朝日も夕日と同じような距離にあると思うのですが夕焼けのように空が真っ赤になることはありませんよね?
なぜなんですか?
夕焼けはなぜ赤い?の過去ログを読みましたが、頭がくらくらしてしまうような頭脳レベルなので宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 同じような色をしていても、人間の目が昼間の明るさ(青空)になれているか、なれていないか、でかわってくると思います。

青空がだんだん暗くなっていくと赤いのが強調されますが、夜明けまえは、とにかく、明るさを先に感じてしまう。

 あと、考えられるのは、東の空はそれまで暖められていたところで、西の空は冷えていたところ。水蒸気やその他、光を分散する要因が東の空には多いせいかもしれません。
    • good
    • 2

「朝焼けは夕焼けのように空が真っ赤になることはありませんよね?」


 朝日のでる直前後までは空は真っ赤になっていると思います。たた,長続きしない理由は太陽が昇り、明るくなっていくので,その明るさで消されてしまうからではないかと思います。逆に夕方は太陽が沈んでいくから,暗くなり,その赤さがひときわ,赤く感じるのではないでしょうか。太陽の射す部屋で電気や蛍光灯をつけても明るく感じないですね。太陽が沈んで行くときつけるとには明るく感じるのと同じではないでしょうか。物理や天文,の専門ではありませんが,そう考えるのですが,いかがでしょうか。夕焼けは「晴」朝焼けは「雨」ときいていますが,地方によっては違う事もあるのですね。日本列島の北向きの地方(」),東向きの地方(-)では違うのでしょうか。 
    • good
    • 0

先ほどの私の回答を少し修正させて下さい。


u13さんの回答をみてはたと思いつくことがありました。
基本的には、朝焼けでも非常にきれいな光景はあるのは事実なので、断言は出来ませんが、いわゆる冬型の蜃気楼が出来るような条件だと地球の裏側まで光が回り込んで、朝よりも夕方の方が通過する距離が長くなる可能性がありますね。
つまり、上空に冷たい空気がある時に、太陽光によって地表が暖められると、上空の空気と地表付近の空気で屈折率の異なる境界が出来ることがあります。
そうすると、この境界面で反射して本来地平線の向こう側で見えない筈の像が見える蜃気楼という現象が起きることがあります。
この現象は砂漠で起きる蜃気楼現象と同じと考えてかまいません。

この条件が満たされると、その境界面は鏡と同じで光が回り込んで見えますが、この回り込みの光の距離は当然より長くなりますので、更に赤く見えるはずです。
ちょっと盲点でした。本当にその原理が働いているかどうかはわかりませんけど可能性はありますね。
上空が暖かく、地表が冷たいときには春型の蜃気楼という形が生じますので、逆に朝に春型の蜃気楼が生じてきれいな朝焼けになる可能性もあるんですが。
あとは、自然現象としてどちらがよく起きるのかによりますね。そうなると私にもちょっとわかりません。

おもしろいですね。いい質問をありがとうございます。
あと、ヒントを与えてくれたu13さんにも感謝します。

では。
    • good
    • 0

朝と夕方では大気の温度勾配が違うので大気による光の屈折が異なり


太陽の光が届く距離が違う可能性があります。(未確認ですが。)

あと、stanakaさんの訂正についてですが、「夕焼けは晴れ」の方が
正しいと思います。理由は、夕焼けの時は観測者の上には雲がある
けれど 西の彼方には雲がなく、そこから入射した太陽光が観測者の
上空の雲を下から照らす。つまり、西の方は晴れているのでその晴れ間が
明日はこちらにやってくる。ためだと思います。

朝まで遊んでしまうと、お天道様に申し訳なくて外が見られないので
朝焼けにはあまり遭遇しない、u13でした。
    • good
    • 1

 またしても回答ではありませんが。



> 朝まで勉強をしている人なら、
> 朝日も夕日のように赤くなることを知っています。

 すみません、痛いです(笑)。朝まで勉強したことは無いわけではありませんが・・・。

 それから、下で書いたことわざ、どうもおかしいと思ったら、逆でした。「夕焼けは雨、朝焼けは晴れ。」です。

 夕焼けの場合は西側に光を散乱させる湿った空気(大気中の水滴)がある可能性が高く、次の日にはその空気が西方から移動してきます。朝焼けの場合は逆で、東方に湿った空気が有ると思われるので、徐々に天候が回復するのだと思います。

