質問1)
チオ硫酸ナトリウムで塩素中和をするしくみを教えてください。

質問2)
ビタミンCで塩素中和するしくみを教えてください。

質問3)
太陽光で塩素をとばすしくみを教えてください。

質問3)
鉛を中和するしくみを教えてください。
鉛をどういう物質に換えるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>質問1) チオ硫酸ナトリウムで塩素中和をするしくみを教えてください。


>質問2) ビタミンCで塩素中和するしくみを教えてください。
 チオ硫酸ナトリウムもビタミンCも還元剤です。その作用によって,塩素(Cl2)を塩素イオン(Cl-)に還元します。塩素の毒性は強いですが,塩素イオンになると毒性がほとんど無くなりますから中和された事になります。

>質問3)太陽光で塩素をとばすしくみを教えてください。
 これは日光に当てて,水道水中の塩素を飛ばす事をおっしゃっているのでしょうか。でしたら,太陽光で飛ばすのではありません。塩素自身はガス状の物質です。ですので,自然の状態に放置しておくと,水に溶けていたものが徐々に気体となって飛んでいくのです。まあ,太陽光で暖められれば,飛んでいくスピ-ドが少しは速くなるかと思いますが。

>質問4)鉛を中和するしくみを教えてください。
>鉛をどういう物質に換えるのでしょうか。
 この場合,何か具体的な中和剤を想定されているのでしょうか。普通に鉛の毒性の中和(鉛そのものの中和ではないと思います)としては,鉛と結合しやすい硫黄化合物を用いて鉛が生体内のタンパク質等と反応するのを妨げる方法をとります。

いかがでしょうか。具体的な化学反応式などが必要でしたら補足下さい。
    • good
    • 0

rei00 です。


「ハイポ」が"次"のことかについてお答えします。

一般的に「ハイポ」が"次"のことかどうかはわかりませんが,化合物の英語名で「hypo」と付く名前を日本語で言う場合,「次」が付きます。

例えば,先の「Sodium hyposulfite」が「次亜硫酸ナトリウム=ハイポ亜硫酸ナトリウム」となるのもそうですし,「Sodium hypochlorate」が「次亜塩素酸ナトリウム」となるのも同じです。
    • good
    • 0

rei00 です。

補足にあった質問について回答いたします。

チオ硫酸ナトリウムの事を「ハイポ」と呼ぶ理由ですが,「チオ硫酸ナトリウム」を以前は「次亜硫酸ナトリウム=ハイポ亜硫酸ナトリウム」と呼んでいたためらしいです(「化学語源ものがたり」,竹本喜一・金岡喜久子 著,化学同人 刊,p.292)。

この回答への補足

では、"次"のことを「ハイポ」というのでしょうか?

補足日時:2001/04/24 14:54
    • good
    • 0

質問1)答えになるかわかりませんが、塩素濃度の分析法を回折します。


まずClを含有した試料溶液に定量のKIを加えI_2を遊離させます。
 2Cl + 2KI → 2KCL + I_2
これにチオ硫酸ナトリウムを加えると次のような反応がおこります。
 I_2 + 2NA_2 S_2 O_3 → 2NaI + Na_2 S_4 O_6
この時、Iは還元されて、Sは酸化されます。この時にでんぷん溶液を加えて溶液を青色にすると、チオ硫酸ナトリウムを
加えていくとI_2が減少していくので、透明になった時が反応の終了となります。
これはJIS規格ヨウ素滴定法だったと思います。
質問2)わかりません。
質問3)rei00さんが説明されている通り、塩素はガスですので水に溶けていたものがただ抜けていっているだけで、
太陽光は直接関与していないと思われます。
質問4)すみません、全然わかりません。

この回答への補足

チオ硫酸ナトリウムの事を「ハイポ」と呼ぶ事がありますが、なぜそう呼ぶのか教えてください。
他の国の言葉でチオ硫酸ナトリウムという意味でしょうか?

補足日時:2001/04/23 02:46
    • good
    • 0

これらの質問をされる背景(考え)は何でしょうか?


あるいは、どこからこれらの質問を考えられたのでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

水道水に含まれる塩素や重金属の中和です。
チオ硫酸ナトリウム、ビタミンCなどを使用し中和できるようですがなぜにそうなるのか知りたいのです。
太陽光を使用してとばすことについても同様です。
なぜ、太陽光でなければいけないのか?

鉛の中和についても同様です。
どのようにして中和するのか?どんな物質に変えるのか?

補足日時:2001/04/21 12:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次亜塩素酸ソーダのpH値

タイトルの通りです。次亜塩素酸ソーダのpH値を教えてください。

Aベストアンサー

たとえば「水酸化ナトリウムのpH」といわれても、濃度がわからなければ、答えようがありません。
通常は、次亜塩素酸は不安定な物質なので、水酸化ナトリウムと共存させています。したがって、2の答えにあるように強アルカリ性であることは間違いありませんが、そのアルカリ性はおおかた水酸化ナトリウムによるアルカリ性です。

ちなみに、「アルカリイオン製水機」の「酸性水」は、次亜塩素酸です。

Qチオ硫酸ナトリウムと塩素の反応

水中でのチオ硫酸ナトリウムと塩素の反応について質問です。
ウィキペディアでは
Na2S2O3 + 4Cl2 + 5H2O → 2NaCl + 2H2SO4 + 6HCl
となっていますが、
化学の参考書として有名な「新研究」には
Na2S2O3 + H2O + Cl2 → Na2SO4 + S + 2HCl
とあります。だいぶ違いますよね…
二つとも、特に反応の状況は書いてません(「加熱しながら」とか)ので
普通の温度の水だと思います。
どうしてこうも違うのか教えてください。

Aベストアンサー

少し考えてみました。

チオ硫酸イオンの中の2つのSには違いがあります。
S-SO3^(2-)です。
このSが酸性では離れやすいということです。
反応式は多分
S2O3^(2-)→SO3^(2-)+S
でしょう。
だとすると強酸が存在するとSO2の発生が起こります。
酸化剤が存在するとSO4^(2-)に変わります。

曝し粉に塩酸を加えて塩素を発生しているいる試験管にチオ硫酸ナトリウム水溶液を加えた場合、一瞬で全面が濁ります。下向きに入道雲が湧いたような状態になります。でもそれで気体発生は止まります。塩素の発生も二酸化硫黄の発生も起こりません。栓をしない試験管を試験管立てにただ立てておいて何の支障も起こらないのです。
Sの沈殿が酸によるものだとしても塩素の還元は起こっています。
従って塩素(または次亜塩素酸)と亜硫酸イオンの間で酸化還元反応が起こっていることになります。

私がやったのは塩酸酸性の強酸条件下のものですが
塩素水自体
Cl2+H2O⇔HCl+HClO
で酸性です。
塩素とチオ硫酸ナトリウムの反応の中身が
・酸によるSの切り離し反応
・亜硫酸イオンと塩素との酸化還元反応
の組み合わさった反応であるとしてもいいのではないかと思うようになりました。
この反応が起こるとHClが生じますから酸性が強くなっていきます。
遊離の亜硫酸イオンの量が多ければSO2の発生も観測されるはずです。
亜硫酸イオンと塩素の反応が優先的に起こっている事になります。
反応式としては2番目の方になります。

S-SO3^(2-)の中の酸化数0のSをSO4^(2-)まで酸化するのはかなり難しいことではないでしょうか。
ヨウ素とチオ硫酸ナチトリウムの反応で得られた四チオン酸ナトリウムはこのSがわずかに変化することで-SO3-のSが酸化されています。
[SO3-S-S-SO3]^(2-)というイオンになっています。-S-S-の部分のSの酸化数はやはり0です。
酸化数では表せない変化が起こっています。
ヨウ素水の酸性がものすごく弱いというのが塩素とヨウ素で起こる反応が異なるという理由だということにもなります。

硫酸は強酸性条件では硫酸水素イオンとして存在するとしていいはずです。0.1M硫酸では完全電離とすると[H^+]=0.2Mになります。ところがpK2=2として計算すると[H^+]≒0.11です。
硫酸を2価の強酸、完全電離と考えてよろしいというのは中和を考えている場合のことだろうと思います。中和点でのpHは7.2です。中和滴定曲線でも第1中和点でpHの勾配の変化は生じません。
よくある2段階中和の曲線ではないのです。塩酸の滴定曲線の形との区別は難しいです。

