新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

 中古の家を買いましたが、床下断熱してなかったので冬が大変寒いです。
 床下断熱を検討しましたが 床下に潜って断熱材を貼り付けるのも面倒なので 畳をはがしてその部分にスタイロフォーム?(発泡スチロール?)を乗せようと考えています。
 床板の上にスタイロフォームを置き、その上にコルクマットを敷いて使おうと思っていますが、こんな考え方は有りなのでしょうか?やった事ある人がいましたらアドバイス下さい。
 一つ心配なのは湿気です。湿気易い家なので畳も少しカビ臭く感じられます。
 以上、よろしくお願いします 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分に施工の事実はありませんが、一部の経験で考えられることを書きます。



発泡スチロールは、通気性が悪いですから床下からの水分が床板に吸収され、床板は腐りやすくなります。
(床下の湿気はその土地の固有のもので本格的な工事をしないとなかなか防止する事は難しいです)

コルクのマットはいいですが接合と固定の問題をクリアして下さい。(部分的に浮き上がる)
また、敷かない部分が出来ると、使用上の汚れやスチーロール表面の柔らかさが気になります。(傷が付きやすい)

それに厚みの寸法が合わないと敷居のところの出入りが不便。(つまずきやすい)

結論的には、その工事をやっても隙間風や天井・壁・障子など家全体の保温能力にも左右されますので、思ったほどの効果がでるかどうかはわかりません。

なお、電気カーペットなどを敷く場合には効果が高いのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
発泡スチロール案はダメそうですね・・。
床下断熱材をしっかり入れてやらないとダメそうですね・・・。
何か簡単に出来る方法があれば良いのですが・・・・。

お礼日時:2011/01/05 10:29

>湿気易い家


築何年になる家かが分からないので何とも言えませんが
床板、根太までやられている可能性もあります

僕の経験でいえば
定年後、田舎暮らしをするために、57歳で福島県に築30年の校倉造りの家を購入
僕一人でリフォームをしながら現在は家族で移住をしております

この家は、一階部分の12畳のリビング、7.5畳のダイニングキッチン、8畳と6畳の続き間(和室)、6畳の和室の全ての部屋の床板、根太の傷みがあったので
*床下の土の部分には、土間コンシートを敷きこみ湿気防止を行い
*土と木材部の防蟻処理を行い
*根太を交換し
*床下断熱材を敷き込み
*松材の床板に張り替え
*畳は新品に交換し
*フローリングは、無垢の檜材に張り替えております
廊下、広縁、トイレ、バスルームの下には手を加えておりません

断言はできませんが
畳および畳の下が傷んでいるのであれば、徹底的な防湿処理や防蟻処理、痛んでいる部分の交換と断熱材の敷き込みが必要と考えます
表面だけ取り繕っても元がだめであれば改善効果は薄いと考えられまし、またすぐに痛みが出てくると思われます

築年数と、家が立てられている環境(特に湿気・日当たり・風の通り)により家の傷み具合も変わって来ますので、我が家の事例は参考程度にお考えください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
購入住宅は築20年です。
床は前の入居者が一度張り替えたみたいです。
参考にします。

お礼日時:2010/12/28 12:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Qスタイロフォームによる畳からフローリングへの変更

スタイロフォームによる畳からフローリングへの変更を検討していますが、
スタイロフォーム単体を敷き詰め、その上にコンパネ、そしてフローリングという工法を考えてはいますが、
ちょっと疑問があり質問させていただいております。

1、スタイロフォームで作って重量物が乗った時に大丈夫なのか?
2、コンパネを仕入れる時にコンパネが沿っているものがあったりするが、反ってない物を寄り集めて買うのか、
  それとも反らない木の種類でもあるのか?

以前床張りをした時はクッションフロア施工でしたが、
コンパネの反りが合ったため、ネジ止めで強引に抑え込みました。
その後、床鳴りが少々あった時期もありました。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。現場はマンションでしょうか?それとも木造家屋でしょうか?

いずれにしても、厚み35ミリのスタイロフォーム、その上に11.5ミリ(便宜上12ミリと表現する場合もあり)のコンパネ、そして仕上げに12ミリ厚のフローリングという段取りで施工しますと、合計の厚みが畳の厚みとほぼ同じとなりますので収まり上の問題はありません。

 質問文中に「以前床張りをした時は・・・」とありますので、スタイロフォームを利用した床作りの経験はおありなのですね。
その前提でお話しますと、今回やろうとしていることは、コンパネの上に同じ厚みのフローリングが被りますから、クッションフロアの場合よりも重みに対しては強くなります。
がしかし、フローリング仕上げの場合でも、ピアノのような重量物は避けたほうがいいでしょう。どの程度の重量までなら大丈夫なのかは、ここで述べるのはちょっと難しいですね。
ちなみに、クッションフロアで仕上げた部屋は、実際に使ってみて(人が歩いてみて)どうでしたか? 心配事、困ったことはありませんでしたか? そこでの使い心地、耐久力が一つ目安となるのではないでしょうか。

 で、以前おやりになった際にはコンパネの反りをビス留めで抑えこんだそうですが、やはり今回もビス留めが必要だと思います。
例え反っていなかったとしても、フローリングまで仕上げてしまった後で床が根こそぎ上下運動することになっては居心地がよくありません。パッコン、パッコンと動いちゃったりして・・・。
したがって、コンパネのビス留めは必要だと考えます。

反っていないコンパネというのは、無いと思ってください。いや、一時反っていないように見えても、保管する際の置き方や気候などでじきに反ってきます。仕上げのフローリングにしても、そうなんです。
やはり木でできた”板”ですから、仕方ないのですね。

 フローリングの下地は表面がきれいなラワン合板よりも、耐久力に優れ安価な針葉樹合板がよろしいと思います。
また、加重に対して不安がおありなら、スタイロフォームを一段薄いものに切り替えてその分合板を厚い物にしてはいかがでしょう。12ミリの上に15ミリというのがあります。

 こんにちは。現場はマンションでしょうか?それとも木造家屋でしょうか?

いずれにしても、厚み35ミリのスタイロフォーム、その上に11.5ミリ(便宜上12ミリと表現する場合もあり)のコンパネ、そして仕上げに12ミリ厚のフローリングという段取りで施工しますと、合計の厚みが畳の厚みとほぼ同じとなりますので収まり上の問題はありません。

 質問文中に「以前床張りをした時は・・・」とありますので、スタイロフォームを利用した床作りの経験はおありなのですね。
その前提でお話しますと、今回や...続きを読む

Q発砲スチロールを断熱材に使用した場合の健康被害について

ご指導の程宜しく御願い致します。
古い造りで断熱材が一切使用されていない家に住んでいます。
冬は寒く夏は暑いので断熱対策をDIYで行いたいと考えています。
天井裏の構造が弱いので上がっての作業が出来ないため、発泡ウレタンやグラスウールを天井裏に敷き詰める事は出来ません。
そこで、ホームセンターなどで売っている発泡スチロール板を”室内側”の天井や壁に貼り付ける方法を考えています。
その場合、その発泡スチロール板の臭いや飛散物などは人体に対して健康被害があるのでしょうか?
食品トレーやカップラーメンのカップなども発泡スチロールと聞いているので人体には悪影響が有るはずがないと思いますが、なにせホームセンターの資材コーナーのレベルですので少し気になっています。
どなたか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
> その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。
・その点は、特に問題無いと思います。
倉庫を、そのまま売り場にした量販店などは、鉄鋼材やスレート板に直接、断熱不燃ウレタン吹きつけ、簡単に塗装しただけの天井も良く見かけます。

ただ、人の手に触れる壁面だと、材質がガラス繊維の製品だと、肌触りがチクチク感があって不快だったり、見た目を良くするために、ひと工夫必要になるなどの問題だけです。

Q部屋の湿気、壁の結露にスタイロ貼りは逆効果ですか?

コンクリート5階建ての住宅の3階に住んでいます。

北側(下には川が流れています)の部屋の湿気がひどく、
昼間は換気もまめにして夜は除湿機をかけ、除湿剤も置いているのに、
コンクリートの壁が常に結露しており、すぐにカビてしまう状態です。
何回かカビ止め塗料で塗りなおしたりしたのですが、すぐにカビが発生して元通りです。

スタイロフォームという断熱材が何枚か手に入ったのですが、これを壁全面に貼る事は効果があるのでしょうか?
それとも逆効果なのでしょうか?

また、部屋が暖かくなって冬はよいと思うのですが、夏は逆に暑くて困るのでしょうか?

