 〕/(n+1)

∴ Σ 【x: 1...続きを読む

Aベストアンサー

あぁ, 勘違いしてました. すみません. そのページが間違っていて, そこにあなたが引っかかっているようです.

(a) のところは分母が x-1 ではなく x+1 にならないといけないですし, (b) の和分における上限は言われるように n+1 でないとおかしいです.

Q中3の数学の質問を見て

この質問コーナーでの中3の数学の質問を見て。リンクのせればいいのせても不味くはないと思いますがここでは控えます。

1.0.1km/分一定で歩く。
2.途中20分道草
3.目的地の5km先に到着。

 これを式にしろという事(変域は書かなくて良いらしい)なんです。まあ,道草なしで結果的にこんな感じで歩いたってならわからなくもないけど。途中20分の停滞があることを,単に一次式で書くことに何となく違和感が。実際の動き自体は一次式に乗りませんし,平均速度ならいいけど,平均移動距離とはならない。スタート時点で20分の道草分マイナスされるし。


 確かにゴール時点の形としてはy=ax-bになりはしますけど。


 単に問題を複雑化させたかったのでしょうけど,例えが悪いというか,率直に言えばダサい。
問題出した方のセンスがおかしいと私は思う。単に数学しか知らない人なのか?


 こんな私の感性って間違っていますか?

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9684436.html
これですよね?


元の問題は「グラフから指定された定義域(50≦X)での式を書け」というもので
・文章を理解できるか
・最初の30分から、グラフの傾きを求められるか
・傾きが指定されたとき、指定された 座標(50,3)を通る式を求められるか
というものです。

1,2,3 以外にも
4.道草(Bさんの家で歓談)はx=30からx=50まで
という重要な情報が抜けているし、
肝心の「何を式にするのか」という点が抜けているので、
この質問にある情報だけでは、元の問題が妥当かどうかなど判断できません。


あなたが間違っている点は
「Aさんが話を終えてから図書館に着くまでについて、yをxの式で表しなさい」
という問題なのに、
「出発からのグラフ全体を一次式にするのはおかしい」
と論点を摩り替えてしまっていることです。

Qこの写真にある数学の解き方が、いまいちわかりません。誰か教えてください。

この写真にある数学の解き方が、いまいちわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

Aを6で割った時の余りが2、Bを6で割った時の余りが5ですから、
3Bを6で割った時の余りは、5×3=15=6×2+3 で、3です。
従って、A+3B を6で割った時の余りは 2+3=5 で、5です。

同じ様に、ABを6で割った時の余りは 2×5=10=6+4 で、4 になりますね。

A=6p+2 , B=6q+5 として計算しても p,q の係数は全て6の倍数になる筈ですから、
余りに関係するのは、定数項のみとなりますね。

Q【数学】cosθ=0.8|sinθ=0.6の答えが1になるのはなぜですか? 底辺|斜辺|高さ|斜辺

【数学】cosθ=0.8|sinθ=0.6の答えが1になるのはなぜですか?

底辺|斜辺|高さ|斜辺
4|5|3|5

両方を5倍にすると4|5

1にならない

Aベストアンサー

『|』って何の記号?割り算の事でしょうか?
文章から察するに、『底辺x=cosθ=0.8、高さy=sinθ=0.6の直角三角形』の斜辺の長さが1になる事を言っていると思われますが、
4/5÷3/5=4/3で1にならないのは何故か?と聞いているように思います。
斜辺が1なのと傾きが4/3であることは全く関係の無いことで、それらを比べる意味が分からないです。
なお、普通は底辺の長さに対する高さの割合を傾きとし、3/4とすることが多いと思われます。
(4/3は高さに対する底辺の長さの割合です)

『|』に何かしら別の意味があるのであれば、関係の無い答えをしてると思ってスルーしてください。

Q2乗したら解けなくなった 複素数

z≠0,±1の複素数とする。zの共役な複素数をz*と表す。
次の式からzの描く図形を求めよ
|z-z^3|=|z^2-z^3|
これの両辺を2乗すると
(z-z^3)(z*-z^3*)=(z^2-z^3)(z^2*-z^3*)
zz*-zz^3*-z*z^3+z^3z^3*=
z^2z^2*-z^2z^3*-z^2*z^3+z^3z^3*
|z|^2-z^2*|z|^2-z^2|z|^2=|z|^4-z*|z|^4-z|z|^4
1-z^2-z^2*=|z|^2-z*|z|^2-z|z|^2 (|z|^2≠0より)
1-z^2-z^2*=(1-z-z*)|z|^2

となったのですが、この問題自体は最初に因数分解すれば解けるのですが、なぜ2乗すると解けないのでしょうか?

その原因を知りたいので教えてください

Aベストアンサー

1-z^2-z^2*=(1-z-z*)|z|^2は、
1-z^2-z^2*-(1-z-z*)|z|^2=0 で、この左辺は=(1+z+z*)|1-z|^2 と変形できます。
そしてz≠1なので、1+z+z*=0 これは因数分解して求めたのと同じ式です。

Q高2数学

今期末テストで提出物の問題を解いているのですが、

例えば、

三角形ABCのBCを3:2に分ける点をDとすると、
ADは2/5AB+3/5ACっていうのはわかります。
なんとなく分ける3:2っていうのと逆側の辺を掛けるっていう了解で解いてたんですけど、
なぜそういう風に解くのかっていうのがわかりません…
高1で習ったことはホイホイホイホイ忘れてしまって
何故だろうって思いました…

馬鹿にでもわかるよう教えてくださいお願いします(;_;)