 ・・・、関係ない話ですみません。
    • good
    • 0

物理的には、朝日も夕日も違いはありません。


過去のログでもわかりにくかったという事で、出来るだけわかりやすく説明しますね。
「大気」は小さな粒子の集まりなので光を散乱します。
ここで散乱とは、元々の光の方向と違う方向に光が放射されるということです。
このときに、赤い光はほとんど散乱されないけど、青い光は強く散乱されるという性質があるんですね。

で、人間の目には目に入ってきた光が見えます。そう考えると青い空から光がやってこないといけないわけです。
でも、その光はどこから来たのでしょうか。そう元は太陽の光が大気に当たって、それが散乱して本来自分のところに進んできていなかった光がやってくるわけです。
散乱は特に青い光が散乱されるために青く見えるわけです。

では、赤はどうなったのでしょうか。赤はそのまま地表に降り注ぎます。
太陽を見たとき、太陽は赤っぽく見えます。この一つの理由は太陽の光が直接自分の方向に進んでくる途中で、大気によって「青い成分」が散乱されて、それらは他の方向に進んでしまうため、赤い成分生き残るためです。
(太陽の高さが高いときにはまだそれでもかなり青い成分は到着します)

さて、太陽が地平線、水平線近くにいるときはどうなるでしょうか。このとき、太陽の光が自分のところに来るまでには、長い長い大気の中を通ってこなければなりません。
(太陽が真上にあるときより、斜めの方が大気を通る距離は長くなりますよね?)
そうなると、昼間の時よりももっと青い成分が散乱で失われてしまい、赤い成分だけが強くやってくるわけです。

これが朝焼け、夕焼けになるわけです。だから朝でも夕方でも同じです。

朝焼けにしても夕焼けにしても、途中に雲とか濃い水蒸気などがあると、うまくこの青のみ散乱して赤が直進するという散乱がおきません。(粒子の大きさによって変わってしまうためです)
そのためいつでも見事な朝/夕焼けをみることが出来るわけではありません。

更に、これが起きるのは日の出と日の入りの瞬間のみなので朝焼けの方はまだ暗いうちから待ちかまえていないと見ることが出来ません。
一方夕焼けは大抵起きているのでいつでも見れます。
この違いが、なかなかきれいな朝焼けを見れない理由だと思われます。

写真家の方などが、苦労して撮影したそれは見事な朝焼けの写真などもありますので機会があれば見てみて下さいね。

では。
    • good
    • 0

朝日もちゃんと、赤くなることがあります。



夕日と間違えるような朝日。

ちなみに昼間、空が青いのは、宇宙の色ではありません。
赤くなるか、青くなるかは、太陽光がどういう角度で大気にあたるかって言う屈折率の問題だと思います。屈折を左右させる湿度や温度、気圧、ちりほこり、などなど、も関係あるでしょう。朝と夕方とでは気温や湿度が違うので確率は同じではありません。

朝まで勉強をしている人なら、朝日も夕日のように赤くなることを知っています。
    • good
    • 0

良くは分からないんですが(汗)、大気の上層/下層の気温差(夕方は、下層の方が暖かい。

明け方はその逆?)による屈折率の違いとか、大気中のチリの量(明け方の方が空気が澄んでいる)とかが夕焼け/朝焼けの見え方に影響しているのかも…
    • good
    • 0

 回答じゃないですけど・・・.



 理屈から言えば,同じくらいの確率で起こるはずですよね.『朝焼け』という言葉はあります.だって,『夕焼けは晴れ,朝焼けは雨.』って言うことわざがあるじゃないですか.
 夕焼けと違って朝焼けの起こるころ,おきている人はほとんどいませんから,朝焼けのイメージが文化的下敷きとして小さいだけではないんでしょうか?.

