何事も、ぶち当ってからでは遅いと思いますが?まだ地震が続いているが、地震研究所はいつまで続くとか、いつ止まるとか分からないのでしょうか?もう分からないのなら予算を防災のために使った方がいいのでは?多額の予算を地震や津波を防ぐための堤防や高台を作る費用にまわしたほうがいいのでは。することが後手後手で命にかかわるようなところへ予算を使った方がいいような気がしますが。私の住んでいるところは西日本側ですが、今になって役所から災害時の避難場所Mapがきましたが、遅いと思います。太平洋周辺の国に地震がおき、九州で火山が爆発したのは関係ないかもしれませんが、以前TVでプレートは13枚しかないように聴いていましたが、ひずみがくるとかわからないのでしょうか?何事もすることが後手後手で遅すぎるような気がする。将来が怖い。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

周期で言うと、東南海地震はこの10年くらいとか。

。といっても周期の記録は1回のみですので。。
各都道府県でシミュレーション画像がUPされていると思います。

西日本にお住まいとのことですが、東南海地震の記録です。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040400/bosa …

紀伊半島の場合で、地震発生から到達までわずか、6~7分とか。。
そのため、大きなゆれを感じたらいつでも逃げることが出来るようにしないといけません。

今回の津波を見て思うことですが、都道府県は、避難すべき地域の指定を、拡大すべきかと思います。

今回は、奥尻島での教訓を活かせなかったことが残念です。 津波・地震・原発と、危機管理の甘さを感じます。

地震の余地ですが、ある程度可能なようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B2%E7%94%B0% …
    • good
    • 0

>まだ地震が続いているが、地震研究所はいつまで続くとか、いつ止まるとか分からないのでしょうか?



地震のメカニズムはだんだんと明らかになってきてはいますが、それと予測は全く別物です。
なにしろ、地球を相手にしてのことですからなかなか難しいと思います。
起こるとさんざん言われ続けている南海地震・東海地震・東南海地震ですが、これとても過去の約150年周期で起きているという統計データを元にしたモノであって、科学的・技術的に予測したものとは違います。
なんで、今回の東北地方太平洋沖地震も全くの予想外でありました。
研究者の中には「起こることを予測するのは不可能」として「起こった後にどうするか」に力を入れるべきとする人もいます。
人間は自然を征服しながら発展してきましたが、相手が巨大なだけにまだまだ攻略するには知識・知恵と時がひつようでしょう。


>もう分からないのなら予算を防災のために使った方がいいのでは?多額の予算を地震や津波を防ぐための堤防や高台を作る費用にまわしたほうがいいのでは。することが後手後手で命にかかわるようなところへ予算を使った方がいいような気がしますが。

それも一つの手ではありますが、対処療法であることに変わりはありませんね。
もう十年以上もまえだったか、徳島県吉野川で可動堰を作ろうと行政が決めたことに住民側が待ったをかけた事が話題となっていました。
可動堰化を推進する側の意見として、「100年に一度の大洪水に耐えられるようにする」というのがありました。
一方、反対側の意見として「(たった)100年に一度の、しかも起こるか起こらないか分からない災害のために1000億もの予算を使うのはおかしい」というものでした。(折しも公共工事削減が叫ばれ始めた時期でもあります)
結局、住民投票の結果90%の人が可動堰反対に表を投じ計画はお流れとなりました。
同じような事例は、ダムの建設とか堤防の補強とか色々なところで起きています。
この例が示すように、人は常に目の前のことに気をとられ10年や20年先の未来にはなかなか目がいかないものです。

>私の住んでいるところは西日本側ですが、今になって役所から災害時の避難場所Mapがきましたが、遅いと思います。

本当にそうでしょうか。
以前にも配られていませんでしたか?
今回の地震を受けて、あわてて防災マップの見直しが行われ、新しくなったマップを配ってる自治体が沢山あります。
しかし、それ以前にも防災マップは作られていたでしょうし、各家庭にポスティングなどの手法によって配られているはずです。
今回の大災害が起きる前に、普段から意識して防災マップを目の見える場所に置き、頭にも叩き込み、常に意識しながら生活している人が何人いるんでしょうか。
お恥ずかしながら私も余り気にせず、避難所の場所なんて覚えていません。
つまり、自治体が防災マップをいくら作っても、住民側がそれを意識して観ていなければ、何の役にも立たないということです。
まぁ、20年・30年も前のマップからヴァージョンアップをしていない自治体も多いと聞きますので、それはそれで問題ですが。

>以前TVでプレートは13枚しかないように聴いていましたが、ひずみがくるとかわからないのでしょうか?

歪みがあるしどの辺りが危ないということまでは「観測」によって知ることはできます。
しかし、その歪みによってどこのプレートが割れたりズレたりして地震が起こるかまでは予測できません。
日々の研究の努力によって、色々な地震予測の方法が試みられていますが、成功したことはありません。
「緊急地震速報」も対処療法の一環でしかありませんしね。
最初に書いたように、「地震予測は不可能」という前提で「防災意識の向上と防災マップを定期的に見直すこと」で対処するしかないのが、今の文明の限界です。

>何事もすることが後手後手で遅すぎるような気がする。将来が怖い。

確かに、後手にまわった「対処療法」しか出来ないのが現状です。
しかし、「起こった後」なら「先手」を打つことも可能なはずです。
例えば、今回の原発事故の問題も、政府や東電がもっと速やかに対処していれば、ここまで悪化することはなかったかも知れません。
これは、「起こった後」も後手後手に回った結果でしょう。

結論を言いますと、地震などの自然災害では「起こる前」には非難所・マップの整備と点検、起こった後は速やかな情報収集と統制のとれた組織の構築が今できる限界です。

ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

民主党の原口さんがテレビでいっていましたが、こうしたらどうかといっても聞き入れてもらえないという空気がただよっているらしい。日本は、なかなか役所や会社で意見を聞き入れてもらえない、すぐに改善されない感じがします。

お礼日時:2011/04/24 22:45

 何を言ってるんですか?



 後手後手しか、対処できないんです。

 予想は、予言だと思ってるんでしょうか?

 起こって初めて、わかる程度の認識しか、人間は持ち合わせていません。


 多くの学問で、予測をしようとか、預言者にでもなった気で、未来を予測できるような雰囲気を与えてますが、、、学問なんか、それほど未来を的中できません。

 ましてや、先手を打つということもわかってない。

 先手を打って迅速というのは、、、、、、、、準備ができている状態でしかできない。

 たぶんそういうこともわかってないと思います。
    • good
    • 0

まだまだ、堤防や高台を作り始めるタイミングに無いのではないでしょうか。

人の住むところを確保している状況ですし。

被災地は、町全体を高台に新たに作る構想があります。

政府が後手跡でになっていることは確かですが、今回、みんなの党にはあきれましたね。この混乱期に乗じて、政局に持ち込もうとは、国民のことを考えていない。

行政の圧縮はして欲しいですが、彼らの信用性がいまいちです。
    • good
    • 0

>今になって役所から災害時の避難場所Mapがきましたが、遅いと思います。



確かに遅いですね。
でもそれはお住まいの自治体の対応が悪いだけです。

地震研究所で検索すると「東大地震研究所」がまずヒットしますが
このことでしょうか?

ここは東大の一部門ですからここの予算削って
どれだけ堤防ができるか・・・・


それと高台を人工的に作っても地震には役に立たないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界一面積の小さい国について

世界一面積の小さい国を
教えてください。
僕の中学校の社会の資料集に
「バチカン市国」ではなく
「シーランド公国」という国を見たことがあります。
いったい、世界一面積の小さい国はどこなんですか?

Aベストアンサー

「シーランド公国」
 イギリスが第二次世界大戦中、沿岸防衛の拠点として4つの海上要塞を作り大戦後は放置されていた1つ(当時イギリス領海外)に目を付けた人が独立宣言を発表、要塞を「シーランド」と名付けた。
国際法上では国家成立の大きな要件のひとつとして領土をあげており、この要塞は海底に設置したアンカー部分、2本の円柱、甲板という3つの部分から構成されているので国家としての形成は無い
国連に加盟する192か国及びバチカン市国の計193か国の中でシーランド公国を国家承認している国は1か国も存在しない。

従って世界的に認められている国家としては「バチカン市国」が最小であります

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%85%AC%E5%9B%BD

Q鳩山内閣はまだ続いているのでしょうか?

鳩山内閣はまだ続いているのでしょうか?

菅さんは衆参両院で新首相として指名を受け、新首相になることが確実になっていますが、宮中でも親任式はまだ行なわれていないので、正式に首相に就任したとは言えないと思います。
閣僚も内定はしていても、認証式を済ませるまでは、正式には閣僚ではないと思います。
すると、憲法の規定に従って、新内閣が成立するまでは、従前の内閣が引き続き職務を行なうことになると思います。

つまり、親任式・認証式が済むまでは鳩山内閣は継続していると思って良いのでしょうか。
こんな権力の空白のときに非常事態(考えたくはありませんが、外国の侵略とか大規模な災害など)が起きた場合、やはり鳩山さんが指揮を執るのでしょうか?

Aベストアンサー

そのとおりですね。民主党内部で”次期”総理が決定したというだけですね。

Q国や都道府県の面積の測り方

国とか都道府県の面積が発表されていますが,これはどのようにして測られているのでしょうか.考えられる方法として

(方法A) 地図上での面積,つまり起伏を考えずに平らに均したときの面積
(方法B) 地形を立体とした時の表面積

たとえば,あるところに半径8km,高さ6kmの(勾配75%の断崖絶壁ではありますが)円錐形の山があったときに,方法Aだとこの円錐の底面積を計算することになるので,面積は64π[km^2]≒201[km^2]となります.一方,方法Bでは,この円錐の(底面を除いた)表面積となるので,これを計算すると80π≒251[km^2]となり,25%ほどの誤差になります.

もちろん,半径10km,高さ1kmの円錐形の山(勾配10%)でしたら,方法Aでは約314[km^2],方法Bでは約316[km^2]で,それほどの誤差ではないですが.

このように普通に考えられる地形ならどちらも大差ないのかなと思ったりもしますが,深い谷があったりする急峻な山間部などでは方法Aではかなり面積が狭く評価されてしまうのではないかと思います.

方法Bはかなり手間がかかりそうな気もしますが,善隣などの日本地図を見てみますと,等高線が細かく描かれているので,そのデータを用いればできそうではあります.実際には発表されている面積はどのようにして測られたものなのでしょうか.

国とか都道府県の面積が発表されていますが,これはどのようにして測られているのでしょうか.考えられる方法として

(方法A) 地図上での面積,つまり起伏を考えずに平らに均したときの面積
(方法B) 地形を立体とした時の表面積

たとえば,あるところに半径8km,高さ6kmの(勾配75%の断崖絶壁ではありますが)円錐形の山があったときに,方法Aだとこの円錐の底面積を計算することになるので,面積は64π[km^2]≒201[km^2]となります.一方,方法Bでは,この円錐の(底面を除いた)表面積となるので,これを計算すると...続きを読む

Aベストアンサー

 「市町村の面積」でググると簡単な解説が得られますが、下記のURLが親切です。要するに2.5万分1地形図を用いているので、真上から平面に投影した面積を昔はプラニメータ、近年はディジタイザで測定するわけです。
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1254299305389.html

 地籍図などもすべて平面に投影したデータを用いているので、土地の売買や開発面積の規制も平面上の面積が基本になります。等高線は一定高度以下の起伏は省略されるので、地表面の面積を正確に表しているわけではありません。

Q教えて下さい。中国へのODAはまだ続いているというのは、本当ですか?

教えて下さい。中国へのODAはまだ続いているというのは、本当ですか?

Aベストアンサー

 続いています。

 ODAには大きく分けて以下の三つがあります。
1、無償援助・・・金額は大きく減少しているが、続いている。
2、有償援助=円借款・・・・日本円建て(=日本の為替リスクなし)の融資。2008年に新規契約終了。
3、技術援助・・・今まで通り継続。

1、無償援助
 20年ほど前、無償援助は年間数百億円に達し、北京など中心都市に大病院などを日本企業が建てました。(無償援助は建物などを日本が作り寄付します。お金は日本政府から日本企業に支払われ、中国政府には支払われません。)
 現在は、辺境の少数民族の多い地域に小規模な学校・病院を作ったり、日本シンパの有力者を増やすための中国人大学生を対象とした奨学金支給を行っています。

2、有償援助
 長期間お金を貸します。当然、中国政府は利息を払わなければなりません。日本は延べ約三兆円を貸し出し、約四兆円ほど返してもらうことになりますが、一般銀行が貸すよりは低利です。とはいえ、利息合計額は無償援助の累計額をはるかに超えています。

3、技術援助
 中国側が、日本のハイテクシステムなどを導入したときに、その機械やシステムの扱い方の指導などを、日本政府が費用を出して行います。
→ 日本人技術者を中国に長期派遣して、中国人の設備・システム管理者を指導したり、中国人技術者を日本に招いて、日本国内で既に動いているプラントシステムで実地研修をするための、旅費や宿泊費を日本政府が負担します。

→ 欧米や日本の大企業は、自国開発のシステム・プラントを、中国など急激に開発が進んでいる国に導入させようと、売り込み合戦を行います。一度、ある企業のシステムを導入してしまえば、そのシステムを拡張・更新や、メンテナンス部品の発注があり、将来の大きな儲けが期待できますから、最初の売り込み競争は激烈です。
 そのため、各国政府は自国企業の開発したシステム導入がおこなわれるように、『技術援助』と言う形で、企業の売り込みの後押しをします。有力国が競えば、どの国も技術援助をやってきますので、止められません。

 続いています。

 ODAには大きく分けて以下の三つがあります。
1、無償援助・・・金額は大きく減少しているが、続いている。
2、有償援助=円借款・・・・日本円建て(=日本の為替リスクなし)の融資。2008年に新規契約終了。
3、技術援助・・・今まで通り継続。

1、無償援助
 20年ほど前、無償援助は年間数百億円に達し、北京など中心都市に大病院などを日本企業が建てました。(無償援助は建物などを日本が作り寄付します。お金は日本政府から日本企業に支払われ、中国政府には支払われませ...続きを読む

Q少資源・少面積・少平野・海洋国・単一民族・日本

世界に対抗していくにはどうしたら良いと思いますか?
貴方の考えを教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

答えは簡単

世界最高の教育です。

人間は他の生物をある程度支配しているのは、並外れた知能です。

世界で最高の頭脳を持った民族になればいいのです。

Q日本の政治は後手に回っているとよく聞きます。

日本の政治は、後手に回っているとよく聞きます。

民主党時代になって更に酷くなったと聞かれますが、自民党の時代においても問題点は多かったように思えます。
なぜ、常に先手を取って政治判断を下す事が出来ないと言われているのでしょうか?
この原因はどこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

責任者が不在で、合議制だから・・・

◆責任者 - 当然に総理大臣ですが、総理の意見では何も決まりませんよね。例えば、米軍基地の県外移設発言。言っただけでは、解決していません。候補地を決めたうえで、地元の了解を得たうえでの発表ならOKですが、思いつきでは閣僚からも賛同を得ることは難しいから、決定できません。

◆合議制 - 閣議会議で決めても、与党の賛同が必要だし、野党の協力なくしては進みません。会議だけは行なうけれど、結論のない会議なので、みんなで「総論賛成、各論反対」をグダグダすすめています。

これは、大統領制などのような「決定権を完全掌握」していると、政治対策の進捗もわかりやすいのですが、総理が訪中するより、一兵卒の議員が訪中したほうが効果があることも異常な「権力のなさ」です。(権力=お金を得るための特権ではありません。)

例えば、某国からミサイルが日本本土に打ち込まれたとします。最初に、臨時閣議をして「政府声明」を発表する。閣議は全員が集まるまでに時間がかかる。閣僚は右派と左派がいるから、調停に時間がかかる。政府声明までに1日はかかるでしょう。それから、防衛省に事態の把握を指示する。(把握ですよ、斥候を出すわけですよ。)事態が理解できてから、緊急法案を策定する。(法治国家だから、法律がないと防衛省も動けない。)緊急閣議で暫定法案を設定しても、後で野党どころか与党からも文句があるので、臨時国会で審議する。時限立法が成立して、晴れて自衛隊が国防活動をしようとしたら、1年が経過していた・・・が、現実ではないでしょうか。

(明治初期から昭和初期までの外交は、外務大臣の判断で実行できたのに、日中戦争ころから現場の暴走で中央からの制御がきかなくなり、戦線の拡大と無策な講和対策でグダグダになったのに懲りて、主権在民=代議員による合議が責任の曖昧さと拡大したと言えるでしょう。即ち、胆力のない小物が国会議員になり、閣僚にいるから・・・と思います。)