自分で調べたのですが、外断熱、内断熱など、よく分からなかったもので、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

断熱材施工の仕方による気がします。
ただ貼っただけでも効果はあると思いますが、コンクリ壁と断熱材の間にスキマがあり、そこに部屋の暖かい空気が入る状況だと、結露&カビはやはり発生すると思います。しかも断熱材施工でカビが直接見えなくなる&除去しにくくなるかもしれません。
壁に暖かい空気が触れないように、断熱材の継ぎ目やスキマに気密テープを貼る等した方が効果は高いかと思います。見栄えが悪くなるのでもう一枚内壁を作成する事になりそうですが。

※吹き付けの発砲ウレタン施工が効果高いと思いますが、リフォーム
レベルの話になってしまいますね。

Q ベタ基礎のコンクリートの上に直接、コンパネを置いてフローリングを貼り

 ベタ基礎のコンクリートの上に直接、コンパネを置いてフローリングを貼り付けた状態で10年が経過しました。オーディオ・ルームのため、床が響かないように、ということでこの構造にし、当初の目的は達成できましたが、予想したとおり冬場は床が冷たく、フローリングの裏側に結露が出ているらしく、何となくカビの臭いがするようになりました。今回のリフォームで、この床を貼り替えようと計画していますが、断熱を行なうことと結露を防止するするために、何か対策を立てたいと思います。 通常の床のように、床下を設けてしまえば解決するのですが、なるべく固く響かない床にしたいと考えています。(結露さえなければ、今までコンクリートに直貼りが最高なのですが、、、。) コンクリートの上に角材を並べてこれを「根太」としてその上にコンパネを貼ったらどうか、と考えておりますが、何か具体的なアドバイスを頂ければとても助かります。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

建築業者です。

根太組もいいですが、スタイロフォームを使用するのもわるくないですよ。

コンクリートにセルフレベラーを15~20mm程度の厚みで流し込み、スタイロフォームをコンクリート釘とスタイロを侵さない接着剤で固定し、さらに防湿シートを両面テープ(ブチルゴム)で固定し、その上に下地用のコンバネをひき、コンクリート釘で固定。その上に仕上げの床材を貼りました。

注意が必要なのは、それぞれの材料の継ぎ目にまたがるようにその上の材料を割り付けてあることです。でないと、床鳴りがします。

ちなみに床の壁際は、全周隙間を空け、エキパンを入れています。
すでに4,5年を経過していますが、何の問題もありません。

また、アルミシートやラバー付き直貼りフローリング材(これは寒いですが)を使うのもいいかもしれません。

Q畳からフローリングにリフォーム。根太がそってまがる

畳⇒フローリングのリフォームに初挑戦中です。
畳をはいで現れたコンパネ上に、ホームセンターで調達した根太(45mm角ベイマツ乾燥材)を根太ボンド+釘で固定しようとしましたが、根太の自然なソリやマガリの為、平らなコンパネ上に根太をピッタリくっつけるのに予想以上に苦労しています(75mmのスクリューネジをコンパネ(+下にある元の根太)に打ち付けて押さえこむ感じ。50cm間隔で釘を打っても根太のソリを押さえつけるのが必死です)。
いろんなリフォームのサイトを見ても、根太の設置で苦労するような事は載っていないので、私が何か間違っているのでは? と思うのですが、いかがでしょう? 
根太は長さ2.5mほどのものを13本取り付ける予定ですが…別の方法が良いでしょうか? アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

<根太を諦めて、コンパネを重ね敷きした上にフローリング床材を並べるのはNGでしょうか?>

お答させていただきます。
今までしたことがありません、が・・NGかどうかのご質問につきましては決してNGでは無いと思います。

例えば、根太に普通合板貼り12ミリの場合に、強度を上げるために普通合板12ミリの2枚貼りは良く行う方法です、私くしどもでは、官公庁の内装工事も行っていますが、工事仕様にこの『普通合板12ミリ2枚貼り』という仕様がございます、しかし、根太を使わずにすべて合板にしようとしますと、普通合板12ミリ3枚にベニア9ミリを貼ると確かに45ミリの厚みはできますね。