# 本当に感動するような真っ赤に染まる夕焼けは,
# 僕は数回しか見たことありません.

 以上,ただの感想でしたが,しゃべりたくなってしまったので・・・.ご迷惑をおかけしました.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「太陽にほえろ!」の太陽は朝日?夕日?

ドラマ「太陽にほえろ!」のタイトルバックの燃えるような太陽は朝日と思いますか?
それとも夕日と思いますか?

インスピレーションで、朝日か夕日どちらだと思うかでお願いいたします。

アンケートなので、正解は求めていませんが、個人的には夕日の太陽かな?と思います(正解は)

Aベストアンサー

めちゃくちゃ面白い質問です!!

わたしは漠然と夕日をイメージしていました。

舞台は捜査1係の部屋。

ボスが係長の椅子に座っている。
リーン、電話が鳴る。
「ああ、山さん。うん、うん、わかった。テキサスをそっちに向かわせる。」

ボスは無線をとり「テキサス!すぐに山さんのとこへ向かってくれ。場所は矢追町3丁目の龍神会だ」

横に居たゴリさんが「ボス。テキサス大丈夫でしょうか」

ボスはゆっくりと窓際にむかい、タバコに火をつけ、ブラインドを指で少しだけ下げて、低い声で独り言をつぶやく。

「テキサス、突っ走るんじゃないぞ」。

その時ブラインド越しに見えるのは、やっぱり夕日ですよね。

それに朝日だと爽やか過ぎです。

朝日は「俺は男だ!」で森田健作が湘南の浜辺で、竹刀をふりながら見ている太陽でなければいけません(古すぎ?)。

しかし、されども、今回の「意表を突くような質問」。

「太陽にほえろ!」の太陽は果たして夕日か朝日か!!

まさに、固定観念と盲点という、人間心理の奥底を問うような問題提議です。

自らの「夕日だ」という安易な決め付けを省みるに、本当にそれでいいのだろうか?と疑問を感じてしまいました。

もしかしたら、あの「太陽」は捜査1係の面々が、その溢れるような正義感と不屈の闘志の結果、夜通し捜査をすすめ、やっと犯人を逮捕し迎える朝の、爽やかな朝日かもしれないのです。

う~ん、むずかしい。

私はアンケートの答えは「6・4で夕日」という答えとさせていただきます

めちゃくちゃ面白い質問です!!

わたしは漠然と夕日をイメージしていました。

舞台は捜査1係の部屋。

ボスが係長の椅子に座っている。
リーン、電話が鳴る。
「ああ、山さん。うん、うん、わかった。テキサスをそっちに向かわせる。」

ボスは無線をとり「テキサス!すぐに山さんのとこへ向かってくれ。場所は矢追町3丁目の龍神会だ」

横に居たゴリさんが「ボス。テキサス大丈夫でしょうか」

ボスはゆっくりと窓際にむかい、タバコに火をつけ、ブラインドを指で少しだけ下げて、低い声で独...続きを読む

Q夕焼けになる前に緑色が見えないのはなぜ?

昼間の空は青く、夕方の空は赤くなるのは、レイリー散乱によるものだそうですが、
それならどうして緑色の空にはならないのでしょうか?
太陽光が大気の層を通る距離がだんだん長くなるので、
波長の短い青色から散乱されてだんだん赤になるのならば、
緑色の空があってもおかしくないと思うのですが。

実はじみーに緑色のときがあるけど、
強烈な太陽光にじゃまされてわかりにくいだけとか?
科学的にどうなのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

青空は、レイリー散乱で空いっぱいに広がった青い光を見ているからです。
夕焼けは、レイリー散乱で空いっぱいに広がった青い光が無くなった残りの赤い光を見ているからです。
赤い光が散乱されるわけでは無いです(太陽光が通り抜ける大気の厚さも厚くなるので、赤色光も多少の散乱はあるでしょうけど)。
ここら辺は、starbucksさんと同じです。

さて、質問の緑色ですが、上記の理由から、空いっぱいに緑色となることはありません。
また、「緑色に見える波長域が狭い」というのも理由かもしれません。
ただし、緑に輝く太陽を見ることはできます。
もっとも、沈む直前の太陽の上部がほんの少し緑色になるだけだそうですが(参考URLを見てください)。