Aベストアンサー

おそらくベクトル(の合成)の話だとおもいます。
図を添付してもいいのですが、それでは「他の三角形は?」と思われそうなので、・・・
手順
1.適当な三角形ABCを書く(正三角形等の特殊なものは書かない方が良い)
2.辺BC上に点Dを書く(整数比である必要は無い)
3.点Dから辺ACに平行な線を引き、辺AB上の交点を点B'とする。
4.(3)と同様に点Dから辺ABに平行な線を引き、辺AC上の交点を点C'とする。
※辺BC全体を1とすると、CD間をtとしたとき、BD間は(1-t)という比で表せる。
準備完了
先ずは確認
・当然、四角形AB'DC'は平行四辺形である。
AB'=C'D
AC'=B'D
AD(=AB'+B'D=AC'+C'D)=AB'+AC' ①

・辺ACについて、AC':C'C=(1-t):t となっている
∴AC'=(1-t)AC ②

・辺ABについて、AB':B'B=t:(1-t) となっている
∴AB'=t AB ③

②③を①に代入すると
AD=t AB+(1-t)AC ④
※そもそも、CD間をtと置いたのに、tかそのままかかっているのは「AB」の方になっている。これが「逆側の辺を掛ける」と覚えている原因
なぜ、tと(1-t)としたのかは、「足して1にするため。そうしないと合成ベクトルは辺BC上にこないから。」
つまり、④式にも分母1が隠れている。2:3のように分けると、分母にその和の5が必要になる。

だから、質問者さんは「ADは2/5AB+3/5ACっていうのはわかります。」と覚えたいたのでしょう。

こういった説明でご理解いただけたかな。

おそらくベクトル(の合成)の話だとおもいます。
図を添付してもいいのですが、それでは「他の三角形は?」と思われそうなので、・・・
手順
1.適当な三角形ABCを書く(正三角形等の特殊なものは書かない方が良い)
2.辺BC上に点Dを書く(整数比である必要は無い)
3.点Dから辺ACに平行な線を引き、辺AB上の交点を点B'とする。
4.(3)と同様に点Dから辺ABに平行な線を引き、辺AC上の交点を点C'とする。
※辺BC全体を1とすると、CD間をtとしたとき、BD間は(1-t)という比で表せる。
準備完了
先ず...続きを読む

Q高校数学の質問です。 235の(1)と(2)の問題がよく分からないので、分かりやすく教えて頂けないで

高校数学の質問です。
235の(1)と(2)の問題がよく分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

(1) |xー2|は、
x>2 … |xー2|=xー2
x<2 … |xー2|=2ーx
よって
今 x=2+α (α>0) とおくと
αを限りなく 0に近づけると x→2 xー2→0 1/(xー2)→+∞
また、x=2ーα とおくと 同じく
αを限りなくに 0に近づけると x→2 2ーx→0 1/(2ーx)→+∞
従って
lim 【x→2±0】(1/|xー2|)=+∞

(2) x→ー1 1+x→0 (1+x)^2→0 1/(1+x)^2→+∞
ー1/(1+x)^2→ ー∞ 2ー1/(1+x)^2→ ー∞
(2 はー∞に比べて小さい数なので無視できるから)
よって
lim 【x→ ー1】{2ー1/(1+x)^2}= ー∞

参考に、+∞>…1/0.5>1/1>1/2>1/3>1/4>…>0に近づく
1/n は、分母が大きくなると値は小さくなるし、
分母が小さくなると値はおおきくなる。

(1) |xー2|は、
x>2 … |xー2|=xー2
x<2 … |xー2|=2ーx
よって
今 x=2+α (α>0) とおくと
αを限りなく 0に近づけると x→2 xー2→0 1/(xー2)→+∞
また、x=2ーα とおくと 同じく
αを限りなくに 0に近づけると x→2 2ーx→0 1/(2ーx)→+∞
従って
lim 【x→2±0】(1/|xー2|)=+∞

(2) x→ー1 1+x→0 (1+x)^2→0 1/(1+x)^2→+∞
ー1/(1+x)^2→ ー∞ 2ー1/(1+x)^2→ ー∞
(2 はー∞に比べて小さい数なので無視でき...続きを読む

Q三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

Aベストアンサー

辺ADと辺BEが平行なら、△ABEと△DBEの面積は等しい。
△ABF=△ABE-△FBE
△DEF=△DBE-△FBE

よって
△ABF=△DEF

Q高校数学 点と直線の距離の公式の証明についての質問です。

とあるサイトを拝見させて頂いたところ、点と直線の距離の公式の証明の途中経過で、A^2+B^2≠0であることを自明のように使っていたのですが、その理由を教えて下さい!
http://mathtrain.jp/tentotyokusen
証明1の下の方です。
また、Ax+By+C=0の式で、AかつBがゼロになるときは座標平面上でどのような点の集合を表しますか?
自分の考えでは、c=0ならば、(∀x、∀y)を表し、c≠0ならば、上式を満たす点は存在しないと思います。
お手数お掛け致しますが、ご回答宜しくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

>>等式が成立しないのに、なぜ∀(X,Y)を表せるのですか

余り深く考えないで下さい。

① (Ax+By+C=0 ∩ C=0) → (X,Y)は実数
② (Ax+By+C=0 ∩ C≠0) → (X,Y)は実数

①は前提は真
②は前提が偽。前提が偽なら結論は全て正しい。

A,Bは0なんだから、全ての実数(X,Y)についてC=0が成り立ちますよ。
この後の議論が、それを満たすCが幾つになるか、です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報