ところで、フローリングを購入前でしたら、一つとても簡単な方法があるにはあります。
ご参考に一度お考え頂ければ良いと思いますが・・・
まず畳ですが、本畳を敷かれていたのでしたら、通常は50ミリだったと思います、そうすると畳寄せが55ミリですから、床を上げる寸法はこの畳寄せの55ミリで良いと思います。
方法としては、床合板の上に、まず3ミリベニア(正確には2.8ミリです)その上にスタイロフォーム40ミリ そして12ミリのフローリングを貼ります。
もしフローリングが15ミリのものでしたら、3ミリベニアを止めます

スタイロフオームもホームセンターで販売されていますので入手は簡単だと思います。(カッターナイフで簡単に切れますので施工も簡単です)

この方法はインタネットで『ネダフォーム』もしくは『ネダマット』で検索して見てください、施工方法も載っているサイトもありますので、
ネダマットは残念ですがホームセンターでは入手出来ませんので、スタイロフォームを代わりに使用します、固定方法は、木工用ボンドか根太ボンドで固定出来ます。
この方法も実はかなり古くから『断熱床工法』として店舗の床や公営住宅などで採用されている方法ですので、実績はかなりあります。
この場合の、フローリング材ですが、<根太用>では無く、<直張り用>のものが宜しいようです、根太用のフローリングでも直張りできるものもご在ますので、一度購入店でご確認してください。

<根太を諦めて、コンパネを重ね敷きした上にフローリング床材を並べるのはNGでしょうか?>

お答させていただきます。
今までしたことがありません、が・・NGかどうかのご質問につきましては決してNGでは無いと思います。

例えば、根太に普通合板貼り12ミリの場合に、強度を上げるために普通合板12ミリの2枚貼りは良く行う方法です、私くしどもでは、官公庁の内装工事も行っていますが、工事仕様にこの『普通合板12ミリ2枚貼り』という仕様がございます、しかし、根太を使わずにすべて合板に...続きを読む

Qコンクリートの床にDIYでフローリング

こんにちは。
地下室がコンクリートの打ちっぱなしで使い勝手が悪く物置にすら使われていないので
DIYでフローリングをひければと思っています。
フローリングは近所のホームセンターで揃えらるのですが
どうやって施工すればいいのでしょうか。
よくホームセンターにあるようななんちゃってフローリングというのでしょうか
ロールになっていうっている敷くだけのビニール素材のものとかでは
本棚や飾り棚を置くには適していないですよね。
自分用の部屋になる予定なのでフローリングの仕上がり具合なんかは気にしていません。
断熱材+フローリングでやりたいと思っています。
どういった施工をすればいいでしょうか。
ご存知の方いらしたらお知恵を拝借できないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地下室と言う部屋を仮定すればコンクリートの地面は水平ではないかと想像します。
ただ、コンクリートの打ちっぱなしと言うことで考えれば、不陸があってもおかしくありません。
私が数年前の行った方法ですが 写真が有りましたので参考にしていただければ・・・

水道も排水もなかったので、思案しながらの作業だったことを先にお断りして 写真を見ていただければ幸いです。

まず、床下コンクリートからの冷気の遮断が必要です。
そのためには 多少なりとも天井との空間が狭くはなりますが、2X4材で床を上げることを考えてください。
また 床面は必ずしも 「まったいら」 ではないですからその調整もかねて長さを15cmから20cmほどに切った2X4材を多数用意します(束に使います)。

1、周囲の壁に水平の線を引きます (これは透明ホースに水を入れてれば簡単に水平は出ます)
2、その壁際に決めた水平線に根太となる2X4材を、とりあえず束になる短く切った2X4材をあてがってその水平線に合わせてコーススレットで止めつけていきます。
3、周囲が終わったら後は全体の高さと水平は確保されますので、束の長さを調節しながら根太となる2X4材を並べてコーススレットで止めていくだけです。
4、根太は45cm間隔で・・・上に貼るコンパネの幅を考慮して正確には45.5cmで並べていきます。
5、根太の間にはスタイロホームを並べて保温材とします(発泡スチロールは使いません)
6、その上にベニヤ板12mmを敷き詰めます くれぐれもホルムアルデヒドを含まないF☆☆☆☆ を使います。
7、あとは、その上にホームセンターのフローリングをみようみまねで敷き詰めればいい訳です(参考資料はホームセンターにもありますしフローリングにも止め方の方法を記載したものが入っています)
8、最後に、壁裾に幅木を張れば 壁面との間に出来た多少の隙間は見えなくなりますので、素人とは思えないほどのできばえになります。

HPの根太は大引きの上の乗っていますが、
お勧めの方法は、束の長さを変えることででコンクリートの高低を緩衝して水平を確保しながら、根太をコーススレットで止めるやり方なのです。
http://www.polaris-hs.jp/zisyo_syosai/neda.html

時間を見つけては少しずつ前に進めば年内には完成するでしょう。
がんばってください。

なお、
2X4材はホームセンタで入手できる一番加工しやすく、安く、おまけに荒材と違って扱いやすさが魅力です。
また必要なら364mmの長さのも入手か可能です。

地下室と言う部屋を仮定すればコンクリートの地面は水平ではないかと想像します。
ただ、コンクリートの打ちっぱなしと言うことで考えれば、不陸があってもおかしくありません。
私が数年前の行った方法ですが 写真が有りましたので参考にしていただければ・・・

水道も排水もなかったので、思案しながらの作業だったことを先にお断りして 写真を見ていただければ幸いです。

まず、床下コンクリートからの冷気の遮断が必要です。
そのためには 多少なりとも天井との空間が狭くはなりますが、2X4材で床を上げ...続きを読む

Q1戸建ての床の断熱材について

1戸建ての床が冷たいので、床下からグラスウールをタッカーで施工しようと考えているのです。べた基礎、基礎パッキンなら、結露は考えなくてよいのでしょうか?
床下を見たら、発泡スチロールがついていたのですが、隙間などが少しあり、それが、冷たい原因かと思いました。
床下の作り方が剛床工法といって、根太間の寸法が大きく、その分床材の厚みがある仕様で、床下入り口が根太間の寸法より、狭いので、ウレタンフォームだと、収めたいサイズだと2分割しないと入らないです。なので、ウレタンフォームより、グラスウールにしようと考えています。
施工した場合、効果は、あるのでしょうか?
2分割しても、ウレタンのほうが、いいのでしょうか?
床の冷たさを改善する、なにか、よい方法は、他にあるのでしょうか?
どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家も自分で断熱材の追加施工をしました。
使った断熱材は「スタイロフォーム」と「カネライト」と言う
押出発泡系断熱材です。

コストの面で発泡系断熱材のほうが高くなりますが
グラスウールより良いと思います。
今現在施工されている断熱材が発泡系断熱材であれば
なおさらだと思います。

我が家も施工に関しては、床下点検口しか搬入箇所が無い為、
入るギリギリのサイズに切断し、
我が家も剛床工法なので根太は無く、大引き間に隙間無く入れました。
我が家の場合、30mmの既存断熱材の裏から
30mmの断熱材を2枚重ねて合計90mmの床下断熱としました。
2枚の断熱材の分割位置を変えて貼れば断熱欠損は少なくなります。
その他では、床裏面に接した状態になるようにすることと
断熱材が垂れ下がらないように木板などで固定することです。

グラスウールを使う場合は床断熱用の密度の高い専用品を入れて下さい。
低価格な壁用の一般的なグラスウールでは施工に無理がありますし
効果は期待できません。

Q床板にコンパネを使うのはダメ?

洗面所の床板を張り替えようと思っています。
現在の床板は合板で近くのホームセンターで売られている床板材も合板です。
それなら表面を加工したコンクリート型枠用のコンパネのほうが
安く売られているので、これを使ってその上にフロアシートを貼れば
同じじゃないかと思うのですが、何が具合の悪いことになるでしょうか?
床板用に加工された合板は床面(表面)のプリント以外に何か特別な加工が
施されているのでしょうか?

Aベストアンサー

型枠用の合板は、内装には使えなくなっています。 近くのホームセンターの品物は、F☆ でしたね。

シックハウス症候群という言葉を聞いたことがあると思いますが、合板等のランクを、F☆ ~ F☆☆☆☆の4段階に分けています。(ホームセンター等では、表示してあるはずです。)

☆の数が多いほど(最高4つ)、安全だということです。 実際問題、F☆☆☆☆でも、有害物質が全然含まれていないという訳ではないので、この微量の化学物質でも、体調を崩される方がいらっしゃるそうです。

フローリング材も安い品物を探せば、面積当たりの単価は、数割増し程度のはずです。 それに、はめ込み易いように凹凸の加工をしてありますので、浮き上がり等の問題にも対処しやすいです。

合板でやるとなると、それなりの施工しないと、しばらくしたら、床面が凸凹してきますよ。


人気Q&Aランキング