ところで、「緑の光線」と題された映画があります。緑色の太陽を見ると幸せになる、だか、恋人同士が結ばれる、だかがテーマなので、科学映画ではなく、恋愛映画ではありますが、緑色の太陽に興味がおありなら、一度見てみてはいかがでしょうか?
その映画について書かれたHPも紹介します(私とは違う見方をしていますけど)。
http://www.asahi-net.or.jp/~PB6M-OGR/album/a4biarz.htm

参考URL:http://web3.incl.ne.jp/wind/green.htm

青空は、レイリー散乱で空いっぱいに広がった青い光を見ているからです。
夕焼けは、レイリー散乱で空いっぱいに広がった青い光が無くなった残りの赤い光を見ているからです。
赤い光が散乱されるわけでは無いです(太陽光が通り抜ける大気の厚さも厚くなるので、赤色光も多少の散乱はあるでしょうけど)。
ここら辺は、starbucksさんと同じです。

さて、質問の緑色ですが、上記の理由から、空いっぱいに緑色となることはありません。
また、「緑色に見える波長域が狭い」というのも理由かもしれません。
...続きを読む

Q朝夕と日中の太陽の色

先日子供に質問され、答えに詰まってしまったのですが、
太陽と地球の距離はずっと変わらない筈なのに、
なんで朝夕の太陽の色と日中の太陽の色は違うんでしょうか?

朝は朝焼けで真っ赤に周りを染め、夕方は夕焼けで周りを真っ赤に染めますが、
日中は明るく光って、全然違う色をしてますよね?

なぜなんでしょう・・・?

Aベストアンサー

 朝焼けや夕焼けで空が赤くなるのは、光の波長に関係があります。
 光は波であり、波の山の部分から次の山の部分(或いは谷から谷まで)までの距離を波長と言います。
 光に限らず、波は波長の半分の長さよりも小さなものには邪魔されないという性質があります。
 つまり、空気中に光の波長の半分よりも直径が小さなほこりが沢山浮遊していても、光はそこまで小さな埃には邪魔されませんから、そのまま真っ直ぐ進む事になりますから、その空気は透明で、ほこりが何も無い様に見えるのです。
 赤い光とは、可視光線(目で見る事の出来る光の事)の中でも波長が長い光の事を言い、その波長はだいたい0.00062~0.00075mmの範囲になります。
 一方、青い光とは、可視光線の中でも波長が短い光の事を言い、その波長はだいたい0.00045~0.000495mmの範囲になります。
 つまり、0.00025~0.00031の範囲の直径を持つほこりは、赤い光にとっては透明ですが、青い光にとっては邪魔ものになる訳です。
 空気中には様々な大きさのほこりが浮遊していますから、その中には青い光だけを邪魔するほこりもあり、そのため、赤い光に照らされるほこりの数よりも、青い光に照らされるほこりの数の方が多くなります。
 その結果、太陽光線が空気中を進んでいく途中で、赤い光も大きなほこりで散乱されますが、青い光の方がそれよりも多く散乱されるため、昼間の空は青く見える様になります。(つまり空の青い色は、青い光に照らされた空気中のほこりの色なのです)
 空気はその80%以上が高度12km以下に、99%以上が高度32km以下に存在していて、高度が高くなる程、空気は少なくなっています。
 そのため、太陽が地平線に近くにある場合程、太陽からの光が、空気中を通って来る距離が長くなります。
 空気中を通る距離が長くなれば、それだけ多くの青い光が散乱されますから、太陽光線に含まれる青い光の割合が少なくなります。
 青い光の割合が減って、赤い光が残るのですから、太陽が地平線に近くにある時は、地上にまで届く太陽光線に含まれている赤い光の割合が多くなり、赤っぽく見える事になります。
 赤い光で照らされるのですから、雲や、空気中のほこりも赤っぽく見える様になり、そのために、空が赤くなって見える訳です。

