痔になりやすい生活習慣とは?

先日、とあるディスカウントショップでワインを見たところ、百貨店で1000円で販売されていたものが、650円で販売されていました。
百貨店でも相当安いと思ったのです、この差に驚きました。
そこで、ワイン流通業の方にお聞きしたいのですが、1000円ほどのワインの場合、小売・卸・インポーターの利益率は何%ぐらいなのでしょうか?
デパートやディスカウンターなどの業態によって異なると思いますが、もし業態における率の違いもわかれば、知りたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当然ですが、業者関係から回答は有りません。

手の内バラシですからね。推測するしかないですね。私も美味しいワインは大好きで、特に欧州出張では必ず食事はワインとアペはシェリーです。仏や伊で5千円位のワインで十分美味しい。ユーロ110円として。同じ程度の美味しさを日本で求めると一万円以下ではない。又、現地でワインは2~3百円程度で買えるとすると、日本で6百円で売るものは2百円が元値+諸費用と踏んで、1/3が原価ではと推定しました。因みにビールでは青島・サンミゲルなどやはり3倍以上の値付けがされていますね。
    • good
    • 3

業界関係者ではありませんが、ちゃちゃ入れさせて下さい。



普通の酒飲みとしては、酒はまずは旨ければいい、その上安いのが一番だけど、世間が評価する商品のプレミアムも理解する。でも、全く同じ商品を購入するなら1円でも安いほうで買うというのは当たり前のことだと思います。

保管状態で味が変わるというのに嘘はないでしょうが、そこまで舌を鍛えているわけでもなければ、家にセラーなんて置いてないので、どうせ廊下に出している間に劣化するのは避けられない。

そんな私でも、その日の気分でワインが飲みたい時もあるから適当に安いのを見繕ってストックしたり、紙パックの大容量のを買ってきてスクリューキャップの空き瓶に移し変えて雰囲気だけちょっと盛り上げて飲んだりしています。誰が何と言おうとワインも好きだってことで、それに関する情報に対する関心も湧くってものです。

やっぱりワインと言っても市場に流通する商品の一種に過ぎないわけですから、その価格のからくりを知りたいというのは野次馬的好奇心とご理解いただいて、ちょこっと裏話を出せる範囲でお聞きしたいんですが、他に回答つきませんかねえ。

それを知って、百貨店や小売店に値下げしろなんてクレームつけるバカは居やしませんよ。

この回答への補足

コメントありがとうございます。
野次馬的好奇心もありますが、昔食品流通業界にいたので気になったのが一番の理由です。

補足日時:2011/01/25 13:56
    • good
    • 0

質問者さまが、なぜ利益率を知りたいのか意図がわかりません。


正直言って、とても残念な気持ちになりました。
デパートで1000円、ディスカウントストアーは650円、その差が350円。
それは設けているのではないか、650円で売れるのならデパートも650円で売るべきだと考えられたのでしょうか?

我が家は小売店を経営しています。
確かに問屋からの納品書には、卸価格と希望小売価格を載せています。
これはあくまでも希望小売価格であって、ワイナリーが希望した値段ではありません。

ご存じの通りワインに限らず、品物は需要と供給があって初めて価格が付きます。
現在、品物は自由価格をつけられることになっていますので、なにもメーカーの希望小売価格、問屋の希望小売価格通りに売る必要性がありません。

単に希望小売価格とはこれからつける値段の目安にしかなりません。
要は中身の問題です。

私は、中身がその値段に見合うだけの価値があるか、現在売るとして原価、運送費、管理費など様々な要素を入れて利益率を計算し、完売する時期を見極めて値段をつけます。
希望小売価格をはるかに超える場合もあります。
それでも、中身が付加価値があり、その値段にふさわしい品物であれば、自信を持って高い値段で売ります。
もちろん、温度管理、商品管理、商品説明、付加価値の説明ができなければその値段はつけません。
それでもそれを理解したお客さまは、納得して購入してくださいます。
安ければよいというものではありません。
安いということは、その値段で中身の価値しかないという、品物本来の意味でそのワインに対して価値を下げてしまう恐れもあるのです。

