短波ラジオは最近非常に安くて小さなものが出回っていますが、短波
ラジオ器ではノイズの除去をどのようにおこなっているのでしょうか。
また、どの程度の精度で除去できるものなのでしょうか。
詳細でなくだいたいでも結構ですので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現在使われている主なものは次のとおりです。



(1)プリセレクタ
ラジオに最初に入ってくる段階で大雑把にノイズを除去します。目的とする周波数帯域を対象とする、非常にブロードなバンドパスフィルタです。ローパス、ハイパスフィルタのみで済ませることもあります。(もちろんカットオフ周波数は、AFでなくRFです)

(2)ノイズブランカ
送電線やモーターなどから発生するイグニッション系のノイズを除去します。一定以上のスパイク状の信号が入ってきたときに、音声出力を一瞬小さくしてノイズに気づかないようにします。

(3)フィルター
通常は、特定の帯域のみ通過させるバンドパスフィルターが使われます。バンドパスフィルターにもその原理によりいくつかの種類があり、安いラジオでは高周波トランスとキャパシタを組み合わせたものが多く、その他にはセラミックフィルターや、高級受信機ではクリスタルフィルターやメカニカルフィルターが使われます。
a-kumaさんの回答のローパス/ハイパスフィルタ、これはAF回路でのノイズ除去としてはそのとおりなのですが、主たる役目はこのバンドパス形式のフィルタが担っています。

(4)DSP
ご存じかとも思いますがディジタルシグナルプロセッサの略で、従来型の受動素子や線形素子ではできなかった高度な処理をディジタル信号で行ってノイズを除去します。

ノイズの除去できる程度はそれこそ、目的信号とノイズの種類や強度によってさまざまです。一概に言えないところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ノイズの種類とそれに対する適切な除去装置が
分かりやすく説明されていて、とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 13:19

昔の記憶をたどって書くので、不正確な記述はご勘弁を。



短波(AM)放送は、音が振幅で変調されます。いわゆる、
放送で伝えたい音以外のノイズは、伝えたい音よりも
周波数が高いか低い音になります。

それらを除去するには、フィルターと言われる回路を使います。

フィルターには、ある周波数よりも低いものだけを通す
ローパスフィルター、逆に高い方を通すハイパスフィルター、
ふたつを組合わせたバンドパスフィルターが有ります。

  (*) 逆に、ローカットフィルター、ハイカットフィルターと
    いう言い方をすることも有り

仕組みが簡単な分、周波数でしか区別してないですから、
音楽などで、本来聞こえて欲しい、低い音や高い音までも
カットしてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
バンドパスフィルターを使用する場合、
送信する情報の周波数の高さを制限すれば、
どこをカットするかにも依りますが、
ある程度正確に情報が伝えられそうですね。

お礼日時:2001/04/20 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベランダに設置できるラジオ短波放送アンテナはありますか?

表題の通りです。
鉄筋の集合住宅3階(4階建ての3階)の為、ラジオの短波放送が全然入りません。
そこで外部アンテナが欲しいのですが空に向かって設置するアンテナだと落雷が怖いです。
TVのBS用アンテナのようにベランダにちょこっと設置できるアンテナがあれば購入したいです。
そのような物をご存知の方、教えてください。
「そんなの無いよ!」というご意見でも構いません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマチュア無線をやっています。
数年前まで鉄筋コンクリートの住宅(7階建ての2階)に住んでいました。
どうしても短波(電信)で交信したくてベランダに物干し竿と平行に逆L型アンテナを張っていました。
ビニール線を水平に張って片端を送受信機につなぐ格好です。
受信はそれでもいいのですが送信ではマッチングが不十分です。
実際には逆Lアンテナとカウンターポイズをカプラーにつなぎ同軸ケーブルをクーラーの穴から部屋に
引き込んでいました。

もちろん効率は良くないですが電信と言うこともあってある程度交信できていました。

他に釣竿アンテナという手もあります。
釣竿にビニール線を沿わせ先端をたらしてアンテナにするのです。
外観上クレームが付くかも知れませんが夜だけ忍者のように設置するという人もいます。

参考)
カウンターポイズ・・・アースの代わりです。地中にアースが埋めれませんし水道管や手すりにアースすると
  感電の恐れがあります。
  そこでベランダの四周にわたって何十メートルものビニール線を張りベランダの鉄筋との
  静電容量(コンデンサー効果)で高周波アースを取るのです。
カプラー・・・アンテナのインピーダンスと同軸ケーブルのインピーダンスの不一致を調整しマッチングを取る装置です。
  バンドを変えると自動的にマッチングを取ってくれますし、バンド毎に前回の設定を記憶していて短時間で
  マッチングが終了します。

短波受信の場合はここまで必要ないですが逆Lアンテナで短波の交信もできると言うご紹介です。

アマチュア無線をやっています。
数年前まで鉄筋コンクリートの住宅(7階建ての2階)に住んでいました。
どうしても短波(電信)で交信したくてベランダに物干し竿と平行に逆L型アンテナを張っていました。
ビニール線を水平に張って片端を送受信機につなぐ格好です。
受信はそれでもいいのですが送信ではマッチングが不十分です。
実際には逆Lアンテナとカウンターポイズをカプラーにつなぎ同軸ケーブルをクーラーの穴から部屋に
引き込んでいました。

もちろん効率は良くないですが電信と言うこともあ...続きを読む

Qラジオの雑音除去について

ラジオの雑音除去の方法を教えてください。ザーザーと雑音がする時、手をラジオに近ずけ、あるいはラジオに触ると雑音が消えますが、手を離すと又ザーザーです。何か良い方法がありませんか?

Aベストアンサー

それは人間の体がアンテナ代わりになってるから

往年の遠距離リスナーやはがき職人は、大概小型ラジオを外に持ち出し抱きしめたりして
自分がアンテナになり、雑音だらけのラジオを聴いて一体化しています。

それ以外なら、1m10円ほどの銅線を10mほど買ってきて、ラジオに巻きつけたり
ハンガーにひし形に網込んでいって簡易アンテナを作ります。
陶然本格的なものだとエアバリコンとかもいりますが、とりあえず感度は上がるでしょう


人気Q&Aランキング