「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

このカテの質問で アメリカ英語とイギリス英語の違いに関する質問がいくつも見つかりました。
そこで、ちょっと目を引いたのが、アメリカ英語もイギリス英語も書き言葉では違いが小さいけれど、
話し言葉でははっきり違いが出てくるそうなのです。そう言えば、日本語でも方言差が顕著に現れるのは話し言葉です。

そこで質問ですが、英語の話し言葉と書き言葉は
どれくらい違っているんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ええと、ご質問は米語と英語の違いではなくて、


英語全般的な「話し言葉と書き言葉の違い」なのでしょうか。。。

私はそんなに出来るわけでないので素人的にですが。

小説を読んでいると口語の発音そのままにセリフを書いてあったりします。
つい最近までHow'sはHow isかHow hasで、how'dはhow wouldだと思ってたんですが、どうもHow wasやHow didもそう書くことがあるらしい。きっと発音がそうなんでしょうね?

また、I am sorry to keep you waiting. が Sorry keep you waiting.になっていたり。
文法的にテキトーなのかなという気がします。

日本語でも、「というか」を「っていうか」と言ったりしますわね。「なのです」→「なんです」、「と言っている」「って言ってる」など。「みたいな」というのも(like)

あとは、書き言葉のほうが字数の多い難しい単語を使うことが多いみたいです。そのまま喋ると英会話の先生には「会話としては硬すぎます」などと言われる。日本人はこういうの多そうですけど。。。
口語だとgetとかtakeとかhaveとかputなどと、toだのonだのの組み合わせを多様。
I've got to go とか、put it onとか。
    • good
    • 1

すみません、漢字を間違えました。



多様→多用

です。
    • good
    • 0

だいたいこれくらい違います。


    • good
    • 1

私的見解ですが、厳密な意味でこれは話し言葉でそれは書き言葉という区別はないのではないかと考えます。



米国の大統領が演説で語られる言葉はそのまま書面に書き出しても立派な書き言葉になっていると思います。またあまり文章を書かない子どもが何かを書くと書いた言葉も話している時のような論旨のはっきりしない文章になるだろうと思います。つまり意図を伝えるために前後関係や論理が後の精査に耐えるものは書き言葉と皆さんが呼び、語られるそばから音が消えてゆくような少しばかりゆるんだ表現を単純に話し言葉と呼んでいるように思われます。

皆さんはどのように思われますでしょうか。You ain't とかI am gonna goとかをそのまま表記することを持って話し言葉とする方もおられるかもしれませんが、改まった状況ではそれそれ、You are notとか I am going to goとすべきでしょうし、また当然どなたもがそのようにされると思いますので、究極的にはやはり区別がないと思われます。もしあえてそのような綴りをする場合には、作者がその場の状況が「場のゆるんだ」雰囲気を伝えたいという意図に違いないと思います。つまり話し言葉と呼ばれるような言葉も同時に書き言葉になるということになります。
    • good
    • 0

アメリカ英語とイギリス英語は書き言葉でもすぐ分かるくらいに違います。


単語が違う、単語の綴りが違う、用法も違います。
話し言葉で違いが大きくなるというのは、発音が違うことを言っているのだと思います。
日本の英語教育はアメリカ英語がベースになっているので、イギリス人の英語を聞くとほとんど聞き取れないはずです。

話し言葉と書き言葉が違うのはどの言語でもあることです。
しかし日本語の文語体と口語体のような違いはありません。
あるのは単純に、話し言葉特有の省略や文法の誤用、用法で、これは日本語と同じです。

映画の台本を読んでみればよく分かります(英語の台本は本屋にあります)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の文で話し言葉と書き言葉、日本語で言う敬語のような使い方が分かりま

英語の文で話し言葉と書き言葉、日本語で言う敬語のような使い方が分かりません。"I should go home as quickly as possible" この言葉は、私は"急いで家に帰らないと!"というくらいの感じで書いたつもりですが、"私は出来るだけ急いで家に帰るべきです"という感じにもなると思います。実際ネイティブの方がみたらどの様に受け取るのでしょうか?話し言葉や書き言葉に明確な違いは有るものなんでしょうか?説明が下手ですみません。どなたか宜しくお願いしします。