 朝焼けや夕焼けで空が赤くなるのは、光の波長に関係があります。
 光は波であり、波の山の部分から次の山の部分(或いは谷から谷まで)までの距離を波長と言います。
 光に限らず、波は波長の半分の長さよりも小さなものには邪魔されないという性質があります。
 つまり、空気中に光の波長の半分よりも直径が小さなほこりが沢山浮遊していても、光はそこまで小さな埃には邪魔されませんから、そのまま真っ直ぐ進む事になりますから、その空気は透明で、ほこりが何も無い様に見えるのです。
 赤い光とは、可...続きを読む

Qわたしは自由研究で夕焼けについて調べます。

わたしは自由研究で夕焼けについて調べます。

そこで、夕焼けが出る時間帯を教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

お住まいの地域がどこか分かりませんが、島根県の松江市にはこんな情報サイトがあります。

★松江市夕日情報
http://www.city.matsue.shimane.jp/shinjiko_yuuhi/sisuu.html

なので質問者様が住んでいる、市や県のHPにもあるかも知れませんよ(それかお天気サイトとか^^)

ちなみに少し難しいですが、夕焼け研究で有名な先生のサイトです。夕焼けについて詳しく書かれているので、じっくり読んでみて下さい。

★夕日が赤いのはなぜか
http://www.kijo-riron.com/ronbun/1996/yuyake.html

Q日陰の物体の色及び太陽光線の色について

【疑問1】太陽光線が直接当たる日向と太陽光線が直接当たらない日陰があります。日向では太陽光線が物体に直接当たり、物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。
 しかし、日陰の物体の色は太陽光線が直接当たっていないにもかかわらず、様々な色が見受けられますが、どうしてなのでしょうか?日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?その場合、日向の物体は特定の波長のみを反射しているので、日陰の物体はその波長を吸収してしまい、色が黒くなってしまうのではないかと考えてしまうのです。
 日陰の物体の色が見えるのはどのように理解すればよろしいのでしょうか?
【疑問2】ある物体が白く見えるのは太陽光線がその物体に当たり、赤や黄、青など全ての波長を反射してしている結果、白く見えると書いてありますが、なぜ、赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいる太陽光線は透明にも関わらず、すべての波長を反射した場合には白く見えるのでしょうか?
 そして、なぜ、太陽光線は赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいるにも関わらず、色が見えないのでしょうか?
 以上、おかしな質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

【疑問1】太陽光線が直接当たる日向と太陽光線が直接当たらない日陰があります。日向では太陽光線が物体に直接当たり、物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。
 しかし、日陰の物体の色は太陽光線が直接当たっていないにもかかわらず、様々な色が見受けられますが、どうしてなのでしょうか?日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?その場合、日向の物体は特定の波長の...続きを読む

Aベストアンサー

【疑問1】
>物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。

まず、ここが違います。
一般には、特定の色のみを吸収して、それ以外の光を反射します。人間の目は、吸収された色の補色を感じます。
草木の緑の場合は、赤と青を吸収して緑を透過・反射するので、あながち間違いでもありませんが。

>日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?

これも、まあ、間違いです。“日向の物体によって反射された光”も一部に含みますが、それ以外の光も、回折や散乱などによっていろいろな方角からやってきています。結果、日向も日陰も光の波長分布はそんなにかわらないようです。

ただし、全く同じわけはないので、日向と日陰では写真を撮ると色が微妙に違います。

【疑問2】
>太陽光線は透明にも関わらず、すべての波長を反射した場合には白く見えるのでしょうか?

困った・・・・・・どうしよう・・・・・
他のかたにまかせます・・・

Q雨上がりに夕焼けが起こりやすいのはどうしてでしょうか。空気中の水分と光

雨上がりに夕焼けが起こりやすいのはどうしてでしょうか。空気中の水分と光の屈折が関係しているのでしょうか。調べてるのですが、よく分かりません。お願いします。

Aベストアンサー

1つには、前の方のおっしゃられているように、天気は偏西風に
よって西から変わるので、「今、雨があがった」なら、西の方は
しばらく晴天が続くと考えられ、ずっと低く(=遠く)から夕日
の光が差し込めるからです。

