昔からある番傘から現代の傘まで、ワンタッチになった、水をはじく素材になった、折りたためるようになった、くらいで頭上に布など置いて雨よけにするという形的なことはほとんど変化がないように思います。

ということは、傘の形式はもう変化することのない完成したものなんでしょうか?

でも傘さしてもケッコ-濡れますよね?
もっと改良の余地があると思うんです。(素人意見)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は傘の企画をしています。

一応専門家です。弊社は傘のメーカーで社歴は100年以上の会社です。現在の社長は4代目です。番傘の時代から現在の傘の状態まで知っています。#3の方も答えていらっしゃったとおりコストの問題は大きいとおもいますが、でも傘を傘の形と捕らえるなら今の形は完成されていると思います。特に手で開くタイプ(手開き)のビニール傘(現在はPOEやEVAという素材を使用しています)は無駄な部分の無い完全版だと思っています。生地のように縫い目が無いし後加工も無い。その上生地と骨を縫い付けてないので生地から雨漏れすることも有りませんし。先ほどの傘を傘の形として捕らえるならといいましたが、もし「雨よけ」として傘の形にとらわれないのであれば何か開発されてもいい気がします。一般的に代々使い方に慣れているものや見慣れているものに対してはなかなか新しいものは受け入れにくいようです。現在も多くの開発商品の提案をいただきますが、コストの問題ばかりではなく、実際の使用にあたり複雑になったり重くなったり見た目が整っていないものが多いです。最後に私の見解をもう1度!!現在の使い方ならば傘は完成されていると思います。特にビニール傘はサイズが自分の身長や状況に合っていればBESTのものだと思います。しかし使い方や方法を変えるなら傘の概念ではない雨よけ日よけができるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

No.5 補足します。



改良の余地は否定していません。
しかし、あなたが望むようなものが開発されたら、それはもはや傘とは呼ばれないでしょう。傘とは頭上に掲げて
雨、日差しを遮るものだからです。全身を覆って濡れないようにするのが目的ではありません。スペイン語では日本語以上に傘の役割が明確です。

雨傘 パラグアス (Paraguas) =水を止めるもの
日傘 パラソル  (Parasol) =陽をとめるもの

なお落下を止めるものは落下傘(パラカイーダ、Paracaida)です。

全て上から下へ落ちるものを止める(Para)器具を指します。傘以上の機能を求めるとレインコートに行き着くと思います。以上理屈っぽい回答になってしまいました。
    • good
    • 0

そぉですよねぇ・・・


傘と車のワイパーは基本的な構造は全く変わっていないですね。
未来を舞台にした映画(ブレードランナーやマイノリティリポート)でも傘は傘だったし(笑)
包丁などの刃物と同じく、完成された形なんですかね。

静電気や超音波でバシッと弾けそうですがそのエネルギー源をどうするかと言う問題になるのかな・・
    • good
    • 0

特許庁の検索にかけてみますと,平成5年以降で,


出願のみも含めてですが,
「傘」で6441件で表示仕切れませんでした.
「雨傘」だと290件見付かりました.
タイトル眺めるだけでも楽しいかも知れません,ご参考まで.

参考URL:http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
    • good
    • 0

雨傘の更なる進化は期待できますが、それは更なる軽量化(材料の改善)ワンタッチで開き、閉じるなどの機能面であり、雨に全身が濡れないという発展は期待できません。



何故なら雨傘は全身が濡れるほどの強風下での使用を前提としていないからです。雨傘は昔なら蓑(ミノ)現代ではレインコートの代替物であり、濡れを避けるためには手軽で安いビニール・レインコートがどこでも売っています。

この回答への補足

ありがとうございます。

傘は強風下での使用をするためにつくってないとの事ですが、ではまさか地面に垂直に雨が落ちるような無風状態を前提でつくっているんでしょうか?

私の場合微風でもケッコー濡れますけど、、、

補足日時:2003/09/21 20:45
    • good
    • 0

ある程度まで機能的に行き着いてしまうと、


進化の進み方が遅くなるのは仕方が無いことでしょう。

ただ、そこでまた何か劇的な工夫、発明があると
大きく変わりますから、
改良の余地があると思われるのでしたら、
改良する案を考えてみることをお進めします。
うまくいけば一財産出来ます。

なお、傘そのものの進化としては
1)自動展開3段折り傘
 (手で開く時に事前に3段を広げることなく
  3段いっぺんに開かれる)
2)自動3段折り傘(ジャンプ3段)
 (ボタンひとつで3段が広がると共に
  傘部分も開かれる)
といったものがあります。

参考URL:http://www.sss.co.jp/New/umblleras/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前から色々考えてはいるのですが、そう簡単にはにはいかないんですよねー。

利便性を重視するなら傘のほうがいいし、濡れないことを重視したら上下レインコートのほうがいいし
この二つのメリットをあわせると、、、
で寝てしまいます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/21 20:41

沢山、進化してますよ。


ただ、普及しないだけです。
だから、進化してないように見えるだけなんです。
工夫凝らした物は、価格が高いので、皆さん高いと買わないですよね。
売れないと大量生産できないので、安くならない・・・と悪循環しています。
傘は、忘れることが多いから、高い物は買わないということもあるのでしょう。

この回答への補足

MetalRackさんのいう進化って機能面のことなんでしょうか?

確かに番傘から比べれば素材、使いやすさ等は進化してると思います。
でも傘の形式はほとんど変わっていないように思うのです。

もし形の進化のことをおっしゃられているのでしたら、ぜひ具体的に知りたいです。

補足日時:2003/09/21 20:27
    • good
    • 0

おっしゃる通りです


世の中のあらゆる物品(もっとも全部が全部そうとは言い切れませんが)が、徐々に改善され、使いやすくなってきているのに対し、雨傘だけは、何の進歩もありませんね。
 特に雨傘は、差しているときより、とめているときのほうが、厄介なものです。
 私も先日、電車内に傘を忘れてしまいましたが(幸い、無事に戻ってきましたが)相変わらず鉄道忘れ物のトップが雨傘であるのは、電車内では傘を身体から離さす、じっと持っていづらいため、つい座席の横のパイプなどに引っ掛けてしまう。するとそのとき雨が降っていなければ、まず忘れてしまう。
 他にも、今日のように空模様が怪しいときは、どうしても買い物に出るときなど、傘を持って出ますが、
たとえばスーパーで買い物をして、レジで精算を済ませた後、店内カゴから袋に移し変えるときなど、傘は実に邪魔者。実際に雨が降っている場合は、入り口に傘立てが置かれていますが、ここにおいておくととられてしまうこともしばしば。
 とにかく雨傘は、持ちにくい、倒れやすいなど、悪いところだらけ、どうして何の改善もされないのか、まったく不思議なくらいです。
 もっと「雨の日もまた楽し」と思えるような雨傘を開発してもらいたいものです。
 このご質問には、ぜひとも雨傘業界の方がいらっしゃいましたら、回答していただきたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにあの持つところって何であんな形なんですかね?
もっとよくできそうなもんですけどね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/21 20:26

以前「傘の周囲から足元まで円筒形に膜を垂らして体全体を覆って足元が濡れない傘」という発明品が出てましたが、


「たたむ事ができず」「重く」「横風をまともに受ける」「歩きにくい」という欠点で駄目でしたね、
傘は「簡単に雨をよけ、必要の無い時には折りたたんで便利に持ち運べる」という点で完成された形だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も聞いたことがあります。
聞いた時点でダサいなー、使いずらそうだなーで終わっちゃってました。

やはり
携帯できある程度雨よけできるもの=傘
としてなっているので、もし絶対雨に濡れず携帯も楽なモノが発明されたらそれは傘の形をとっていないんでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/21 16:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウォーターフロントの高層ビルについて

ウォーターフロントに高層ビルが目立つ様になってますが、以前は日本のウォーターフロントでは高層ビルは難しいと言ってたのですが建築技術にどんな変化があったのですか?