Aベストアンサー

類似の質問は過去に何度か登場しているので重複になりますが、英語では日本語ほど「明確な」違いはありません。ただし、それらしいニュアンスを出すことはいくらでもできます。

例えば「I should go home as quickly as possible」なら、「急いで家に帰らないと!」から「私は出来るだけ急いで家に帰るべきです」まで、いろいろな解釈が考えられます。基本的には文脈や話者の性格から判断するのですが、意見が分かれるところで、よく洋画字幕のセリフが「砕けすぎている」とか、「いや、このくらいでいいんだ」とか、「カマっぽすぎ」とか、「無骨すぎ」などと、ファンや翻訳家のあいだで論争が起きたりするほどです。

ちなみに私個人の感覚では「I should go home as quickly as possible」だけを見た限りの第一印象は「いいかげんに帰らないと大変」という感じです。とはいえ、これも話者の話し方や声の調子によっては違ってきて当然です。

なお、「I should go home as quickly as possible, sir.」という具合に「sir/ma'am/miss」などを付けると敬語的ニュアンスが強まり「いいかげんに、おいとまさせてくださいまし」くらいまでにニュアンスが広がりますし、「I should go home as quickly as possible, son.」などとすれば、明らかに目下の男性や少年に話しかけていることになるので「いいかげんに帰らにゃあな」の方向に広がります。一方で「I gotta go home quick.」なんていう表現は、いかにも砕けた話し言葉で、例えば畏まった手紙などには使わないものです。「早く帰らねえとヤベ」くらいまで解釈できますね。

類似の質問は過去に何度か登場しているので重複になりますが、英語では日本語ほど「明確な」違いはありません。ただし、それらしいニュアンスを出すことはいくらでもできます。

例えば「I should go home as quickly as possible」なら、「急いで家に帰らないと!」から「私は出来るだけ急いで家に帰るべきです」まで、いろいろな解釈が考えられます。基本的には文脈や話者の性格から判断するのですが、意見が分かれるところで、よく洋画字幕のセリフが「砕けすぎている」とか、「いや、このくらいでいいんだ」と...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「これらのことから~と考えました。」を英語でどういえばよいでしょうか。

文章の最後に「これらのことから~と考えました。」と述べたいのですが、「これらのことから」は英語でどのように言えばよいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えっと、これは「英語」教科での、作文でしょうか?
もし、そうでしたら次のような書き方がお薦めです。

In conclusion, I think that........ because .........
   ↑      ↑        ↑
(All in all) (my opinion is) (since)
(Indeed)
(In Brief)
(In summary)
(To sum up)
...........

英語のパラグラフでは最後の結論の一文に
the concluding sentence が必要です。
そして、それは conclusion signalが文の最初に必要でです。
このシグナルを使う事によって、読み手は「これが結論」だと
判断出来るわけです。そして結論の理由をbecauseやsinceを
使って繋げてあげると、複文(complex sentence)として
すっきり美しい文になります。カッコ内は置き換え可能な表現。
他にもありますが参考までに。。お好みのものを使ってくださいね。

他の教科(例えば歴史とか科学とか)だと形式が
違うかも知れませんが、私は知りません。。ごめん。

少しでもお役に立てたら幸いです。

えっと、これは「英語」教科での、作文でしょうか?
もし、そうでしたら次のような書き方がお薦めです。

In conclusion, I think that........ because .........
   ↑      ↑        ↑
(All in all) (my opinion is) (since)
(Indeed)
(In Brief)
(In summary)
(To sum up)
...........

英語のパラグラフでは最後の結論の一文に
the concluding sentence が必要です。
そして、それは conclusion signalが文の最初に必要でです。
このシグナルを使う事によって、読み手...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング