民法458条に、連帯保証人について生じた事由は434条から440条まで(連帯債務者の一人について生じた事由の効力)の規定を準用するとありますが、例えば連帯保証に時効や免除が生じたときなど主債務に影響はあるのでしょうか?

A 回答 (1件)

余り実用性の無い規定で、大分忘れてしまいましたが、


連帯保証は連帯債務と異なり負担部分がないものだから
負担部分を前提とした436条2項、438,439条の準用は
事実上不可能と考えるべきでしょう。
「その債務者の負担部分についてのみ義務を免る」ですから。

したがって、更改、混同、連帯保証人からの相殺があったときは
主債務もその限りにおいて消滅しますが、
債権者が連帯保証を免除しても、また連帯保証だけに時効が完成しても
主債務者に対する債権は影響を受けないと考えるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takeupさん、ありがとうございました。
私はいま資格をとるために法律の勉強をしていて、
ちょっとこの点が気になってしまったので、質問
させていただきました。

そうですよね、負担部分がないんですから影響はないですよね。
保証債務なので連帯保証人の時効や免除が主債務に影響しない
のは当たり前だろうと思いつつ、じゃあ、458条をどう理解したら
いいんだろう・・・なんて変に悩みこんでしまいました。
負担部分がゼロだからけっきょく主債務は減らないと考えたら良いでしょうか。

ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2001/04/15 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあ

賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあったほうがいいでしょうか。(たとえば賃料減額改定のような賃借人に有利な変更でも)一般的には連帯保証人もその都度署名しますか。教えてください。

Aベストアンサー

>連帯保証人の署名も必ずあったほうがいいでしょうか

「連帯保証契約」とは「貸し主と保証人が交わす契約」です。借り主は直接には関係ありません。

なので「連帯保証契約の内容を書き替える」とか「連帯保証契約を更新する」とか、そういう時にだけ「連帯保証人の署名捺印」が要ります。

で、通常、連帯保証契約は「連帯して保証する」とだけ書かれていて、借り主がどういう賃貸契約をしていようが、借り主が賃貸契約の内容を変更しようが、影響を受けません。

将来「連帯保証人のサインが必要な事態」が訪れるとしたら、それば「物件の所有者(貸し主)が変わり、主契約と連帯保証契約の両方を、イチから契約し直さなければならない時」でしょう。

Q連帯保証人をはずす方法を教えてください。 債務者は、父。連帯保証人は、

連帯保証人をはずす方法を教えてください。 債務者は、父。連帯保証人は、母と息子です。 残債は、はっきりしませんが、事業用と自宅用の借入があり、返済期限も違います。 事業用は、

Aベストアンサー

他の回答者さま方が仰っているとおりで、連帯保証人を外れることは、まず無理です。

「債権者(お金を貸している金融機関等)」が承諾すれば…という話が出ていますが、実務としては、まず承諾しないです。
現在の連帯保証人以上に「返済能力」のある別の人を連れて、「この人が代わりに連帯保証人になってくれるそうですから替えてください」と言っても、債権者はまず認めません。

面倒なので。

債権者には認めなければならない義務もありませんから。

ご参考までに、父と母が離婚すれば、母は連帯保証人から外してもらえる…ということはありません。

このサイトでも、よく「離婚をするが住宅ローンの連帯保証人になっている。銀行からは離婚しても連帯保証人のままと言われたが、外れることはできないか。」という質問をお見かけしますが、できません。
債権者である銀行が「ダメ」と言っているんですから。
債権者である銀行が「OK」と言えばいいんですが。

Q連帯保証人の交代の有効性について

連帯保証人の交代の有効性について

私はマンションの賃貸しを行っています。
現在の借主(女性)との間に同居している娘さんを連帯保証人にして賃貸契約を結びました。

それから数年たって、連帯保証をしている娘さんが結婚をするので連帯保証人を別の人にしたいとの申し出があり、私は結婚する娘さんの身を軽くしたいのかなと思い、その新しい連帯保証人の所得証明も確認して連帯保証人の交代を覚書にして了解しました。