Aベストアンサー

霞ヶ関ビルや西新宿の超高層ビルなど初期のころの超高層ビルは、地下4階とか5階とか深く掘って、建物を工学的基盤と呼ばれる固い地盤に直接建てる直接基礎形式でした。当時は地震の波が地盤と杭でどのように増幅し、建物に伝わるかが分かっていなかったため、杭基礎とすることは出来なかったのです。

現在では、地盤-杭-建物の相互作用について研究が進んだ為、杭基礎の場合でも、杭+地盤を適切にモデル化し建物に伝わる地震波がどのように増幅するかを解析することが可能となっており、したがって、ウォーターフロントのような支持地盤が深く杭基礎で無ければならない超高層でも問題なく設計する事が可能となっています。

Q温度変化による寸法変化について・・・

筒状の物の内径寸法を測りたいのですが、温度変化による寸法変化をどう考えればよいのでしょうか?材質は真鍮なので線膨張係数は 0.000019/℃ ですよね(?)。基準内径をφ3mmとすると 0.000057mm/℃ 変化すると考えてよいのでしょうか?また温度が上がると内径は大きくなるのでしょうか?ちなみに、温度は22℃~28℃くらいです。

Aベストアンサー

穴/孔があいている物体の熱膨張で、穴/孔が大きくなるか小さくなるかは一瞬戸惑うところですが、「穴/孔は温度上昇とともに大きくなる」が正解です。お話の筒状の物体の場合ですと「外形も内径も温度が上がれば大きくなる」ということになります。「熱膨張では全体が一様に大きくなる」と考えれば納得頂けるかと思います。

寸法の変化ΔLは、着目している寸法L×線膨張係数α×温度変化ΔTで求められます。
寸法の温度変化率なら「着目している寸法L×線膨張係数α」ですから、基準内径の温度変化率はお考えの通りで大丈夫です。

真鍮/黄銅の線膨張率の値はおっしゃる通り、大体0.000019/℃(あるいは、19×10^(-6) [1/℃])です。ただし、ご承知のように真鍮は銅と亜鉛の合金ですので、銅と亜鉛の組成比によって線膨張係数は多少異なります[1]。また純物質であっても線膨張係数は温度域によって多少変化することもあり、線膨張係数の有効数字2桁目はそれほど厳密なものではないと理解しておいたほうがよいです。

[1] 合金の熱的性質
http://www.a1s.co.jp/thermal/db/prop_arr.htm

参考URL:http://www.a1s.co.jp/thermal/db/prop_arr.htm

穴/孔があいている物体の熱膨張で、穴/孔が大きくなるか小さくなるかは一瞬戸惑うところですが、「穴/孔は温度上昇とともに大きくなる」が正解です。お話の筒状の物体の場合ですと「外形も内径も温度が上がれば大きくなる」ということになります。「熱膨張では全体が一様に大きくなる」と考えれば納得頂けるかと思います。

寸法の変化ΔLは、着目している寸法L×線膨張係数α×温度変化ΔTで求められます。
寸法の温度変化率なら「着目している寸法L×線膨張係数α」ですから、基準内径の温度変化率はお考えの通りで...続きを読む

Qバゴタ型の傘を売っている通販サイト

先がとんがった形の傘、それを通販しているサイトを探しています。

なんせ“街で見かけただけ”なので、探しようがなかったのですが、なんとかそういった形の傘をバゴタ型と呼ばれている事だけは分かりました。あまりになじみがないので、日本では他の呼び名をしているかもしれません。

↓とにかく、こんな形です
http://blog38.fc2.com/s/stylishcolor/file/20060301154321.jpg
ちょっとこれはバゴタすぎる(笑)んですけど(なんかフリフリが)
もっとシンプルなのはないのかなぁ?