デパートはきちんと商品管理し、商品説明、資格専門者による購入者との間に会話があって、そのお客様のニーズに合わせてセレクトした品物をお薦めし、お客様は目で見て納得して買って頂く事が出来るのです。
ネット販売は書かれたことを読んで、購入者は自己責任で買って頂くことになります。
ディスカウントスーパーのすべてとは言いませんが、商品管理には疑問が多いところが多いし、資格者すらいないところが多いです。

350円の差をどうとらえられるかわかりませんが、私はシニアワインアドバイザーを持ち、小売店を義父が経営しているので、その中で対面販売という方法は、お客さまに最大限の責任とニーズに応えるべく自信を持って価格設定をしています。
もちろんスーパーやディスカウントにない品物、どこにである薄利多売の品物は売っていても仕方ないので、一切置いていません。

ワインを飲むときに、値段というのは中身の価値だと思い、その中身がどのように作られ原料を作った人、醸造をしてワインにした人、その努力のたまものだと思って味わっています。
アルコールで酔えばよい、美味しいという個人の嗜好が遇えばいい、安ければよい、こんなに設けているんだ。そんな価値観でしかワインを味わえないのであれば、残念ながら小売店として売りたくないお客様です。
国産ワインで、外国産有機ブドウ濃縮還元果汁使用で500円。外国のワインで、外国のテーブルワインクラス1000円。
どちらを飲んでみたいと思うのか、きっとわからないのではないでしょうか。

この回答への補足

コメントありがとうございます。
少し、誤解があったようで、大変失礼いたしました。
百貨店の価格が高いことに憤慨しているのではなく、単にワインの流通に興味を抱いただけです。
以前、食品流通業界にいましたので、小売店の業態によって同じものでも価格が違うことは重々理解しております。
それは、業態によってサービスが付加するからであると考えます。(例えば、対面サービスもあれば、セルフサービスもあります。)
もし教えて頂ける範囲でいいのですが、通常ワインの小売店の値入率はどの程度なのでしょうか?

kagura01さんの仰るとおり、安く売るとそれなりの商品になってしまいます。
ただ、ある程度安く売らないと、大量に輸入したワインを売りさばくことはできないのも現実だと思います。(あくまで推測ですが)
このへんの折り合いが、商売の難しさだと思います。

補足日時:2011/01/25 14:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本酒・焼酎の販売で利益が出るの?

ネットショップやディスカウントショップでは、結構安い値段で売られていますよね?
でもそれで利益が出るのかどうか疑問に思います。

蔵元→卸業者→販売店→消費者
上のようなルートだと思うのですが、例えば蔵元から直で手に入れたらどれくらいで手に入るでしょうか?
(価格は色々でしょうが、原価率など目安で結構です)

ディスカウントショップでは、原価率の低いおつまみ等でしのげるのかもしれませんが、ネットだと単品で買えますよね?
お酒だけの販売でも店舗として成り立つのでしょうか?

昔ながらの酒屋さんは、今どうやって利益をあげているのでしょう?
価格競争や品揃えで、ディスカウントショップには太刀打ちできないと思うのですが・・・

いくつか質問形式になってしまいましたが、わかることだけでも結構です。
教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

商品の仕入れ価格の問題だと思います。
通常の取引でしたら、蔵元→卸業者→販売店→消費者の通りでしょうが、直接取引しても卸のマージンはしれています。
販売業者の利益率は20%以上ないと、販売管理費がそれに近いですから利益が出ません。
仕入れルートをたくさん持っている販売業者はロットで購入しますので、安く入手した商品を正規の20%割引しても20%以上の利益が出るはずです。
マージンミックスという手法も見逃せません。陳列技術とマージンミックスで十分利益を確保することは可能です。つまり利益率が高い商品と低い商品のミックス。それに陳列場所と技術が織り成す芸術です。

Q日本酒の卸値ってどのくらい?

一般的に日本酒のメーカー(酒蔵)の卸値って販売価格の何%ぐらいなんでしょうか? どなたか教えてください!