ここ数カ月、家賃延滞が発生して、そのことを連帯保証人に内容証明で連絡したところあて先不明で返ってきたため、私は連帯保証人の住所を直接訪ねていき確認しましたが、そのような方は見当たらず、借主に連帯保証人の行き先を聞いても「行き先は私にもわからない」ということでした。

先日、借主から「行方不明の連帯保証人は実は私の内縁の夫であり、現在同居している。生活保護を受けたいので同居証明を出してほしい」との申し入れがありました。

人道上の観点から同居証明は出すつもりです。

ただ、現在3.75か月分の延滞金が積み上がり、このままいけば債務確認・明け渡しの裁判を行わなければいけないのかなと考えています。

その際に、訴える相手は借主と連帯保証人になると思います。
しかし、代わった連帯保証人は現在では生活保護を受け連帯保証の能力を欠くことになります。

そこでわかる方に教えてほしいのですが、
このように連帯保証人を娘から父に代わり、その父が連帯保証能力を欠く状態が発生した場合、連帯保証人の交代は有効だったのか、そもそもの連帯保証人だった娘さんに責任を負っていただくことはできないかということです。

これまでの経緯をまとめますと、
・ 連帯保証人が変わる際に、新しい連帯保証人が別居中の内縁の夫という話はなかった。(姓が同じだったのでお兄さんと勘違いした)
・ 借主は連帯保証人が転居したことを私に伝えていなかった。
・ 借主は同居しているにもかかわらず、私には行方不明と告げた。
・ 借主より同居している夫の生活保護申請のため同居証明が必要となり、同居証明の発行依頼があった。

前回の延滞金の12か月分割支払いを認め、覚書を確認したにもかかわらず、その約束を履行せず、さらに延滞をつづけ、上記のような身勝手な対応です。

今回の相談は、娘さんを債務者にすることが目的ではなく、相応の責任があるならば娘さんからお母さんである借主に延滞を解消するように強く申し入れしてほしいためです。

よろしくアドバイスをお願いいたします。

連帯保証人の交代の有効性について

私はマンションの賃貸しを行っています。
現在の借主(女性)との間に同居している娘さんを連帯保証人にして賃貸契約を結びました。

それから数年たって、連帯保証をしている娘さんが結婚をするので連帯保証人を別の人にしたいとの申し出があり、私は結婚する娘さんの身を軽くしたいのかなと思い、その新しい連帯保証人の所得証明も確認して連帯保証人の交代を覚書にして了解しました。

ここ数カ月、家賃延滞が発生して、そのことを連帯保証人に内容証明で連絡したと...続きを読む

Aベストアンサー

この入居者はもう裁判やって立ち退かせた方が良い。
一般人にしてはタチが悪い。

もし住まわせるなら・・・

①同居の証明を出す前に、賃貸借契約の賃料を上げる。
滞納している賃料を直近の更新日までの月数で割った金額だけ。
役所が払うのだから入居者は文句ないだろう。
なお、滞納があったら原則更新はできないのだから、この対応は当然。

②役所の担当者の名前を聞き出し、その担当者へ「過去に滞納歴があるので、家賃扶助のお金は私の口座へ直接振り込んでください」と伝える。(値上げの話はしない。もし担当者が元の賃料を知っていたら、近隣相場や従前の使用状況を加味して値上げしたーーと説明。滞納の分割金=従前の使用状況 という意味)
実際に直接振り込んでくれる自治体もあるが、これは自治体ごとに判断が分かれると思う。

③娘が連帯保証人になる。
過去の滞納分を含めて連帯保証する内容で承諾書を作成。
質問者の本意ではないかもしれないが、親子間の連帯保証は一般的な賃貸借の範囲だから気にする必要はない。