少し考えてみました。

チオ硫酸イオンの中の2つのSには違いがあります。
S-SO3^(2-)です。
このSが酸性では離れやすいということです。
反応式は多分
S2O3^(2-)→SO3^(2-)+S
でしょう。
だとすると強酸が存在するとSO2の発生が起こります。
酸化剤が存在するとSO4^(2-)に変わります。

曝し粉に塩酸を加えて塩素を発生しているいる試験管にチオ硫酸ナトリウム水溶液を加えた場合、一瞬で全面が濁ります。下向きに入道雲が湧いたような状態になります。でもそれで気体発...続きを読む

Q次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。
ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。

塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。
化学反応は以下の通りですか。
2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

Aベストアンサー

反応が完結し塩素が完全に抜けた後であると考えると、って言うかそれしか正確に答えられないが、
0.04%の次亜塩素酸ナトリウムのモル濃度を計算する。それがナトリウムとして残る。だからナトリウムイオンの最終濃度は次亜塩素酸ナトリウム濃度の1/2。
1%酢酸のモル濃度を計算する。それを1/2する。
この酢酸の濃度からナトリウムイオンの濃度を引く。すると「残っている酢酸の濃度」が分かる。ナトリウムイオンの最終濃度は酢酸「イオン」の最終濃度と等しい。
あとは酢酸の解離定数(酢酸のpKaからも求まる)を用いれば水素イオン濃度が分かるのでpHを求める。生じる水は無視して良い。
です。^^

Qチオ硫酸ナトリウム液調製時に炭酸ナトリウムを加える理由

こんにちは。
「チオ硫酸ナトリウムを加える理由を答えよ」という課題が出されました。初歩的な質問かもしれませんが、理由がまったく分からないので教えて下さい。

Aベストアンサー

この場合、状況は関係なく、チォ硫酸ナトリウム液を作る場合の一般的事項です。

アルカリ性にしないと、チオ硫酸ナトリウムの水溶液は、
硫黄が遊離してくるため、調整した液の濃度が経時的に変化します。

それを防ぐために、炭酸ナトリウムを入れます。

販売されている規定液は、安定化剤として、イソアミルアルコールが添加して有ります。

Q塩素消毒について

塩素消毒に関して、質問があります。
薬剤師国家試験の黒本という本に
☆塩素消毒の原理
「水に液体塩素を入れると、塩素は水と反応して、以下の反応が起こる。
Cl2+H2O⇔HClO+HCl
HClO⇔ClO-+H+
両者の存在比はpH5ではほとんどがHClOであり、pH7.5ではHClOとClO-がほぼ半々となり、pH10ではClO-が大部分を占めるようになる。」とあり、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸HClO-の解離が進むように書いてありますが、なぜ、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸の解離が進むのでしょうか?

Aベストアンサー

pHを上げていくということはアルカリを加えるということです。
それによって中和反応が起こりClO^-の割合が増えていくのです。
仮にNaOHを加えるとすると
NaOH+HClO→NaClO+H2O
の変化が起こります。

>水に液体塩素を入れると・・・

塩素の沸点は-34℃ですから常温で気体です。「液体」塩素と書いてありましたか。

ボンベの中では圧力がかかっていますから液体になっています。でもボンベからガスとして噴出させて水に溶かすのですから「液体塩素を加える」という表現はしないと思うのですが。

プロパンもボンベの中では液体になっています。燃料として使うときはあくまでも「ガスとして燃やしている」という表現になるはずです。

Qチオ硫酸ナトリウムと硫酸の反応で発生するガスの濃度

よろしくお願いします。或る法例に定められた試験項目で、亜硫酸ガス中の耐環境試験があるのですが、そのガス濃度を予想したいと考えています。

~5Lの試験器の中に濃度40g/Lのチオ硫酸ナトリウム水溶液を500mL入れ、硫酸を体積比で硫酸1対蒸留水35の割合に溶かした溶液156mLを1000mLの水に溶かした溶液を10mL加えて発生させる亜硫酸ガス中に、~
(L=リットル)

この文面に混乱しております。一体、当該試験器の中は如何ほどの濃度の亜硫酸ガスになるのでしょう?

Aベストアンサー

 今日、辞典(化学大辞典)を見たところ、下記のような記述がありました。
 チオ硫酸ナトリウム:酸の作用で亜硫酸ガスと硫黄に分解する。
 反応式は書いていなかったのですが、この記述によれば、TTakさんが書かれた反応式は、正しいようです。ただ酸の作用が、触媒的なのか、量論的なのかは判りません。たぶん前者ではないかと思います。

Q水道水、浄水器のPHの違いについて

もしかするとカテゴリ違いかもしれませんがお願いします。


テトラのPHトロピカル試薬を使ってうちの水道水のPHを測定したところPH8.0ぐらいでした。

浄水器(三菱クリンスイUZC2000)の水を測定したらPH7.5ぐらいでした。

塩素も測定したところ、浄水器の水は塩素が検出されませんでした。

この浄水器は以下の物を除去してくれるそうですが

●遊離残留塩素
●濁り(雑菌・固形鉛など)
●総トリハロメタン(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム)
●溶解性鉛
●農薬(CAT)
●カビ臭(2-MIB)
●テトラクロロエチレン
●トリクロロエチレン
●1,1,1-トリクロロエタン

これらがなくなることでPHが下がっていると言う事なのでしょうか?

この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?


生体はアカヒレ、アフリカンランプアイ、オトシンクルス、レッドビーシュリンプです。

Aベストアンサー

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウムが中空芯に詰まり、通水量が減少によります。

なお、ミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)が多めの(おいしい)水道水は、浄水器で濾過すると若干酸性に傾きます。

> この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?
・問題ありません。
UZC2000は中空芯式浄水器です。
うちも、長年、中空芯式浄水器「トレビーノとミズトピア(パナソニック)」で、水槽水替え用水を作っています。

もしも、心配ならば「麦飯石」を一つ、水槽内に投入しミネラル不足の防止すればOKです。
(飼育水中のミネラル分が不足すると、希にエビが脱皮不全で突然死する可能性があります)
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1175080000&itemId=15503

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウ...続きを読む

Qチオ硫酸ナトリウムのチオって??

高校化学の勉強をしております。無機物の勉強をしていると、チオ硫酸ナトリウムという物質が出てまいりますが、この”チオ”とはどういう意味なのでしょうか??

Aベストアンサー

酸素原子一個が硫黄原子に置き換わったことを表します。
硫酸イオンSO4の酸素原子一個が硫黄原子に置き換わってS2O3になったわけです(価数2-は省略しました)。
チオシアン酸カリウムも高校化学に出てきますが同じ理由です。

QpHに対する塩の影響

0.01Mの酢酸緩衝液(pH5.6)に過塩素酸ナトリウムを100mM加えました。その時のpHは変化するのでしょうか?また、その変化量は塩の種類によるのでしょうか。また、簡便な緩衝液に対する解説書など紹介していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

どんな目的に使うかによるかも知れませんが,その内容であれば,書いてられる様に,「あらかじめ10mMの酢酸緩衝液(pH 5.6)を作っておいて、過塩素酸ナトリウムをその溶液に溶かして作」れば良いと思います。

念のため最初に作った時に,そうやって作った溶液の pH を一度 pH メータで測って確認しておけば,以後はそのままでも大丈夫かと思います。

Qチオ硫酸ナトリウム 洗浄

フェノールのブロム化(トリブロム化)で粗結晶を吸引ろ過する際にチオ硫酸ナトリウムで洗浄しました。
これはどんな効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

チオ硫酸ナトリウムを加えるのは、多くの場合、未反応物などを還元するのが目的です。
中でも、過剰のハロゲンの除去が目的であることが多いです。
この場合には、未反応の臭素や、生成物中の臭化物イオンが空気で酸化されることによって生じる臭素を除去することが目的です。
臭素、臭化物、ヨウ素、ヨウ化物などを用いた場合には、それらによって、抽出液が着色したりすることがあります。
今回の、実験においても、仮に溶液が臭素で着色していたりすれば、チオ硫酸ナトリウム水溶液を加えることによって、その着色が劇的に消えたはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報