もう1つには、夕焼けは、大気の分子によって散乱されやすい
短い波長(青系)が、横から差し込んで大気を長い距離通過
する間に(途中の地域の青空として)抜けて、透過性の強い
赤系の波長が残ったためです。
「大気」に水蒸気が多いと散乱されやすいのは、ご存知の通り。
朝焼けより夕焼けの方が赤いのも、昼間の蒸散による水蒸気
(と、人の活動によるホコリ)のせいです。
たとえば(僕がサイクリングした事のある)砂漠では、海岸近く
でない限り、内陸では太陽は地平線に沈むまぎわまでギンギンに
輝いていました。

Q変換効率100%の太陽電池の色

変換効率100%の太陽電池が出来たとします。
すると太陽電池の色は何色になるのでしょうか?
りんごは赤色以外の光を吸収し、赤色の光を反射しているから赤色に見えるんですよね。
そうすると変換効率100%の太陽電池はすべての色の光を吸収してしまいます。
反射する色がなくなってしまうのではないでしょうか?
黒になるのでしょうか?
回答お願いします!

Aベストアンサー

答は黒ですが、実は黒く見えないかも知れません。

物は温度によって、光を放射します。室温では、その波長はほとんど赤外線であるため、目に見えませんが、1000度位になれば、赤く光っているのが見えます。

したがって、効率100%の太陽電池であっても、それに温度がある限り、まったくの黒になることはありません。周りの温度を絶対零度近くにして余分な光をなくせば、太陽電池が微かに赤くなっていることが分かるでしょう。

なお、太陽電池とその周りの温度が同じ場合、周りの物からの放射光で発電することはできません。熱力学第二法則です。つまり常温で効率100%の太陽電池は存在しません。

Q人工頭脳とは? 制御工学とは?

人工頭脳・制御工学とは、いったいどうゆうものなのか?
辞書で調べても出てきませんでした。
何か定義があれば教えていただけませんか。
お願いします。

Aベストアンサー

まず、分野名であれば、人工頭脳ではなく人工知能です。

それから、人工知能と制御工学は、基本的に別物です。

それぞれで、ネットで検索はしてみられましたか?

簡単には、
・人工知能は人間の知的作業を機械にさせること
・制御工学は工場などの機械を制御すること
です。

参考URL:http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/whatsai/

Q太陽光発電の発電効率を上げる、瓦の色ってあるのでしょうか?

太陽光発電の発電効率を上げる、瓦の色ってあるのでしょうか?

新築で太陽光発電を設置する計画です。

たとえば、黒色は光を集めやすいから良いとか。
逆に、銀色のように光を反射させることで光の乱反射でパネルの下部からも光がパネルに集まって良いとか。

何か、ご存じの方、お教え下さい。

Aベストアンサー

仕事で太陽光発電も扱う部署に居る者です。(私の専門は構造ですが。)

現在、家庭用で最も変換効率の良いサンヨー製の太陽電池の場合、
裏面からの入射光も発電に利用できるようです。

そのため、設置方法によっては屋根材の反射光も利用できる可能性はありますが、
それを狙って設置した例はうちの部署ではありません。

太陽電池のパネルを浮かして設置しなければ、裏面に太陽光は当てられないので、
陸屋根の架台設置などでないとダメなように思います。

ということで瓦屋根の場合、瓦の色での影響は殆ど無いと考えて良いと思います。

※なお、PanasonicのHITシリーズもサンヨーのOEMで同様の事が言えます。

参考URL:http://sanyo.com/technical_review/jp/no70/pdf/7015.pdf

Q自由研究で、夕焼けについて調べました。

自由研究で、夕焼けについて調べました。

なぜ夕焼けは赤いのかと、夕焼けのできる条件について
しらべたのですが、条件についてがわかりません!

どういうときに夕焼けができるのか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

夕日は大気圏内を長い距離通ることで、途中で青い成分が散乱され、
赤い光が残るために、実像が赤っぽくなるのです(青い成分は
途中の青空になった)。
このプロセスからして;
1.太陽が低いほど赤くなる。
2.西の方向の天気が、遠くまで快晴で雲が少ない。
3.散乱させる大気成分である水蒸気や細かい塵が多い
  (だから朝焼けより夕焼けの方が赤い場合が多い)。

西の方の天気図や、湿度、大気の透明度、朝・夕の別を比較すると良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報