④保証会社へ加入させる

この4点は必須。
そもそも連帯保証人の交代の一件で明らかな虚偽の申告をしており、その時点で賃貸借契約は成立していないことになっている。
生活権(居住権)さえないと言える。
ダメなら出て行ってもらうだけだし、滞納額がこれ以上膨らまないうちに裁判やった方が良い。
金額次第だが少額訴訟でいけそうだし。

この入居者はもう裁判やって立ち退かせた方が良い。
一般人にしてはタチが悪い。

もし住まわせるなら・・・

①同居の証明を出す前に、賃貸借契約の賃料を上げる。
滞納している賃料を直近の更新日までの月数で割った金額だけ。
役所が払うのだから入居者は文句ないだろう。
なお、滞納があったら原則更新はできないのだから、この対応は当然。

②役所の担当者の名前を聞き出し、その担当者へ「過去に滞納歴があるので、家賃扶助のお金は私の口座へ直接振り込んでください」と伝える。(値上げの話はし...続きを読む

Q連帯保証人と連帯債務者の違いについて

金銭貸借等に於ける、連帯保証人と連帯債務者はどう違うのでしょうか。
負債を返済する人を債務者といいますよね。
であれば、複数人が共同で一個の債務を負うことを連帯債務ということになりませんか。
これを連帯保証とは言わないのでしょうか。
同じことだと考えておりましたが、債務を返済する人、それを保証する人、それぞれ別個の人間を
意味するのでしょうか。頭が混線しています。
どなたか分かりやすくお教え下さい。

Aベストアンサー

 連帯債務は個々の連帯債務者が債権者に対してそれぞれ金銭債務を負担していますが、連帯保証人は債権者に対して保証債務を負っているだけなので、確かに似てはいますが、構造上は、違うんじゃないんですかね。
 
 もっとも、民法458条があるので、債権者との関係についてはほとんど同じと言っても良さそうです。
 ただ、連帯債務者同士あるいは主債務者と連帯保証人との関係に関しては、連帯債務と保証債務は異なりそうですよね。
 連帯債務者間では、最終的にそれぞれどれだけの債務割合を負担するかという意味で負担部分というものが概念としてはあり得るわけですから、ある連帯債務者が全額返済したとしても、他の連帯債務者に対して全額の求償は通常はなしえないということになりそうです。
 たとえば、債権者Aに連帯債務者Bと連帯債務者Cが100万円の連帯債務を負っていてBとCの負担部分がそれぞれ50万円だったした場合、BがAに対して100万円弁済したとすると、BがCに対して50万円しか求償できないというわけです。
 それに対して、連帯保証人は、保証しただけでですから、負担部分というものは観念し得ず、主債務者に対して全額求償できるということになりそうです
 債権者Aから主債務者Bが100万円を借りて、Cが連帯保証人になったという事例において、Cが100万円を弁済した場合、CはBに対して100万円求償できるわけですね。
 他にも仔細に見てみれば、いろいろと違いはありそうですね。

 連帯債務は個々の連帯債務者が債権者に対してそれぞれ金銭債務を負担していますが、連帯保証人は債権者に対して保証債務を負っているだけなので、確かに似てはいますが、構造上は、違うんじゃないんですかね。
 
 もっとも、民法458条があるので、債権者との関係についてはほとんど同じと言っても良さそうです。
 ただ、連帯債務者同士あるいは主債務者と連帯保証人との関係に関しては、連帯債務と保証債務は異なりそうですよね。
 連帯債務者間では、最終的にそれぞれどれだけの債務割合を負担するかと...続きを読む