Aベストアンサー

ピンからキリまで。

税率も「清酒」と「合成酒」で違うし、アルコール度数でも違う。
http://sakuhana.sakura.ne.jp/japan-mono/archives/2005/11/post_13.html

まったく同じように作った酒でも、度数がちょっと違うだけで、払う税金が違ってしまうのです。

なので、税率を下げる為にアルコールを薄めて度数を下げたりして、安く売ったりします。

税率だけでも色々あるのに、卸値となったら、もっと色々あります。

「稀少なお酒」は税率が高いせいで卸値が高くなっても売れますし。

また、酒類は「製造」「流通」「販売」と、色々な業者を通るので「中間業者の数」や「仕入れ数」によっても卸値が変わるのが普通です。

なので「A店とB店で卸値が違う。でも、価格競争があるから、A店とB店で、販売価格が同じ」って事だって起きます。

蛇足ですが、普通「卸値」ってのは「企業秘密」ですよ。

卸値を知りたいなら「蔵元」か「酒類流通業」か「酒類販売店」に勤務するしかありません。

Q飲食店経営経験ある方いませんか?生ビールの仕入れ値について質問です

小さなお店経営してますがここで質問です
当店は生中はアサヒスーパードライを使用しています
樽生で最近しぶしぶ値上がりにて10リッターの樽なら5100円で
               19リッターの樽は 9600円で
仕入れています

一杯400ミリ入って小樽なら25杯とれます
1杯あたりの原価は204円です これを税込み490円で売っています
正直お値段据え置きもしくわ1杯400円で売りたいし仕入れをもっと安くしたいですが他店様はどれくらいの価格で仕入れておられるでしょうか?

ちなみに酒屋に配達してもらっていますが・・・実際私にも情があり以前アサヒの問屋に卸をしている営業マンに近くの卸場まで取りにくるならもっともっと安くで仕入れさしてあげるよと言われました
電話番号も知っています・・・・これでもし1杯100円切るならじか引きしたいですが私も血の通った人間ですので間の酒屋がかわいそうだし付き合いもあるし・・・・どうしようか迷っています

簡潔にいうと酒屋の問屋の卸値で分けて頂けるのですがそんなにガツガツして儲けてもなんか罪悪感で一杯になりそうだし・・・ほっておくと儲けが減るし・・・板ばさみ状態です

実際どれくらいの価格で売買されているのでしょうか?
皆さんの経験体験談などお聞かせ下さい

100円もしくわ下回るのであれば私はお客さんのためにも自分のためにも酒屋を泣かしてでも行動にでます

ただ営業マンには嫌らしいので価格までは聞きませんでした・・・どうやら私の卸してもらっている酒屋にもこの方は生ビールの樽を卸しているようなので酒屋と契約切って卸し場に取りにいって今の酒屋と偶然出会うなんて事あったら罪悪感あるし・・・・・

どうしたらいいんでしょうか・・・2年くらいこの悩みを抱えて悩んでいます    どうかアドバイス下さい
いろんな意見お聞かせ下さい
    ではどうかよろしくお願い致します

小さなお店経営してますがここで質問です
当店は生中はアサヒスーパードライを使用しています
樽生で最近しぶしぶ値上がりにて10リッターの樽なら5100円で
               19リッターの樽は 9600円で
仕入れています

一杯400ミリ入って小樽なら25杯とれます
1杯あたりの原価は204円です これを税込み490円で売っています
正直お値段据え置きもしくわ1杯400円で売りたいし仕入れをもっと安くしたいですが他店様はどれくらいの価格で仕入れておられるでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

ビール以外の付き合いは全くありません
焼酎などはイオンなどで買っております

ってあなたがNO1の回答で書いたんですけど(笑)
なんで、ビールは直接取引にして焼酎とかをって意味です。

Q瓶ビールの仕入れ値段。

飲食店の経験者かご存じの方、是非教えてください。
アサヒのスーパードライなどの瓶ビールを出している店は多いと思いますが、
だいたい1本あたりどのくらいの値段で仕入れておられますか?
瓶代を除いて。
店や仕入れ方によって差があるのは理解しているつもりです。
その差は気にしませんので、あなたの知っている情報を是非知りたいです。
また、樽生ビールのサーバーを無料で店に置きたいのですが、
酒屋と契約すれば、サーバーを無料レンタルしてもらえる可能性はありますか?
どんな些細な情報でも構いません。ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