責任者が不在で、合議制だから・・・

◆責任者 - 当然に総理大臣ですが、総理の意見では何も決まりませんよね。例えば、米軍基地の県外移設発言。言っただけでは、解決していません。候補地を決めたうえで、地元の了解を得たうえでの発表ならOKですが、思いつきでは閣僚からも賛同を得ることは難しいから、決定できません。

◆合議制 - 閣議会議で決めても、与党の賛同が必要だし、野党の協力なくしては進みません。会議だけは行なうけれど、結論のない会議なので、みんなで「総論賛成、各論反対」をグダグ...続きを読む

Q都道府県面積

クイズ番組を見てた時に都道府県別の島の数が問題になっていて、東京都が小笠原諸島があるので島数が多かったのですが、面積には海域はどう含まれるのでしょうか?陸上部分のみでしょうか?瀬戸内海では中国地方と四国地方の間で県境があると思われますが、県境で囲まれた部分が面積では無いのでしょうか?国の場合、排他的経済水域が国により主張数値が異なりますが面積には無関係でしょうか?
宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

都道府県の面積には湖沼や河川のような内水面を含みますが海域は含みません。
余談ですが、都道府県の面積には大きな意味があります。その面積は地方交付税の算定基礎となるからです。
実は昨年まで内水面である十和田湖は都道府県の面積に含まれていませんでした。青森県十和田市と秋田県小坂町の間で争いがあったため十和田湖に接する青森、秋田両県の湖面における境界が確定していなかったからです
昨年やっと合意ができ、地方交付税が、両県、両市町にあわせて6,700万円上乗せになるようです。

Q沖縄県在住の方に米軍基地問題について、何でもいいですから思うことを聞かせてくれませんか?

沖縄県在住の方に米軍基地問題について、何でもいいですから思うことを聞かせてくれませんか?

在日米軍が起こす事件や基地周辺の騒音問題などいろいろ聞くのですが、四国在住なのでピンと着ません。
嘉手納基地の問題などある程度分かりますが、いろいろ聞いて質問してみたく。

Aベストアンサー

問題が良く見えません。

騒音と演習の航空機事故に対する問題であれば 人口の少ない離島に移設するほうがたしかに良い。

空港を母艦のような島を一つ作ることでまさしく軍艦島 要塞を作ることで対応できるとも思う。

米軍兵の犯罪が問題なのでしたら やはり日米地位協定を問題とするべき。 ただ そうなると横田や厚木など 他の米軍基地も同じことが言えるのでは?

負担が良く見えない限りやはり恩恵の妥当性もわからない。
国防という事であれば 中国を睨んだ体制に協力せざるを得ないが 住民 人口の多い最前線の軍事拠点が果たして戦略的に優位なのかそれとも真っ先にねらわれるリスクなのか?

騒音問題が想像しがたい 過疎地域は日本にたくさんある気もする。
あのような自然と景観に恵まれた観光地にそれが必要なのか?

航空機の飛来に著しい制限がかかってしまう。それに 台風のリスクを考えると他にもう少し安全な良好な立地があるのでは?


市民サービスをかねた 防災を含めた 国民の自衛隊が防衛に当たるべきでは?

Q世界最小の面積

世界最小面積の国は何処になるのでしょうか?最小国家はバチカン国のようなのですが、最小面積とは記載がなかったので他にあるのかと思って・・・。
ご存知の方、教えてください!!(URLがあれば、その記載もお願いします)

Aベストアンサー

バチカン市国ですよ。

http://www2.nsknet.or.jp/~maria/
http://www.tam.nada.kobe.jp/kiji/traffic/vatican.htm

Q最近ニュースをにぎわせているトランプ大統領ですが、色々言っているけれど一人で何でも決められるのか⁉

最近ニュースをにぎわせているトランプ大統領ですが、色々言っているけれど一人で何でも決められるのか⁉

Aベストアンサー

米国は独裁国家ではありません。

議会の承認を得なければ、決められないことは
沢山あります。

ただ、外交に限っては、日本の首相などよりは
大きな権限を持っています。

日本の首相がやろうとしても、官僚が抵抗する
ことは多いのですが、
米国の官僚の局長以上4000人は、大統領が
新たに任命しますので、官僚が大統領に抵抗
するということはありません。

それだけ、大統領は大きな力を持っているのです。


人気Q&Aランキング