Q連帯保証人から外して欲しいのですが・・・・

連帯保証人から外して欲しいのですが・・・・
昨年末に不本意な方法で、代表取締役を辞任いたしました。
その時の条件として、
銀行からの融資の連帯保証人、その他金融機関よりの融資の連帯保証人から外して貰う事を条件として辞任いたしました。
銀行の連帯保証人については、比較的簡単に外して貰えました。
しかし、政策金融公庫の連帯保証人は、いまだに外れておらず、
問い合わせをしたところ、借入金の一括返済をしなければ不可能とのこと、
また、新しい社長の名前さえ連絡がなく会社側より、話を進めるようにとの返事でした。
このままにしておいて、もし、万一の場合は、私が返済をしなければならなくなります。
そこで、万一の場合を考え、新社長との間で、
覚書、もしくは念書(最悪の場合には、社長個人が、政策金融公庫よりの融資の分を弁済するという内容)を取り交わし、公証しておきたいと思っています。
つきましては、その書式、内容、をご教示いただけないでしょうか。
うまく説明できなく、ご理解が難しいでしょうが、お願いいたします。

Aベストアンサー

前もっていろいろ知っておきたいのでしょうけれど、
質問板で責任の無い気軽な第三者に尋ねるよりは、
しっかりとした法律の知識のある方に相談しましょう。

例えば、下記へご相談をどうぞ。

http://www.houterasu.or.jp/

Q連帯債務と連帯保証人との違いは?

新築一戸建ての住宅を購入予定です。初歩的なことで申し訳ないのですがその辺の言葉自体のこと詳しい方教えてください。基本は一人で住宅ローンを組みたかったのですが(単純に「借金」するのは一人で行きたいと言う考えで)不動産さんの話を聞いてそんなにこだわる話でもないかなと思い始めてきました。でも、やっぱり・・・と迷ってます。

Aベストアンサー

「連帯債務」は債務(借金)そのものの名前で、一つの債務を複数で負っている状態を指します。

「連帯保証人」は主に債務を負っている人と連帯して債務を負う保証人です。主債務者がが何らかの理由で債務を返済できなかった場合、債権者(貸主)は連帯保証人に主債務者と同様の返済請求ができます。債権者者からみればあたかも債務者がもう一人増えたような存在が連帯保証人です。

 下記にご参考になりそうなサイトを挙げておきますのでこちらもご参照下さい。

「保証人になるということ」日本司法書士会連合会
 http://www.shiho-shoshi.or.jp/shuppan/books/hosyou/capt01.html

「住宅用語ガイド」(財)不動産適正取引推進機構
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/yougo/ra.htm

 お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/yougo/ra.htm

Q連帯保証人への強制執行について

強制執行と連帯保証人に関わることで教えて頂きたいと思います。
※長文となりますが、よろしくお願いいたします。

とある建築会社の契約不履行により、既に裁判所で和解が確定した債権を持っています。相手は法人で、こちらは個人です。

285万円の債権の内、分割で払って頂いており、既に125万円は払ってもらっているのですが、残り160万円の債権が残っています。
一時、支払いが滞った時期があり、債権者である法人の役員全てに連帯保証人になってもらう覚書も頂いています。
その債権者からの返済が滞り、和解調書に書かれている強制執行可能な金額まで達してしまいました。

相手方とはメールでやりとりしており、「しばらく待ってくれ」との連絡から、数日連絡が取れていない状態です。
これから何度か連絡を取るように試みますが、強制執行も視野に入れて対応したいと考えています。

強制執行を行う上で、相手の法人だけでなく、連帯保証人に対しても行っていきたいと考えているのですが、Webなどで調べている限り、連帯保証人への強制執行には、公正証書である必要があるとのことが分かりました。
しかし、今回の印を押して頂いた連帯保証人の書面は公正証書にしていませんでした。

公正証書ではない連帯保証人を明記した書面では、強制執行はできないのでしょうか?
また、強制執行ができない場合は、その書面を強制執行ができるような書面とするには、どのようにすればよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

強制執行と連帯保証人に関わることで教えて頂きたいと思います。
※長文となりますが、よろしくお願いいたします。

とある建築会社の契約不履行により、既に裁判所で和解が確定した債権を持っています。相手は法人で、こちらは個人です。

285万円の債権の内、分割で払って頂いており、既に125万円は払ってもらっているのですが、残り160万円の債権が残っています。
一時、支払いが滞った時期があり、債権者である法人の役員全てに連帯保証人になってもらう覚書も頂いています。
その債権者からの返済が滞...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
>一時、支払いが滞った時期があり、債権者である法人の役員全てに連帯保証人になってもらう覚書も頂いています。
念書、覚書等は契約書と違い法的効力がないはずです。質問者さんの仰る通り、公正証書にすれば別ですが。
 
そうなると、連帯保証人の債務名義を確定する訴訟を起こすしかないでしょうね。そうしないと、法人には強制執行出来ますけど役員には出来ません。

役員に連帯保証人として債務履行の内容証明を打つ→債務履行がなされない→裁判所に債務履行の申立て→訴訟→勝訴(債務名義確定)→強制執行になると思います。
相手役員から連帯保証人である事に異議申し立てがあれば、質問者様が役員が連帯保証人である事を立証しなければなりません。
手間隙はかかると思います。

とりあえず、債務名義がある法人には強制執行された方が良いと思います。夜逃げや計画倒産等されたら大変ですからね。

相手の財務状況が倒産する位立ち行かない様でしたら、その法人の破産宣告の申し立てをし、認められればすぐさま、財産保全の仮処分をし、その後、破産管財人を決め、財産の処分で弁済してもらう方が早いかもしれません。(その法人に処分できる財産があればですけどね)

どちらにしても、弁護士等の専門家に相談されるのが一番かと
参考になれば

こんばんは
>一時、支払いが滞った時期があり、債権者である法人の役員全てに連帯保証人になってもらう覚書も頂いています。
念書、覚書等は契約書と違い法的効力がないはずです。質問者さんの仰る通り、公正証書にすれば別ですが。
 
そうなると、連帯保証人の債務名義を確定する訴訟を起こすしかないでしょうね。そうしないと、法人には強制執行出来ますけど役員には出来ません。

役員に連帯保証人として債務履行の内容証明を打つ→債務履行がなされない→裁判所に債務履行の申立て→訴訟→勝訴(債務名義...続きを読む

Q連帯保証人について質問です。私は夫のもつ住宅ローンの連帯保証人となって

連帯保証人について質問です。私は夫のもつ住宅ローンの連帯保証人となっております。もし、夫が亡くなった場合、ただちにローン一括を支払う事となるのでしょうか? また、ローンの相続を息子がした場合、私は引き続き息子の連帯保証人となるのでしょうか?言葉足らずで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローンの連帯保証人?共同名義ではないですか?うろ覚えで
申し訳ありませんが、現在の住宅ローンでは契約時には必ずライフ
ガード保険に加入するのが義務となっていて、契約者が亡くなった
場合、その債権は保険会社からの支払いで終結される事になるはずです。
(少なくとも20年以上前からです。)1度、銀行に足を運んで
確かめてみてはどうでしょう。後、考えられるのはご主人の収入が
ローン規定に及ばなくて、ローンを組むのにあなたの名義と合算して
契約していた場合はご主人が亡くなっても、あなたの債務は消えません。
大きな買い物をする時には必ず契約書に目を通すべきです。

Q連帯保証人を解約したいのですが?

連帯保証人を解約したいのですが?

みなさま、こんばんは!

私は1年程前まである会社の役員になっていたのですが、
その際、会社の債務の連帯保証人になっていました。

で、1年前にその会社を退職したのですが、退職後も
社長に頼まれ渋々連帯保証人を引き受けています。

連帯保証人は1年ごとに更新する契約になっており、
もう少しで2年目を迎えようとしているのですが、
会社も退職しているので、2年目の連帯保証人は
更新しないようにしたいのですが、
なにか問題はあるでしょうか?

銀行から連帯保証人は社長の身内はダメだということで、
社長とは全く血縁関係のない私が連帯保証人を引き受けることに
なってしまったのですが、

連帯保証人を私が辞退することによって会社がすぐに
潰れてしまった場合は、連帯保証人であった私も
負債を背負ったりしないでしょうか?

また、あまり早く連帯保証人を引き受けない旨を伝えると
社長が会社を早く潰して、私に負債を負わせたりする
危険などはないでしょうか?

皆様、どうかお知恵をお貸しくださいませ!

Aベストアンサー

連帯保証人というのは、そのお金が支払われなかった時に
あなたがその責任を負うという約束です。
賃貸物件での連帯保証人などであれば1~2年で更新などがありますが
お金を貸付した際の連帯保証人は、そのお金が完済されるまでずっと責任が問われるのが普通で
その様な1~2年ごとに更新というのは聞いた事がありません。
私が無知なだけでしょうか?

それに、お金を貸し付けた側からしても
もうお金を貸し付けている訳ですし、
返済途中で連帯保証人を変更?する意味・メリットが全くありません。

通常は一度連帯保証人になってしまうと
途中でその連帯保証人を降りるという事は非常に難しい事ですし
あなたがそれなりのお金を支払って、貸付側の許可が下りないとまず無理です。

したがって、一度連帯保証人になれば
完済されるまで一生連帯保証人のままですし
会社が潰れたり社長が支払い出来ない状態になれば
あなたがその負債を負う事になります。

状況から察すると、その更新云々というのは社長の嘘で
更新ではなくあらたな借金・負債の連帯保証人として・・・
という事も十分可能性としてはありそうなので
その辺をしっかり確認してみてはどうでしょうか?

何度も言いますが、通常は一度連帯保証人になれば
最後までその責任が付きまといますし、途中で降りる事はほぼ出来ません。
それが保障人という物ですし、ある意味あなたの借金という事でもあるのです。

連帯保証人になってしまった以上、危険は常に付きまといますし
その責任もあなたにあります。
更新などという嘘に騙されてあらたな借金の連帯保証人にならないように十分気をつけて下さい。

連帯保証人というのは、そのお金が支払われなかった時に
あなたがその責任を負うという約束です。
賃貸物件での連帯保証人などであれば1~2年で更新などがありますが
お金を貸付した際の連帯保証人は、そのお金が完済されるまでずっと責任が問われるのが普通で
その様な1~2年ごとに更新というのは聞いた事がありません。
私が無知なだけでしょうか?

それに、お金を貸し付けた側からしても
もうお金を貸し付けている訳ですし、
返済途中で連帯保証人を変更?する意味・メリットが全くありません。

通常は一...続きを読む

Q連帯保証人と主債務者

友人Bが主債務者のA、B二人で連帯保証人になりました。

 その後返済不能となり、本人は自己破産し、連帯保証人に債務の支払請求が来ましたが、Aは支払いを拒絶したらしく、連帯保証人Bに請求が来ました。

 それから1年後、主債務者はBの所に挨拶に来て「自分は自己破産し免責されたのだから返済義務は無い」とヘラヘラして、迷惑をかけたという意識はなかったと話していたとの事。

その主債務者はカード(たぶん銀行)も作り、普通の生活も出来ているとの事です。
普通の生活が出来ているなら、債務を支払うべきと思いますが、免責されたらそんなものですか。
同義的に許せないので、何か打つ手は無いのでしょうか。
どなたか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本人が破産・免責となっていれば、法律的には連帯保証人Bは本人に対して請求できる権利はありません。(ヘラヘラしているか申し訳なさそうにしているかは特に関係有りません)
仮に後日本人が「あの時には世話になった」と金を返してくれば、そのまま受け取ることは問題ないですが。

一方で連帯保証人A・B間では、特に定めが無ければ両者間での負担部分は均等と解される(民法465条)為、自身が負担した半分をAに対して求償する、という権利はまだBが有していると考えられます。金額・当事者の状況次第ですが諦めずにこの点の請求を検討してみては、と考えます。返済を示す証拠書類・貸主から確保した借入証書の確保状況、A・Bそれぞれの連帯保証書の関係がどうなっているかにもよりますので、個別に専門家に相談してみて下さい。


人気Q&Aランキング