飲食店経営者です

店で出す瓶ビールということなので、多分、一番メジャーな中びんのことかな…

だとしたら、スーパードライだったら250円切ったら安いほうだと思います

基本的に酒類は利幅が少ない商品なので酒屋さんによっての差もさほど大きくはありません

地域によっても多少、異なってきます

むしろインターネットで幅広く探したほうが安くなることだってあるくらいです

ネットでの最安値に近ければかなり安いと考えてよいと思います

ただ、これは私の考えですが、商品ごとにより安いものを探して原価率を抑えたとしても、その労力に見合うだけのコストカットにはならないと思っています

むしろ、トータルで考えて安いほうの酒屋さんを選んで一括で頼んだほうが、管理もしやすく、すぐに持ってきてくれたり、定休日以外はいつでも注文できたり…などメリットもたくさんある上、一応なるべく安い酒屋さんを選んでいるので、個々の商品別に探したときと大きな金額の差も出てはきません

もちろん個々の商品価格も大切ですが、商品によっては少し高かったり安かったりしても、自分の店の使う種類や小から考えて全体的に安い酒屋さんを選ぶほうが私はよいと思います

酒屋さんを決めていないなら、いくつかの店に見積もりを出してもらって比べてみるという手なんかもあります

余計なアドバイスでしたらすみません、少し本題とずれてしまいました

それから、ビールサーバーですが酒屋さんと契約というほどでもなくて、お店であれば主にとっている業務店販売をやってる酒屋さんに言えば問題はありません

基本的に4大メーカーのどこにせよそういったやり取りはメーカー直ではなく酒屋さん経由になります

どこでもビールーサーバーや定期メンテナンス、グラスやジョッキは無料で支給してくれます

場合によっては冷蔵ショーケースなんかも…

あとは販促用のPOPなんかもいっぱいくれます

飲み放題メニューをラミネート加工までしてつくってくれるメーカーとかもあります

一応、全部無料で…

結論は…

あなたのお店で生ビールを出すという前提でそのメーカーのサーバーを酒屋さん経由で出してもらうことは可能です

長々と失礼しました

飲食店経営者です

店で出す瓶ビールということなので、多分、一番メジャーな中びんのことかな…

だとしたら、スーパードライだったら250円切ったら安いほうだと思います

基本的に酒類は利幅が少ない商品なので酒屋さんによっての差もさほど大きくはありません

地域によっても多少、異なってきます

むしろインターネットで幅広く探したほうが安くなることだってあるくらいです

ネットでの最安値に近ければかなり安いと考えてよいと思います

ただ、これは私の考えですが、商品ごとにより安いものを探して原価...続きを読む

Qお酒の販売をしたいのですが

お酒の販売をまったくの素人がはじめようとした場合、どういった手続きが必要かごぞんじならば教えてください。
許可が必要なんでしょうか、それは取得が難しいのでしょうか。
また、店舗での販売、ネットでの販売で必要な手続きがちがうようでしたら教えてください。
仕入れ方法などの開業プロセスとしての手続きでなく、
小規模なお店をするための開業許可の手続きをしりたいと思っています。

要は街のお酒やさんになりたいのです。

Aベストアンサー

今は酒販免許は自由化されていますので
最寄の税務署で申請方法を聞くのが早いです。
免許がないと酒屋はできませんが、
極端な話、隣の店が酒屋であっても免許はおります。
やや時間はかかりますが、免許はおりると思います。
ネット販売免許はまた別の申請が必要だったと思います。

町の酒屋さんは衰退の方向に行っています。
酒販免許を持って、卸値で仕入れたお酒を
自分の店で立ち飲みなどの方法で販売するとメリットはあるでしょうね。

Q日本酒の原価

日本酒の原価とはだいたいいくらくらいなのでしょうか? とても大雑把な質問、しかも種類によってまちまちなのは分かりますが、検討もつかないので、どなたか分かる方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。 良くスーパーで見かけるような、720mlで1500円くらいで売られているような日本酒とか。なんでもいいので構いません。お願いします。 

Aベストアンサー

あくまでも概算ですが。

酒米一俵(60kg)15000円として、(普通の酒造好適米は三万円位します)
精白60%として一俵辺り36kg
仮に一トン仕込みだとして総米の価格は416,666円です。
汲水歩合130%としてモロミは2300リットル
粕歩合28%として酒になるのは1656リットル
一升瓶にして920本

とすると一升瓶一本あたり約453円ですな。

但しこれは純米酒の話であって
アル添した酒(いわゆる普通酒や本醸造)ではもっと安くなります。
酵母や種麹等の費用は考えていません。
紙パックの日本酒によく使われている製造方法「液化仕込み」をすると精米した時にでる米糠も仕込みに使えるのでもっと安くなります。
粕歩合も28%で計算しましたがもう少しいいお酒の場合だと30%台半ば位になります。(大吟クラスだと実に50%位!)

四合瓶で1500円ですとまぁまぁいい米を使ったお酒のように思えるので
原価400円~500円位は(四合瓶で)あると考えていいと思います。
間違っても数円というレベルではないです。

Q原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

Aベストアンサー

原価÷原価率=売価
例えば原価840円、原価率75%なら、
840÷0.75=1120円(売価)

Q商売上粗利率はいくらぐらいがベストですか?

将来ネットビジネスをしたいと考えてます。
物販になるんですが、よく商売人が最低粗利率40%(卸値の7賭け)以上の儲けがないと厳しいと聞きます。
どうも経費などで30%がとんでしまう計算なんで粗利の最低10%残さないと利益にならないってことですね。
単価が高い商品だと1%でも結構利益が違ってくるみたいですが、商売をする上で平均いくらくらいの粗利率がベストなんでしょうか?
もちろん高いに越したことはないですが、コンスタントにそんな高い利率を出せるとも限りませんしね。
従業員などの数で当然違ってくると思うんであくまで経営者一人の場合と考えてです。
アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

粗利益40%だとか決めて商売はできないでしょう。

A商品は売れすじだから粗利益10%でなんとかなる、とか
B商品はあまり売れないけど必要な人がいればたまに売れるとか
であれば粗利益60%だよ、とかでプライシングするはずです。

また同業他社の動きを見てプライシングします。
ネットですから簡単に他社のプライスは見ることができますね。
それをもとにプライシングすればよいだけでむずかしい計算は
必要ありません。

時に赤字でも売る商品があるわけです。
それがなぜかわかりますか?

Q日本酒 酒屋の定価より高い価格

日本酒好きで、最近日本酒にこだわりのある酒販店で地酒を購入しています。
ところが、後々調べると、メーカー(酒蔵)のHPにある(希望小売価格)よりも高い価格設定をよく見ます。

一時のプレミア物では無く、普通の地酒で上乗せ額も50円から200円と小さなものですが、もっとも(希望小売価格)はあくまで希望で、販売店が価格を決めるものですが、大方は希望小売価格よりも安くなるのが常です。

希望小売価格には流通経費も含まれていると思いますが、この地酒に上乗せされている小さな金額はどういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

都内某所でお酒売っている者です。

流通経費ですが、卸問屋からの仕入れでは、既に仕入れ値に上乗せされていますので、ほぼ蔵元の希望小売価格で販売できますが、蔵元と直接取引している場合はそうは行きません。
出荷最低数量というものがあって、それ以下だと送料が掛かってしまいます。
蔵元によって違いますが、一箱500円から1000円、クール便だと2000円かかる場合があります。

ですので、質問者様が利用しているお店の価格は正当なものだと思います。

因みに、泡盛は東京と沖縄では卸問屋から仕入れても、物によって一本当たり、50円から500円違います。
日本酒も、立山は県外の送料は着払いですから、お店によって価格はバラバラですね。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング