フランス語の基本となる動詞âtreを
辞書で引くと、直接法現在、複合過去、単純過去、
半過去、条件法現在、接続法現在、
命令法が載っていますが、
それぞれどのように使うのですか?
是非、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この動詞について説明することは,簡単ではなく(法と時称を組み合わせると20を超える),フランス語の文法書を見ることが必要です.


極めておおざっぱな説明をするとすれば次のようになるでしょう.
直説法現在: 話者が事実と考えて現在のことを述べる場合に使う
複合過去:これは直接法の中に含まれ,過去に完了したことをいう場合に使う 口語文が中心
単純過去:直接法で複合過去と同じであるが,文語文が中心
半過去:直接法で過去に継続していたことをいう
条件法:あり得ない仮定をした上で述べることについて述べる場合に使う
接続法:願望・推測などに基づいて現在のことを述べる場合に使う.
命令法:命令をする場合に使う

フランス語の法と時称はまず頻度の高いものから理解し,後広げていくのがいいと思います.

表題のatreはetreのはずです.山形は省略.
      
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違いのご指摘有難うございました。
どうも、すいません。
私にとって、勉強になりました。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/11 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報