同じ字で名詞と動詞で読み方が異なる単語、例えば 怒り(いかり)と怒る(おこる) がありますが、何かルールがあるのですか? また、他にどのような単語がありますか? 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 何かルールがあるのですか?



特にルールは無いですよ。
あえて言えば、似た言葉が多いくらいです。

「『赤』はどうして『あか』と読むのか?」は、ルールじゃなくて、先に「あかい」と言う言葉があって、それを文字にしたのが「赤」なんです。

ただこれは、漢字が産まれた中国でのお話し。

日本には、日本の言葉が有りました。
中国の同じ意味の漢字を、そのままの発音で使用する場合が「音読み」です。
だから音読みは少ないです。

一方、送り仮名などを使って、日本の言葉のまま発音したのが「訓読み」です。
中国で「怒」と言う漢字に対応する日本語は、「おこる」「いかる/いかり」が有ったと言うことでしょうね。
    • good
    • 0

外国語を日本語に翻訳する方法は一対一ではありませんので、元々中国語であった漢字を日本語で読む方法は一般に幾らでもあり得ます。

従って、これは文化の違いを認識できていない限り、簡単な規則で解ると言うものではありません。

例えば、loveという言葉を英語圏では男女の性愛のときにも使いますが、キリスト教の愛などと言うときにも使いますね。キリスト教の愛が性愛である筈がない。だから、日本人がloveを愛と訳したからと言ったって、その意味が英語圏の国民と同じように理解している筈がありませんね。日本人ならloveに対応する日本語を状況に応じて、いろいろ読み方を変えて理解する筈ですね。ところが、英語圏ではそれをlove一言で解った気になっている。これと類似の現象が、「怒」と言う字にもあてはまり、それを日本人は状況に応じて「おこる」とも読み、また、違った状況では「いかる」とも読んで、その微妙な違いを意識していたのです。

ところが、それを「怒」と言う漢字で表すことにしてしまった為に、私達日本人の先祖達の理解していた「おこる」と「いかる」とのあいだの意味の違いが解らなくなってしまい、私達の意識が退化してしまったのです。
    • good
    • 0

漢字には音読みと訓読みがありますが、訓読みに何通りもの読み方があるからです。


例えば、人間の感情を表す「喜怒哀楽」は音読みですが、怒(ど)は質問例のように「怒り」や「怒る」と訓読みが違います。
そして、哀(あい)も「哀(あわ)れ」や「哀(かな)しみ」のように訓読みが違います。
読み方のルールは訓読みに従ってるだけですから、別に不思議なことではありません。
「楽(らく)」の訓読みは「楽(たの)しい」や「楽(この)む」と読みます。
このように、訓読みには何通りかの読み方があるからです。
ですから、漢字を難しく考えずに楽しんでください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Q形容詞と形容動詞は同時に名詞を修飾すると、形容詞と形容動詞の接続はどうなりますか。

例えば広いきれいな町です。この句は正しいですか。この「広い」はなぜ連用形をつかないか。

Aベストアンサー

 ちょっと考えが違うので、あえて回答します。
 広いきれいな町です。
 広く、きれいな町です。
 広くきれいな町です。
 広くてきれいな町です。
どれも意味的には同じです。形の上では「広くきれいな町」の場合、「広く」は「きれいな」を修飾しているように見えます。しかし、意味が分かりません。
 これが「えらく」や「すごく」の場合だと、この形容詞の連用形は「きれいな」という形容動詞を修飾しています。しかし、逆に意味的には「すごい町」とか「えらい町」ということにはなりません。
「形」をとるか、「意味」をとるかで考えが変わって来るようです。

Qこの漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい。
お恥ずかしい話ですが、こういうくずした草書体のような文字が読めません。
周りの方に聞くのもなんとなく気恥ずかしく、
でも気になるという…(^_^;)

達筆すぎる方の字もなかなか読めなくて、
適当にごまかして読んだりしています。

こういう草書体の読み方を調べるサイトってあるのでしょうか?
検索しても、フォント用の草書体とかしか見つけることが出来ませんでした。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
読み方ともども教えていただけましたら助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「養浩堂」ではないでしょうか?
右端の字は下部が「食」の典型的くずし方です。
「善」との見分け方は一番下の部分が「ら」のようになっているか「口」になっているかの違いです。
この場合「口」のように見える上に点がありますので、「養」と見ます。
次の字は「さんずい」の次の画の出だしと下に「口」があるので「浩」のようです。


御自分で調べられるのでしたら、参考のURL画面のページの一番下の「データベース選択画面」をクリックし、次のページで右下のほうにある「電子くずし字字典DB」をクリックすれば漢字入力でそれに該当するくずし字をいろいろ表示してくれます。
このページは便利ですよ。

参考URL:http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

Q同じ字で、読みが異なると意味も異なってしまう例

漢字の〔東〕は、【ひがし】と読むと方向を意味しますが
【あづま】とよむと、主として関東地域を意味します。
このように、同じ字でも読みが異なると意味が異なってしまう
事例を、お教え願います。

Aベストアンサー

同音異義語ほどではありませんが、日本語では結構な数あるかと思います。

相対 「あいたい」「そうたい」
新手 「あらて」「しんて」  ※混同して使われ「しんて」は忘れられつつあります
一見 「いっけん」「いちげん」
一物 「いちもつ」「いちぶつ」  
一途 「いちず」「いっと」
異名 「いみょう」「いめい」
開眼 「かいげん」「かいがん」
気骨 「きこつ」「きぼね」
小兵 「こひょう」「しょうへい」
建立 「こんりゅう」「けんりつ」
座頭 「ざがしら」「ざとう」
直筆 「じきひつ」「ちょくひつ」   などなど