どなたか、この商品を扱っている通販サイトをご存知ありませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です

さきほどの最後のは間違って「パゴタ」にしてしまっていました
(検索ヒットしていますが(笑))

ですので正しい方のを再度^^;;;
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=RNWE%2CRNWE%3A2005-14%2CRNWE%3Aja&q=%E3%83%91%E3%82%B4%E3%83%80+%E5%82%98&lr=

Q動作点が変化するとSパラメータが変化するのはなぜ?

高周波の勉強をしているものです。
本を読んでいるとトランジスタのSパラメータが動作点の変化(コレクタ電流の変化)により大きく変化するということが書いてありました。
その理由がいまいちよくわかりません。
お分かりのかた、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり詳しくないのですが、ヒントにでもなれば。
Sパラメータは高周波域でのトランジスタの4端子定数ですね。
トランジスタの動作点が変わると言うことは外部から見たトランジスタのインピーダンスが変わることを意味します。このため、Sパラメータが変わると思います。
Sパラメータのちょっとひねった解説がありました。参考までに。

参考URL:http://www.melinc.co.jp/TraMatch2.html

Qホンモノの傘とは

ホンモノの傘とは

こんにちは。
作りがしっかりしたホンモノの傘を参照したいのですが、どこか良い通販サイトだったり紹介しているサイトだったり、ありませんか?
もしくは関西か近辺で傘屋さんがあれば覗いてみたいです。

お願いします!!

Aベストアンサー

前原光榮商店の傘でしょうか。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/kasaya/395263/

Qワンタッチで蓋が開閉する仕組み

お願いします。

弁当箱の様な蓋付きの容器に 片手で持てるハンドルを取りつけたものを作ります。
ハンドル部分に、ボタン状のものを付けて、ワンタッチで蓋の開閉をしたいのです。
開けている間は、ボタンを押し続けてもいいです。
できれば、120度以上開けられれば、最高です。

理系の知識が無くて、どうしたら良いか困っています。
何か、アイデア、ヒントになる事がございましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イマジネーションが乏しいもので、イメージが湧きませんが、足で踏んで蓋が開くゴミ箱の構造はヒントになりませんでしょうか?

Q自動開閉傘について

便利そう!と思い通販で、自動開閉傘を購入しました。

■折りたたみ傘がワンタッチで開きます。(オオーーー)

■手元のボタンで開いていた傘がクシャと閉じます。(オオーー)

◆でも、その後は・・・、柄の部分を 両手を使って強めに押し込んで縮めないといけません。(ガッカリ)

そんなもんなんでしょうか?
安いの(¥1.000)を買ったせいでしょうか?

あなたの自動開閉傘は、いかがですか?

Aベストアンサー

こんにちは

取りあえず、参考URLの様な物ですよね。
動画で開いたり閉じたりする映像を見れます。

自動的に短くなるのは聞いたことも見たこともありません。あったらすごいですね。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/bean/435716/496866/

Qモノ作りの基本「ワンタッチ式、ノック式・・・」構造図

モノ作りの基本になる 簡単な構造、機構などを説明、図解してあるページをご存知でしたら教えてください。

ワンタッチ傘、クリップ、マジックハンド、ノック式シャープペンシル、・・・などの、図解があれば嬉しいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シャープペンシルなどが載っていたか判りませんが、解体新書というムックが良いと思います(イラストが豊富です)

●もの作り不思議百科(新コロナシリーズ・コロナ社身近なもの二十二テーマ、最新製品八テーマを取り上げ、「ものづくり」の面白さを集めた本です。小型の本なので、何処でも読めます。


ものつくり大学
http://www.mric.iot.ac.jp/main/
--------------------------------------
●モノづくり解体新書(全8巻)(日刊工業新聞社)
日常生活品やビッグな物(例えばカップ麺、香取線香、関西国際空港)まで、製造過程を分かり易く説明。挿絵が沢山あり、これから学ぶ機械工学がどんなふうに使われているか、よく分かります。

参考URL:http://www.yjsnet.co.jp/yjsnet/common/tosho/monodukuri/

Q番傘又は蛇の目傘を捜しています。

今晩は。
何時もお世話になっております。
何処のカテゴリーになるかわからなかったんで、間違ってたらすみません。
関西で折りたたみ式?の番傘又は蛇の目傘を売っているお店を探しています。
ネットで通販できるのであれば、全国でも構いません。

友人がホームステイで来られてる方に、和傘をプレゼントしようと考えております。
ですが嵩張るので折りたたみ式?の物にしようと考えているのですが。
友人が言うには「柄の一部が取り外し出来、持ち運びが楽な物を何処かで見たことがある!」と言うのです。
本当に柄が取り外し出来る物があるのかどうかすすら、まずわかりません。
私もネットで探してみたのですがなかなか見つからずで・・・。

本当に取り外し出来る和傘はあるのでしょうか?
もしあるのでしたら何処で売っているのでしょう?
分かる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
柄の一部が取り外しできる蛇の目傘 ですね。
これは 継ぎ柄式(つぎえしき)といいまして、
和傘の中では踊り傘(舞い傘)や日傘などで使われている物ですので、
蛇の目傘や番傘などの普通の雨傘ではあまり有りませんです。
大傘(野点傘やさしかけ傘のような大型の傘)では継ぎ柄になっていますが、大傘などは簡単に購入できる物ではありませんし重いのでお探しの物では有りませんね。

紹介、販売しているところでは、
中村屋傘店 ここのメニューから日傘をたどれば詳しく見ることができますよ。

まともな日本製の日傘は、価格としては一万円台後半からです。
和傘は、中国製も多く出回っていますが、
せっかくホームステイにこられた方に安物の中国製品を差し上げるのも
何だかな~って感じがします。
お住まいは関西なのでしょうか。
選ぶときには 岐阜や金沢でつくられた物なら品質は良いですが、
関西圏の一部地域の有名店の物は名前と価格だけ一人前というところも見られますので、その場合には実物を手にしてよく吟味して選ばれるのがよろしいかと思いますよ。

参考URL:http://dyan.sakura.ne.jp/romanjyanome/

こんばんは。
柄の一部が取り外しできる蛇の目傘 ですね。
これは 継ぎ柄式(つぎえしき)といいまして、
和傘の中では踊り傘(舞い傘)や日傘などで使われている物ですので、
蛇の目傘や番傘などの普通の雨傘ではあまり有りませんです。
大傘(野点傘やさしかけ傘のような大型の傘)では継ぎ柄になっていますが、大傘などは簡単に購入できる物ではありませんし重いのでお探しの物では有りませんね。

紹介、販売しているところでは、
中村屋傘店 ここのメニューから日傘をたどれば詳しく見ることがで...続きを読む

Q建築施工 地盤改良工法について

「粘性土」と「砂質土」の最適な「地盤改良法」の勉強をしているのですが、ネットで調べたところ、
★「柱状改良」「表層改良」「鋼管杭による改良」「Res-p工法」
で書かれてあるところと、
★「締固め工法」「脱水工法」「置換工法」などで書かれてあるところがあります。

どちらが最新の施工法なのでしょうか?

Aベストアンサー

地質力学上土の構成要件は、礫、水、空気であり、土そのものの性質は、何であっても変わりはさほどありません。
建築物は、極単純にいえば土の上に土の摩擦力で建っているに過ぎず、質問中にある工法は、どれも新しいものではありません。それぞれ土の性質をコンクリートで変質させたり、ボンドで、単純に固めたりしているだけです。
今現在最も優れている工法としては、本設土のう工法や、コロンブス工法などが挙げられます。コストと設計管理の面で言えば、本設土のう工法が優れていると思います。

参考URL:http://doboku2.ace.nitech.ac.jp/soil/mh-j.html


人気Q&Aランキング