また、厳密には違う意味をいえないかもしれませんが、「和尚」の読みは宗派によって違ったりします。天台宗では『かしょう』、真言宗では『わしょうorわじょう』、法相宗・律宗では『わじょう』、禅宗では『おしょう』と読みます。

Q魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

しりあいに よのき さんという方が居ますがパソコンで検索しても漢字に変換できません

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方をしりたいです

よの と呼ぶらしいです。よの貴と呼ぶそうです

Aベストアンサー

IMEパッドの話が出ているので参考に。

手書き認識だとこの時点で候補に表示されます。
結構形が分かっていても読みが分からない漢字の時には使えます。

Q自発動詞・可能動詞・受け身動詞と自発・可能・受け身の意味の助動詞

日本語の文法には、自発動詞・可能動詞・受け身動詞、また自発・可能・受け身の意味の助動詞がありますが、それらの見分け方と使い方に混乱しています。
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」という文の「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。
また「その場面は、昨日のことのように思い出された」という文の「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

Aベストアンサー

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(「気が置けない」)
沸かす→沸く(「風呂が沸く」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_%28%E6%96%87%E6%B3%95%29
『可能動詞』
⇒【現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。】
例:
会う・買う・扱う→ 会える・買える・扱える
行く・書く・歩く→ 行ける・書ける・歩ける
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD%E5%8B%95%E8%A9%9E
--------------------------------------------------------------------------

1.「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
:
上にお示ししたウィキの定義から考えるに、「考える」は五段動詞ではないので可能動詞ではない。
また、「主観的な考え・感覚などを示す動詞」と言えるから、下一段動詞の未然形「考え」+助動詞「られる」 の組み合わせと考えて良さそう。
むろん、五段活用動詞であれば 未然形+助動詞は「れる」。
以上は、動詞か助動詞かの見分け方のひとつに(とりあえずは)なるように思います。
次に問題になるのは使い方(用法)ですが、これは、シチュエーション次第ですべての可能性があると言わざるを得ません。
我々が実際に遭遇する頻度の高い(と私が思う)順にならべてみました。(厳密な区別ではありませんが())
・可能⇒「その問題に対しては、(可能性として)さまざまな答えがあると考えられる」
・自発⇒「(誰もが知っていることだが、)その問題に対しては、(自ずと)さまざまな答えがあると考えられる」
・受身⇒「その問題に対しては、(大勢の人々から)さまざまな答えがあると考えられる」
・尊敬⇒「(専務はひとつの答えしかないと考えるようですが、社長は、)その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
受身の場合は、「その問題は」とするほうが文として違和感がなくなるでしょう。
尊敬の場合は、「考えられている」「考えておられる」などとするほうが自然な文になるかと思います。

2.「その場面は、昨日のことのように思い出された」

こちらも助動詞で、理屈は1とほぼ同じです。
頻度の高い(と思う)順に並べてみます。
・自発⇒「その場面は、昨日のことのように(自然に)思い出された」
・受身⇒「その場面は、昨日のことのように(わたしの頭の中で)思い出された」
・可能⇒「その場面は、昨日のことのように思い出せた」と可能動詞を使うのが自然でしょう。
助動詞で可能を表わす場合、「その場面は、昨日のことのように思い出される」と現在形にする必要があると思います。むろん、「思い出せる」とすることもできる。
・尊敬⇒「あの場面はなかなか思い出せないようでしたが、その場面は、昨日のことのように思い出された」

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(...続きを読む

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q字の上に他の字の読み方を標記する手法

たとえば、「運命」を「さだめ」で、「時間」を「とき」で標記します。小説や歌詞でよく見えます。
この手法は何て言いますか。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

下記URLのところでは
「ルビに依存した当て字」
という表現をとっています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%93%E3%81%A6%E5%AD%97

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q動詞を名詞にする規則

英語は、名詞をそのまま動詞として使ったり、その逆をしたりできますが、日本語は、語尾が変わりますよね。

走る は 走り
伸びる は 伸び
泳ぐ は 泳ぎ
思う は 思い

以上の例は、「い」と言う音で終わると言う共通点があります。
しかし、

考える は 考え
 
となります。つまり、「え」と言う音で終わります。

このような多様性というか、不統一は、どうして起こるのでしょうか。

Aベストアンサー

既に他の方もおっしゃっているように、動詞で名詞に転成するのは連用形です。
あとに「ます」の付いた形、と考えればいいでしょう。
五段・・行く+ます→行きます 名詞は「行き」
上一・・帯びる+ます→帯びます 名詞は「帯び・帯」
下一・・肥える+増す→肥えます 名詞は「肥え」
カ変・・来る+ます→きます 名詞は「来(き)」「行き来」など。
サ変・・する+ます→します 名詞は「し」あまり使われない。
なお、形容詞の場合も連用形から名詞に転成する場合があります。ただし、動詞とは違って、「近く」「遠く」など、実際に使われる語の数は限られます。

>>このような多様性というか、不統一は、どうして起こるのでしょうか。
→動詞連用形に「子音+i」音と「子音+e」音があるからです。肝腎なのは、そのような音韻構造になったのはなぜか、ということですが、難しくてわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報